Motivation erhalten / モチベーションの維持

2019年2月末に突然、思い立っての毎日ブログ更新記録挑戦

現在のほぼ毎日継続数が108となり、100日の壁を超えることができた。約3ヶ月は続いたということになる。

毎日何かを続ける試みとして、3ヶ月以上というのは人生初ではないだろうか。飽き性なので、持久力が皆無なのだ。

読書・ストレッチ・寝る前の一言日記etc. 3日坊主に終わった試みがいくつあるだろう。

だが、この100日の壁を超えた辺りから雲行きが少しあやしくなってきた。

毎日書き続けるためにはトピックやネタが必要なのだが、そんなにドラマチックな日々を送っているわけでもない。旅をしながらブログを書いているわけでもない。そうなると、アイデアを絞り出すのが結構大変なのである。

ブログの内容は様々だが、大体以下のカテゴリーから拾ってくることが多い。

  • 日常の些細なこと
  • ツイッターやフェースブック投稿からのヒント
  • ドイツ語メディアの記事紹介
  • 日頃の疑問
  • 過去の失敗談
  • 自分の考え
  • 観た映画や読んだ本について

これまでに投稿した記事でよく読まれている記事TOP10はこちら:

No.1 / Deutsche Post und Co / ドイツの郵便事情
No.2 / Good bye, Litfaßsäule! /ベルリンの広告塔よさようなら
No.3 / Schraibm nach Gehoä / 聴覚をもとに書く
No.4 / 【ベルリン発】サーチエンジン / Ecosia
No.5 / Grippewelle in Deutschland /ドイツでもインフルエンザは普通に流行ります

No.6 / Mutter-Kind-Sprachreisen / 親子留学
No.7 / „Fridays for Future“ / 学校の代わりにデモへ
No.8 / Fibel-Methode / 昔ながらの教授法〜母語としてのドイツ語
No. 9 / Holzmarkt / ベルリン最後のユートピア?
No.10 / Pollenflug / ドイツと花粉症

道を歩きながらサクサクとポケモンをゲットしなければならない(義務ではない)し、ジョギングをしながらネタも考えなくてはならないとなると、正直、心が休まらない。

そして、今週を例に挙げてみても学校関連の行事も相変わらず細々と多い。

月曜日:歯医者
火曜日:特に予定なし
水曜日:補習校(安全当番)
木曜日:水泳教室、保護者会
金曜日:Maifest(5月祭りの手伝い)

そこで、モチベーションの維持のため、グーグル先生のアドセンスを導入してみることにした。ジョギングもそうだが、どうやらログで記録することがモチベーションの維持に繋がるタイプらしいからだ。

結果、毎日グラフとのにらみ合い。現在、月間PVが3000くらいなので、収益どうこうのレベルには全く至っていないが、ポイントをゲットする、という観点からはゲーム性が生まれるのでモチベーションは少し上がるような気もしている。

今後の目標としては、やはり内容ありきなので、記事の充実度を図ること。自分の好きな分野を追求すること。無理のないペースで継続すること。この3つを挙げておきたい。

星の数ほどあるブログの中から、ここまで来てくださり本当にありがとうございます!

Content Plattform / コンテンツプラットフォーム

長女を出産した2009年頃からスマートフォンが世に普及し始め、あれよあれよと言う間にそれに伴うアプリが開発された。

これまでに使用していたアプリ、現在アクティブに利用しているアプリ、これから利用していきたいアプリについてまとめてみた。

過去に使用していたアプリ

mixi(ミクシィ)
日本国内限定のミクシィを使わなくなったのは、Facebookが出てきたためだと思うが、アカウントを放置したままというのも気になるので久しぶりにログインして必要であればアカウントを削除しておこうと思う。

ログインを試みたが、登録メールアドレスがヤフーメイルのため断念。ヤフーアカウントの復帰ができなければアカウントまでたどり着けない。

Flicker
写真を整理したり、友人とシェアするためにアカウントを作りはしたものの、ヤフーアカウントと連動しているためログインできなくなってしまった。ヤフーアカウントのログイン情報が見つからず、解決もできず非常に困っている。

