Tiské stěny / Tissaer Wände 〜チェコの旅9〜

カメニツェ川の渓谷下りもプラフチツェ門(Pravčická brána)も既にクリアしたことだし、どこか他の場所へ足を運んでみよう、ということで選んだのがこちら。
IMG_3992
メズナーからジェチーンを経由して南西に約1時間ほどのティサー( Tisá)という町。ここにはティサーの岩壁(Tiské stěny / Tissaer Wände)という自然遺産がある。この不思議な岩壁の街はティサーの北部、エルベ砂岩山地(Elbesandsteingebirge)の景観保護地域(LSG: Landschaftsschutzgebiet)の西側の延長上に位置している。
また、このティサーの岩壁はRáječke、Ostrovské stěny及び Vysoký Sněžníkと共に魅力的な観光地とクライミングスポットを形成しているそうだ。さて、ティサーの岩壁入り口付近に着いた。目指すは岩壁。
IMG_3780
入り口で岩壁保護に使われるという入場料を払い、目指したのは大きな岩壁の緑ルート。こちらは1から56まで名前の付けられた岩を回るルートだそう。
DSC_0080
「いちーっ!」何やらワクワクさせられる空間である。
DSC_0115
大きなトンネルがあったり、細い抜け道があったり。
DSC_0123
DSC_0126
長い階段で上に登ったり。残念なことに、穴のあいた岩場がかなり汚れていたのが気になったが、それを除けば大人も子供も楽しめる自然の遊び場だ。緑のルートを最後まで回ると、反対側の入り口にも入場料を払う小屋と休憩できるレストランがあった。
DSC_0134
地元の小学生にも人気のスポットらしく、遠足だと思われるグループをいくつか見かけた。

レストランではお決まりのスープ、パラチンキ、豚肉とクネドリーク (knedlík)をそれぞれ注文。歩いた後は食欲も進む。お腹がいっぱいになったところで、今度は赤のルートを通って反対側の入り口まで戻ることに。
DSC_0129
赤のルートは岩壁の上を歩けるようになっている。
DSC_0140
岩の先まで行って記念撮影をしている人もちらほら。
IMG_3770
車を停めた駐車場が教会越しに見える。「ママ、あそこから来たんやんな。」そうそう。このティサーの壁は613mの標高があるので、岩の先まで行こうとするとかなり足元が不安になる。
IMG_3756
緑と赤のルートを回るのに大体3時間くらい掛かっただろうか。
本格的にクライミングができる場所もあるので、もしチェコの国立自然公園に来られた際には是非寄ってみてはいかがでしょう。

Mezná / Stimmersdorf 〜チェコの旅8〜

フジェンスコから数分バスに揺られてメズナー・ロウカに到着。公園で大人がうたた寝をしている間に子供たちは何やら熱心に遊んでいた。
起きたらスープが出来ていた。

チェコで何度か美味しいスープを飲んだからかな?

メズニー・ロウカから2キロほど歩いたところに今回の宿泊先であるアパートがある。休憩もしたことだし、ゆっくり歩いて帰ることにした。
DSC_0056
草原が広がっており、子供たちも大喜び。ラズベリーやブラックベリーを見つけたよ。
DSC_0061
ブラックベリーが甘くて美味しい。
DSC_0063
草むらに潜むバッタ、木の洞には蜂の巣が。
DSC_0070
同じ2キロの道のりでも街中と自然の中では大違いだ。
DSC_0073.jpg
たまにはこういう何にもないようで発見の多い自然に触れることは大事だなぁ、と思う。
IMG_3748Meznáの夕暮れ。
窓の外を見ると何もない景色が広がっている。ロシアのプスコフでも感じたが、こうやって何もないところで過ごしていると見えてくるものが必ずある。

