Budapest – Perle an der Donau / ドナウの真珠ブダペスト⑷

前回の投稿では廃墟バーについてご紹介したが、今回は廃墟バーで日曜日に開かれているファーマーズマーケットについて少し触れてみようと思う。

今回の旅、実は事前に全くブダペストについて予習をする余裕がなかった。通貨のことも何ならAirbnbでとったアパートの入室の仕方でさえ、当日に慌てて確認をしたほどだった。

しかし、そこはさすがの同級生。彼女は私が唯一といってもいいほど旅を共にしていても全く疲れない人なのだが、リサーチ力も行動力も半端ない。イギリスの大学院留学経験あり、中米での滞在経験も数年ありと、とにかく海外慣れした人なのである。

ブダペストの街歩きにおいても、事前に気になるところを山ほどピックアップしてくれており、街中のショップやカフェは彼女が見つけておいてくれたところだ。この場を借りて感謝しておきたい。

さて、そんな彼女のアイデアで日曜日に開催されているという廃墟バーでのファーマーズマーケットにて待ち合わせすることになった。

昨日は夜の顔、今日は昼の顔。

入り口付近は既に地元民と観光客でごった返していた。

ブランチもやっているようだ。こちらもなかなか良さそう。

夜はDJブースが入っていたフロアが週末はマーケットに。昼と夜ではずいぶんと印象が変わる。

中庭にも作り手の見える新鮮な商品が並ぶ。きのこジャムやトマトジャムなど、他ではあまり見られないラインナップなどもあり、見ているだけでも楽しい。

少しお腹が空いたのでチャリティークッキングなるものを見つけ、ハンガリーの家庭料理でランチタイム。キャベツとお肉がたっぷり入ったマイルドな一品だった。サワークリームも手作りで濃厚な味。

戸外の中庭で食べるのもいいが、寒い日には建物内にも十分なスペースが設けられている。週末なのでブランチ客の家族連れも多かった。

The Sweet

廃墟バーのマーケットを堪能した後は、古着屋やアンティークショップをのぞきながらそぞろ歩き。これまたファンシーなケーキ屋さんを見つけたので入ってみることに。

ピンクが基調の内装で別世界のような可愛いお店。ケーキもコーヒーも美味しかった。

Párisi Udvar Hotel Budapest – 5区

ブダペストも歩くエリアによって街並みが変わる。こちらは5区の落ち着いた佇まいのエリアのようだ。とにかくどこを切り取っても絵になるのには驚かされる。

コシュート・ラヨシ通りの南側にハンドバック専門店Tatikaがあるというので、散歩がてら覗きに行くことにした。

ハンドバック専門店 Tatika

手頃なプライス価格でカラフルなプリント生地のハンドメイドのバッグが店内にたくさん展示販売されている。お土産にも最適だ。

本当はショップやカフェ、ルダシュ温泉などについてもご紹介したいところだが、キリがないのでこの辺で。

ブダペストには目的地がたくさんあるので、機会があれば是非一度足を運んでみてください。

Palatul Parlamentului / ブカレストの議事堂宮殿

前回、前々回とブカレスト旧市街のリプスカニ地区について紹介したが、いよいよ、議事堂宮殿いわゆる「国民の館」へ駒を進めることにしよう。

ドゥンボヴィツァ川

ドゥンボヴィツァ川に架かる橋を渡り、ウニリイ通りを延々と15分くらい歩く。とても暖かく天気の良い日だったが風がとても強かった。

議事堂宮殿へ続くウニリイ通り

館内見学ツアーなどは今回は特に考えておらず、普通に入れそうな国立現代美術館を目指す。が、遠い。延々と真っ直ぐな道が続く。この時点で17時少し前。

この感覚、モスクワのそれに近い。地図の縮尺が他の街とは異なるのだ。18時が閉館だというのになかなかたどり着かない。

とうとう憧れ(?)の「国民の館」を間近に見る

一難去ってはまた一難。第一関門でショートカットを試みるが「Parlament」の表示が。案の定”Nu!”と一言。

第二関門「Senat」でも”Nu!”

