Fabrica / ブカレストのオルタナシーン

前回、ご紹介したコットン工場跡地のスタートアップからトラムとバスを乗り継いで、ブカレストにはあまりないであろうローカル色の強いオルタナティブな場所、Fabricaへ。

ブカレスト市内の交通網を利用する際に注意しておきたいのが、バス・トラムと地下鉄の運行会社が異なるという点。ベルリン同様、料金設定が一律かと思い19番のトラムに乗る。地下鉄の券売機で購入した1日カードをカードリーダーにかざしたところ、反応なし。

助けてもらった黒い服のご夫婦

それを見た年配の男性がすかさず、「これを使いなさい。このカードで大丈夫だから。」そして連れの女性が私の方を見ながら、「2人いるわよ、ほらあそこにも。」あれよあれよという間にバスの乗車カードで2人分の支払いを済ませ、まだいくらかチャージされているカードをくれたのである。

何度も言うが、今回のたった丸2日間の滞在で、何度街の人に親切にしてもらったか分からない。「あらあら、ルーマニア語が分からないのね!困ったわ。」なんて言われながら。

運が良かっただけなのかもしれないが、もしそうなのであれば半年分の運は使い果たしてしまっただろう。とにかくみんなすぐに助けてくれる。「券売機故障しているわよ!」から始まり、「このカードを使いなさい、あげるから。」まで。

手取り足取り、とはこのことだ。

こんな風に旅の最中に助けてもらうと、困っている旅行者を見かけたらすぐに助けたくなるというもの。

19番のトラムを降り、目の前を通り過ぎてバス停に向かう232系のバスに飛び乗る。少し行くと、それらしき建物が目に入った。

ベルリンのワルシャワ通り駅付近の建物によく似ている。既視感。
クラブやクライミングスペースなども入っている。

日曜日の昼下がりということもあり、子連れの家族もちらほら。さすがにここまで来ると、あまり観光客らしき様子の人もいない。まさにローカルな面々で賑わっていた。

Legume Tempra 17lei

日曜日なので、クローズしている店が多かったが、ショップ内に入るとこれまたとてもいい感じ。春の日差しだ。

Fabrica周辺をぶらぶら散策するのもいい。

DIY満載の味のある家がたくさん並んでいた。
またブカレストに来たら、この辺りをぶらぶらと歩いてみたい。

東欧なのにバルカンやオリエンタルなテイストも混在する不思議な街。人の距離感などもドイツに比べるとよりアジアに近いような気さえする。ルーマニアの地理がなせる技なのだろうか。

ルーマニアの首都ブカレスト、ご飯も美味しく、人も優しい。
歩いているだけでワクワクするとてもいい街だった。

Industria Bambacului >> Industrii Creative / ブカレスト南部の都市開発

知らない街に行くと、いつも現代美術館併設の書店や街の大型書店でカルチャー関連のガイドブックや建築ガイドブックを購入するのがお決まりになっている。

今回の旅では旧市街にあった美しいブックストアCărturești Caruselで黄色の表紙が目を引くCelalalt oras. Locuri si povesti din Bucuresti-Sud / The Other City. Places and Stories from Bucharest-Southを購入。

パラパラとページをめくっていると、気になるグラフィックが。タイトルのIndustria Bambacului(コットン工場)跡地をIndustrii Creativeの場にしようという試み。工場の跡地を再開発する、というのは欧州内では定番の都市開発パターンでもある。

まだ完成はしていないだろうが、足を運んでみることにした。先日の「国民の館」ツアーがハードだったので、この日は可能な限り市内の交通網に頼ることに。一日券8レイ(約2ユーロ)を購入し、地下鉄で最寄り駅まで移動する。

ブカレストのメトロは1979年にM1号線の区間が開通しているが、ルーマニア国内で地下鉄路線を持つのはブカレストだけらしい。ルーマニア国内のインフラが進んでいないことが良くわかる。

M2 Universitate
M1 Piata Unirii 1
Piata Unirii 1の駅構内Foodpandaの広告ポスターが柱に貼られていた
M1 Timpuri Noi

この写真を見てお気付きの人もいるだろうが、他の東欧の街を走る地下鉄の駅と比べ、ブカレスト地下鉄は装飾もいたってシンプルで現代的であり、豪華な装飾や照明のあるモスクワのそれとは異なり、どちらかというとベルリンの地下鉄に作りが似ている。

