Budapest – Perle an der Donau / ドナウの真珠ブダペスト⑷

前回の投稿では廃墟バーについてご紹介したが、今回は廃墟バーで日曜日に開かれているファーマーズマーケットについて少し触れてみようと思う。

今回の旅、実は事前に全くブダペストについて予習をする余裕がなかった。通貨のことも何ならAirbnbでとったアパートの入室の仕方でさえ、当日に慌てて確認をしたほどだった。

しかし、そこはさすがの同級生。彼女は私が唯一といってもいいほど旅を共にしていても全く疲れない人なのだが、リサーチ力も行動力も半端ない。イギリスの大学院留学経験あり、中米での滞在経験も数年ありと、とにかく海外慣れした人なのである。

ブダペストの街歩きにおいても、事前に気になるところを山ほどピックアップしてくれており、街中のショップやカフェは彼女が見つけておいてくれたところだ。この場を借りて感謝しておきたい。

さて、そんな彼女のアイデアで日曜日に開催されているという廃墟バーでのファーマーズマーケットにて待ち合わせすることになった。

昨日は夜の顔、今日は昼の顔。

入り口付近は既に地元民と観光客でごった返していた。

ブランチもやっているようだ。こちらもなかなか良さそう。

夜はDJブースが入っていたフロアが週末はマーケットに。昼と夜ではずいぶんと印象が変わる。

中庭にも作り手の見える新鮮な商品が並ぶ。きのこジャムやトマトジャムなど、他ではあまり見られないラインナップなどもあり、見ているだけでも楽しい。

少しお腹が空いたのでチャリティークッキングなるものを見つけ、ハンガリーの家庭料理でランチタイム。キャベツとお肉がたっぷり入ったマイルドな一品だった。サワークリームも手作りで濃厚な味。

戸外の中庭で食べるのもいいが、寒い日には建物内にも十分なスペースが設けられている。週末なのでブランチ客の家族連れも多かった。

The Sweet

廃墟バーのマーケットを堪能した後は、古着屋やアンティークショップをのぞきながらそぞろ歩き。これまたファンシーなケーキ屋さんを見つけたので入ってみることに。

ピンクが基調の内装で別世界のような可愛いお店。ケーキもコーヒーも美味しかった。

Párisi Udvar Hotel Budapest – 5区

ブダペストも歩くエリアによって街並みが変わる。こちらは5区の落ち着いた佇まいのエリアのようだ。とにかくどこを切り取っても絵になるのには驚かされる。

コシュート・ラヨシ通りの南側にハンドバック専門店Tatikaがあるというので、散歩がてら覗きに行くことにした。

ハンドバック専門店 Tatika

手頃なプライス価格でカラフルなプリント生地のハンドメイドのバッグが店内にたくさん展示販売されている。お土産にも最適だ。

本当はショップやカフェ、ルダシュ温泉などについてもご紹介したいところだが、キリがないのでこの辺で。

ブダペストには目的地がたくさんあるので、機会があれば是非一度足を運んでみてください。

Budapest – Perle an der Donau / ドナウの真珠ブダペスト⑶

前回の投稿では主にブダペストの中心部7区での散歩についてご紹介したが、今回は同じ7区にある「廃墟バー」について書いてみようと思う。

ベルリンで「廃墟バー」と言えば、今はなきTachlesを指す。その現代版と言えるのがHolzmarktに当たるだろうか。

しかし、ブダペストには90年代のベルリンを象徴するような空間がまだ街中にちらほらと残っている。

カスィンツィ通り

観光地としてもすでに有名らしく、廃墟バーのあるカスィンツィ通り(Kazinezy uteca)はかなり賑わっていた。

Szimpla Design Shop

廃墟バーに併設されたデザインショップもなかなかいい感じのお店だ。

Szimpla Kert – 廃墟バー

冬場は午後4時を過ぎると既に日が落ちて辺りは薄暗くなってくる。そんな中、入り口付近に座っていたガードマン(?)がカメラ目線で笑っていた。「廃墟バーはあそこに違いない。」そんな感じだ。

ベルリンのTachelesのような広い敷地ではないが、以前は古い工場だった場所らしい。Szimpla Kertがオープンしたのは2002年。ブダペストのオルタナティヴシーンの先駆けとなったようだ。

ここではオープンエアシネマやパブ、コンサート、シアターやその他様々なカルチャーイベントが企画されている。

時間がまだ早かったせいか、中に入ってみると人もまばらでそれほど混んではいなかった。

この廃墟バー、ベルリンほどのアングラ感はあまりない。どちらかと言えば、ベルリンのそれよりもかなり洗練された印象を受ける。

店内ではベビーカーも見かけた。飲食スペースも十分にあり、ゆっくりと腰を据えて長居できるスペースが取られている。

かなり短いが、店内の雰囲気が少しでも伝わるよう動画をアップしておこう。

さて、この廃墟バーでは週末にはファーマーズマーケットが行われているのだそう。それについてはまた次回に。