Chikaramochi in Nakazakicyo/ 中崎町の力餅食堂

夏休みに大阪に帰省していたが、ひとつ大事なことを投稿するのを忘れていた。

それは大阪の中崎商店街にある力餅食堂のこと。

谷町線の中崎町駅から徒歩で約3分ほどの場所にある古い食堂なのだが、店構えからして昭和テイストで溢れている。

自分が子供の頃、奈良から大阪の親戚の家に遊びによく行ったものだが、その時に目にした風景そのまま、といえばいいだろうか。

とにかく懐かしい感じにさせられるお店なのだ。

店の前に出ているおはぎがこれまた絶品。おはぎとお茶目当てでわざわざ行く価値があるんじゃないかと思うくらい甘過ぎず絶妙な手作りのおはぎ。

おばあちゃんの味。そうだ、これだ。

ここには子供たちや母と一緒に何度か通ったが、とにかくみな口を揃えて「美味しい!」といいながら中華そばを食べた。

ラーメンではなく、中華そばである。

もう書いてる側からお腹がぐーぐー鳴るくらい、最高の一品である。最高すぎて写真を撮り忘れてしまった。

さて、この中崎商店街にある力餅食堂。お昼時に行くと、タバコを吸いながらご飯が出てくるのを待つサラリーマンでお店は満席になる。

さすがに喫煙OKなのは時代錯誤な気がするが、昭和のまま時間が止まっているのでそこは諦めるほかないのである。

サラリーマンのおじさんたちを避けるため、若干早めに行ってお昼を済ますといいだろう。

間違いなく常連の彼らは必ずちらし寿司を注文する。ちらし寿司と山菜うどん。ちらし寿司と中華そば。ちらし寿司ときつねうどん。こういった具合だ。そして、もちろんちらし寿司が最高に美味しいことは言うまでもないだろう。

店内にはお店の紹介が載っている雑誌の切り抜きや新聞記事なども貼ってあり、そこでは「虎ざる」なるものの写真が載っていた。

大阪らしくて笑ってしまうが、ざるそばがカレー味とコーヒー味の二種類になっており、ストライプ状になっているという目玉賞品だ。

もちろん阪神タイガースの「虎」というわけ。

これは大学時代の同級生と会った時に注文して食べたが、ボリュームもあるしなかなか美味しかった。おばちゃんたちのアイデア勝負である。

なかなか、大阪駅から谷町線で二駅目の中崎町界隈に行く人は少ないだろうが、もし何かの用事で近くまで行くことがあれば中崎商店街の力餅食堂をのぞいてみてほしい。

中崎町にはオシャレなカフェもたくさんあるので、そちらもオススメだがここでは昭和テイストの力餅食堂を一押ししておこう。

もはや意味不明

Soraniwaonsen in Bentencho / 弁天町の空庭温泉

夏だけれど温泉に行きたい。でも、遠出する時間がない。どうするか。

大阪にはいくつか大型温泉があるが、母親が弁天町に新しくできた施設があり気になっている、というので天気の余り良くない日を選んで一緒に行ってみることにした。

滞在先の桜ノ宮からJR環状線で20分ほどのところだ。駅と直結しており立地も抜群である。

それにしても、家から30分ほどで気軽に温泉に行ける日本ってどう考えても素敵だ。

©JR西日本

最近の京都もそうだが、やはり大阪でも激増する外国人観光客の影響で温泉施設も混んでいる上にマナーもあまり良くないため避ける人も多いと聞く。果たしてここは大丈夫なのだろうか。

夏なので昼間から好き好んで温泉に入る客もいないだろう、という思惑通りお昼前の館内は週末だというのにがらーんとしていた。

今年の一時帰国はどこへ行っても比較的空いているのだから不思議なものだ。

日本人はテーマパークが好きなようだ。この空庭温泉も安土桃山時代という想定の温泉テーマパークというコンセプト。

©空庭温泉HP

入場料は他の大阪の温泉に比べて大人2600円、子供はその半額と高め設定だが、ゆっくりと何時間も滞在することを考えれば納得が行く料金設定だ。

館内では備え付けの浴衣着用が義務付けられている。浴衣といってもワンピースか巻きスカートの上に甚平を羽織るタイプなので気が楽だ。カラーや柄展開も豊富なので選ぶのも楽しい。

息子も浴衣が着れてご満悦の様子。なぜか爪楊枝を加えてその気になっている。そんな仕草をどこで仕入れてくるのだろう。子供って不思議だ。

揚げたこ焼きが美味!