共産主義時代のルーマニアの大型建設プロジェクトには国民の館をはじめ不要の産物が大半であったが、この地下鉄計画については唯一の成功例と言われているのだとか。

ドゥンボヴィツァ川沿いを歩く

Timpuri Noiの駅を上がり、川沿いに南下する。

少し歩くと、木でできた小屋や黄色い階段が目に入った。ここかな?
日曜日の昼前だったが、たまたまミィーティング開始時間と重なったことで人の出入りがあり、中を見せてもらえることになった。

入り口付近のスペース
MATER
MATER

MATERは建築およびデザインに関する素材ライブラリーとミィーティングルーム、展示スペース、コワーキングスペースなどが入ったクリエイティブ・インダストリーのクラスタが集う場所。

建物の屋上にはテラスがあり、様々なイベントが行われている。

ここからさらに南下したところに高層アパート群が立っていることからも分かるように、このエリアの価値が上がる日もそう遠くはないだろう。

Lipscani / リプスカニ〜ブカレスト旧市街2

前回はブカレストの中心エリアにある旧市街の美しい書店についてご紹介した。

店内に一歩入ると真っ白な内装にため息がでるが、20世紀初頭に銀行家によって建てられ、1990年代から2000年にかけて崩れ落ち、5年ほどの修復作業を経て2015年にオープンしている。

書店の正面にある工事現場はまだ荒れ果てており、過渡期にあるブカレストを象徴している。

書店と同じ通りにこれまた修復された建物が目に入った。

中に入ってみると、警備員がルーマニア語で何やら話しかけてきた。怒られるのかと思いきや、隣の入り口から上に上がれば展示が見られるという(ルーマニア語なので予想)。

改築の歴史を地上階で展示

ブカレストはとにかく人が親切で、みんな言葉が通じなくても最後まで一生懸命教えてくれる。別の入り口まで連れてきてくれ、「Sus!Sus!」(上、上!)と階段の上を指して教えてくれた。「Sus!OK,sus!」と言いながら二階へ向かう。

この警備員のおじさんの誠意で、とてもいい展示に出会えた。

Ana Bănicăというアーティストのイラストや絵画、オブジェの展示である。彼女のブログページにあった言葉を引用しておこう。

Declaration:  To be an artist in Romania is beautifully complicated, painful otherwise and it must be naturally uninterested. As a Romanian artist, one has a great advantage: one can never get bored, because one never lacks inspiration. Only very rarely does one glow or feel the taste of success. Art is an embryo in Romania, there is still long before the development of the fetus and the child that will be born will have an extended adolescence and childhood. Thus Romanian art, following tradition, will need various steps, strength and quality, true parents and, not last, a miracle, until the point when it will achieve an otherwise natural maturity. To be an artist here is complicated because one lives in a transit society, an unstable society where the artist has no statute, nothing supports him, nothing encourages him, nothing motivates him, except for his ambition and his inner structure as an artist. When one is an artist in Romania one is alone on the road.

Ana Bănică

彼女の言葉を額面どおりに受け取るならば、ルーマニアでアーティストとして創作活動を行うのはまだ相当な覚悟がいるようだ。

ARCUBの入っている建物は元ユースホステルだったGabroveni Innを修復して2010年頃からスタートしている。残念ながら、ホームページがルーマニア語のみなので詳しいことがわからないが、シアター、展示、コンサート、イベントなど多彩なプログラムが提供されている。

ARCUBのあるリプスカに通りはライプツィヒのドイツ商人にちなんで命名された(Lipscaはルーマニア語でライプツィヒ)のだとか。ARCUBの南側に面した通りGabroveniはガブロヴォのブルガリア商人を指している。

リプスカニ地区にはこうした商人や職人にちなんだネーミングの通りが現在でも残っているのだそうだ。

今回は時間がなかったので主に東側をメインに歩いたが、今度は古い建物が残っている西側も歩いてみたいと思っている。

次回は議事堂宮殿についてです。

Lipscani/ リプスカニ〜ブカレスト旧市街1

ワルシャワの共和国宮殿に続き、ブカレストで見ておきたい建造物と言えば、議事堂宮殿だろう。

エアビーで街の中心部(Centrul Vechi)にアパートを取ったので、ニコラエバルチェスク通りから旧市街、さらには議事堂宮殿まで歩いてみることにした。

ブカレストの街並みはとにかく様々なスタイルの建物がひしめいているので、散歩するだけでも面白い。

旧市街では、Cărturești Caruselというブックストアが目当てだ。

本屋に行く前に生地屋Sharbekがあったので、のぞいてみる。日本でいう水引のような、縁起担ぎの紅白の飾りなどを購入。生地もベルリンに比べると、かなり安くで買える。1/3くらいだろうか。

