Namen und Nationalität / 名前と国籍

ミュンヘンの空港で手に取ったDie Zeit(ツァイト紙)。分厚くて読み応えのある週一発行の新聞だ。

以前、ドイツ語の勉強のために時々買っては読もうと試みていたことがある。

ただ、一記事の文字数も多く内容も濃いため、辞書を片手に読むのに相当苦労する。

さて、その中でも気になった見出しの記事がこちら。

Mein Name ist Fatima
私の名前はファティマです。

Fatimaと聞いて、あなたはどんな人物を想像するだろうか。

ドイツ人の多くはムスリム(イスラム教徒)を連想するらしい。

“Oh, wir haben jetzt jemand anderes erwartet” – das hört Fatima Krumm oft
「おや、私たちは別の人を想像していましたよ。」ファティマ・クルムにとってはお決まりのセリフだ。

ドイツ人の彼女に両親はなぜこの名前を与えたのだろう。そして、この名前によって彼女は何に対面することになったのだろう。

記事への興味が否応なしに湧く見出しだ。

我が家の子供たちも相方のドイツ人の姓ではなく、日本人である私の姓を引き継いでいる。この選択は果たして正しかったのだろうか、と思わないでもない。

ドイツ人ではなく外国人だと思われることで、ドイツで生活する際にマイナスになることがあるのではないだろうか。

ただ、一方でそんなことくらいでマイナスになるような世界(会社や組織)には敢えて入って欲しくないとも思える。

そして、彼らが成人する頃にはもしかすると、既存の「国」や「国境」や「外国人」といった概念も今よりは薄らいでいるような気もする。またそうであって欲しい。

それはそうと、ファティマさんは一体これまでに何を経験してきたのだろう。

ファティマさんは1988年、ベルリンの壁が崩壊する一年前にDDR(東ドイツ)で生まれた。彼女の父親はこう語る。「もしいずれ西側に引っ越しするとわかっていたら、別の名前を付けていただろう。」と。「外国人など知らなかったのだから。」ここで彼の言う外国人とはイスラム世界の人々のことだ。

父親はトーマスというよくあるドイツ人の名前だ。娘は特別でなければならない。そこで、両親はアイゼンヒュッテンシュタット(Eisenhüttenstadt)のドイツ人として生まれた赤ちゃんに70年代のDDRコミックで知られていたベドウィンのプリンセスの名前が選ばれたのである。

ファティマさんが名前による風当たりを受けたのは西側のヴォルフスブルク(Wolfsburg)に引っ越しをしてからだったという。

学校には多くの移民背景を持つ子供たちがいた。それまでの学校は民族的にはほぼ単一の環境だった。ファティマとして突然、ムスタファやモハメッド、ハムザやラムツィアといった中に座っているととても違和感を感じた。誰も彼女がファティマという名前だということを信じようとしなかったためだ。

学校でも、仕事上でも、日常においても「ファティマ」には偏見や思い込み、誤解や不利な状況などがつきまとう。中でもキール(Kiel)で家を探している際は特に顕著に感じたのだそうだ。

「君はもう書類を送る必要はないよ。どうせ読まれないんだから。どこかで選別されなければいけないんだしね。」こんな風に面と向かって言ってきた仲介者もいたという。しかも仲介者自身、ドイツ人ではなかったのだそうだ。

そこで、ファティマはドイツ人のフェークネームで書類を出すことにした。そうすれば高確率で返事がもらえ、部屋を見ることができたからだ。

小さなことだが、買い物をしている時にも「これはあなた名義のクレジットカードではないですよね?」だの、「ここですぐに返却遅れの罰金を払ってもらえますか?」など、写真付きの図書カードでさえ本人名義のカードだと信じてもらえないような場面もあったそうだ。

日本でも外国人はアパートを借りるのが難しい、とよく耳にするがドイツでも実際には同じことなのかもしれない。

ここまで、多種多様な人種が生活しているベルリンでも気付かないところで選別は行われているのかもしれない。

ベルリンの壁が崩壊しても東と西ドイツ人の心の壁は解消されないと聞く。外国人となるとさらにハードルが上がるのかもしれない。

名前など気にせず自由に暮らせる世の中になるのはいつのことだろう。

参照記事:Die Zeit / Mein Name ist Fatima
タイトル写真: ©Florian Thoß für DIE ZEIT

Straßenbilder / 通りの名前から見える風景

ツイッターでとても興味深い記事が流れてきたので、紹介したい。ツァイト紙によるドイツ国内の通りの名前についての特集である。
よく使われる通り名:79,4%

  • Hauptstraße(中央通り)
  • Schulstraße(学校通り)
  • Dorfstraße(村通り)
  • Gartenstraße(庭通り)
  • Bahnhofstraße(駅通り)

