Gelerie berlintokyo / 90年代のベルリン⑦

去年だっただろうか、娘をピアノ教室に迎えに行った際、同じく子供を迎えに来たのであろう見知らぬ父親に声を掛けられた。「あれ?どこかで会ったことない?」

記憶を掘り起こすのに数秒かかったが、その人物こそ、当時まだ開発が進んでいなかったHackescher Höfeから目と鼻の先に”Galerie berlintokyo”を立ち上げたラファエル・ホルゾン(Rafael Horzon)だった。1996年のことだ。

ベルリンのミッテ地区がまだ開発の波に飲まれる前のRosenthaler Straße。以前は「小さな地下の体育館」だった場所に、アートギャラリーでもなく、日本とは直接何の繋がりもない”Galerie berlintokyo”をイニシエーター、経営者としてスタートさせた人物である。

スクリーンショット 2018-03-11 13.57.41

ギャラリーでの初展示では実在しない日本人アーティスト、Masahiro Sugimotoの作品として自分の使っていたトースターを展示販売したんだそうだ。CaptainHoney Suckle Companyもこのスペースでパフォーマンスや展示をしていた。

ラファエルの企てはキャッチーなネーミングと90年代のベルリンの持つツァイトガイストに見事にハマり、Vogueが„Der modernste Keller Europas“「欧州で一番モダンな地下室」と紹介し、カッセルで5年に一度開かれる大型現代美術展Documenta X からも声まで掛かる羽目に。

「このギャラリーが単なる『ギャラリー』のひとつになってしまうなんて、何か違う方向に進んでいるとショックを受けたのです。」とラファエルは自伝“Das weiße Buch”の中で述べているそうだが、彼はこの件をきっかけにGalerie berlintokyoからさっさと手を引いたのである。

当時から引き際が潔いというか、時代の波に乗るのが上手い人だというイメージがあった。かなり前からTor Str.にMobel Horzonという不思議なスペースがあるのだが、どうやらこれも彼の多くの企てのひとつのようだ。

スクリーンショット 2018-03-11 11.08.38
LOGO / MOEBEL HORZON

まさかあのガラーンとしたスペースに白い本棚が立っているだけの場所が、ラファエルと関係があったとは。。前を通るたびに感じていた違和感の正体はこれだったのか。相変わらず恐るべしコンセプトの持ち主である。

東ドイツのテイストを彷彿とさせる微妙なデザインと配色のロゴに店構え。もはや展示ルームですらない不思議な空間に、やけに洗礼された真っ白な本棚だけが無造作に置いてある。スタッフの姿を見ることもほとんどないが、なぜか主張が強い。

どこまでが冗談でどこまでがビジネスなのか本当につかみどころがないのだが、この人、会社をいくつも設立している。今でもやはり、ミッテの変化に軽やかに便乗しているというわけだ。

言葉のセンスもピカイチだし、ピアノ教室で再会したのも何かの縁なのでそのうち時間を作って頂いて色々とじっくり聞いてみたいものだ。

参考サイトその他:
タイトル写真はgalerie berlintokyo spielkreis 02 ’98から引用しています。

Berlin 1994 / 90年代のベルリン①’

93年に初めてヨーロッパ数カ所を一人でウロウロし、なぜかロンドンでもアムステルダムでもパリでもなく、その当時はまだ暗くて寂しかったベルリンに惹かれてしまう。

ADK94Xposition

日本に戻った後も、就職活動一色の周囲と波長が合わず、「なんでスーツ着てないの?」と不思議がられてばかりいた。「卒業したら、すぐにベルリンに行くから。」と馬鹿正直に答えようものなら、ますます怪訝な顔をされた。まあ、そういうものだ。

関西弁ペラペラのアメリカ人教授に「つまらないのはわかるけど、やめたらアカンで。ベルリンに行っても大学入学に役に立つから!!」と、今にも消えてしまいそうな私に待ったをかけてくれていたような記憶があるくらいだ。