ランチは友人が調べてくれたルーマニア料理レストランla mamaで。

ワルシャワも料理の味付けが優しく口に合ったが、ブカレストも同様にスープがとても美味しい。

Bors de Curcan / 七面鳥のスープ 16,0 lei(約4ユーロ)

ドイツは全体的に塩味が強く大味なことが多いので、他所の国に行くと大抵美味しく感じる、というのは言い過ぎだろうか。

カフェ併設のコンセプト書店、リプスカニ通りにあるCărturești Carusel。店内に入ると美しい内装にため息が出る。

socialist modernist architecture romania and the republic of moldovaという書籍があれば購入したかったのだが、店員さんに尋ねると残念ながら置いていなかった。

それどころか、その店員さんに日本語の学習方法について逆に聞かれてしまった。流暢な英語を話す20代後半の男性である。

アニメなど、日本のカルチャーに興味があり、一度日本に行ってみたいのだとか。日本人の働き方に関する現状や引きこもりなどについてもきちんと把握していた。

ただ月収が2000レイ(500ユーロ)程度で、日本行きのフライトがほぼ月収に当たるため、渡航費と滞在費を捻出するのがなかなか難しいのだそうだ。

ブカレストはこれから伸び代があるので面白くなるのでは?と聞くと、実際に住んでいると腐敗した政治にインフラ整備の遅れなどといった点でストレスが多いという話だった。

歩道の状態は目抜き通りでもかなり悪い

とにかく若い人にはどんどん外に出て欲しいので、日本の友人を紹介したいと思っている。

まだ道半ばだが、今日はこの辺で。

București / ブカレスト

今年2019年からベルリンでは3月8日の女性の日が祝日になった。

これを利用してどこかへ行けないかと思い、以前から気になっていたルーマニアの首都ブカレストに友人を誘って行ってみることにした。

ハンガリーのブタペストではなく、ブカレストの方だ。

フライトの時間が遅いのと、時差が1時間あるので、初日はほぼ移動のみ。週末の丸2日滞在、月曜日の昼にはベルリンに戻るという弾丸ツアーだ。

今年は東欧圏にも仕事で行きたいと考えているので、カバー範囲を広げるためのロケハン的な意味もある今回の旅。

恐らくブカレストもワルシャワ同様、日本ではあまり情報が得られない、あるいはアップデートされておらず、「危険な場所」というイメージが先行しているのではないだろうか。

ベルリンからブカレストの空港に降り立ち、街の中心街へ出る783系統のバスに乗ると、ブカレストの方が間違いなく都会だという印象を受ける。

空港内の両替所で10ユーロを約45レイに交換し、バスのチケットを購入。ここで、往復を2人分買おうとしたところ、1枚のカードにまとめられてしまい、販売員の女性に平謝りをして何とか2枚のカードに分けてもらえた。往復チケットの料金は7レイ+チャージ用カード1,6レイ(8,6レイ=約2ユーロ)。

チャージ式のカードだというのをうっかり忘れていたのだ。「そういうことは買う前にちゃんと説明してね!」とプンプン怒りながらもやり直してくれた販売員には感謝しかない。「ごめんなさい、ありがとう!」Mă scuzaţi. (マ スクザッツィ), Mulţumesc! (ムルツメスク)

ベルリンの壁の歴史がそうさせているのか、ベルリンから東欧の首都へ足を延ばすと、どうしてもベルリンの田舎染みた感じが目立ってしまうのだから不思議だ。

道路の道幅や交通量もモスクワのそれを彷彿とさせる。大通りを渡る信号も少なく、地下道が発達しているのもよく似ている。交通量が多いため、道路の側を歩いているとちょっと息苦しい感じがする。夏の大気汚染もかなりひどいに違いない。

宿泊先アパートが大通りに面しているため、夜間ではあったが周辺を少し歩いてみることにした。22時を回っても人通りが多く、特に身の危険を感じるような雰囲気ではない。

24時間営業のスーパーを見つけたので、そこで間に合わせの夜食を買い、帰途に着いた。

ベルリンよりかなり南に位置するせいか、夜間でも上着のいらない暖かさ。目抜き通りにもまだまだ古い廃墟と化した建物が残っていたり、かなり特異な構造のアパートが並んでいたりと建築に興味のある人にもお勧めしたい街である。

明日からのブカレストがとても楽しみだ。