Intendant Chris Dercon tritt zurück / クリス・デルコンの退陣

フォルクスビューネの劇場監督クリス・デルコン退陣。
え、さすがにまだ早すぎるのでは?
と一瞬目を疑ったが、彼の就任とそれにまつわる一連の騒動を考えると、なんの不思議もない流れなのかもしれないな、と思い直した。
ベルギー出身のキュレータ畑であるクリス・デルコンのフォルクスビューネ劇場監督就任。そして、それに対する風当たりが相当キツかったのだろう。多くの劇場関係者が批判した「イベント小屋」とやらに一度は足を運んでおくべきだろう、と考えを改めチケットを購入することにした。
シアターやダンスにそれほど詳しいわけではないので、プログラムを眺めても全くピンと来ない。何となくアンテナに引っかかったサミュエル・ベケットの劇作品とダンス・パフォーマンスの二演目を観てみることにした。
それがこちら ↓


Samuel Beckett
Nicht Ich / Tritte / He, Joe
Schauspiel
ca. 75min
In deutscher Sprache

 Jérôme Bel
The show must go on
90 min
Englisch


ところが、いざチケットを購入しようとオンラインでサイトを確認したところ余りの残席の多さに愕然とした。ベルリンの他の劇場でも、1ヶ月を切った公演チケットが半分以上も残っているというのに余り出くわした経験がないからだ。
スクリーンショット 2018-04-16 17.03.33
5月4日の公演分でまだ上のように残席だらけ(4/16現在)なのである。これはさすがに購入する側としても多少の不安が残る。この演目、果たして面白いのか!?
どうしてここまでチケットが売れないのだろう。ましてやサミュエル・ベケットのNicht Ich / Tritte / He, JoeはWalter Asmus監督作品である。Asmusは1941年にリューベックで生まれ、サミュエル・ベケット本人には1974年に当時の西ベルリンにあったシラー劇場で出会っており、彼の有名な戯曲「ゴドーを待ちながら」の演出のアシスタントを経験しているのだ。Asmus監督は言わば、70年代後半からサミュエル・ベケット作品を世界中で公演してきたサミュエル通だとも言える。
Der Regisseur Walter Asmus, geboren 1941 in Lübeck, begegnet Samuel Beckett 1974 am Schiller-Theater im damaligen Westberlin, wo er dem Autor und Regisseur bei seiner berühmten Warten auf Godot-Inszenierung assistiert. Diese Begegnung ist der Beginn einer philosophisch und formal prägenden Arbeitsbeziehung und Freundschaft, die bis zum Tod Becketts 1989 anhält. Seit Ende der 70Walterer Jahre inszeniert Walter Asmus Becketts Stücke weltweit. – Volksbühne HPより
全プログラムが仮にこのような状況なのであれば、デルコン退陣の理由もある意味納得が行く。
一連の騒動のせいで、私自身も気分的な理由からVolksbühneから足が遠のいてしまっていた。どんな気分なのかと言われれば、今のベルリンを覆っている空気とでもいうべき「ジェントリフィケーション」の気配がする対象を毛嫌いする態度、とでも言えばいいのだろうか。
既存の価値を尊重せず、ズカズカと土足でベルリンに足を踏み入れて来る外資に対する不信感のようなもの。「またか。」という一種の諦めに近いようなもの。
このようなネガティブな態度から新しいものは何も生まれないのかもしれないが、せめて既存の価値は尊重して欲しいものだと常日頃思っている。
これによってさらにハードルの高くなったカストロフの後任者探し。Volksbühneの今後の進展に期待するより他はない。正式な劇場監督が決まるまでは、代理の劇場監督としてシャウシュピール・シュトゥットガルトのクラウス・デュル(Klaus Dürr)に白羽の矢が立ったようだ。

 

"Doch Kunst" / ベルリンとシアターの関係

9月からクリス・デルコン率いる新生フォルクスビューネが始動した。一筋縄では行かないだろう、と予想はしていたが仕事で朝ホテルに向かう途中、ふと劇場の入り口付近を見るといつもより人だかりが多い。
IMG_4097
正面入り口の上には青い横断幕、「DOCH KUNST」(やはりアートだ。)の文字。
と、ここまで書いて放置していたが、仕事も一段落したので続きを。
結局、このフォルクスビューネの平和的占拠は警察の介入で9月22日から29日までの1週間ほどで終わってしまったようだ。
アクションを起こしたのは芸術家集団「Staub zu Glitzer」(ダストから宝石を)。広報担当はフォルクスビューネの総監督に就任したクリス・デルコン個人やそのチームに向けた運動ではないこと、暴力やアグレッシブな行動からは距離を置いていることをプレス発表の際に改めて強調した。
しかし、何よりも今回の争点になっているのはデルコンの示すフォルクスビューネの方向性に反発する「反ジェントリフィケーション」のようだ。
スクリーンショット 2017-10-03 17.03.04
ローザ・ルクセンブルク・プラッツのフォルクスビューネは彼らのようなアクティビストや一部の市民にとって、ベルリンの至る所で加速中のジェントリフィケーションや文化のマーケティング化、企業誘致、社会からの排除などに反対表明をする「最後の砦」のような意味合いを持つシンボリックな場所なのだろう。
IMG_4098
95年からベルリンの変化を身をもって体験している者としては、彼らの主張は「そうあるべき」至極当然のものだ、という反面、時代の素早い変化について行けないと感じる人々の叫びなのかもしれない、という考えもどこか拭いきれない。
ベルリンの街も私自身も、これまで自分たちが参加して街づくりをしてきたと自負する昔からベルリンに住んでいる誰もが日々の生活の中で時代や街の変化を肌で感じ、多かれ少なかれ違和感や葛藤を抱いているのかもしれない。
10月3日のドイツ統一記念日に、そんなことを考える。
西ドイツと東ドイツ、西ベルリンと東ベルリン。物理的な壁は消滅したが、頭の中の壁はまだまだそこに存在しているだろうし、その壁がこれからのドイツの行方を大きく左右する要因のひとつになることは間違いないだろう。それは先月24日の選挙結果からも明らかだ。
ベルリンという「壁」の存在した特殊だった街も、時間とともにパリやロンドンといった欧州の普通の一都市に並ぶ日もそう遠くはなさそうだ。それでも、フォルクスビューネのような地元民のコミュニケーションのハブである「最後の砦」は残した方がこの街のためになるはずだ。
そして、今日もフォルクスビューネ前の広場で夕方から野外コンサートが行われるんだとか。