Überbindung von Schwächen / 苦手克服②

前回の続き。

ペーパードライバー克服、最初の一歩。初日は教習に行く前に「あー、もう嫌すぎる。うわー、もう1時間後か。」と時計ばかり見てカウントダウンしていたくらい精神的なプレッシャーがきつかった。

ブランクが長すぎたせいで何もできない気がしたからだ。ドイツというか欧州はまだまだマニュアル車が主流なので、教習所では基本的にマニュアル車を扱う。クラッチやらシフトレバーやらをガタガタ動かす必要があるのだ。

さすがにシェアリングカーなどは、ほとんどがAT車だが、レンタカーなどではAT車と事前に指定しておかないとマニュアル車が用意されていることが多いように思う。

相方の乗っている車もかれこれ20年前のVW Golfのマニュアル車。

時間になってしまったので、変な汗をかきながら早足で教習所へ向かう。出迎えてくれたのはアンドレという年配の男性教官だ。第一印象はとても穏やかで安心感がある。頼りになりそう。これほんと大事。

乗車する前にこれまでの運転歴(ほぼナシ)などを少し説明したところ、「6年前に免許を取ったのであれば少し走れば勘が戻るはず。心配しないで。」

「いえ、免許を取ったのは16年前ですw」

「あー、そんなに前なのか。じゃあまずは様子を見ようね。」

やっぱりそうなるよね。

初日はさすがに久しぶりすぎたので、まずは車を静かな通りまで移動してもらい、クラッチ、ブレーキ、アクセルの場所確認やらクラッチとシフトレバーのタイミングをまずは思い出すところからスタート。

不思議なことに、最後に走ったのはかなり前なのに少し走るとずいぶん思い出すことができた。心なしかギアチェンジやブレーキのかけ方が当時よりもマシになっていた。なぜなのか。助手席に乗っているだけでも何か得るものがあったのかもしれない。

単にここ10年来で車の性能が上がっただけなのかもしれないが、かなり運転しやすくなった気がした。

2回目の教習前も多少の緊張感はあったが、アンドレは敢えて交通量の多い道や左折をたくさん盛り込んできた。ハードルがバンッと高くなる。

2週目は月・火・木・金とそれぞれ1時間半ずつ運転し、あっという間に最終日に。アンドレもニコニコして「これで終わってしまったら、また同じことの繰り返しになるから、初めは少なくとも2日に1日のペースで乗るようにした方がいいよ。オートマはマニュアルより簡単なんだから大丈夫。」と言って送り出してくれた。

運転をしながら色々と話した中でも印象に残っているのは、アンドレが教習所の教官になったきっかけがベルリンの壁崩壊と東西ドイツ統一だったことだ。東独時代は工具職人だったが、壁の崩壊後に職を失い、転職を考えた際に今の職業に決めたのだそうだ。

「ほら、あの高層アパートの9階に住んでいたんだ。今ではなんてことないアパートだけれど、当時はとてもモダンだったんだよ。」

「この道のランプいいですよね。私はこういう東の街灯が好きなんです。」

「ここは古くて状態の悪い東の道路だね。」

アンドレとはこんな風に旧東ベルリンのあちらこちらを走った。

本当に短い間でしたがお世話になりました。来週はいよいよ、DriveNowデビューなるか!?

教習所から次の打ち合わせ場所に移動(ベルナウワー通り、ベルリンの壁跡)

ベルリンの壁崩壊30周年記念日に。2019.11.09.

Ostpro – Ostprodukte / DDRの見本市・オストプロ

以前から紙面などで見かけて気になっている見本市がひとつある。

旧東ドイツの商品や食品、玩具などを展示販売する見本市、その名もOstpro。

2019年は4月5日から7日までの3日間、旧東ベルリンにある「スポーツおよび余暇センター」(Sport- und Erholungszentrum: SEZ)という会場で開催される予定だ。

この別名カルト見本市と呼ばれるオストプロのモットーは「見て、試して、買う」なんだそうだ。旧東ドイツの各州の古くから知られる商品から新しく開発された商品まで、100を越す会社の数多くの展示が楽しめる。