エキサイトブログ(無料ブログ)
初めてブログを書いたのがこちらのエキサイトブログ。ロシアでの経験を忘れないうちにまとめておこうと思い、書き始めた。こちらも長女の妊娠記録までは投稿を継続していたが、出産を境に投稿数が激減。ドイツでの妊娠から出産についての記録が残っているので少しはお役立ち情報があるかもしれない。

WordPress.com(無料ブログ→解約)
友人が使っていて、デザインのテンプレートが気に入ったのでアカウントだけ作っておいた無料ブログサイト。
2年ほど記事を書き溜めるが、長期的には制約が多いと気づきWordpress.orgに移転。現在に至る。以前のアカウントは解約済み。

サイトの移行は手間が掛かるので、長期的にブログを続けようと思う人は初めからレンタルサーバーを利用し、独自ドメインも確保してのブログ運営をお勧めしたい。

現在使用しているアプリ

Twitter
Facebook
Instagram

WordPress.org: このブログサイト

ブログのサイト以外は見事に全てSNSアプリとなっている。

これから使用したいアプリ

YouTube
今のところ、まだブログにリンクを貼るためにアカウントを使用している段階。きちんとテーマを決めてチャンネル作りをしてみたいところ。

note
こちらもいつもの悪い癖でアカウントだけを作って放置状態。
東欧の写真を中心に、と考えたがノートの利便性をもっと有効に活用する方法がないか模索中。

以上、過去・現在・これからのコンテンツプラットフォームをまとめてみたが、ポケゴー同様、どの媒体についても始めるのが少し遅いようだ。

一部では「ブログはオワコン」と言われているようだが、スタートが出遅れがちな私はいつものように今頃になってブログを書くのが楽しいと感じるようになった。こればかりは仕方がない。

どこまで続くのかさっぱりわからないが、楽しいと思えるうちはどんどん投稿していこうと思っている。



<50 Tage / ブログ毎日更新

何を思ったのか、ただ単に魔が差しただけなのか、今年の2月末にふと「毎日ブログを更新してみようかな。」とちらっと思ってしまった。

そう、ちらっとだ。

そして、その日から今日までブカレストの旅行中に3日ほど書きだめてしまったものの、日付的には毎日休まずに更新できている。今日で50と2日目だ(正確には58日目だがなぜかアプリでは最初の6日分が反映されていない)。

とうとう50日を超えた。

ここまで来たら、次はもう100日更新を目指すしかない。

1日1000字前後としても、5万字は達成できたことになるし、100日ともなると10万字になる計算。それでやっと本1冊分といったところか。

これだけの文字数を積み重ねて行けば、書くスピードも徐々に上がってくるだろうし、書き慣れてくることはほぼ間違いないだろう。

ただ、毎日更新したからと言って、収益化をきちんとしていないサイトだけに利益が上がるわけでもなく、目に見えて何かが得られる、ということはない。

正直、モチベーションのために収益化もちらっと考えたのだが、なぜかグーグル先生には嫌われているらしくアソシエイトの審査に落ちてしまった。恐らく前サイトからの移行の際にSEO情報などの移行がうまく行かなかったので、擬サイト扱いされている可能性が無きにしも非ず。

その他、考えられる原因はサイトの構築がわかりにくい(まだ放置状態)、ブログに目次などの見出しがない、といったところだろうか。グーグル先生について少し批判的な記事も散見するからか。この辺りもきちんと調べて小手入れしたいところではある。

原因が何となくわかっていても不精なタチであるので、細かなことに時間を費やすよりも、とにかくまず書くこと。今のところはそちらを優先的に考えている。

コーディネーターという仕事柄、前もって予定も立てられない。ロケなどが数日入れば、基本的に外で終日動き回ることになり、夜に疲れた状態で1000字ほどの投稿をするというのは実質かなりきつい。

いつ体調を崩してしまうかもわからない。子供も突然、熱を出して学校を休んだりもする。

そんな日々を送っているので、時間を見つけてはせっせと文字を書き起こしていくしかない。

まとめて大量生産することも考えたのだが、今日のようなタイプの投稿ならまだしも、自分の気になるテーマをじっくり調べて書く、となるとやはり少なくとも1つの記事に2、3時間くらいは軽く掛かってしまう。

