Looks like shit. but saves may life. / 連邦交通省の交通安全キャンペーン

近頃、ドイツ国内外でCMやキャンペーン広告についての批判や炎上騒ぎが続いている気がする。

Hornbachの「日本人女性変態扱い」CMアースの「外国人虫扱い」CMも無神経さや考えの足りなさ、想像力の欠如などが原因で、かなりお粗末な完成度になってしまっているが、それを連邦レベルでやってしまうのがドイツ。

まあ、これもこじつけではあるにせよ、防衛省自衛隊滋賀地方協力本部が制作した自衛官募集ポスターのような例もあるので、「どっちもどっち」だと言えなくもない。

今回の炎上騒ぎの火付け役は、連邦交通・デジタルインフラ省(BMVI)のアンドレアス・ショイアー(Andreas Scheuer)相。同省から交通安全に関する新たなキャンペーンについてのプレスリリースが出たのが3月22日のことだ。

その動画がこちら。

ショイアーがこの動画の中で「今回のスローガンはお役所言葉ではないかもしれないが、」とあらかじめ断っているように、Looks like shit. But saves my life. と若者を意識したとみられる英語での言い回し。ドイツ語で訳すと、Sieht scheiße aus. Aber rettet mein Leben.「クールじゃないけど、命拾いするよ。」くらいのニュアンスになるだろうか。

ところが、このキャンペーン動画やポスター広告に人気のテレビ番組”Germany’s Next Topmodel” (GNTM)のモデルを起用し、下着姿のポスターを制作したことから女性議員を中心に「性差別だ」と炎上中らしいのだ。

BMVIのプレスリリースページより

こちらが3月23日にアップされたWELTのメイキング・オブ映像を交えたニュース動画だ。

そして、その1週間後に出たHEUTE SHOWの痛烈なパロディ。

連邦交通省のアンドレアス・ショイアー(Andreas Scheuer)相の名前をもじり、”Ist das richtig so, oder beScheuert?”「これは正しいですか、それとも最低?」と言う人がいたり、交通と性交をかけて”Verkehrs-Minister”「セックス大臣」呼ばわりしたりと世間では辛辣な批判がSNSなどで飛び交っているのだとか。

ショイアーいわく、「若い世代の興味を引くために効果のある方法を採用した。」そうだが、女性議員などから「ヘルメットの話をするのに、モデルが下着姿になる必要がどこにある。」「税金を使ってまで作るような広告か。」などと大反発を受けている。

ターゲット層(17歳から30歳)には人気モデルや有名なフォトグラファーを採用していることもあり、評判がいいかもしれないが、それ以外の層から恐らくは予想範囲内の反発が出ている、といったところなのではないか。

「見た目が悪い。」「ヘアースタイルが乱れる。」といった外見上の理由でヘルメットを着用しない若者が多いらしい。そして、それを覆すための今回のキャンペーン。「見た目はクールじゃないけど、命拾いするのだからヘルメットを着用しよう。」言いたいことはヘルメットの着用、これだけ。

BMVIのサイトより

個人的にはヘルメットを被らない人が多いのは、ただ面倒でかさばるという理由なのではないか、と思っているのであまり説得力がない。

ただ、今回の件も政府機関レベルとして打ち出すキャンペーンとしては、もう少し慎重になった方が賢明だったのかもしれないなぁ、と思った次第。

モデル起用はいいとしても、別に下着姿になる必要はなかったのでは。ヘルメットの存在が強調されるという効果は別として。

思わず手にとって、被りたくなる便利でスマートなヘルメットの開発も需要がありそう。

皆さんはどう考えますか?