Mezná / Stimmersdorf 〜チェコの旅7〜

翌日はMezná(メズナー)からEdmundova soutěska(エドムンド渓谷)のボート乗り場へ向かうことに。普段の日の午前中だからか、渓谷沿いのハイキングコースにはまだ誰もいない。
DSC_0005
昨年の夏はメズニー・ロウカ村から青いルートでボート乗り場まで歩き、Divoká soutěska(ヂヴォカー渓谷)をボートで移動したのだが、今回はメズナーから緑のルートで南下してみたら、橋を渡ったところにある案内板にはヂヴォカー渓谷及びハイキングコースが封鎖中だと表記されていた。昨晩、おじさんがチェコ語で色々と教えてくれたのは恐らくこのことだったのだろう。
IMG_3955
知らなかったとはいえ、妙な偶然もあるものだ。今回は短いルートでEdmundova soutěska(エドムンド渓谷)のボート乗り場へ向かうことにして良かった。
さて、このエドムンド渓谷だが、19世紀に先ほどのヂヴォカー渓谷と今では通ることのできないフェルディナンド渓谷と共にボート通行と観光のために手を加えたのだそうだ。渓谷のあるカメニツェ川はザクセン・スイスのクリニッツェ川と並んで、以前は木材運搬のために利用されていた。鮭やマスといった魚の漁もボヘミアン・スイスでは重要な位置を占めていたらしい。
少し歩くと前方に休憩所が見えてきた。
DSC_0012
ここにも一番乗りのようだ。前回は4歳と6歳のチームだったが、今回は5歳と7歳に。かなり歩けるようになってきたかな?
DSC_0017
馴染みの岩の上でパチリ。この岩、記念撮影用なのか登りやすいように足場がちゃんと付けてある。ここでしばらく休憩したら、いよいよボートで渓谷下り。櫂でボートを操る渡し守が面白おかしくガイドしてくれる。今回もチェコ語とドイツ語を交えたお話だった。
DSC_0026
フジェンスコに続く渓谷沿いのハイキングコースには豊かな自然がいっぱい。短いルートであれば子供の足でも十分に歩けるとても気持ちの良いところなので一度足を運んでみてはどうだろう。

フジェンスコに到着。夏場はバスが運行しているため、ここから問題なくメズニー・ロウカ村まで戻ることができた。
DSC_0038
8に続きます。

Mezná / Stimmersdorf 〜チェコの旅6〜

今年に入って2度目のチェコ。今回は前々回に訪れたMezní Louka(メズニ・ロウカ)から2キロほど南下したMezná(メズナー)をまず拠点にすることにした。住民が40人ほどの小さな集落である。
この集落のドイツ語名Stimmersdorf の由来は現在でも明らかになっていないが、1446年のドレスデンアーカイブに初めてこの名前が出てくるのだそう。
宿泊するアパートから少し歩いたところにあるペンション併設のレストラン。公園が絶景だった。ここがこの集落の中心に当たる。
DSC_0758
どうやら、レストランと公園の間の道を通ってボート乗り場に行けるらしい。川に行きたいと子供達が言うので、ちょっと行ってみることにした。
IMG_3728
ちょっとどころか、どんどん下へ降りて行くことに。これ、また登って戻らなくちゃいけないんだよ、トホホ。
DSC_0763
やはり初日から体力勝負である。子供たちはきゃっきゃとはしゃぎながら早足で降りて行く。車で5時間ほど移動した後なのに元気なものだ。河原で遊んでいると、上の遊歩道を歩いていたチェコ人のおじさんに道の向こう側を指さされチェコ語で何か言われた(翌日その理由が明らかに)ので、何となく「děkuji(ディクイ)!」とお礼を言っておいた。

それにしてもこのカメニツェ川(Kamenice)の渓谷は何度見ても美しくきれいなところだ。河原でひとしきり遊んだ後で、またダダダッと公園まで一気に登り、ブランコを漕いでいた子供たちの身軽なこと。

夕ご飯が美味しかったのは言うまでもない。チェコでよく見かけるラズベリーのレモナードで乾杯!

Pravčická brána / Prebischtor 〜チェコの旅5〜

ここまで来たら後もう少し。子供達の歩みも若干早くなる。「アイス・おにぎり・アイス・おにぎり食べたいな〜♩」
おお〜、圧巻!これはすごい。
DSC_0360
このプラフチツェ門は幅26,5m、高さ16m、厚さ8mの欧州で最大の天然橋なのだそうだ。以前は、橋の上を歩けたようだが現在は安全面を考慮して歩くことができなくなってしまった。1826年に建設された歴史的なホテルSokolí hnízdo(ドイツ語:„Falkennest“ 鷹の巣)内に軽食が採れるレストランが入っている。
カスパー・ダビッド・フリードリヒといった画家やアンデルセンといった作家もインスピレーションを得にここを訪れたという。
DSC_0361
疲れていたはずなのに、ドンドン先に登る子供達。自然(アイス?)の力は偉大なのだ。
DSC_0365プラフチツェ門を見上げながら、外でおにぎりタイム。途中で風が強くなって来たので、レストランで暖を取ることに。アイスは残念ながらなかったが、デザートにチェコのクレープ、パラチンキとドイツやオーストリアでお馴染みのアプフェルシュトゥルーデルを食べる。疲れた時のスイーツは最高!「アイス食べたかったのに〜。」(ま、そうだよな。)

甘いものでエネルギーをチャージして、前回、車で通った時に見かけたバス停を目指す。2キロほどだろうか。

まさか、バスが走ってないということはないよね!?
その、まさかです、ハイ。

有名な観光地だろうが、人の少ないオフシーズンの平日には便利な434系統のバスは運行していないらしい。仕方なく、相方がなぜかジョギングも兼ねて車を取りに行くことになった。
DSC_0404
その間も疲れ知らずの子供達。いやはや、森の魅力って本当にすごいなぁと思う。

