Heijo-Park in Nara / 奈良の平城宮跡

一時帰国の際、中高時代の恩師と同級生に奈良で会うのが恒例になっている。

今年は連絡が遅れ、出発まで数日というタイミングで何とか全員の都合が付きお会いできる運びとなった。

奈良へは既に一度足を運んでいた(「奈良での1日」)ので、ランチの後は恩師の自宅の近くにある平城宮跡に行くことになった。

平城宮跡といえば、中学生や高校生の頃はまだ何も建っておらず、ただただ広い敷地が広がっていたのを近鉄線の車窓からよく眺めていたものだった。

当時はまだ遺跡の発掘作業などが行われていたのだと思う。

今では「平城宮跡歴史公園」と名前を変え、公園基本計画をもとに事業が進められている。

平城宮跡歴史公園は、奈良市内に広がる特別史跡平城宮跡を計画地とした国営公園。世界遺産「古都奈良の文化財」の構成資産の一つでもあり、平城宮跡の保存・活用を図る目的で、平成20年度に事業化されている。

その中でも西大寺から一番近い、「第一次大極殿院エリア」に足を運んだ。

奈良の学校に6年間通っていても、この敷地内に足を踏み入れるのは初めてのことだった。

手付かずの自然に囲まれた第一次大極殿院。まだ完成していないためか、観光客の姿もここではほとんど見られない。

若草山方面を臨む

とにかく広大な敷地と自然に囲まれた静かな場所だ。

高御座

高御座(たかみくら)とは、日本の天皇の玉座を指す。この第一次大極殿院は天皇の即位式や外国使節との面会など、国のもっとも重要な儀式のために使われていた。

鴟尾

鴟尾(しび)は屋根の一番上(大棟)の両はしにつけられる装飾部分。鴟尾は出土はしていないそうだが、当時、格の高い建物には乗せられていたためこの建物になかったとは考えにくく、平安京大極殿のためにつくられたと想定されている鴟尾をもとに約2メートルであると考えられている。

このように細かなディテールなども含めとても丁寧に復元されている印象を受ける。

復元事業情報館

第一次太極殿院の側には復元事業情報館も併設されており、復元に関する展示を見ることができる。ボランティアの方々も常駐されており、色々と展示についてお話を伺うことができた。

丸太から材料を切り出す

ここでは様々な行事なども行われているようだ。

ボランティアの案内係のおひとりはベルリンの壁崩壊直後にベルリンに行ったことがあるということで、昔話に花が咲いたりもした。

一期一会とはまさにこういうことを言うのだろう。

朱色についてのお話が中でも興味深かった。これまで「朱色」は鉛や鉄などが使われていたが、鉛が人体に良くないことから使用ができなくなっており、従来の神社仏閣専用塗料の「朱色」より暗い色が用いられている、とのことであった。

春日大社の「朱色」もその内、このような暗めの「朱色」になってしまうのだろうか。

朱雀門エリアの方には飲食が可能なレストランや土産物のコーナーもあるようなので、機会があればまた行ってみたいと思っている。

参照HP: 平城宮跡歴史公園

Ein Tag in Nara / 奈良での1日

大阪生まれ、奈良育ち。そう、奈良には6歳から21歳くらいまで住んでいた。

だから本当は奈良がいわゆる故郷に当たる。

そんな奈良もここ数年で随分と様変わりをした。端的に言えば、海外からの観光客が増え、奈良公園や春日大社でのマナーの悪さが目につくようになった。

棒を振り回して鹿を追う子供とそれに対して何も言わない親。ぶらぶらと食べ物の入ったコンビニのビニール袋を平気でぶらさげて歩く人。ゴミを持ち帰らない非常識な人。

中高の6年間、通学路で奈良まちや奈良公園周辺を毎日行き来していた頃とはまるで違う。時代が変わったとはいえ、なんとも言えない気持ちになってしまう。

奈良公園では鹿に向かって棒を振り回す少年を叱り飛ばし、袋をぶら下げて歩く観光客に「袋をぶら下げて歩かない方がいい。」とアドバイスをしたりで正直気疲れした。

全体的にマナーが悪い。非常に残念だ。

それはさておき、メインの通り道から一歩外れると人通りもほとんどなく、飛火野や春日原生林の自然はいつも通りに美しかった。

それでも飛火野から浮御堂の方角に大きなクレーンの姿を捉え、憂鬱な気持ちになった。こんな自然豊かな土地にホテルの建設計画があるらしいのだ。

奈良は京都にはなり得ないし、ホテルを奈良公園のど真ん中に建てようとする神経がそもそも理解できない。

とまあ、こんな風に自分の育った土地だとやや感情的になってしまうものなのだ。

それはさておき、今回はこれまで行き違いになっていた元同僚に会うことになっていた。

お昼少し前に着いたので、ランチはたまたま餅飯殿商店街の人気かき氷専門店「ほうせき箱」でのバイトが入っていた友人と休憩時間に近くの京屋さんで。

季節のハモの天ぷらやナスがとても美味しかった。

猿沢池から五重塔を臨む

ランチの後は餅飯殿を抜けて猿沢池から三条通り沿いに一の鳥居まで歩く。

一の鳥居

「ママ、シカはどこ?」

息子よ、心配しなくても奈良公園に行けば鹿はそこら中にいるのだ。

子供たちと奈良に来た時はいつも春日大社原生林を歩くか飛火野で遊び、春日大社をお参りするのが恒例になっている。

春日大社本殿

今年も暑い中、春日大社の御本殿まで参拝する。子供たちにもお馴染みの場所になってきた。

「ママ、ここ覚えてる!前はあっちから来たな。」日本に帰るたびに必ず戻ってくる場所があるのとないのとでは意味合いが違ってくるように思う。

毎年お世話になっている大阪の小学校も大事な場所。奈良の春日大社も然り。

15時過ぎに友人のいるほうせき箱を目指してゆっくりと戻る。

このほうせき箱、相当な人気店らしく予約制で整理券をゲットできないとたべられないらしい。タイミングよく友人がいたので整理券をもらっておいてくれた。感謝!

マンゴヨーグルト

ほうせき箱のかき氷といえば「エスプーマ」。食材をムースのような泡状にする手法を取り入れているそうで、とにかくフワフワの氷の上にフワフワのヨーグルトが乗っている。

これはすごい!中からはマンゴーがたくさん出てくるので最後まで飽きさせない。

日本ですでに大阪の商店街のかき氷、京都は清滝のかき氷、奈良のほうせき箱と様々なかき氷を食べてきた子供たち。

「このかき氷はなんかちがう!一番おいしい!!」

と大興奮。息子はエスプーマのマンゴヨーグルト。私と娘はアッサムグレープフルーツをいただく。口の中が冷えすぎたら、白湯を飲めるように一緒に出てくるところも考え抜かれている。

社長さんからはベルリンのかき氷屋Tenzan lab.についていくつか質問が出た。どうやら、かき氷業界では海外進出を果たしたTenzan lab.は知られているらしい。

海外からのお客さんも多いそうで、特にフランス人の興味が高いようだ。進出するならパリ?「かき氷」も「寿司」や「ラーメン」に続く日本の食文化になり得るのだろう。

お土産には魚万のササガキ天と黒ごまレンコン、中谷堂のよもぎ餅と定番の柿の葉寿司で大満足。

奈良の自然も美しく、京都に比べると人出はかなり控えめでお腹はいっぱい。とても充実した1日となった。