Fahrraddiebstahl / ベルリンの自転車盗難事情

ベルリンに来たばかりの頃、移動手段としてフリーマーケットで100マルク(!)くらいで購入した深緑の中古自転車。

フリードリヒスハインの知人の家に遊びに行った際、外のフェンスに引っ掛けて施錠したのだが、帰りに見ると自転車のあった場所のフェンスごと切り取られて持って行かれていた。夜間だったので仕方がない。

自転車を買ってから、まだ数日しか経っていなかったのでショックも大きかった。

その状況を見ていた知人は方法は分からないけれど、ふいっと出かけて別の自転車を持って帰ってきた。ベルリンって本当に訳がわからない街だとその時につくづく思った。

そしてなぜか、それ以来自転車の盗難にはあっていない。20年以上も盗難知らずというのはベルリンでは逆にめずらしいケースだ。それほど価値のない自転車に乗っているからだろう。

2年ほど前にSHIMANOの仕事で、市場調査のためにベルリン在住のドイツ人に自転車についてインタビューをしたことがある。

市内のサイクリングショップ

その際に、みなが口を揃えて言っていたことが、「ベルリンでは盗難が多いので、高価な自転車を購入する予定は特にない。」ということだった。

Eバイクの市場調査だったので、数千ユーロする自転車の購入に関する意見などをヒアリングしたわけだ。盗難の問題の回避策として、自宅や職場のオフィスに自転車を置くためのスペースがあれば問題ない、という回答が得られたりもした。

ベルリンの自転車盗難。防ぐにはしっかり施錠しておけばいい、という生易しいレベルではない。窃盗組織があるという話も聞いたが、アパートの中庭の自転車どめに施錠したのに一晩経ったら自転車がなかった、というのも普通のケースらしい。

カフェの前に駐輪されたオシャレな自転車

夜間に道端に駐めておくのはもってのほかだが、アパートの敷地内に施錠しても盗られるのだから、残る手段はアパートの中に持ち運ぶくらいしかない。

2018年には4173台の自転車盗難届がミッテ区で寄せられている。パンコウでは4260台、フリードリヒスハイン・クロイツベルク区では4253台。ベルリンではもうすでに何年も盗難件数が多いのが普通になってしまっている。

昨年だけでも、ベルリン市内では合計3万235台が盗難にあっている。この数字は届出があったものに限られるので、実際はこの数字よりも多いことになるだろう。

警察が勧める盗難防止対策としては、以下の3点が挙げられる。

自転車の施錠に2種類の鍵を使うこと。こうすれば、盗難に必要な工具がふたつ必要になるため、盗難の対象から外れやすくなる。
・パンを買うためのわずか数分の駐輪の際にもきちんと鍵をかける。
・駐輪の際には必ず電柱や自転車どめなどと一緒に施錠することを心がける。

フレーム番号が記載された自転車パスを作っておけば、盗難にあったさいに追跡しやすくなるらしい。ただし、2017年度の盗難された自転車の発見率はわずか3,9%である。

盗難された自転車は諦める方が懸命な数字だろう。ただし、警察で保管されている所有者不明の自転車を集めたサイトもあるそうなので、リンクを貼っておこう。

https://www.berlin.de/polizei/service/vermissen-sie-ihr-fahrrad/

警察が開く自転車登録(Fahrradkennzeichnung)などのサービスもあるので、興味のある方は是非。

https://www.berlin.de/land/kalender/
https://www.berlin.de/land/kalender/index.php?detail=123928&ls=60&c=22&date_start=11.04.2019