Pravčická brána / Prebischtor 〜チェコの旅4〜

前回のボヘミアン・スイスへの旅では断念したプラフチツェ門(Pravčická brána)のある全長8キロのガブリエラ遊歩道(Gabrielina stezka)。2日目に子供達と10キロを達成できたこともあり、4日目の比較的天候の良い日にチャレンジすることにした。
こちらは名の通った有名な観光地なので、休憩所やカフェがないとは思えなかったが2日目の痛い経験から念のためにおにぎりを持参することに(笑)。出発点はKrásná Lípaから南西に車で35分程の距離にあるMezní Loukaだ。いざ、出陣。

双葉の上に被った帽子(種の殻)を外すのがもっぱら楽しいらしい。

そして、気分は既に探検隊。しかし、今回のこのコースは起伏も激しく道もかなり険しい。天気も山の天気で小雨が降ったり、晴れ間が出たりとコロコロ変わる。
「ママ、ここから落ちたらけがするかなぁ。」(ハハハ、落ちないでね〜。)

疲れたのでパチリと記念撮影。
DSC_0338
いい眺めだね〜。「ママ、まだ着かへんの?」
DSC_0348
あ、後もう少しだよ!
DSC_0352
目的地のプラフチツェ門まで後600メートル。この門はアメリカ合衆国バージニア州ロックブリッジ郡のナチュラル・ブリッジと広島県庄原市東城町の帝釈峡にある雄橋(おんばし)とともに世界三大天然橋とされているのだそうだ。
まだ歩きます。

Krásná Lípa / Schönlinde 〜チェコの旅3〜

Horní Podluží駅に着いたので、列車の時刻案内表を確認してみる。
「あれー、電車走ってないのかな??」
ここでまた例の「シーズンオフの平日」という最悪の事態が。列車が来ませーん。何も走ってないのか?いやいや、そんなはずはない。駅なのだから、近くにバス停くらいあるだろう、と慌てて駅に面した道路に突進する。バス停はあった。が、時刻表はこの通りスッカスカである。
DSC_0227
どこにもKrásná Lípaの表記がない。なんとなーく、3つ目のRybniště駅まで行ってみて、列車に乗れるかどうかという感じである。14時過ぎだったので、仕方なく微かな希望を持って49分に来るであろうバスを待つことに。これ来なかったらキツイなぁ。
ここまで歩いた距離は既に10キロ程度。バスが来ないとなると、タクシーを呼ぶかヒッチハイクでアパートホテルに戻るしかない距離だ。そうこうするうちに、バスの音が向こうからかすかに聞こえて来た。「助かったー。」ホッとしてバスに乗り込む。運転手に3駅乗りたいと伝えるが、行き先を聞いて来る。Rybniště(なんて読むんだ??)それでもなんとか意思の疎通を図り、運賃を払って席に着いた時の安堵感といったら。
6分ほどバスに揺られて隣町のRybništěまで無事に到着する。バスを降りたところで、別のライン434系統がKrásná Lípaを通っていることが判明するが、これまたシーズンオフなので運行していないようだった。7月1日から9月3日がシーズン中らしいので、チェコへのトラッキングに来られる予定のある方は交通の便が良くなるシーズン中に是非。
カフェらしきものがないかと駅周辺を探すが、なんと5分前の15時にクローズしたばかりのHospoda(パブ)を発見したのみ。とにかく寒い日だったので暖を取りたかったのだが、無念。なんで15時に閉めるんだ。。
IMG_2417
Rybništěで30分ほど列車を待った後、5分ほどで次の駅のKrásná Lípaに無事到着。

行き当たりばったりの旅はスリル満点だが、チビ連れだと余計に歩かせることになってしまうリスクが伴うなぁと改めて。
ふたりとも本当によく歩きました。
DSC_0212 (1)Krásná Lípa滞在二日目のハイキングでした。
まだ歩きます。

Krásná Lípa / Schönlinde 〜チェコの旅2〜

前回の続き。目的地まで辿り着いたのはいいが、来た道を戻るのもつまらないので地図上に示された駅に続いているトレッキングコースを進むことに。
2キロだったら子供でも行けるだろう、というのは間違いでそこから先はまだまだ長いのである。どうやら余り観光地化されていないマイナーなルートを選んでしまったらしく、休憩するカフェもなければキオスクすら見当たらない。最寄駅までの道のりもこれまで歩いた距離の倍以上あるようだ。