Neue Bundesländer(新連邦州)

各州の展示内容の概要は次のとおり。

ベルリン・ブランデルク州:書籍、DEFA童話ビデオ、テキスタイル、化粧品、家庭用品、陶器、ウェルネス商品など。

DEFAのビデオ

シュプレーバルトや馬関連の特産品も忘れてはならないだろう。春なので庭に植える球根なども展示されている。

テューリンゲン州:アクセサリー、編み物、玩具や特産品

ザクセン=アンハルト州:バウムクーヘン、ソーセージ、クッキー、香辛料

Salzwedeler Baumkuchen

ザクセン州:衣料品、テーブルクロス、刺繍の窓飾り(Plauener Spitze Fensterbild )、クッションや座椅子

Plauener Spitze Fensterbild

新連邦州以外にも、チェコ、ポーランド、アルメニア、ロシアの特産物のブースも設置されるようだ。

読み返してみて、ふと思ったのだが、メクレンブルク=フォアポメルン州に関する記述が見当たらないのはなぜだろう?

この見本市、実は展示内容以外にも訪問客の客層にとても興味がある。

ノスタルジックな商品や当時の雰囲気を求めて、旧東ドイツの人が多く集まるのか、西側の東好きな訪問客が多いのか、といった点だ。

写真や記事を見る限り、どちらかというと前者の数の方が多い印象を受けたのではあるが。いわゆる、DDR市民であった年配の方たちだ。

とにかく、一度足を運んでみたい見本市である。気になることが全く消化できていない今日この頃。行けるときに行っておかないとね。

Die Ostpro – Messe für Ostprodukte
5. bis 7. April im SEZ
Landsberger Allee 77 / Ecke Danziger Strasse
10-18 Uhr
Der Eintritt kostet drei Euro, Kinder bis Zehn Jahre haben freien Eintritt.

おまけ
DDRのドイツ語:Urst schau! = SUPER!


Werkstatt Haus der Statistik / 統計の家共同作業場

ベルリン、ミッテ地区の一等地。アレクサンダー広場から目と鼻の先にある東独時代の「統計の家」。2008年から手付かずで放置されており、現状は荒れ果てた悲惨な姿だ。

*無編集の動画をYouTubeにアップしたのでミュート(強風のため雑音)でご覧ください。

この「統計の家」は2015年9月にある投資家に売却されようとしたが、それを阻止するためにアートキャンペーンが行われた。

Allianz bedrohter Berliner Atelierhäuser (AbBA)などのアーティストたちが建設現場でよく見るスタイルの告知方法で大型ポスターを張り出した。

「ここにベルリンのための『文化および教育と社会のスペース』が生まれる。」

このキャンペーンを通して、「統計の家」の将来のための議論の場を公に提供したのである。

AbBAの紹介ページにはこう記されていた。

ベルリンのアートシーンを取り巻く状況は不動産価格の高騰などにより、かなり厳しくなっている。年間におよそ350のアトリエがなくなったり、過去数年で個人所有物件内に入っていたアトリエの立ち退きなどに伴い、約250人のアーティストに影響が出ている。このような状況を受け、2014年に10のアトリエ、500人以上のアーティストがAbBAに加入し、ベルリンのアトリエ保持のために共に活動している。

このアクション直後に「統計の家」のイニシアチブはベルリンの様々な団体による団結によって形成されることになる。

また、イニシアチブは2016年より「統計の家」の将来的なプラニングに興味を示す人々のために公のネットワーク作りを始めた。これが都市開発協同組合ZUsammenKUNFT Berlin eGへと発展する。

2018年1月以降はKOOP5として以下の5つの組織が共同で「統計の家」の開発を進めている。

以上の5つの団体が芸術・文化・社会・教育・適度な家賃の住宅・ミッテ区の新市役所・その他役所関連のための空間作りの実現に向けて協力して作業を進めているところだ。この計画は現存する建物の修復および6万5千m2に当たる新築によって可能になる。

Nutzungsverteilung im Quartier Haus der Statistik – ©Teleinternetcafe und Treibhaus
©Teleinternetcafe und Treibhaus