結局、我慢できなくて在学中にまたベルリンに飛んだ。そして2度目のベルリンで芸術アカデミーの展覧会に足を運んだ。

ずいぶん前のことなので、どうしても時系列がはっきりしないが、また別のところから当時の写真が出てきたので展覧会について少し補足しておきたい。

Captain Space Sexのミラールームも、というより本人そのもののインパクトの方が強烈だったが、もうひとつの「なんだこれは?」がそこにはあった。

かなり大きな部屋に無造作に置かれたグロテスクな物体。部屋に足を踏み入れた瞬間、音に反応したのかモンスターの母親が乳母車をガタガタと押したり引いたりする仕掛けだ。赤ちゃんモンスターもギャーギャーと泣き始める。これがなんというか、かなり騒々しく異様な光景なのだ。

これには度肝を抜かれたが、Captain曰く、アンダーグラウンドシーンの若いアーティストをこれだけ集めた展覧会が芸術アカデミーというオフィシャルな場所で行われるのはベルリンでもこれが初めてだということだった。

この作品を作ったDead Chickensは、今でもミッテ地区、ハーケッシャーマルクトの近くにあるHaus Schwarzenbergの地下にMonsterKabinettを持っている。

私自身、まだこのキャビネットには足を運んだことがないので、子供と一緒に行ってみようかと思っている。十中八九は怖がるだろうな。。

1994年に芸術アカデミーで行われたX’Position展、今から思えば不思議な出会いをくれた展覧会だった。

タイトル写真@Mariko Kitai:”Mutti” by Dead Chickens

Berlin 1995 / 90年代のベルリン②

前回のCaptain Space Sexだが、95年にベルリンを再訪した時にはトルコ市場として有名なノイケルン地区のマイバッハ運河沿いのアパートに引っ越しをしていた。

当時のアパートにありがちな、中庭を挟んで後方の建物内(Hinterhof)にあり、階段の途中にある共同トイレ (Außenklo)という最強のコンビネーション。しかもシャワーなし。

シャワーはどうしているのかと尋ねると、近くの市民プールに行って浴びているという答えが返って来た。どうやら身体も動かせるし、一石二鳥らしい。

スクリーンショット 2018-02-18 19.37.45
参考写真:Winsstraße (P-Berg)2013©Foto: Gudath
スクリーンショット 2018-02-18 18.35.41

ある日、クロイツベルク36を歩いていると、Captainの顔見知りが声を掛けてきた。スタイル抜群のドレッドヘアの女性だ。常にド派手な格好でウロウロしている彼を見逃す人などいない。その女性との立ち話で「あ、日本人なんだ。じゃ、寿司作れるよね。うちに来ない?」と、唐突にWG(ルームシェア)のお誘いを受ける。

願ってもないお言葉に深く考えることなく頷く。ところがこのWGがこれまた強烈だった。WGはまさにクロイツベルク36のど真ん中。場所はオラーニエン通りからわずか道一本入ったところにあった。その通りの行き止まりにちょうど壁が立っていたらしい。

当時はクロイツベルクもSO36とSW61という二つの呼び方があり、「36は燃えている、61は眠っている」などと言われたものだ。端的に言うと、36はより貧しく、61は落ち着いたブルジョワの小金持ちエリアというわけだ。

5月1日のメーデーの日は外を歩けないほどの騒ぎになるのもSO36のオラーニエン通りだった。普段から闘犬を引き連れたパンクたちが闊歩しているエリアなので、ある意味仕方がなかったのかもしれない。

