Neuer Intendant der Volksbühne / 劇場総監督交代

2017年のフランク・カストロフ時代の終焉から早2年。ベルリンのフォルクスビューネの劇場総監督はこの2年間で目まぐるしく交代した。

フランク・カストロフ(Frank Castorf)→クリス・デルコン(Chris Dercon)→クラウス・デュル(Klaus Dürr)→?

クラウス・デュルは次の劇場総監督が決定するまでの期間、あくまで代理としてポストに就いたのだがその後、劇場総監督に関するニュースは全く目にすることがなかった。

しかし、先日とうとう正式に新劇場総監督が決まったとのニュースが流れてきた。

劇作家で監督のレネ・ポレッシュ(René Pollesch)である。ポレッシュは2001年からフランク・カストロフ率いるフォルクスビューネで劇作家および監督として従事していた。

ポレッシュの代表作としては、2012年の”Kill your Darlings”が挙げられる。

2001年から2007年までフォルクスビューネ内にある小劇場Praterの責任者を務め、シュトゥットガルト、ハンブルク、チューリヒといったドイツ語圏の大きな劇場で演出を手がけた。

ベルリンではドイツシアター(Deutsches Theater, DT)で2019年1月末に”Black Maria”を初演している。DTでは来シーズンに2つの新作が予定されている。こちらも要チェックだ。

フランク・カストロフが2017年に退陣し、クリス・デルコンが劇場総監督に就任するも、2018年4月に退くという異例の事態に。それ以降、クラウス・デュルが新たにポストに就いたが、2019年2月の時点では2020/2021のシーズン終了までが任期となっていた。

それだけに重責を担うポストなのだろう。レネ・ポレッシュ率いるフォルクスビューネの今後に注目したい。テレビの取材嫌いのレネ・ポレッシュ。

rbbのインタビューに答えのはシャウビューネの芸術監督を務めるオスター・マイヤー(Oster Meier)だ。「レネ・ポレッシュがフォルクスビューネを率いることで西側のシャウビューネと東側のフォルクスビューネのバランスが保たれると思う。とても嬉しく思っている。」と言った歓迎の言葉を述べている。

ツイッターで記者会見の映像が流れてきたので、シェアするためにここに貼っておこう。

参照:rbb: Kultursenator bestätigt René Pollesch als neuen Intendanten

タイトル写真:©ZDF