Sparziergang / 元旦の散歩より

今年も平穏にベルリンで家族共々、新年を迎えることができた。
昨年の12月以降、ニコラウス、クリスマス、大晦日の花火で変なテンションになっている息子と比較的平静な娘を連れて相方が公園に行ってくれた2時間弱、仕事を片付ける。
お昼にはお節料理もなければ、お雑煮すらなかったが、関西風のうどんをささっと作り枝豆を茹でて簡単に済ませた。外で思い切り身体を動かして来た子供たちはそれでも美味しそうに喜んで食べる。
とまあ、日本のお正月の情緒のかけらもなく元旦を迎えたわけだ。
さて、去年から恒例になっている初詣ならぬ初散歩。日本で新調したカメラを片手にぶらっとひとりで散歩に出た。
家からすぐの公園で何やらオレンジ色の集団が盛り上がっている。「また大晦日の花火大会の余韻かなぁ。煩わしい。」と思いつつも公園に向かってみる。
DSC00322
何やら様子が違う。よく見るとBSRのオレンジのベストを着用している人が多い。「ドイツで公園掃除なんてまさかぁ!」なんて思ってよくよく見てみると、本当にそのまさかであった。

一人の男性に話を聞いてみると、どうやらBSR(die Berliner Stadtreinigung/ベルリン市清掃局)とのコラボで掃除用具を提供してもらいボランティアを募って公園の大掃除をしたらしい。「私たちはB/C=Berlin Connectという共同体(Gemeinde:教区民)なのですが、何か貢献できることはないかとBSRに提案して今回のアクションに繋げたんですよ。1時間くらいできれいになりましたね。」
えらい!やればできるじゃないか!ドイツというかベルリンの公共マナーはどちらかというと決して褒められたものではないからだ。
日本では近所の住人がボランティアで、それこそ頻繁に児童公園を掃除しているのを見かけるが、ドイツで公共の場をボランティアが掃除する、というのは今までに耳にしたことも現場に居合わせたこともなかったので驚いたというわけ。
サイトを見たところ、どうやらマルチリンガルの教会コミュニティーのようだ。ミッテやプレンツラウワーベルクの英語圏コミュニティーがますます拡大している証拠でもあるような気がした。
さて、そんな彼らのアクションのおかげで公園内には花火の燃えかすがひとつも落ちておらず、年明けの散歩を気持ちよくスタートすることができた。素晴らしい。
DSC00321
こんなにきれいな状態の公園も逆に珍しいのではないか。比較として近所の歩道近辺の様子を撮影したものがこちら。
DSC00335
誰も花火をした後、ゴミを持ち帰ろうとしないのである。こればっかりは何年住んでもわからない謎だ。そうかと思えば、気の早い人が既にクリスマスツリーを路上に出しているのにも遭遇する。こちらは不法投棄ではなく、BSR管轄の慣例なのでご心配なく。気になって調べてみたところ、BSRによる回収日が地区ごとに設定されているようだ。
ミッテ地区は1月9日と16日、プレンツラウワーベルク地区は11日と18日。明らかにフライングである。
DSC00334
それはそうと、初詣代わりに近くのツィオン教会に足を運んだので、その様子を。この教会に来るのが元旦の定番になりつつある。日本に帰ると必ず奈良の春日大社に足を運ぶようなものだ。
DSC00326
DSC00330.jpg
教会繋がりの出来事に出会えた元旦の散歩になった。神社でも教会でも神聖で静かな場所に来るとやはり心が落ち着くものだ。
良い一年になりますように。