Captainから繋がったのは、そんなSO36を代表するパンクバンドJingo de lunchのカナダ出身女性ボーカリスト、イボンヌ・ダックズワーズだった。

全く無知というのは恐ろしいもので、その日たまたま機嫌の良かった彼女の笑顔につられて二つ返事をしたことを後になって悔やむことになる。

そんなカリスマ性を持つイボンヌが主演の93年にクロイツベルクを舞台とした映画が「Trouble」なのだから、本当に笑えない。

この密度の濃すぎる毎日が、ベルリンにやって来たばかりの自分にこんな形で訪れようとは予想だにしなかった。

当時のシーンの雰囲気が良く伝わると思うので映画のリンクを貼っておいた。オラーニエン通りのフランケンという酒場も出て来る。ご参考までに。

タイトル写真:トリミングして使用©Georg Slickers

Berlin 1993〜94 / 90年代のベルリン①

日本の大学では英米文学専攻だったので、安易な考えで卒業したらアメリカかイギリスに1年くらいまずは住んでみよう、と思っていた。

そして、その下見も兼ねてまだ行ったことのないヨーロッパに一人で旅をした。

ビートジェネレーションに興味があったので、在学中にサンフランシスコやニューヨークにはそれまでにたった一度ではあるけれど足を運んでいたためだ。

ルートはざっくり決めただけ。ロンドンIN、パリOUT。後は好きに動いてみる。そこで、イギリス各地(ランズ・エンドからウェールズ、果てはエディンバラまで)を転々とした後、アムステルダムからベルリンまで来た時点で、疲れが溜まったのか体調を崩し風邪を引いた。

93年のベルリンの夏は天気が悪く、かなり肌寒かったように思う。街は灰色でがらーんとして寂しげだし、ひとりで道を歩いていてもガチャガチャと声をかけられることもなかった。

ベルリンはロンドンともアムステルダムやパリとも違い、当時はまだ救いようのないほど地味で暗い街だったのだ。

宿泊先のユースホステルもなぜかすぐ側に娼婦が立っているような辺鄙な場所にあってますます気が滅入った。どこまで行っても退廃的。

それなのに、なんだろう?一番リラックスしてマイペースで歩ける街だったのだ。

アレキサンダー広場でミュージシャンがパフォーマンスをしているのを見ていると、のびのびと楽しそうに踊っているグループがいた。

今から思えば、観光客相手のスリにでも遭いそうな状況だが、何だかくったくのない笑顔につられて打ち解けてしまう。そこで知り合ったのがミシェルというアルジェリア系フランス人で、彼に「東ベルリン側は面白いよ。コルヴィッツ広場付近を歩いてごらん。」と教えられた。

当時のコルヴィッツ通り(プレンツラウワーベルク地区)には今みたいなピカピカの高級アパートなんて一軒もなく、下を歩こうものなら今すぐ崩れ落ちそうなバルコニー付きのアパートが並んでいただけだ。

プレンツラウワーベルクのBla Blaだったかな?「ペチャクチャカフェ」的なネーミングのカフェでAkademie der Künste(芸術アカデミー)で開催中の何やら不思議な展示内容のフライヤーを見つけたので、ふらっと覗きに行って見た。芸術アカデミーがまだティアガルテンの側にあった頃だ。

そこには今までに見たことのない混沌としたカオスが。。平日の夕方だったからか、ほとんど見に来ている人もいなかったように記憶している。

そして、ミラールームのような展示に入ってみると、全身真っ赤なライダースーツのようなものに身を包んだ人物が近づいて来た。製作者のCaptain Space Sexご本人である。とまあ、見るもの会う人全てが意味不明で面白かったのだ。

スクリーンショット 2018-02-15 11.32.00

カタログはあいにく日本に置いてきてしまっていて、手元にないがネット上でカタログ表紙の写真が見つかったので載せておこう。

因みにこの表紙の網タイツを履いているのもキャプテン。

なんとYouTubeの映像が見つかったので貼っておこう。あのミラールームも登場している。

そして、この人物が住んでいた(今から思えば不法占拠のスクワットだと思うが)のが何を隠そうコルヴィッツ通りだったというわけだ。

ミシェルの言ったことに、「なるほどー!」と大納得したのは言うまでもない。