Zeppelin / シャウビューネでの観劇

最近、またシアターへ行く機会が増えている。

シアターへ行く→シアター関係の知り合いができる→お勧めの公演などを教えてもらう→またシアターへ行く→行けば行くほど好きになる→

恐らくはこういうループ。

今回のZeppelin。ヘルベルト・フリッチュ監督のベルリン、シャウビューネでの最終公演だということで、彼の別の舞台(der die mann / Nullなど)に出演しているたいこさんに口をきいてもらい、チケットが完売していた公演を一緒に観に行けることになった。

しかし、この日はなぜか公演前からフライングだらけ。

時間の段取りを完全に誤っていた上に、ベルリンの壁崩壊30周年記念イベントのため市内の道路も混んでいた。バス停に急ぐが「市内の交通状況のため不規則運行」という表示が出ているではないか。その時、時間はなぜかすでに19時40分を回っていた。

Zeppelinの公演は20時開始。チケットも持たず、特別に裏からホールに入れてもらうためには、時間に間に合わなければ入ることができない。

バスは運行予定よりも10分以上も遅れてやってきた。その上、クーダムも混んでいた。普段なら観劇の際はある程度時間に余裕を持って動いているのに、こんなときに限ってヘマをする。バス停にはなんとか着いたが、バス停から劇場までが思ったよりも遠かった。雨の降る中、猛ダッシュで劇場のカフェへ。着いたのがなんと公演の2分前。

この日は開演前からこんな調子だったのだ。

舞台の上いっぱいにツェッペリンはくじらのようにどーんと横たわっていた。

スチールのスケルトンで作られた大きなツェッペリン。ワイヤーで固定されているので、おそらく上下に動くのだろう。

今回の音響はシンセサイザーとツェッペリンに接続された打楽器のようなもの。役者たちの動きに合わせてツェッペリンが軋んだり、叫んだり、音を立てるようなイメージだ。

フリッチュ監督はサッカーが好きなのだろうか。冒頭のシーンではツェッペリンの向こう側で役者たちがコミカルかつリズミカルな動きでパス練習をしたり、といったシーンも見受けられた。

zeppelin ©Thomas Aurin 2017

恐る恐るツェッペリンに近づいて、その中に入っていく役者たち。一旦、入ってしまえば、まるで公園に設置されている遊具のように登ったり、降りたり、落ちたり、足を踏み外したりと大騒ぎだ。この世界観であれば、子供たちでもすんなりと入って行けるに違いない。

そんな風に舞台はテンポよく進行していたが、ツェッペリンが上の方に上がったまま降りてこなくなった。

これも演出かな?それにしても間が長いな。と首を傾げていると、案の定、技術担当が舞台裏から顔を出した。

「技術的な問題でツェッペリンが降ろせません。今、しばらくお待ちください。」

その間、Axel Wandtke がアドリブで彼の叔父が昔、聞かせてくれたという小話をふたつ披露した。さすがフリッチュのアンサンブル。

しかし、二つ目が終わっても、ツェッペリンはびくともしない。

さすがに舞台の間を持たせるのが厳しくなってきた。三つ目の小話が終わったところで、再び技術担当が舞台裏から現れ、どうしてもツェッペリンを降ろすことができない、と観客および役者に伝えた。

そのアナウンスにも役者たちはうまく反応し、なんとかアドリブで舞台を繋ごうとしたものの、一旦流れの止まった舞台をアドリブでこなすには全員の息が合わないようだった。

彼らにとっては最後の共演で最後のツェッペリンだったのだ。こんなにつらいことはないだろう。

zeppelin ©Thomas Aurin 2017

それでも、ツェッペリンと照明の生み出す影絵の美しさや役者の動きと音の重なりなどがとても印象に残る作品だった。

舞台が終わってから、役者さんたちのがっかりした様子を見るのが辛かった。こんなこともあるのだな、とその日は早々に劇場を後にした。

Amphitryon / ヘルベルト・フリッチュ監督、シャウビューネでの最後の作品

2018年2月にベルリンのシャウビューネでヘルベルト・フリッチュ監督作品der die mannを観てから、もう随分と時間が経ってしまった。

日本語補習校ですれ違った友人のたいこさんから「彼の新作にまた出るよ!」という話を聞いていたこともあり、シャウビューネのプログラムをチェックしてみるも、チケットは全て完売。