館内もインスタ映えするスポットが用意されていたりと工夫がされていて面白い。

お昼を食べた後、早速お風呂へ。

©空庭温泉HP

施設が新しいので綺麗で気持ちがいい。竹の枕に頭を乗せ、寝転がってお湯に浸かれるスペースがあり旅の疲れがようやく取れた気がした。寝転んでお湯に浸かれるなんて極楽。

庭園を眺めながら入るお風呂も格別だ。この日はあいにくの天気だったがそれでも開放感は十分。

この空庭温泉、以前は屋内プールだった場所を改装して2019年の2月末にオープンしたばかり。屋根を取り除いて足湯や休憩所のある庭園が造られている。

成り切る人

高めの料金設定のためか地元の人には不評なのだとか。そのおかげ(?)で随分とゆっくりと過ごせて大満足。

半日ほどの滞在だったが、ご飯も美味しく母親とゆっくりお風呂に入れてとてもいい時間が過ごせた。

帰りは妹家族と合流して大阪でご飯を食べ、大阪ステーションエリアのカフェでお茶をして帰宅した。都心でも場所を選べばゆっくりと過ごせるものである。

Straßenbilder Osaka / 大阪の街角

日本を離れている時間が長くなればなるほど、一時帰国した際に何気ない日常の風景に目が届くようになる。

どこか昭和を感じさせられる懐かしい風景が大阪にはまだ残っているのだ。

子供たちをバス停まで見送ってから、天気のいい日はカメラを片手に近所をぶらぶらするようにしている。

長く住んでいた奈良のそれとは異なり、神社も街中の一角にこじんまりと鎮座している。

小さな境内ではあるが、とても手入れが行き届いており、出勤の前にお参りしている人の姿も見かけた。

京都や奈良の神社のように観光客で溢れかえっているわけでもなく、もっと人々の生活に密着している印象を受ける。

ちょうど大祓式(おおはらえしき)の時期だったようで、拝殿の前に茅の輪(ちのわ)が設置されていた。

「大祓式」は平安時代から続く公の神事で、一年を半分に分け、6月30日を「夏越しの大祓」、12月31日を「年越しの大祓」ともいい、日本全国の神社で同日に斎行されるのだそうだ。

1年の節目に子供たちも連れて参拝しておこうと思う。

こちらの都島神社、かつては淀川本流(現在の大川)の左岸に当たり、洪水に度々見舞われた土地らしい。

平安時代後期に後白河法皇が当地へ行幸した際にこれを哀れみ、神社を置くよう命じたというのだ。

当初の社名は天照大神をはじめとする15神を祀っていることにより十五社神社と呼ばれていたが、1943年に都島神社と改称された。大阪大空襲で旧本殿その他は消失し、1949年に再建されている。

何も考えずにフライトを取ってしまったので、残念ながら7月25日の天神祭の花火大会を見逃すことになってしまったが、七夕には大阪天満宮に足を運んでみようかと思っている。

日本の社寺の行事はできるだけ体験させてあげたいものだ。

Aus dem Gleis kommen / レールを外れる

一時帰国6日目。

蒸し暑さもまだ思ったほどひどくはなく、アパートも冷房完備なので比較的過ごしやすい大阪。

なんでも今日のベルリンはまだ6月下旬だというのに36度まで気温が上がるらしい。交通機関や店内にクーラーがないところがほとんどなので、暑さをしのぐのは至難の技だと思う。

今週に入ってから、子供たちも例年通り小学校の体験入学中で、歩いて15分ほどのバス停からふたりで学校に通っている。

息子にはすでにサッカー友達ができ、娘は親友と連れ立って帰ってきているので何も心配がない。学校生活には1日目からすんなりと馴染んでいたようだ。

例年は秋休みを延長して帰っていたのだが、娘も8月からベルリンの現地校で5年生になるので休学することにせず、今年の6月下旬からの夏季休暇に合わせて日本に帰ってみることにしたというわけ。

丁度、プール開きも始まったところで、初めて日本の小学校でプールの時間を体験することができた。こちらについてはまた別ブログで詳しく書こうかと思っている。

そんなわけで、子供たちを朝バス停まで送ってから、近所を少し散策してみることに。

JR桜ノ宮近辺

最寄駅のJR桜ノ宮へ向かう人の波と、駅から街へ、職場へと向かう人の波ができていた。そうだ、この時間は通勤時間にも当たっているんだった。

暑い中、同じような格好をした集団が列をなして歩いてくるので、初めは何事かとぎょっとしてしまった。

よくよく見ると、なんのことはない、会社へ向かうサラリーマンの群れだった。朝のこの普通の風景がある種、特異な物に映ってしまったのだから奇妙なものだ。

源八橋

ベルリンの朝の風景とは全く違うのである。

何が違うのか。

まず、ベルリンの人たちはスーツパンツとワイシャツといったような同じ格好をしていない。それぞれが好き勝手な服装をしている。群れをなさない(日本のサラリーマンも別に群れをなしたくてなしているわけではないが)。子供を小学校や保育園・幼稚園に送る母親と父親の姿も多い。