毎日更新で何が大変かと言えば、やはりネタを考えること。

・リサーチが必要なネタ(ベルリンの日常を別視点から観察、教育事情、旅行)
・自分の経験をもとにして書くネタ(旅行、育児、失敗談)
・ほぼ日記に近いネタ(今日のようなツラツラ書くタイプ)

時間の取れない時や他にネタが思いつかない場合は、過去の失敗談になることが多い。失敗したことはよく覚えているものだし、振り返ってみると笑い話になることがほとんどだからだ。

そして、これまでの海外生活では失敗の方が多いくらいなので、ネタが尽きないのである。いやほんと。

こんな感じで週2、3ペースのジョギングに加え、ハードルの高いブログ毎日更新がどこまで続くのか見守って頂ければ幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

明日は何を書こうかな。


Sakura im Sommer / 夏の桜

今日も夏日のベルリン。
ここ数年、ベルリンは冬から春を飛ばして夏になってしまうので、軽めのスプリングコートやサマーセーターの出番が全くと言っていいほどない。4月で半袖やノースリーブのワンピースなんて着たくもないのだが、それほど本当に暑い日が続いたりもするのだ。
毎年この季節になると、近所の公園には不自然なほど大勢の人が詰めかけ、所狭しと座り込んで一様に夏の日差しを楽しむようになる。そして翌朝には公園はゴミの山と化しているのだから、ある意味迷惑な話だ。
冬の長いドイツではこんなふうに暖かくなった途端、陽の光を求めて、ワラワラと人が戸外へ飛び出して来る。そして街もどことなくふわふわとお祭りムードで、カフェのテラス席も満席になる。
せっかくいい季節が来たというのに、昼間からブログを書いている場合じゃない、と言われそうだが、あいにく強烈な日差しの中、上半身裸でわざわざ公園で日光浴がしたいわけでも、寝転がってビールを飲みたい(ちなみにアルコールは全く飲めない)わけでもないのでコーヒーと共に涼しい自宅でこれを書いている。

IMG_5342 (1)
昨日の晴天で空っぽだったカフェの店内

一時期、自宅ではなくCo-workingスペースの利用を考えたこともあったが、併設カフェで英語しか通じなかったのと、特定のクラスタしか受け入れないようなスタンスに何だか気疲れしてやめてしまった。
最近のベルリンで残念に思うことは、あらゆるところで格差が生じていて、従来ベルリンという街が持ち合わせていた何でもかんでも受け入れる懐の深さのようなものが感じられなくなってきていることだ。Co-workingスペースのカフェがその典型で、ドイツ語で注文しているのに英語で返してきたりと、どこか不自然で逆に田舎臭く感じてしまったりもする。
そこは気取らなくてもいいんじゃないかな。
時代が変わったんだと言われればそれまでなんだが、ベルリンという街に存在していたある種の親密さが希薄になり、どこかよそよそしくなってしまったのが少し悲しい。
Co-working、セクハラ、Schulmobbing(学校でのいじめ)、空調、フリーランス、gucken(「見る」の口語)、暇とただの怠け者、グーグルローカルガイド、ITの活用、自己同一性、おやつにシベリア、はじめしゃちょー、、、
今朝、ジョギングをしてストレッチをした後に、ツイッターを眺めていたら色んなキーワードが目に飛び込んで来た。
世界はキーワードで成り立っている。
ところで、娘に「ママはいつもコンピューターで何してんの?」と聞かれたので、日本語がうまく書けるように作文の練習をしているのだ、と答えた。そして、それはほぼ間違いなく事実である。逆にドイツ語で書く練習をしたければ、ドイツ語でもブログを書けばいいのだろうけれど、添削を頼まなくてはならないので今のところ、まだドイツ語では何も書いていない。気にしないでどんどん書いてみるのもいいかもしれない。
特にこれ、といったテーマも決めず、今日みたいに暑さでボーッとした頭のまま、何となく取り留めのないことを書いたりするのも悪くない。書き溜めていくうちに、自分の好きなテーマが形になっていたりもするので、自分のブログのホームページの写真をたまに眺めたりもする。だから、今日の写真は今朝見たさくら、にしておこう。
来週はまた涼しくなるようなので、今週末はみなさぞかし焦って戸外に出て来るんだろうな。
IMG_5349 (1)