あちゃー、また出遅れたな。。とガッカリしていたら翌日、たいこさんから「友達がチケットを余分に買っちゃって1枚余ってるんだけど来る?」との嬉しい連絡が。もちろん「行くっ!」と即答して小躍り。

10月13日日曜日のプレミエだとなぜか勘違いしていたのだが、公演の日付はボヘミアン・スイスから戻る18日金曜日だった。どうか間に合いますように。

開演15分前に劇場に無事到着

そんなわけで、先日モリエールの劇曲を元にしたヘルベルト・フリッチュ監督の「アンフィトリオン」をベルリンのシャウビューネで観劇してきた。

前回よりも舞台はこじんまりとしたシンプルな作り。天井から吊られたカラフルな色の紙が舞台にフレームと奥行きを与えている。ライトも効果的に使われ、様々な表情を見せることが可能だ。

©Thomas Aurin, 2019

フリッチュ監督作品では軽快なテンポやリズムがかなり重要視されているような気がするので、シーンごとに替える必要のないセットは相性が良いのだろう。

舞台装置はシンプルだが、登場人物の衣装はゴージャスだ。

プロローグのピアノとマリンバの織りなす演奏によって、舞台の世界に自然に誘われる。フリッチュ作品では「音」や「リズム」もなくてはならない要素だ。

さて、今回の劇曲はドイツ人というかヨーロッパの人なら普通に知識として持っているギリシア神話がモチーフになっている。

美しいアルクメーネーとの結婚初夜の後、戦争へと旅立つアンフィトリオン。ジュピターはアルクメーネーの美しさに魅了され、アンフィトリオンに化けて地上へと降りてきた。ともに連れてきたマーキュリーは、アンフィトリオンの使用人「ソジー」に姿を変えた。戦場で戦っていたアンフィトリオンは大活躍し、それを知らせるためにソジーを家へ向かわせた。ソジーは、彼そっくりに変身しているマーキュリーによって迎えられたが、彼にぶちのめされ、マーキュリーこそが「本物のソジー」であると納得させられてしまう。本物のアンフィトリオンは、アルクメーネーと再会するが、当然状況が呑み込めないので困惑し、さらに情事があったことを知ってショックを受けてしまう。

アンフィトリオン(劇曲)

予習を全くしないで行ったのだが、今回の舞台はセリフが韻を踏んでいるせいか、一言一句を理解するのはハードルが高かった。喜劇という性格もその理由だろう。冗談を外国語でというか頭で理解するのは難しい。

©Thomas Aurin, 2019

とはいえ、アンフィトリオンの本物と偽物、ソジーの本物と偽物の一騎打ちやそれぞれのパートナーとのちぐはぐなやりとりなどがテンポよく交わされ、かなり楽しめる作品になっている。

とにかくフリッチュ監督のコアメンバーによるどこまでがアドリブでどこまでが計算された演出なのかわからぬドタバタ劇には参ってしまった。一人一人の役者の持つ技術とエネルギーがとにかくすごい。

驚いたことに、もしかするとこの作品Amphitryonが彼のシャウビューネでの最後の作品になるのだとか。ウィーンのブルグ劇場から新たにアンサンブルに加わったソジー役のJoachim Meyerhoffが少し気の毒になる。

今年の公演分は完売になってしまっているが、当日券なども出るかもしれない。来年の2月にも公演があるそうなので、機会があれば是非足を運んでみては。

»Wer bin ich? Ich muss doch schließlich auch was sein.«

とは普遍的なテーマである。

タイトル写真©Thomas Aurin, 2019

Neuer Intendant der Volksbühne / 劇場総監督交代

2017年のフランク・カストロフ時代の終焉から早2年。ベルリンのフォルクスビューネの劇場総監督はこの2年間で目まぐるしく交代した。

フランク・カストロフ(Frank Castorf)→クリス・デルコン(Chris Dercon)→クラウス・デュル(Klaus Dürr)→?