全体的にもっとのんびりとしているように見える。ベルリンの親も朝はそれなりにバタバタしていたりイライラしていたりもするのだが、どこか違う。

同じ時間に大勢の人間が一斉に動かないからなのかもしれない。

恐ろしいことに、橋の上から大阪城をカメラに収めようとしたら、サラリーマンの集団に逆らって橋の手すり側に移動し、立ち止まってカメラを構えなければならなかった。

完全に一連の流れを乱す行為である。

その時になんだか心の底から実感した。「レール外れちゃってるな。」と。

たまたま通勤ラッシュ中に通勤客の動線上に居合わせただけなのはわかっているが、そこには何か無言の圧力のようなものを感じてしまった。

そして恐らく、そんなものを感じているのは自分だけで他人は何とも思っていないのだが。

その場に居合わせた私にとってはどこか「象徴的な絵」だったのである。

大阪城

そんなどこか肩身の狭いシチュエーションで撮った写真たちを今回の投稿に貼っておきます。

タイトルにあるドイツ語のAus dem Gleis kommenという言い回しは、文字通りだと「レールを外れる」ということだが、「目的を外れる」とか「オリエンテーションを失う」とかいう意味で使うようだ。

日本語の意味とは若干異なるが、一瞬「行き場を失った」のでタイトルに採用することにした。

大川沿いの遊歩道

Kurz vor der Regenzeit / 梅雨入り直前

関空に着いて外に出た途端、湿気を含んだ暑い空気が体を取り囲み・・・

ということは全くなく、予想以上に過ごしやすい大阪。

ここ2日間は毎日激しい夕立が降ってきた。

大阪に帰る、と言っても最近は実家の事情でアパートを借りての滞在になるため、毎回微妙に滞在地区が移動する。

生まれは大阪だが、育ちは奈良。大阪には馴染みがなかったのだが、一時帰国の際に3週間から4週間、1箇所に滞在すると「住めば都」効果で毎回新しい発見と共にその場所での生活のリズムというものが生まれる。

それを毎回、積み重ねて行くのが実は結構面白く感じているのだ。

前回は大阪の中崎町界隈だったがあいにく満室だというので、今回はAirbnbで見つけた中野町界隈の物件に。都島区内なので、小学校にもより近くなって通いやすいところだ。

残念ながら、住宅街すぎて近辺にはレストランやスーパーの類がほとんどないのが難点といえば難点だ。バス一駅分歩けばスーパーがあるので、子供だけで小学校に通いだせば散歩がてら一度足を運んでみようかと思っている。

さて、そんなわけで近所の探索も兼ねての散策。

家の北側にある公園ふたつを確認するが「イマイチやな。」とダメ出しする子供たち。

源八橋という大川に掛かっている橋とその近くにある「ビーチ」とやらを見に行くが、週末なのになぜか閉鎖。

大阪ふれあいの水辺

張り紙を見るとサミット開催の影響がこんなところにも出ていた。

うーん。G20って確か実質2日だけだったよなぁ。。

川でも警察官が水上ボートに乗って巡回しているし、道でもかなりの数の警察官に出くわす始末。かなり厳戒体制で臨んでいるようだ。

先日、交番にいた巡査が刺されて拳銃を奪われた事件が大阪の千里で起こったばかりなのでその影響もあるのだろう。

川辺で遊べずがっかりするも、川の土手のような場所でカニを発見。炎天下でカニ探しをすることになった。アゲハチョウや珍しい色の蝶もヒラヒラと飛んでいた。

大阪の街中を流れる大川。源八橋の上から流れを眺めていると、何やら見知らぬ動物の姿が。

「あれはヌートリアというんですよ。」とこれまた大阪らしく、通りがかりの男性が教えてくれた。

魚や亀が群れで泳いでいたり、ヌートリアという外来種であまり歓迎されない類の動物が泳いでいたりと自然豊かのに驚かされる。

昔より水質が大幅に改善された結果なのかもしれない。

炎天下で遊んだ後は、お楽しみのかき氷。こちらは前回の滞在中に見つけた中崎商店街で。

秋は並ばずに入れたお店が、夏は行列が出来ていた。かき氷シーズン到来である。秋には秋の、夏には夏の良さがある。

定番の宇治金時

ドラえもんのアニメで見たらしく、「ママー、流しそうめんも食べたいで。」と息子。

なかなかハードルが高そうだ。中津付近に流しそうめんが食べられる居酒屋があるようなので、物は試しで聞いてみようかな。