これまで、個人投資家による不動産購入が相次いでいただけに、ベルリン市やミッテ区などを含む公益法人による市民目線の都市開発が実現するのであれば、ベルリン市民にとっても久しぶりの朗報になるのではないかと思っている。

PDFファイルにはKiez der Statistikプランの詳細情報が記載されているので、興味のある方は是非ご参照ください。

参照サイト:Initiative Haus der Statistik

一枚の写真から③


恐らくベルリンに来て、割とすぐに撮った写真だと思う。
1995年頃の一枚。

こんな景色だったんだ。
人間の記憶なんて本当に当てにならない。

先日、ベルリンのミッテ地区で進んでいる大型文化施設プロジェクトについて書いたばかりだが、東独時代の共和国宮殿が川に突き出すように建っていたことすら覚えていなかった。

評判が悪いという、フンボルト・フォーラムの東向きのモダンなファサード。
あの無機質さも、実はこの共和国宮殿を少し意識したものなのかもしれない。

結局、一度も中に入ることもなく、いつのまにか解体されてしまった「エーリッヒのランプ店」。

共和国宮殿の持つ独特のテイストが淘汰されてしまったのが残念でならない。

Bundesarchiv Bild 183-R0706-417, Berlin, Palast der Republik, Jugendtanz, 1976

Leipzig-Pragwitz / ライプツィヒ・プラークヴィッツ地区

ある撮影で数日前までライプツィヒに滞在していたのだが、最終日に時間が出来たのでリサーチ中に見つけて気になっていた地区にシェアバイクを利用して足を運んでみることにした。
中央駅から南西に自転車で約20分ほど行ったところにPragwitz(プラークヴィッツ)という地区がある。ここはDDR(東独)時代には工業地帯が集中していた場所であるらしい。
自転車で走っていると、壁画や柵の色がカラフルなので何かと思いきや、畑らしき敷地が目に止まった。ここで作られた野菜を直販しているようだ。
DSC01414
そしてその真向かいにTapetenwerkのロゴが。まだ時間的に早かったので人もまばらだったが、敷地内ですれ違った男性に少し話を聞いてみた。
DSC01416
「この辺り一帯は工場地帯だったところで、壁崩壊後は目も当てられない状態だった。この建物も当時は屋根がなかったんだよ。25年前からエリア一帯にある建物を少しずつ修復して、やっと今の状態になったんだ。Spinnereiもそうだけれど、ここにはそういった工場跡地を利用したアートギャラリーや建築事務所、コワーキングスペース、アート協会、カフェ、などがたくさん集まっているんだ。入り口のカンティーネ(食堂)ではランチも食べられるから是非。」
DSC01424
Tapetenwerk(絨毯工場)やSpinnerei(紡績工場)といった名前は元工場がギャラリーや工房としてうまく活用されている証しでもある。それにしてもこのエリア、空気の流れ方といい、そこにいる人といい、何だかとても懐かしい感じがする。
DSC01429
その懐かしさ、一昔前のベルリンで覚えたようなワクワクする感じ。とにかくこのエリア一帯は歩いているだけで嬉しくなるのだから不思議だ。
DSC01430
そして工場や廃墟好きには堪らないエリア。以前のベルリンで普通に目にすることができた光景がライプツィヒにはまだここかしこに存在していた。
DSC01433
普段の日の11時過ぎだったせいか、人通りもまばらでとても静かな街角。ライプツィヒがこんなに伸び代のある街だとは思ってもみなかった。13時過ぎの列車でベルリンに戻る必要があったので、余りのんびりできないのが残念だったが、Spinnereiに到着。
DSC01436
いつも思うのだが、ドイツ人は本当に古い建物の再利用がうまい。
DSC01454
とても数時間では足りない規模の敷地面積。
DSC01453 (1)
インフォーメーションセンターでは紡績工場の歴史を振り返る小さな展示スペースも設けられていた。
それについては、また次回に。

Haus der Statistik / 東ドイツの「統計の家」

アレキサンダー広場から北東すぐに窓ガラスもないボロボロの建物がずいぶん長い間放置されたままでいる。

IMG_0453

「統計の家」(Haus der Statistik )と呼ばれたその建物は1968年から1970年にかけて東ドイツ(DDR)の統計のための中央行政として建設された。そしてその最上階はシュタージ(国家保安省)によって使用されていたのである。