クラウス・デュルは次の劇場総監督が決定するまでの期間、あくまで代理としてポストに就いたのだがその後、劇場総監督に関するニュースは全く目にすることがなかった。

しかし、先日とうとう正式に新劇場総監督が決まったとのニュースが流れてきた。

劇作家で監督のレネ・ポレッシュ(René Pollesch)である。ポレッシュは2001年からフランク・カストロフ率いるフォルクスビューネで劇作家および監督として従事していた。

ポレッシュの代表作としては、2012年の”Kill your Darlings”が挙げられる。

2001年から2007年までフォルクスビューネ内にある小劇場Praterの責任者を務め、シュトゥットガルト、ハンブルク、チューリヒといったドイツ語圏の大きな劇場で演出を手がけた。

ベルリンではドイツシアター(Deutsches Theater, DT)で2019年1月末に”Black Maria”を初演している。DTでは来シーズンに2つの新作が予定されている。こちらも要チェックだ。

フランク・カストロフが2017年に退陣し、クリス・デルコンが劇場総監督に就任するも、2018年4月に退くという異例の事態に。それ以降、クラウス・デュルが新たにポストに就いたが、2019年2月の時点では2020/2021のシーズン終了までが任期となっていた。

それだけに重責を担うポストなのだろう。レネ・ポレッシュ率いるフォルクスビューネの今後に注目したい。テレビの取材嫌いのレネ・ポレッシュ。

rbbのインタビューに答えのはシャウビューネの芸術監督を務めるオスター・マイヤー(Oster Meier)だ。「レネ・ポレッシュがフォルクスビューネを率いることで西側のシャウビューネと東側のフォルクスビューネのバランスが保たれると思う。とても嬉しく思っている。」と言った歓迎の言葉を述べている。

ツイッターで記者会見の映像が流れてきたので、シェアするためにここに貼っておこう。

参照:rbb: Kultursenator bestätigt René Pollesch als neuen Intendanten

タイトル写真:©ZDF

NULL / シャウビューネでの観劇

ヘルベルト・フリッチュ(Herbert Fritsch)監督作品、der die mannに参加している友人のお誘いで、フリッチュ監督としてはシャウビューネでの2作目に当たるNULL(ゼロ)を観に行く機会があった。

私自身も彼の作品を観るのは今回で2度目である。劇場内に入ると、前回と同様ミニマルな舞台装置が目に入った。

舞台中央にチョークのようなもので描かれた円と線からなる幾何学模様。舞台上手には布や紙で作られたカーテンのようなものが何枚か垂れ下がり、下手には大きなスクリーンが設置されている。舞台の隅には赤と黄色の円や、円がくり抜かれた四角いアクリル製ボードが並べられている。そして、長い1本のバー。

スクリーンショット 2018-05-02 20.00.54
NULL / Foto: Thomas Aurin 2018

写真でも分かるように、フリッチュ作品では役者が安全ベルトで吊られたり、フォークリフトで3mほどの高さまで持ち上げられたり、バーでサーカスのような動きを披露したり、とかなりアクロバティックな技術も求められる。

サウンドや発語、ライティングと壁に映し出される影、役者の動きなどそれぞれの要素が緻密に計算されているようなタイミングありきの演出で、観客も退屈する暇がない。

スクリーンショット 2018-05-02 20.02.46
NULL / Foto: Thomas Aurin 2018

なんと、この日は公演中に観客席にいた女性が突如、歌いながら舞台に上がるというハプニングも起きた。それに対する役者のアドリブも自然なもので、演出なのかそうでないのか観ている方にはわからないほどであった。

「いやー、あれには驚いたよね。」と公演後に役者さんのひとりが教えてくれたので、事故だったことが判明し二度ビックリ。舞台監督のアシスタントの女性がすぐ側に座っていたことも幸運だったように思う。

役者さん曰く、この作品のために6週間もの間、連日4時間ほどのリハをしたのだそうだ。シナリオなどは特に用意されておらず、テーマやそのテーマに対するフィーリングのようなものを掴むために何度も何度もコレオグラフィーを繰り返す。その上で、これだ!という振り付けだけが残され、消えていったアイデアも数多くあるのだろう。

タイトル画面の大きな「手」。この大掛かりな装置だけが先に作られ、何に使うのかは特に決められていなかったそうである。

これまでに観たフリッチュ監督の作品は言葉が分からなくても十分楽しめるので、観劇にどこか抵抗のある人にこそお薦めしたい。