3度目の正直でビジター門に着いた時はすでに17時半前。警備をしていた2人の内、ひとりが “Nu!” というので、まだ17時半前だから行けるのでは、と交渉。写真だけならいいよ、と適当な返事しか返ってこない。

変だな、と思っていたら車止めのコーンを蹴飛ばして車に乗ってさっさと帰ってしまい、残された警備員は「あいつはクレイジーなんだよ。」と責任を彼に押し付けた挙句、通してくれた。

まあ、これもモスクワの警察とほぼ同様で彼らも暇なのである。
特に悪気はない。

第三の関門を突破したが、この先300mの表示。奥にようやくそれらしき建物が見えてくる。

国立現代美術館の入り口に着いたのが17時半。荷物検査の担当者がチケット売り場の女性に「まだ大丈夫?入れていい?」というような確認をし、通常料金が16レイのところをなんと無料にしてくれた。

「早く、早く!もうすぐ6時だから!!」

とにかくみんな親切なのだ。

急いでいたため、入り口のお姉さんの館内の決まりに関する説明もきちんと聞かず、展示スペースへ。

Dan Vezentan: Culegator / Picker(手前), Patul nr.3 / Corn Barn no.3(奥)
Matty Aslan: Angajamente / Commitments
Georgeta Naparus: Animal mitologic / Mythological Animal
同上

思った以上に充実した内容と作品数で、ここまで集中して展示を観て回ったのはこれが初めてであった。

Gheorghe Marcu: Zidire / Bricklaying

余りにも駆け足で集中したせいで、途中で何かルーマニア語で話しかけられても上の空できちんと反応できなかったのだが、後で考えるとカメラ撮影の追加料金を払わずに写真を撮っていたからかもしれない。

急ぎすぎるとロクなことがない。最後にカメラで撮ろうとしたら、入り口のお姉さんに窘められたからである。「さっきも言いましたけど、スマホでフラッシュなしならOKなんです。」(よく聞かずにごめんなさい。。)

今回はそんなわけで駆け足の訪問になってしまったが、ブカレストを再訪した際はもっとゆっくりと観たいと思っている。テラスにカフェもあるそうなので、そちらにも行ってみたい。

外に出ると完全にマジックアワーになっていた。ここがブカレストだとは一見信じがたい光景。

ブカレストがかつて「東のパリ」「小パリ」と言われていたというのにも納得が行く夕景だった。

Lipscani / リプスカニ〜ブカレスト旧市街2

前回はブカレストの中心エリアにある旧市街の美しい書店についてご紹介した。

店内に一歩入ると真っ白な内装にため息がでるが、20世紀初頭に銀行家によって建てられ、1990年代から2000年にかけて崩れ落ち、5年ほどの修復作業を経て2015年にオープンしている。

書店の正面にある工事現場はまだ荒れ果てており、過渡期にあるブカレストを象徴している。

書店と同じ通りにこれまた修復された建物が目に入った。

中に入ってみると、警備員がルーマニア語で何やら話しかけてきた。怒られるのかと思いきや、隣の入り口から上に上がれば展示が見られるという(ルーマニア語なので予想)。

改築の歴史を地上階で展示

ブカレストはとにかく人が親切で、みんな言葉が通じなくても最後まで一生懸命教えてくれる。別の入り口まで連れてきてくれ、「Sus!Sus!」(上、上!)と階段の上を指して教えてくれた。「Sus!OK,sus!」と言いながら二階へ向かう。

この警備員のおじさんの誠意で、とてもいい展示に出会えた。

Ana Bănicăというアーティストのイラストや絵画、オブジェの展示である。彼女のブログページにあった言葉を引用しておこう。

Declaration:  To be an artist in Romania is beautifully complicated, painful otherwise and it must be naturally uninterested. As a Romanian artist, one has a great advantage: one can never get bored, because one never lacks inspiration. Only very rarely does one glow or feel the taste of success. Art is an embryo in Romania, there is still long before the development of the fetus and the child that will be born will have an extended adolescence and childhood. Thus Romanian art, following tradition, will need various steps, strength and quality, true parents and, not last, a miracle, until the point when it will achieve an otherwise natural maturity. To be an artist here is complicated because one lives in a transit society, an unstable society where the artist has no statute, nothing supports him, nothing encourages him, nothing motivates him, except for his ambition and his inner structure as an artist. When one is an artist in Romania one is alone on the road.