壁崩壊後は連邦省が一時的に入っていたが、2008年以降は空き家となっていた。数年前にBIM (Berliner Immobilienmanagement GmbH)が買い取り、その時点で芸術家のための家として再建させようという動きが強まっていた

2015年の春に難民キャンプにするというアイデアも出たが、却下されたのだとか。

ベルリンという街は本当に不思議で93年に初めて旅行で訪れた時にも思ったのだが、街のど真ん中に意味不明な残骸が残っていたり、がらーんと何もない空間が広がっていたりする。

最近ではさすがに余り見かけなくはなったが、アレキサンダー広場の目と鼻の先にこんなみずぼらしい状態の建物が何年も手付かずのまま放置されているのだから、大したものだ。

幸か不幸か、この建物がこのままの姿で放置されるのも2024年の5月まで(!)らしい。それまではホームレスの館としてまだその機能を維持し続けるのだろうか。

BIMによる今後のプロジェクト進行表は次のようになっている:

  • 今年の7月末までにプロジェクト進行の手続き
  • 11月中旬までファサードのコンペ
  • 2018年末までに仮プラン決定
  • 2020年4月末までに工事依頼の終結
IMG_0454

皆さんもご存知の通り、ベルリンの工事はスムーズに行程通り進む可能性の方が低いので、「統計の家」の修復工事が終わるのはまだまだ先のことだろうと思われる。

ただ、この建物は曰く付きの場所でもあるので、Zentrum für Geflüchtete – Soziales – Kunst – Kreative(難民・ソーシャル・アート・クリエイティブセンター)として生まれ変わることができれば、ベルリンの街にとって、最近の傾向でもある商業的なオフィスや億ションに姿を変えるより価値があるというものだ。

先日、息子のパスポート更新のために足を運んだミッテの市役所も今の場所は期限付きの借り物件だそうで、いずれは新しくなるこちらの建物に引っ越してくるらしい。

IMG_0448

計画では市役所その他の事務所関連は全体の20%のみが考えられており、その他は文化・社会的プロジェクトのためのスペースになる見込みだ。そのために建物の一部をアトリエなどのために根本的に作り直す作業も必要だという。

PCB(ポリ塩化ビフェニル)やアスベストの含まれる解体作業やその他修復作業には1億ユーロが見込まれている。

時間は掛かりそうだが、この建物の今後の行方には期待したい。

参考記事:Haus der Statistik DDR-Ruine am Alexanderplatz wird wiederbelebt https://www.berliner-zeitung.de/berlin/haus-der-statistik-ddr-ruine-am-alexanderplatz-wird-wiederbelebt-30032420#
http://www.haus-am-alex.de/about

Kaufhalle in der DDR / 東独時代のスーパー

ある夏日の日曜日。Japan Street Food祭りらしきものが文化醸造所(Kulturbrauerei)と呼ばれる元ビール醸造所を改装して作られたカルチャーセンターの敷地内で行われるというので、子供たちを連れて足を運んでみた。
お好み焼きや唐揚げ、たい焼き、プロペラ(じゃがいもを薄くスライスして揚げたもの)などを堪能した後、近くの公園に行ったが天候が崩れたこともあり、入場料無料のカルチャーセンター内にある博物館へ戻ることにした。
文化醸造所博物館(Museum in der Kulturbrauerei)はドイツ連邦共和国歴史博物館財団(die Stiftung Haus der Geschichte der Bundesrepublik Deutschland)によって、Alltag in der DDR「DDRの日常」というテーマの博物館として2013年11月にオープンした。
展示内容は東独時代の日常生活と社会主義統一党(SED)政権下におけるイデオロギー、管理メカニズム、圧迫感などの緊張関係にスポットが当てられている。
展示は数多くのドキュメント、映像、音声資料などによって構成されており、DDR時代のキオスクやバー、休暇の家なども再現されている。これら日常シーンの再現とともに、SED政権によるプロパガンダが人々の生活のあらゆる場面に侵入していたことを感じ取れるような工夫がなされていた。
どこか素朴な東欧のテイストが好きなのであるが、東独もまた然り。特に気になったロゴがタイトル写真の3人組のネオン看板だった。一緒にいたDDR出身の友人が「今のようにREWEやEDEKAというチェーンなどはなく、スーパーマーケットといえばKaufhalleだった。あのロゴはKaufhalleのものだよ。」と教えてくれた。
気になったので調べてみると、なかなか興味深い記事が出てきた。