人っ子ひとりいない道をひたすら進む。犬を飼っている家が多く、犬には吠えられっぱなしだった。ハイキング客を意識しているのか、窓辺に素敵なデコレーションしている家が目立つ。途中で265線沿いにバス停を見かけたが、シーズンオフの平日なので運行していなかった。
「ママ、まだ歩くの!?後、何時間?」(うーん、後どのくらいかなぁ。)
それでもご機嫌な子供達。ベルリンであればすぐに歩くのを嫌がるのに、自然の中だと道無き道を好んで歩いたり、水たまりを見つけてはしゃいだり。5歳の長男も余りぐずることもなくずんずん歩けるのが不思議だ。それにしても、この日はおにぎりを持参していて本当に良かった。
DSC_0202 (1)

壊れた風車。チェコ語の案内板が立っていたので、何か意味のある風車なんだろう。
DSC_0204

Světlík

Světlík風車はチェコ国内で保存されているオランダ型最大規模の風車。5枚の羽からなるプロペラと強靭な作りの風車小屋はその性格と大きさからも例のない技術的、文化的に価値のあるものだ。この風車はKrásná Lípa, Varensdorf, Jiřetín pod Jedlovouのほぼ中央に位置し、Světlíkという池の側にある。*Centrum Českého Švýcarska

風車小屋から下り坂になり、少し先を行くとヤギの群れが。

あ、向こうの方にやっと駅が見えて来た!

DSC_0226 (2)
Horní Podluží駅

「なんだか小さな駅だけど大丈夫かなぁ。」
まだ続きます。

Krásná Lípa / Schönlinde 〜チェコの旅1〜

昨年のボヘミアン・スイスへの旅がとても印象に残ったので、今年のイースター休暇にまたチェコへ行くことにした。
仕事が立て込んでいてホテルの手配が遅くなってしまい、Mezní Loukaで見かけた素敵なバンガローには泊まることができなかったが、今回はそこからさらに西側のKrásná Lípa(クラースナー・リーパ)を拠点にすることにした。ベルリンから車でドレスデン、そしてツィッタウ方面に約3時間強の距離だ。チビ連れなので、休憩を度々挟んで5時間くらい掛けて到着。
今回も出発直前までバタバタしており、下準備を全くすることなしに現地に赴くことになった。ホテルの受付で子供でも歩きやすいトラッキングコースについて尋ねたり、観光案内所で地図を購入したりして情報を集めた。Macも持って行ったのだが、ネット検索よりも直接聞いた方が早いと感じるタイプなので、現地の人に相談しながら何となく行き先の目星をつけてみる。
逆にベルリンに戻ってきてから、どこをどう歩いたのか詳細について確認していると、「ここにも行きたかったなー。」なんて早くも次の旅の目的地が見えてきたりもする。そういう意味でもブログにまとめる作業はなかなか楽しいものだ。
ネットは便利だが、仕事以外の旅はどちらかというと行き当たりばったりがいい。子供達もどうやら山歩きは先の分からぬ冒険だと思っているらしい。
さて、今回の出発地点であるKrásná Lípaはラウジッツ山地とボヘミアン・スイス国立公園の境界に位置した人口3600人ほどの小さな町だ。ロマも数多く住んでいるらしく、町でもそれらしき人々をよく見かけた。ところで、「チェコではロマの子供たちへの差別が続いている」、というハフィントンポストの記事をみかけたので気になる方はリンクをクリックしてご一読を。
宿泊したモダンな作りのアパートホテルの面する街の中心の広場にはボヘミアン・スイスの観光案内所もあった。

さて、行き先だがクラスナ・リーパを流れているKřinice(クジニツェ)川の3つの源流が東へ2キロ程行ったところにあるというのでそこへ向かってみることに。

森へ至るまでの道は車道沿いだったが、車も少なく鄙びた田舎道なので家を見たり庭に放し飼いにされている鶏を見たりしながら目的地を目指す。
森に着いたよ!余り目立たない道しるべを探すのも子供達の役目。今回のルートは青。木でできたプレートにはTři studánkyとある。「3つの源泉かなぁ?地名かな??」(ロシア語は少し分かりますが、チェコ語はわかりません)かなり適当である。ホテルの受付にあった地図にはStudánkaという地名があったので、方角はあっているようだ。
DSC_0169
Krásna LípaとStudánkaの間に位置する森の中にKřinice川の源泉があり、1907年に初めてそこに至るルートが一般公開されたそうだ。戦後、周辺はひどい状態になっていたようだが1990年4月末に5年の歳月をかけて整備されたルートが再び通行できることになった。
シーズンオフの平日(ドイツはイースター休暇中)だからか、誰もいない静かな森の中をずんずん歩く。Prameny Křinice「クジニツェ川の源泉」に着いたよ!
DSC_0187
ドイツに来てから、イースター休暇に暖かかった記憶がほとんどないのだが、今年も残念ながら例外ではなくチェコ滞在二日目から冬のような寒さに見舞われた。この日も寒かった〜。
まだまだ続きます。