Ana Bănică

彼女の言葉を額面どおりに受け取るならば、ルーマニアでアーティストとして創作活動を行うのはまだ相当な覚悟がいるようだ。

ARCUBの入っている建物は元ユースホステルだったGabroveni Innを修復して2010年頃からスタートしている。残念ながら、ホームページがルーマニア語のみなので詳しいことがわからないが、シアター、展示、コンサート、イベントなど多彩なプログラムが提供されている。

ARCUBのあるリプスカに通りはライプツィヒのドイツ商人にちなんで命名された(Lipscaはルーマニア語でライプツィヒ)のだとか。ARCUBの南側に面した通りGabroveniはガブロヴォのブルガリア商人を指している。

リプスカニ地区にはこうした商人や職人にちなんだネーミングの通りが現在でも残っているのだそうだ。

今回は時間がなかったので主に東側をメインに歩いたが、今度は古い建物が残っている西側も歩いてみたいと思っている。

次回は議事堂宮殿についてです。

Lipscani/ リプスカニ〜ブカレスト旧市街1

ワルシャワの共和国宮殿に続き、ブカレストで見ておきたい建造物と言えば、議事堂宮殿だろう。

エアビーで街の中心部(Centrul Vechi)にアパートを取ったので、ニコラエバルチェスク通りから旧市街、さらには議事堂宮殿まで歩いてみることにした。

ブカレストの街並みはとにかく様々なスタイルの建物がひしめいているので、散歩するだけでも面白い。

旧市街では、Cărturești Caruselというブックストアが目当てだ。

本屋に行く前に生地屋Sharbekがあったので、のぞいてみる。日本でいう水引のような、縁起担ぎの紅白の飾りなどを購入。生地もベルリンに比べると、かなり安くで買える。1/3くらいだろうか。

ランチは友人が調べてくれたルーマニア料理レストランla mamaで。

ワルシャワも料理の味付けが優しく口に合ったが、ブカレストも同様にスープがとても美味しい。

Bors de Curcan / 七面鳥のスープ 16,0 lei(約4ユーロ)

ドイツは全体的に塩味が強く大味なことが多いので、他所の国に行くと大抵美味しく感じる、というのは言い過ぎだろうか。

カフェ併設のコンセプト書店、リプスカニ通りにあるCărturești Carusel。店内に入ると美しい内装にため息が出る。

socialist modernist architecture romania and the republic of moldovaという書籍があれば購入したかったのだが、店員さんに尋ねると残念ながら置いていなかった。

それどころか、その店員さんに日本語の学習方法について逆に聞かれてしまった。流暢な英語を話す20代後半の男性である。

アニメなど、日本のカルチャーに興味があり、一度日本に行ってみたいのだとか。日本人の働き方に関する現状や引きこもりなどについてもきちんと把握していた。

ただ月収が2000レイ(500ユーロ)程度で、日本行きのフライトがほぼ月収に当たるため、渡航費と滞在費を捻出するのがなかなか難しいのだそうだ。

ブカレストはこれから伸び代があるので面白くなるのでは?と聞くと、実際に住んでいると腐敗した政治にインフラ整備の遅れなどといった点でストレスが多いという話だった。

歩道の状態は目抜き通りでもかなり悪い

とにかく若い人にはどんどん外に出て欲しいので、日本の友人を紹介したいと思っている。

まだ道半ばだが、今日はこの辺で。