Vorsätze fürs Neue Jahr / 2020年の目標

昨年末はバタバタしすぎて、恒例の振り返りブログを書いていなかった。振り返りブログや目標設定のブログは現在の状況の反省にもなるので、「2018年を振り返って」や「苦手克服」などの投稿はたまに読み返したりもしている。

年末はブダペストに数日滞在していたので、「東欧に足を運ぶ」という目標は達成したことになるだろうか。ハンガリーは中欧だ、という意見もあるだろうが細かいことにはこの際目をつぶろう。

さて、今年はどんな年にしたいのか。以下、思いつく点を列挙してみた。

  1. もっと東欧に足を運ぶ
  2. 整理整頓
  3. 語学強化
  4. プログラミングの基礎習得
  5. マイプロジェクトの着手
  6. 営業

ざっと思いつくのはこれくらいだろうか。控えめに言って。

それでは上記を具体的にみていこう。

1. もっと東欧に足を運ぶ

これはまさに文字通りで、今年はもう少し東欧に行く機会を増やしたいと思っている。年末のブダペストはとてもいい旅だったが、次は冬休みに長女とブルガリアのソフィアに行けないかと思っているところだ。

できれば、モスクワも再訪してみたいところではある。今、一部で話題のグルジアのトヴィリシでもいい。

2. 整理整頓

例年は優先順位でいうと、限りなく下に設定されている整理整頓。どちらかと言えば、苦手項目に当たるのだが、今年は敢えて上位に設定してみた。

・必要のない衣類や物を捨てる(「こんまり」には興味が全くないので、あくまで自分ベース)
・書籍や書類など紙類の整理
・机周りの整理
・子供服の整理
・子供のいらなくなった玩具の整理 など

箇条書きにするだけで途方に暮れるが、まずは今月、衣類の整理から始めてみようと思う。

3. 語学強化

これも今更ながらのテーマだが、「もっと東欧に足を運ぶ」にも連動しており、まずはロシア語の強化を本格的にやりたい考えだ。英語、ドイツ語はもはや議論の余地なし。余力があればフランス語の基礎を。

ガチガチに考えると疲れてしまうので、Duolingoを少なくとも毎日5分はする、好きな映画を観てヒアリングを強化する、など楽しみながら取り組んでみたい。

4. プログラミングの基礎習得

こちらも大袈裟なことではなく、まずはHTMLやCSSなど当サイトを触れるくらいのコーディングの基礎をその都度使えるようにしたい。後は友人の勧めてくれたJavaScriptを触ること。

5. マイプロジェクトの着手

こちらについては目標1に設定してもいい項目。今年は本格的に「書く」ということに取り組むつもりだ。テーマは「90年代のベルリン」。

6. 営業

つまらない響きかもしれないが、端的に言うと、仕事を徐々に増やしていければ、というのが理想。撮影コーディネーターの仕事はもちろんだが、そこに通訳やライティング、その他へと取り組むジャンルも広げていければいいな、と考えている。今年の一時帰国は営業もしなくては!というところだろうか。

少なめに見積もっても6項目になってしまったが、皆さま2020年も何卒よろしくお願い致します。