LRS – Lese- und Rechtsschreib-Schwierigkeiten/ 読み書き困難症と対策

先日の記事で母語のドイツ語教授法に関する疑問点について述べたが、今回はその対策についてまとめてみたい。

今のドイツの小学校でまだ一般的なドイツ語教授法は「聞いた通りに書く」Schreib nach Gehörという方法だ。この教え方による弊害がメディアでも伝えられているが、一部の州を除いて今も変わらず同じやり方で授業が進められている。

定義:ベルリンの小学校規定ではLRS(Lese- und Rechtschreib-Schwierigkeiten)「読み書き困難症」が問題だとされている。

その他の呼び方としてはLese-und Rechtschreib-Schwäche, Lese- und Rechtschreib-Störung(読み書き障害), Legasthenie, Dyslexie(ディスレクシア)などがある。通常、どの呼び方も同意語として使われ、LRSが省略形として頻繁に用いられる。

診断:
国際疾病分類(ICD-10) では、LRSは部分的能力障害として分類されている。3ヶ月から半年にわたり、神経内科疾患や不登校、一般的な学習障害が原因ではない書き言葉の習得に多大な困難が見られるとLRSの診断が下される。心理学者や精神科医がIQテストなどの決められた方法をもとに診断する。

諸症状:読むのに時間がかかる、スラスラ読めない、文中の単語のアルファベットを別のアルファベットに置き換えてしまう、行を飛ばす、文章理解力が足りない、などが挙げられる。書く方について言えば、アルファベットを飛ばす、アルファベットを別のアルファベットと入れ替えてしまう、間違いがとにかく多い、などの点が指摘されている。

普段から、子供のドイツ語学習の際に上記の点を念頭において、観察することをお勧めしたい。もし何らかの疑問点が見つかれば、次に上げる各機関で相談することも可能だ。

問い合わせ先:次に上げる各専門機関のホームページにも役立つ情報が記載されている。

Duden InstituteのHPより

今年の初めに相方がベルリンのアレクサンダー広場にあるDuden Institutで、娘のドイツ語力について相談に乗ってもらったが、そのために成績表とドイツ語で書いたテキストをサンプルとして持参していた。

結果としては今すぐ何らかの処置が必要だと判断されず、そのままで終わってしまったが、娘のように平均以下だが、壊滅的ではない、というレベルの子が特になんの処方も得られず苦労するのではないか、と感じてしまった。

小学校では週に一度、30分だけドイツ語の特別コースに通っているが、週一30分でそれほど効果が期待できるとも正直思えないからである。家庭学習は本人にやる気がなければ効果は得られない。

子供のドイツ語力に首を傾げるような点があれば、できるだけ早めに専門家に相談されることをお勧めしたい。

費用:気になる費用だが、基本的に保険などの対象にはなっていないため、保護者が自己負担することになる。しかし、青少年省(Jugendamt)が場合によっては費用を肩代わりしてくれるケースがあるそうだ。申請に必要な書類は青少年精神科医あるいはスクール・サイコロジスとのステートメント(証明書)である。

参照記事:Tagesspiegel: Wie erkennen? Was tun? Und wer bezahlt’s?

Fibel-Methode / 昔ながらの教授法〜母語としてのドイツ語

前回、ベルリンの小学校に通う子供たちのドイツ語学習に対する疑問点について触れた。問題になっている教授法は“Lesen durch Schreiben”あるいは“Schreiben nach Gehör”というもの。

この“Lesen durch Schreiben”というコンセプトだが、2009年に亡くなったスイス人、ユルゲン・ライヒェンによって提唱されたものだ。彼は「書き」が「読み」より先に来るべきだ、という考えであったようだ。

Die Schüler sollen primär befähigt werden, jedes beliebige Wort in seine Lautkomponenten zu zerlegen und sie phonetisch vollständig aufzuschreiben – orthographische Korrektheit steht zunächst nicht im Vordergrund.

書くためには古典的なFibelを用いず、子供達は発音表(Anlauttabelle)の助けを借りてひとつの単語を音の要素としてバラバラにし、それらを音声的な組み合わせによって書く、というやり方だ。

言葉で説明するのが難しいが、例えばEidechse(とかげ)の場合、Ei-de-chseにわけて考えることになるが、結果としてEidäxeと書く子供が続出する。

何が驚きかと言えば、「子供の自主性と創造性を重視する」ために間違いを添削しない、という点だろう。息子の学校で使用している日記帳を見ると、こんな感じでガンガン作文が書かれており正直ドン引きしてしまう。

「話すように書ける」ことで子供にはストレスが掛からないわけだが、やはり初期から正しい綴りを教えることは必須事項なのではないかと思う。

実際、間違いを指摘すると息子は拒否反応を示すわけで、家庭学習を行う際にも非常にやり辛くなる。

Fibeln sind so aufgebaut, dass die Kinder die Schriftsprache in einem fest vorgegebenen, strukturierten Ablauf vom Einfachen zum Komplexen erlernen und einen schriftsprachlichen Grundwortschatz aufbauen. Hilfestellungen und Korrekturen durch die Lehrperson gehören dazu.