ベルリンのカフェ〜Cafe Komine

Que serait une vie sans gâteau

いつもはあまり足を運ぶことのない、西ベルリン。西側に住んでいる知人の薦めもあり、去年の12月にオープンしたというCafe Komineに行ってみました。
場所はベルリンで一番大きなデパートKDWの裏手の静かな通りにあります。こじんまりとした落ち着きのある店構えです。少し早く着いたのでオーナーのこみねさんと一言、二言交わしてみました。

fullsizeoutput_6
一度は6年ほど住んでいたベルリンを離れ、日本に戻られたんだとか。最初は煩わしかった日本での生活が楽になってきた頃、「これではベルリンに2度と戻れなくなる。」と思い、また日本を離れベルリンに戻られたのだそうです。自分のやりたい事を追いかけて、行動に移せる方なんでしょうね。今回は詳しい経緯まではお話できませんでしたが、なかなか面白い経歴をお持ちのようです。

そんなオーナーの繊細で美しいケーキがショーケースにきちんと並んでいました。よく見ると、ケーキの横に分かりやすく図解されたカードが添えられているのに目が留まります。

r0017538
左奥に抹茶シュークリーム

ドイツ人には馴染みのないケーキもあるため、質問されることが多く説明カードを添えることにしたのだそうです。例えば、モンブランだと、クッキー地の上にカシスの層と生クリームの層があり、それがマロンクリームで包まれていることが一目でわかるようになっています。

日本人のお客さんは傾向として、まずモンブランか抹茶シュークリームで悩むのだとか。私も全くその通りでした。今度は是非、抹茶シュークリームを食べてみたいですね。

ケーキの上にちょこんと飾られているお店のロゴ入りカードにはQue serait une vie sans gâteau?という文字が。英語で言うところの、No Sweets, No Life。「お菓子のない人生なんて」という意味だそうです。
皆さんも是非一度、足を運んでみてください。

fullsizeoutput_5

Mauerpark 壁公園での昼下がり

先週の日曜日も留守番の長男と近所の散歩に出掛けた。元旦の散歩で日曜日にツィオン教会の塔に上れることが分かったので、まずは教会を目指す。ただ、この日は残念なことに塔には登れなかった。
r0017498
さあ、どこへ行こう?「なんか食べたい。」というすぐ小腹の空く長男の要望で、まずアコーナ広場のフリーマッケットへ行ってみた。が、ソーセージの屋台しかなく、さらにその先にあるマウワーパーク(壁公園)まで足を運ぶことにした。家からそれほど距離はないが、最近はなぜか足が遠のいていた。久しぶりのマウワーパークに隣接したフリーマーケットはかなりの人出があった。観光客の数もここ数年でずいぶん増えているようだ。
「美味しいものないかな〜。」とフリーマーケットをウロウロ。クレープの屋台があったので、そこでシナモンシュガーのトッピングされたクレープを買って公園まで食べ歩き。

公園まで行くと、地面がまだ凍結していて長男は大喜び。

急な坂やブランコにもテンションが上がる。

それに、この日は少し寒さの緩んだ日曜日ということもあり、色んな人がそこここで好き勝手なことをしていた。そう言えば、昔からゆるーい場所だったなぁ。ここに来ると、ベルリンには本当に色んな人種が住んでいるな、とある意味感心させらる。ブラジルから来たという、ラッパーの前でずーっと動かず凝視していた長男。
このご時世に壁建設だなんて、どんだけ時代錯誤なんだ、と思わせる壁公園の昼下がり。
r0017511

ベルリン・ミッテの散歩道(3)

前回の続き。公園の側にあるハイネ像の向かいには先日までファッションウィークのメイン会場だった建物がある。
今ではもぬけの殻でこの通り。ロケーションも悪くないし、何と言っても敷地面積が広いのでアートイベントや展示会によく利用されている不思議な建物だ。引き続きレンタルスペースとして存続してくれることを願うばかりだ。
r0017486

並びにはこんなスペースもあった。
r0017488

白いポストカードにはRENT THIS SPACE MO@MOWHITEMAN.COM という文字が。
リンクをクリックしてみて、なるほど〜。流行のCoworkingを利用した広告というか、確かに目を引くやり方ではある。実際にレンタルできるのか聞いてみたいところ。
さて、その並びに今度はまた馴染みのないスペースが。なぜか、「ママ!自転車やで。入ってみよう!!」と自ら進んで中に入ろうとする長男。
r0017489