Die gute alte Kaufhalle: https://www.mdr.de/zeitreise/kaufhalle-100.html
Am 26. September 1957 öffnete in Köln der erste Supermarkt. Er war nach amerikanischem Vorbild konzipiert und besaß eine Verkaufsfläche von 2.000 Quadratmetern. In der DDR wurde erst 10 Jahre später ein erster Supermarkt eröffnet – die “Kaufhalle”.
1957年9月26日にケルンで最初のスーパーマーケットがオープンした。スーパーはアメリカを手本にしたもので、売り場面積は2000m2だった。DDRではその10年後に最初のスーパーマーケットである”Kaufhalle”がオープンしている。


波上の屋根を持つホールの正面に素敵なKaufhalleのロゴと共にあの3人組が。左側にHOとあるので何かと思ったら、Handelsorganisation (HO)、商業組合の略だった。

スクリーンショット 2018-06-03 13.02.10
Kaufhalle in Greifswald Bildrechte: dpa

Kaufhalleでは所謂、”WtB” – “Waren des täglichen Bedarfs”パンやバター、果物、牛乳、ドラッグストア商品などの「日用品」が購入できたので、現在のスーパーマーケットやディスカウントショップなどに当たる。
ところがこのスーパー、SED党首ホーネッカーや副首相ミッタークらの休暇の家に近いという理由だけで、ほぼいつもベルリンのビールや新鮮な果物に野菜、その上南国フルーツであるアプリコット、バナナ、レモンといった他ではコネがないと手に入らない類の商品が並んでいたり、SED本部のあったベルリンは地方と比べると格段に品揃えが良かったり、というようなことがあったのだそうだ。
今でも、旧東独エリアではスーパーマーケットのことを俗語でKaufhalleと言ったりもするらしい。
たかがスーパー、されどスーパーである。


この博物館、思った以上に面白かったので是非足を運んでみて下さい。
博物館のサイトでDDR時代の展示品アーカイブがあったので、興味のある方は以下のリンクをご参考までに。ポスターや玩具、食器なども多数あるので見応えがあります。
http://sint.hdg.de:8080/SINT5/SINT/query?term=SIG

Altenheime in Mitte / 老人にはさようなら、スタートアップは大歓迎、のミッテ地区

郵便受けに投函される地区のフリーペーパー。目に止まったのは“Senioren raus, Start-ups rein”というタイトルだった。ベルリンのミッテ地区もいよいよ人間味が失われつつあるな、とがっくり。ジェントリフィケーションという言葉を多用したくもないのだが、最近のベルリンはまさに、そのオンパレード状態としか言いようがない。
問題になっているのはアレキサンダー広場とインヴァリーデン通りにあるSenioren-Domizilが1年以内に閉鎖され、テナントビルとして再スタートする、というニュースだ。平たくいうと、人気地区の一等地で老人ホームを経営するより、テナントビルとしてスタートアップなどにオフィスを提供する方が利益が格段に上がる、という単純明快な事実である。
こちらの老人ホームはBerthold Hecht氏による家族経営。彼によると、2019年の夏までに入居者に彼が所有する他の4つのホームにそれぞれ移ってもらい、現ホームが閉鎖した後はオフィスのみの使用になるということだ。このニュースがメディアに掲載されるやいなや、何件もの問い合わせがあったそうだ。というのも、どちらの物件も保護指定されている建築上重要な建物となっているからだ。
アレキサンダー広場付近の建物は東独時代にはベルリンの労働者のための病院(”Zentrale Poliklinik der Berliner Bauarbeiter“)だった。

