Mezná / Stimmersdorf 〜チェコの旅6〜

今年に入って2度目のチェコ。今回は前々回に訪れたMezní Louka(メズニ・ロウカ)から2キロほど南下したMezná(メズナー)をまず拠点にすることにした。住民が40人ほどの小さな集落である。
この集落のドイツ語名Stimmersdorf の由来は現在でも明らかになっていないが、1446年のドレスデンアーカイブに初めてこの名前が出てくるのだそう。
宿泊するアパートから少し歩いたところにあるペンション併設のレストラン。公園が絶景だった。ここがこの集落の中心に当たる。
DSC_0758
どうやら、レストランと公園の間の道を通ってボート乗り場に行けるらしい。川に行きたいと子供達が言うので、ちょっと行ってみることにした。
IMG_3728
ちょっとどころか、どんどん下へ降りて行くことに。これ、また登って戻らなくちゃいけないんだよ、トホホ。
DSC_0763
やはり初日から体力勝負である。子供たちはきゃっきゃとはしゃぎながら早足で降りて行く。車で5時間ほど移動した後なのに元気なものだ。河原で遊んでいると、上の遊歩道を歩いていたチェコ人のおじさんに道の向こう側を指さされチェコ語で何か言われた(翌日その理由が明らかに)ので、何となく「děkuji(ディクイ)!」とお礼を言っておいた。

それにしてもこのカメニツェ川(Kamenice)の渓谷は何度見ても美しくきれいなところだ。河原でひとしきり遊んだ後で、またダダダッと公園まで一気に登り、ブランコを漕いでいた子供たちの身軽なこと。

夕ご飯が美味しかったのは言うまでもない。チェコでよく見かけるラズベリーのレモナードで乾杯!

Mezná / Stimmersdorf 〜チェコの旅6〜” への0件のフィードバック

コメントを残す