ブランデンブルク州のスタートアップがスマートキーを開発していたが、自転車盗難対策のための商品開発は需要が高いのではないかと思う。

タイトル写真:ウィキペディア

Leipzig-Pragwitz / ライプツィヒ・プラークヴィッツ地区

ある撮影で数日前までライプツィヒに滞在していたのだが、最終日に時間が出来たのでリサーチ中に見つけて気になっていた地区にシェアバイクを利用して足を運んでみることにした。
中央駅から南西に自転車で約20分ほど行ったところにPragwitz(プラークヴィッツ)という地区がある。ここはDDR(東独)時代には工業地帯が集中していた場所であるらしい。
自転車で走っていると、壁画や柵の色がカラフルなので何かと思いきや、畑らしき敷地が目に止まった。ここで作られた野菜を直販しているようだ。
DSC01414
そしてその真向かいにTapetenwerkのロゴが。まだ時間的に早かったので人もまばらだったが、敷地内ですれ違った男性に少し話を聞いてみた。
DSC01416
「この辺り一帯は工場地帯だったところで、壁崩壊後は目も当てられない状態だった。この建物も当時は屋根がなかったんだよ。25年前からエリア一帯にある建物を少しずつ修復して、やっと今の状態になったんだ。Spinnereiもそうだけれど、ここにはそういった工場跡地を利用したアートギャラリーや建築事務所、コワーキングスペース、アート協会、カフェ、などがたくさん集まっているんだ。入り口のカンティーネ(食堂)ではランチも食べられるから是非。」
DSC01424
Tapetenwerk(絨毯工場)やSpinnerei(紡績工場)といった名前は元工場がギャラリーや工房としてうまく活用されている証しでもある。それにしてもこのエリア、空気の流れ方といい、そこにいる人といい、何だかとても懐かしい感じがする。
DSC01429
その懐かしさ、一昔前のベルリンで覚えたようなワクワクする感じ。とにかくこのエリア一帯は歩いているだけで嬉しくなるのだから不思議だ。
DSC01430
そして工場や廃墟好きには堪らないエリア。以前のベルリンで普通に目にすることができた光景がライプツィヒにはまだここかしこに存在していた。
DSC01433
普段の日の11時過ぎだったせいか、人通りもまばらでとても静かな街角。ライプツィヒがこんなに伸び代のある街だとは思ってもみなかった。13時過ぎの列車でベルリンに戻る必要があったので、余りのんびりできないのが残念だったが、Spinnereiに到着。
DSC01436
いつも思うのだが、ドイツ人は本当に古い建物の再利用がうまい。
DSC01454
とても数時間では足りない規模の敷地面積。
DSC01453 (1)
インフォーメーションセンターでは紡績工場の歴史を振り返る小さな展示スペースも設けられていた。
それについては、また次回に。

nextbike and Co. / シェアリングバイク競合

相変わらず春がやって来ないベルリン。曇天の中、ハーケッシャーマルクト方面へ散歩がてら出掛けて来た。
道中に自転車が一般の自転車に混じってゴロゴロと駐輪してあるのに出くわす。本場ドイツのLIDL / DBnextbikeがお馴染みだが、最近また新たに参入してきたシェアリングバイクらしきものもちらほらと見かける。

IMG_5218 (1)
DBのCall a Bikeと提携しているLIDL-BIKE

IMG_5217
サイクルポートを持つnextbike

ネットで調べてもベルリンのシェアバイクを網羅したサイトがヒットしなかったので、近くを実際に歩いてみて新たに参入していると思われるバイクを写真に撮ってみた。
例えばこちら。Donkey Republicはコペンハーゲン発のシェアバイク。ベルリン参入は2017年の春らしいが、これまで余り見かけなかったように思う。

IMG_5215 (1)
コペンハーゲン発のDnkey Republic

カラーもオレンジでよく似ているものとしてはこちら。シンガポール発のoBikeだ。このoBikeはミュンヘンではいきなり7000台と急な参入を図ったことで、ちょっとした問題になっているようだ。サイクルポートを持たないため、乗り捨てられた自転車が街の景観を損ない、それを住民が快く思わないためか自転車が故意に壊されたり池などに放り込まれたりしているのだとか。ベルリンには2017年11月に688台からスタート。
参入する国や街に配慮したプロモーション方法をもう少し丁寧に考えるべきなんだろう。住民が一度悪いイメージを持ってしまうと、生活の一部としてシェアバイクを使用するユーザーを増やすことはかなり難しくなるはずだ。