自転車ショップではなく、サロン兼カフェ併設の小洒落たトレーニングジムのようだった。
BECYCLEはインドアサイクリングのエクササイズを旬のベルリンサウンドと共に楽しめる、というこれまたユニークなコンセプトのジム。barre、power yogaやHIITといったプログラムもあり、fbでの評価はほぼ5という高い評価を得ている。一度足を運んでみる価値はあるかもしれない。
それにしても、最近のミッテは一体どこへ向かっているのやら。。小洒落たカフェにブティック、ジムにCoworkingスペースのオンパレードで、どこへ行ってもまず英語が耳に飛び込んで来るようになってきた。DDR時代のハイネ像もびっくり、というやつだ。
この日、Brunnenstr.を北上し、長女の通う小学校の裏手にあるフランスカフェ・dubonheurに行きたいと思っていたのだが、思いのほか発見の多い散歩になった。目的のカフェとエクレア、(マカロン)の美味しかったことは言うまでもない。

マカロンを欲張ってふたつも選ぶおチビさん。もちろん、一口も分けてもらえず。トホホ。
マカロンは次回。

ベルリン・ミッテの散歩道(2)

今週末も快晴が続くベルリン。
今日もまた例のごとく、家の近所を一駅分だけ風邪気味の長男を連れてゆっくり歩いてみた。いつもの公園も晴れるとずいぶん気持ちが良い。

銅像をしげしげ眺めていた長男。「あ、てんとう虫!」確かに〜。よく見ると額や腕のところに何やらひっついているではないか。冬眠中(?)なんだろうか。
とにかく子供はどこにでもよく登る。木登りをした後は、次の銅像にも登ってみる。「ママ、高いとこから見るときれいやで!」

なるほど、納得。
いつも気になっていたハインリヒ・ハイネの銅像にも登りたがる。ところで、今日のハインリヒ・ハイネ像の手には花火が握られていた。

このハイネ像、結構立派な造りなのだが、どうしてこんなところにあるのだろう、と常々不思議に思っていた代物である。公園内にあるでもなし、トラムの通る細い坂道に面して置かれているというのもどこか少し違和感があった。
少し調べてみたが、どうやらやはり曰く付きの像らしい。
DDR(東ドイツ)時代に文化基金(Kulturfond)がヴァルデマー・グルチメック(Waldemar Grzimek)という彫刻家にハインリッヒ・ハイネの没後100周年記念像の制作を依頼し、目抜き通りウンター・デン・リンデンにあるフンボルト大学とノイエ・ヴァッヘの間にあるカスターニエン並木に設置されることになっていた。
しかし、グルチメックの作品は上層部に認められず、彼が非難を受け修正を加えたものさえ受けいられることはなかった。その結果、この「英雄さに欠けた」「内向的すぎる」「祝祭的表現の弱い」銅像はまず、一般人の立ち入れないベルリンの美術館島の工事現場に設置され、2年後の1958年に目抜き通りから隔たったヴァインベルクス通り公園に移されたというのだ。
これで、なぜこのハインリヒ・ハイネ像がこんなところに設置されているのか、ということにも納得ができる。まさか、たらい回しにされていたとは。。
この話にはまだ続きがあり、1997年にベルリン市の文化担当者が、ハイネの生誕200周年を記念して元来あるべき場所に戻してはどうか、と提案したのだそうだ。これに地元住民が反対したり、様々な議論が交わされた挙げ句、別の像を造るために資金提供者が名乗りを上げた。そして、2002年の生誕205周年記念に、目抜き通りの設置予定場所で2体目の除幕式が行われたのだそうだ。このハイネ像がベルリンに2体もあったことには今の今まで気付かなかった。
まだまだ、散歩は続きます。