スクリーンショット 2018-06-02 17.41.47
以前は「ベルリンの労働者のための病院」だった建物(Magazinstraße)/ Foto: Dirk Jericho)

一方、インヴァリーデン通りの建物は以前はバルティック・ホテルとして第二次世界大戦後から1990年まで労働組合のためのゲストハウスとして使用されていた。

スクリーンショット 2018-06-02 17.07.33
初期モダニズム建築:3階から5階まではひとつの窓につきひとつのバルコニーが備え付けられている / Foto: Dirk Jericho

Hecht氏は今年中に2020年以降のオフィステナントを決めたい意向だ。
この記事の冒頭に所有者の異なる老人ホームについても記述ががあるので、そちらについても検索してみる。
開発が進んだ2000年以降、観光客の激増したHackescher Markt。その中でも特に人の集まるHackescher Höfeの目の前に立つ老人ホーム”Residenz Vis à vis der Hackeschen Höfe”。2ヶ月ほど前にホームの下に入っていたスーパーのEdekaとドラッグストアのRosmannが撤退したのでおかしいな、と思っていたらビルの所有者が築20年ほどの建物を改装して、アパート、オフィス、店舗を兼ね備えたビルに建て替えることが決まったのだとか。

以前、目にした記事では2年間の猶予が与えられそうだ、となっていたのだが、なんと今月末まで(2018年6月)に245名の入居者がホームを明け渡さないといけなくなったらしい。
こちらの建物については特に保護指定などはされていない簡素な作りとなっているが、抜群のロケーションを利用して高級アパートや店舗、スタートアップ誘致などを目的に現在の建物を取り壊し建て直す計画だという。入居者のための2年間の猶予がどこに消えてしまったのかは全くの謎だが、残念なことにドイツには賃貸アパートの入居者を保護するような法律も特にないので、所有者の気が変われば退去せざるを得ないのが現状なのだろう。ひどい話である。
前回のホルツマルクト とは事情が異なるものの、ベルリンの今の現状がどこまで続き、ジェントリフィケーションが加速するのか全く予想も付かない。昔からベルリンに住む住民の生活が脅かされるレベルになっていることは疑う余地もない。
参考記事:
https://www.berliner-woche.de/mitte/c-wirtschaft/senioren-raus-start-ups-rein-zwei-weitere-altenheime-werden-geschlossen_a163337
https://www.morgenpost.de/berlin/article214106653/Investor-reisst-Altersheim-am-Hackeschen-Markt-ab.html

Pinguin Eisdiele / 「ペンギンアイス」という名のアイスクリーム屋さん

イースター休暇の小旅行で発見したお店。
DSC00533
ペンギンのロゴが素敵なこちらのアイスクリーム屋さん。Burg Stargardという小さな街中にある創業60年以上のソフトアイスクリーム屋さんだ。内装といい、アイスを乗せるコーンといい、東ドイツ時代を彷彿とさせるノスタルジックなお店である。
DSC00532
写真の左手の女性、シモーネ・アーレントさんはここで既に30年以上も働いているそうだが、彼女の叔父と叔母からお店を譲り受けたらしい。

スクリーンショット 2018-04-04 17.24.16
東ドイツでの30周年記念@privat

2014年に創立60周年を迎えたBurg Stargardのペンギンアイス。ホースとさんとギゼラ・フスさんによって開業され、それが姪のシモーネさんに引き継がれ現在に至っている。ホーストさんが当時、改良に改良を重ねたソフトアイス・マシーンが今も現役で活躍しているのだそうだ。
DSC00535
チョコとバニラ味のソフトアイスも1ユーロで美味しかった〜。イチゴ・バニラアイスも食べてみたいな。
近くまで来られることがあれば是非、足を運んでみて下さいね。
Pinguin Eisdiele
Eisproduktion Huth
Marktstraße 19
17094 Burg Stargard
Telefon: 039603 20309

こういう嬉しい出会いがあるので、旧東ドイツエリアでの散策はわくわくする。

参考記事:http://www.nordkurier.de/neubrandenburg/den-jubilaeumsbecher-gibt-es-nur-morgen-086818705.html