IMG_5216 (1)
シンガポール発のoBike

そう言えば、こんな自転車も近くの公園の池で見かけた。2017年11月からベルリンでのシェアを開始した中国発のMobikeらしい。
IMG_5174
これら3つの新参バイク。カラースキームもオレンジ系で類似しており、正直あまり区別が付かない。北京発のMobikeは氷の張った池の上にわざわざ駐輪されていたが、これは明らかに嫌がらせか何かだろう。Mobikeは2017年11月にベルリンにひとまず700台で参入している。
これらのシェアバイクシステム、ベルリン市内を走るのであれば自分の自転車がすでにあるので余り使用する機会もなさそうだが、もし仮にどれかを選ぶとするならライプチヒ発のnextbikeかな、と思っている。nextbikeはベルリン市から補助金も出ている。ドイツ国内で50箇所、世界25カ国で展開中。
特徴としては、日本にも2017年12月に上陸した音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」(ディーザー ハイファイ)と提携しており、Deezerの月額9,90EURのプレミアムplusアカウントを持っていればnextbikeの使用が毎回30分までなら無料になるという魅力的なサービスだ。
Deezerは、2007年にフランス パリで創立され、すでに世界80ヶ国以上と最も多くの国で展開されている音楽ストリーミングサービスで、”高品質”が売り4.1kHz/16bitなどのCD音質をそのままストリーミング配信しているのでロスレスで楽しむことができるのだそう。

IMG_5214 (1)
ベルリン発のBYKE Mobility

ベルリン発のスタートアップ、BYKE Mobilityのことを忘れていたが、このバイクはスカイブルーとイエローで他のバイクとは違い遠くからでもすぐに分かるカラースキームが採用されている。料金も30分50セントと他社の半額である。
ところで、シェアリングバイクのシステムをいち早く導入した欧州内の街は2007年のパリなんだそうだ。狭くて自転車に乗りやすいイメージがないので意外だった。
シェアリングバイク各社とも無料キャンペーンなどで、実際に試乗できる機会を設ければベルリン市民のユーザーも増えるのではないか、と思うのだがいかがだろう。それぐらい思い切ったキャンペーンでも打ち出さない限り、なかなか競合に勝てないような気がする。
追記になるが、今日(2018/4/12)に近所の公園の側に駐輪されている二台の新参バイクらしきものを発見。アメリカ、シリコンバレー発のLimeBikeらしい。HPでは欧州のステーションがフランクフルトとチューリッヒの二箇所のみに限られているので、もしかするとベルリンでテスト期間でも行っている最中なのかもしれない。カラースキームは春らしいライムとイエローでよく目立つ。
IMG_5298 (1)
こんな風に各国からシェアリングバイクがどんどん入って来ることにより、街の景観が崩れないのか、歩道脇に所狭しと駐輪されるバイクが歩行の妨げにならないのかどうか気になるところだ。ベルリン市内では既におよそ1万台ほどのシェアバイクが利用できるということだが、北京発のofoもMobikeも新たに1万台で市場参入を希望しているそうなので、ベルリンが乗り捨てられた自転車だらけになる日もそう遠くはなさそうだ。
環境に優しいのはいいが、果たして長期的に見てうまく機能するのだろうか?
参考記事:Leihräder US-Start-Up drängt mit E-Bikes in Berliner Markt – Quelle: https://www.berliner-zeitung.de/29780808 ©2018
またまた追記(2018/06/01)になるが、シェアリングバイクの台数が増えるに伴い、日々乗り捨てられるシェアバイクが目に余るようになってきた。写真はたまたまofoのバイクだが、基本的にサイクルポートを持たないシェアバイクはミッテのあちらこちらで道を塞いでいる。子供もシェアバイクを目にするたびに「ママ、またあの自転車やで!あそこにも、あそこにも。」と言い出す始末。

この状態を放置していると酷いことになるな、という懸念があったが、とうとうミッテ地区の区長シュテファン・フォン・デッセル(緑の党所属)が対策に乗り出した。「我々はシェアバイク1台ごとに特別使用料を課したいのです。」将来的にはバイク1台ごとに3ユーロから10ユーロの範囲で料金を課す意向だ。
ただし、サイクルポートを持つNextbikeなどはこれに当たらず、逆に有利に働く仕組みになっている。ポズナンでも実際に使ってみて感じたことだが、やはりサイクルポートを持つシェアバイクの方が街の景観や利用者の秩序を保つ、という意味では非常にスムーズなシステムであると感じた。
ベルリン市内でも特にシェアバイクの多く集結するミッテ地区が料金を課す決定を下したことは、ベルリンの他の地区にとっても非常に重要なシグナルとなる。フリードリヒスハイン・クロイツベルク地区では自転車道をブロックしているシェアバイクを治安局(Ordnungsamt)に撤去させたばかりだった。
ベルリンのシェアバイク競合、今後どのような展開を見せるだろうか。