確かに日頃、頻繁に耳にする名前ばかりだ。
人物や出来事を想起させる通り名:19,6%

  • シラー通り
  • ゲーテ通り
  • ヤーン通り / ヤーン・フリードリヒ・ルードヴィヒ・ヤーン(Friedrich Ludwig Jahn) 、ドイツ体操の父と呼ばれた。
  • モーツァルト通り
  • ライファイゼン通り / フリードリヒ・ヴィルヘルム・ライファイゼン(Friedrich Wilhelm Raiffeisen)、ドイツの市長、信用協同組合の先駆者

人物名の通りが思いの外、割合として少ない印象を受ける。
スクリーンショット 2018-02-10 21.08.52
ベルリンに住んでいる間に、東独時代の通り名が壁崩壊後、何年か経ったのちに改名される、ということを何度か経験した。東ベルリンのプレンツラウワーベルク地区にあるデミトロフ通り(Dimitroffstraße)がダンツィガー通り(Danziger Str.)になったのも記憶に新しい。デミトロフはブルガリア共産党書記長から取られており、続くダンツィガーは都市名のダンツィヒ(ポーランドのグダンスク)がその由来である。タイトルの写真は現在のエヴァースヴァルダー駅に当たる。
もうひとつ、以前ベルリンで撮影した写真が出て来た。下の2枚の写真は2002年までレーターシュタット駅(Lehrter Stadtbahnhof )と呼ばれていた駅が中央駅として使われることになり、それまで東ベルリン側で「中央駅=Hauptbahnhof」の役割を果たしていた駅が「東駅=Ostbahnhof」に変わった頃の写真である。

名前が変更されるだけではない。開発後に道路が整備されたポツダム広場には新たな通りが何本も作られた。ルドルフ=フォン=グナイスト=ガッセ(プロイセン時代のドイツの法学者で政治家)やガブリエレ=テルギット=プロムナーデ(作家・ジャーナリスト)など、いまだにまだ余り馴染みのない通り名だ。93年に旅行者として初めてベルリンを訪れた際には、広場にまだ壁の残骸が立っていて地下鉄への階段とその入り口のみががらーんとした空き地に立っていたことを思うと感慨深い。
ベルリンに住みたいと思ったのも、街のど真ん中に広大な空き地が広がっているというギャップに惹かれたといっても過言ではないので、ポツダム広場の開発予定地にソニーの看板を見た時になぜかとてもがっかりしたのを覚えている。
道の名前と地理関係のわかる記事内のいくつかのグラフィックを載せておこう。
スクリーンショット 2018-02-11 19.31.53
DDRの通り名の代表としてカール・マルクス通りが挙げられるが、この名前は旧東ドイツエリアに通り名や広場名としてまだ473と数多く残されている。
スクリーンショット 2018-02-11 19.37.28
驚くべきことに、国家社会主義時代の通り名の代表としてパウル=フォン=ヒンデンブルクが挙げられているが、旧西ドイツ側になんと438の通り名や広場名として存在している。この人物、アドルフ・ヒトラーを首相に任命し、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)政権樹立への道を開いた張本人である。
もちろんアドルフ=ヒットラー通りやヘルマン=ゲーリング広場などは姿を消したが、西ドイツ側にはいまだにナチ党に関連する通り名が残されていることが分かる。
スクリーンショット 2018-02-11 19.47.51

中でも面白かったのが、オーストリアの作曲家モーツァルトがドイツ人作曲家を差し置いて堂々たる一位の座を確保していること。ドイツ人はどうやらモーツァルトが好きらしい。

とまあ、こんな風にこの特集サイトではインタラクティブなグラフィックも多数あり、たかが通り名、されど広場名とネーミングから歴史や文化、自然など多岐にわたる解説がなされており、とても興味深い内容となっている。
自分の住んでいる通り名がドイツ国内でどれほどの頻度で使用されているのかを調べる検索マシーンも搭載されているので、一度試してみてはいかがだろう。我が家の通り名は13という結果でありました。
*本文に使用したグラフィックは全てdie Zeitの上記特集ページより借用しています。
*タイトル写真はGerd Danigel , ddr-fotograf.deより借用しています。