Jarosławiec / ヤロスワビエツ ポーランドのバルト海②

前回の続き。西ポモージェ県内のヤロスワビエツ近郊の小さな村、イェジェジャニについて少し触れたが、この地域はポメラニア地方としてかつてポーランド、デンマーク、スウェーデン、ドイツが領有権を求めて争った歴史がある。第二次世界大戦まではドイツ領であり、ドイツ領時代はヒンターポンメルン(後ポンメルン)地方と呼ばれていた。現在のメッケルンブルク=フォルポンメルン(前ポンメルン)と対になっていたわけだ。
この「ポンメルン」という名はスラヴ語から来ており、 po more – (Land) „am Meer“=「海辺の」という意味であるらしい。
ナチス・ドイツ時代にはこの地方のドイツ人住民とポーランド系住民はポメラニアから強制追放されている。
歴史的に見ても非常に興味深い土地である。
さて、複雑な歴史背景を持つポーランド側のバルト海沿岸の街、ヤロスワビエツ。ドイツのバルト海沿岸の街とはまた違う雰囲気を持っていた。
DSC00964
漁師の街であるため、海岸には漁船がいくつも無造作に並んでいたのが印象的だった。
DSC01007
そして、この人だかり。そして、ドイツではバルト海の風物詩であるビーチ・チェアがどこにも見当たらない。ポーランドの人々は棒に布が巻いてあるもので自分たちのプライベート空間を確保するようだ。相方は「ドイツにも昔はあったよ。」と言っていた。
もうひとつ不思議だったことが監視付きビーチ。上の写真でも小さく見える旗の付いた高いチェアに監視員が座っていたのだが、なぜかそのすぐ隣のビーチで毎日のように人が溺れて救出騒ぎがあったことである。ピーっと笛が鳴り、救出隊数名がロープと浮きを持って駆けつけるのだが、その度に海水浴に来ている人々が一斉に事故現場を見つめるのだ。
確かに波は少し高かったが、なぜ毎日救出騒ぎが??ポーランド語が出来れば地元民に事情を聞けたのだが、あいにくこの謎は解けないままだった。笛が鳴るたびに走って様子を見に行っていた子供達曰く、「ドイツ人のパパと子供ふたり。血が出てた。」「ポーランド人のママがお水飲んで泣いてた。」「ポーランド人のパパと子供ふたり。ケガはしてなかった。」だったんだそうだ。
ちなみに、私も一度少しだけ沖に出ていたらピーっと笛を吹かれた。すみません。
DSC01017
20度前後で水温は低かったが、波打ち際で遊ぶのは楽しかったようだ。チェコの山もいいが、ポーランドのバルト海も悪くない。

Jezierzany / イェジェジャニ ポーランドのバルト海①

息子の小学校も決まらず、クラスのお別れ会や卒園式など年度末の行事も続きバタバタと日々過ごしているうちに、あっという間に夏休み。
そう、ベルリンの今年の夏季休暇は7月5日からだと把握していたものの、旅行の計画が後回しになってしまっていた。
「ママ〜、夏休みどこにも行かへんの?」「海に行きたい!」と子供たちが言うので、7月に入ってから宿が空いていないか調べる羽目になった。皆さんもご存知の通り、ドイツは休暇天国。早い家庭では1年前から休暇の計画をしっかりと立て、フライトや宿をできるだけ安く確保するのが王道なのである。
今年も遅れに遅れをとった我が家。ひとりでふらりと行ったポズナンの印象が残っていたので、ドイツに比べ、直前でも比較的安く宿が取れそうなポーランド側のバルト海を当たってみた。そして目に止まった宿がJarosławiec(ヤロスワビエツ)からすぐのJezierzany(イェジェジャニ)に去年できたばかりのプール付きコテージ。イェジェジャニ、と言われても聞いたこともない。ポーランドの海辺近郊の小さな村である。
スクリーンショット 2018-07-18 18.09.47
今回も単なる思いつきでグーグルマップでは360キロ余り、約4時間半の距離にあるイェジェジャニへ向かうことにした(マップではイェジェジャニはうまく表示されなかったので、ヤロスワビエツが目的地になっている)。ポーランドには10年以上前にロケで行ったことがあるが、その時も車で予定より大幅に遅れて到着した。道が悪いのと工事のための予想外の迂回などがその原因だった。まだグーグルが使えなかった時代だ。
10年以上経った今でも状況はそれほど変わらず、車で4時間半の距離をなんと休憩を2回挟んで7時間ほど掛けて到着した。ポーランドの道路事情はチェコよりも遥かに悪い印象である。
スクリーンショット 2018-07-22 18.06.01
前置きが長くなったが、イェジェジャニは西ポモージェ県(Województwo zachodniopomorskie)にある小さな村である。西ポモージェ県は、ポーランド北西部の県で、県都はシュチェチン。バルト海に面している。1999年1月1日、ポーランドの地方行政区画の改正にともない誕生した。

イェジェジャニはバルト海沿岸の保養地ヤロスワビエツのすぐ側という立地なので、これから休暇場所として開発が進みそうな気がする。ポーランドの「休暇の家」はどこも小さなコテージがいくつも並び施設内に小さな遊び場を備えたところが多い印象だ。
宿の主人はポーランド語しか話せなかったが、とても気さくでよく喋る人だった。宿に到着した際にポーランド語を少ししか話せない、と言うと英語を話せるナターシャがやって来て案内してくれた。
IMG_0506 (1)
チェックインの後はギシギシと軋む自転車で一番近いショップまで買い出しに。店の中は客が5人で既にいっぱいである。昔のモスクワのように欲しい商品を伝えて買うシステムだった。バター、チーズ、牛乳、パンなどをポーランド語で何とか伝えて商品をゲットする。こういう何気ない日常生活のやりとりが伝わると嬉しい。
DSC00916 (1)
近くのWicko(ヴィツコ)湖にも足を運んでみた。桟橋で釣りを楽しむ人が数人いるくらいでとても静かな場所だった。
DSC00938 (1)
ポーランドのバルト海については次回。