古典的なFibelが何かというと、単語を決められた規則に従ってひとつずつ積み重ねて学んでいくやり方である。もちろん先生の添削も学習過程に含まれている。

ボン大学がNRW州の3000人の小学生を対象にドイツ語能力調査(Hamburger Schreib-Probe)を行なったのだが、その結果が大きな世論を呼び起こした。詳細はリンクをご参照のこと。

合計1万のディクタートの結果が明らかにしたのは、古典的なFiebelで習った子供たちは学年を問わず全体的に間違いが明らかに少ない、という事実だったからだ。

  • „Lesen durch Schreiben“ の生徒はFiebelの生徒に比べ、55%以上が不正解であった。
  • „Rechtschreibwerkstatt“の生徒はFiebelの生徒に比べ、105%の生徒が不正解であった。

この発表が公にされる1年前に実はハンブルクとバーデン・ヴュルテンベルク州では「聞いたとおりに書く」という教授法は禁止されている。NRW州ではFiebelメソッドへの回帰が議論されている。

長女の正書法が弱いのは日本語補習校の宿題を中心に家庭学習を行ってきたことと、バイリンガル家庭だということが主な原因だと考えていた。恐らくこれらも原因のひとつには違いないが、ドイツ語ネイティブの家庭でもLRSなどの問題が普通に存在する、という事実を知ることで今後の対策が練りやすくなった。

まずはFiebelメソッドの本を購入して、比較しつつ、家庭学習に取り入れてみたいと思う。

Jülのシステムといい、Schreiben nach Gehörメソッドといい、どうしてドイツの小学校、特に子供たちの通うベルリンの小学校にはなぞのシステムが導入されがちなのか、機会があれば改めて専門家に質問を投げてみたいところだ。

少しでも参考になれば幸いです。ご指摘、ご意見などもお待ちしております。

参照:
mdr: Bundesbildungsministerin fordert Rückkehr zur Fibel-Lernmethode
Uni Leipzig: Lesen durch Schreiben: Methode zum selbstgesteuerten
Schriftspracherwerb in der Primarschule nach Jürgen Reichen

WDR2: Studie: Rechtschreibung lernt sich nach alter Fibelmethode am besten

Schraibm nach Gehoä / 聴覚をもとに書く

タイトルのドイツ語を見て、あれ?と思った方、正解です。
正しくは„Schreiben nach Gehör“ 、聴覚をもとに書く、という意味だ。

これが何のことを指しているのかと言うと、ドイツの小学校教育でテーマになっているドイツ語の学習方法のこと。「小学校3年生になってもドイツ語がきちんと書けない」問題を語る上で必ず持ち出される教授法である。

我が家の9歳の長女もLRS(Lese- und Rechtschreib-Schwierigkeiten)一歩手前というか、とにかく正書法にかなり問題がある。

ドイツの学校教育は最高!などと謳うインチキサイトのようなものも巷では見かけたりもするのだが、個人的な意見としては、基本的に日本の小学校の義務教育は素晴らしいと考えている。学校の設備もそうであるし、何と言っても基礎学習能力がきちんと身につくイメージがあるからだ。

さて、ドイツは連邦制で州ごとに事情は大きく異なるが、自分の子供たちが実際に通うベルリンの小学校を見ていると、疑問に思うことがかなりある。中でも母語ドイツ語の教育方法に首をかしげる場面が多い。

Quelle: Florian Schuh/DPA

タイトルの「聞いたとおりに書く」というメソッドがそのひとつで、実際にどういうことかというと、子供に耳で聞いたとおりにドイツ語をまずは自由に書かせ、教師(親)が特に誤りを指摘しない、というやり方だ。

1年生の1学期間だけ、というなら話は違ってくるが、ひどい場合だと3年生になっても誤りを指摘しない場合もあるのだから仰け反るしかない。
この頃になると、間違ったスペルが定着してしまい、そこからまた訂正して新たに覚えるという作業が必要になり、時間も労力も削り取られることになる。

ドイツで育ったわけでも、学校に自分が実際に通っていたわけでもないので、これが正解、という比較できる情報がなかったため、放置してしまったのが悔やまれる。この教授法のせいなのか、長女は4年生だというのに正書法が身についておらず、かなり大変なことになっている。

1年生の時に間違ったままで放置されている単語帳に驚き、担任に聞いたことがあるが、「今はまだ特に訂正する必要はありません。」と言われ、クラスの保護者にこれが普通なのか、と尋ねると彼らが実際に学校で習った時は全く別のやり方で教わったのでよく分からない、という返事だった。

LRSやSchreiben nach Gehörに関する記事などをざっと読んでみたところ、共感できる記事があったので、その中から何箇所か引用しておきたい。

„Schreiben nach Gehör“ ist unterlassene Hilfeleistung. Denn die Lehrmethode verlegt das Lernen von der Schule nach Hause.

In den weiterführenden Schulen heißt es dann, ein Drittel der Kinder habe eine Lese-Rechtschreib-Schwäche.

Wie eine solche haarsträubende Methode flächendeckend Eingang in die Grundschulen finden konnte, bleibt ein Rätsel.

Der Preis für die Eltern, meist ja die Mütter, ist allerdings hoch: Sie müssen für nachmittägliche Rechtschreib-übungen Zeit einplanen.

Kinder aus bildungsfernen Familien oder von Migranten sind benachteiligt, wenn mit ihnen keiner üben kann.

“Schraibm nach gehöa” vom 04.03.2015 FAZ
https://www.faz.net/aktuell/politik/inland/orthographie-in-schulen-schraibm-nach-gehoea-13456654.html
  • 「聞いた通りに書かかせる」メソッドは学校教育を家庭に持ち込む原因になっている。
  • 小学校以上の高等教育の場において3分の1の生徒がLRS(読み書きが困難な状況)に陥っている。
  • このような状況を生み出すメソッドがドイツ全国に浸透している理由が全くわからない。
  • このメソッドにより親、特に母親が多大な迷惑を被っている:放課後の家庭学習に正書法の時間を割り当てる必要があるからだ。
  • アカデミックでない家庭の子供や移民背景を持つ子供たちについては正書法を学ぶ機会が失われてしまう。

日本でも家庭学習が必要がというのはドイツの状況と同じなのかもしれないが、母語のドイツ語教育について学校に任せられない状況である、ということは手遅れにならない前に認識しておくことが大事だと思った次第。