Dudu Tassa & The Kuwaitis in Berlin / ドゥドゥ・タッサのイラクンロール

SNSって素晴らしい。

ツイッターでふと目に止まった「世界一かっこいいバンドだと思う。」という一言がきっかけでイスラエル発のイラク・アラブ音楽に出会うことがあるのだから。

彼らの音楽背景などについては以前、こちらのブログでも触れたのでここでは詳しくは書かないが、彼らがベルリンでライブをする日が来ないか、と半ば本気で待ち望んでいた。

フェースブックで彼らをフォローしていたおかげで、ベルリンでライブがあることを知ったときは心底驚いた。

そのコンサートが昨晩、ベルリンのクロイツベルクにあるGretchenというクラブで行われた。

ブログに記事を書いてから1年経たないうちに、すでにライブ体験ができたわけだ。ベルリンに住んでいるとカルチャー関連のイベントはやたらめったら多いので本当にありがたい。

クロイツベルクのメーリングダム付近と言えば、カフェやレストランなどが並ぶベルクマン通り界隈を連想するが、会場のGretchen周辺は人通りもまばらでかなり辺鄙なロケーションだった。

どうやらGretchenはイギリス王女でドイツ皇帝・プロイセン王フリードリヒ3世の妃だったヴィクトリア女王の近衛連隊の厩だったらしい。ホール内の交差ヴォールトやフィリグリーと呼ばれる銀線細工の柱などが当時の面影を残している。

Gretschen内部

Dudu Tassaはイスラエルのロックシーンでよく知られたシンガー・ソングライターであり、12枚のアルバムをリリースしている。1枚目のアルバムはなんとDuduがまだ13歳の頃にリリースされている。

とにかく一度でいいから、Duduの歌声をライブで体験してほしい。Dudu Tassa & The Kuwaitisとしては三作目に当たるエル・ハジャールはとにかく面白い。

収録作品中の10曲すべてがDuduの大叔父サレハ・アル・クウェイティによるものだというので、音楽的にはアラブ音楽と言えるが、それをロック・ヒップホップ・レゲエにも聞こえる多彩なアレンジでリバイバルさせている。

2017年にはRadioheadの全米ツアーで前座を務めたそうだし、日本のサマソニに出演してもいいんじゃないだろうか。踊れること間違いなしだ。

ベルリンのライブ会場にはイスラエルやイラク出身だという観客も数人おり、もちろん踊り倒して盛り上がっていたことを忘れてはならないだろう。

“Dudu, I love you!”

という男性からの声も多かった。イスラエル、イラク、ドイツ、日本、多国籍でとても楽しめたライブ体験だった。言葉が分からなくても、アラブ音楽は肌で感じられ、訴えかけるメロディーやリズムが魅力的。最高の笑顔で楽しそうな観客を見ていると音楽の力は本当に偉大だと素直に思える。

“Sorry for my English! Sorry for my Arabic!”

次にまたベルリンでライブがあった際は、騙されたと思って一度足を運んでみてほしい。超絶オススメバンドである。

過去の音楽的遺産を未来に繋げるDudu Tassaの今後に注目したい。

アンコールに応えるDudu

DUDU TASSA & THE KUWAITIS / イスラエル発のクロスカルチャーバンド

またあるツィートがきっかけのネタ。今回のキーワードとの出会いは素晴らしいものだった。

DUDU TASSA & THE KUWAITIS
今、「世界一かっこいいバンド」だと思う、という一文に惹かれ映像リンクに飛んでみた。それがこちら。

ドゥドゥ・タッサとクウェーティー兄弟(Dudu Tassa & the Kuwaitis)の「サーイブ・ヤー・ガルビー・サーイブ / “My heart has shattered into pieces”」。


Dudu Tassa & the Kuwaitisはイスラエル発のクロスカルチャーなユダヤ・アラブプロジェクトで、20世紀初頭のイラク音楽界で最も人気のあったAl-Kuwaiti Brothersの音楽を現代風にアレンジしてリバイバルさせている。
ドゥドゥ・タッサはイラクのユダヤ人、そしてイエメン人としての家系を持ち、自身のルーツを探るうちに素晴らしい音楽の歴史と向き合うことになる。彼の祖父と大叔父はクウェーティー兄弟として知られ、20世紀初頭から半ばにかけてバグダードで偉大な作曲家そして音楽家としてイラク、そしてアラブ世界を代表する音楽家にまで成長していく。彼らは1950年代にユダヤ人であることが理由で、イラクで迫害を受けたためイスラエルに移住している。
参照:https://www.the-kuwaitis.com/about1


私自身のアラブ音楽との出会いは、ベルリンに来てすぐに知り合いになったアルジェリアとフランス人のハーフだったミシェルやその友人たちが聴いていたシェーブ・ハレド(Cheb Khaled)他のライ音楽や、ルーム・シェアをしていたシリア人の同居人が自宅で演奏していたダルブカや常に流れていたシリア発、その他のアラブ音楽である。

ドゥドゥ・タッサとクウェーティー兄弟の「サーイブ・ヤー・ガルビー・サーイブ」、には何と言うか一撃でやられた。

たまたま、イスラエルやシリア関連のネガティブな記事が気になっていたところだったのだが、人というのは基本的に自分には理解できないものや知らないものに対する恐怖心というものがあり、それが様々な障壁を作ってしまうのではないかと思うのだ。

音楽から入ってしまえば、そんな恐怖心も一瞬で払拭できるはず。彼の歌声を聴きながらそんなことを考えた。

今のこのタイミングで彼らをベルリンに呼ぶことはできないものだろうか。是非、彼らの紡ぎ出す音を生で体感してみたいものだ。

そんな彼らのプロジェクトによるファーストアルバム、Dudu Tassa and the Kuwaitis (2011)のレコーディングの様子はIraq’n’roll (2011)に収められている。

このアルバムに収められている曲はイラクのアラビア語で歌われているが、タッサはこのプロジェクトのために特別に言葉を学んだのだそうだ。

アラビア諸国やイスラエルの歴史については正直、ほとんど無知に近い状態なのでここで自分の見解を述べることはしないが、少しづつでも知る努力をしていこうかと思っている。

タイトル写真:https://aicf.org/artist/dudu-tassa/