BeCycle〜ベルリンのスタートアップ

今、抱えてる案件が自転車関連ということで、街を歩いていても「自転車」というキーワードについつい身体が反応してしまう。そんなこともあり、今回も前回と同様、自転車にまつわるスタートアップについて少し。
thumb
©BeCycle
2016年の夏にオープンしたブティック・フィットネス・スタジオ、BeCycleのオーナーであるグンドゥラさんとビオラさん。これまでにロンドン、シドニー、シンガポール、そしてNYといった街に住んだことがあるのだそうだ。
そしてそこで得た経験を生かし、彼女達はアメリカのフィットネストレンドを初めてドイツ、首都ベルリンに持ち込んだ。45分間のスピニングというバイクエクササイズを地元ベルリンのDJサウンドと照明デザインと共に、まるでクラブのような空間で行うフィットネス。
large_1472573794
それとは別にBarre,H.i.i.Tやヨガのコースも受講可能だ。メンバー制ではなく、コース毎に支払うシステムを導入しているのもフレキシブルで嬉しい。
新しい物好きな人が多いであろうベルリンだったら、受け入れられること間違いなし。新鮮さを維持する難しさはあるのかもしれないが、スタートアップ企業も多く集まるミッテにオープンしたのも、新たなミーティングポイントとしては最適な選択なのかもしれない。
large_1472573779Photos: © 2016 American Architecture Prize

ヘルシーフードを提供するカフェMy GoodnessやCoworking、販売スペースなどサロン的な空間も同居した内装も魅力的だ。2016年にアメリカ建築賞をインテリアデザイン、コマーシャル・インテリア部門で受賞している。
近所をぶらぶら散歩していて、偶然見つけたロケーション。長男が入ろうというので、多少気後れしつつ中を覗いてみたが、次は是非ともスピニングを体験してみたい。

I LOCK IT〜ブランデンブルク州のスタートアップ

セミナープロジェクトから始まったアイデアから、期待されるスタートアップへ。ブランデンブルク州の機械工学者クリスティアン・アルヌートさん(32)とマルクス・ヴァイントラウトさん(33)はインテリジェント自転車ロックを市場に出そうと試みている。
まだプロトタイプしか存在しなかった頃、既に1500個の注文があったI LOCK IT。クラウドファンディングで集まった資金は17万ユーロにも達する。「安全性と使いやすさを一つにしたかった。」とクリスティアン・アヌートさんは言う。ターゲットは市内で自転車を毎日使う人々で、自転車を駐輪する回数の多い層だ。短時間の駐輪が続くと、どうしても毎回鍵をかけるのが面倒になり、施錠せずに駐輪されている自転車を狙ったスリの被害にあう、というパターンになりがちだからだ。
彼らによって開発された自転車ロックはサドルの下のフレームに取り付けられ、スマートフォンのBluetooth経由で所有者が近づくとフルオートでロックが外れる仕組みになっている。スマートフォンを持たないユーザーでも、ハンドレーザーを使用することができる。
仮に第三者が自転車を動かそうとすれば、アラームが発動する。また、GPS機能で自転車の所在地を知ることができる。専用アプリもあり、所有者は友人や知人とロックの情報をシェアすることも可能だ。
2016年の夏に会社を設立。2017年の春よりI LOCK ITが119ユーロで販売スタート予定。ファウンダーはeバイクの太いタイヤやマウンテンバイクに合わせた改良も行いたい意向だ。
HPではプレオーダー価格の99ユーロで注文を受け付けている。これはちょっと欲しいかも。
写真©TH Brandenburg