Park Mickiewicza / ポズナンのミツキエビツァ公園

ポズナン最終日。

最終日がこれまた夏日で28度くらいまで気温が上がった。

子供たちも連日遊びすぎたのと、うだるような暑さで歩きたがらず。

アパートをチェックアウトし、中央駅でひとつだけ幸運にも空いていたコインロッカーに荷物をなんとか押し込む。

とにかく暑い。暑いのに中央駅や街中にはコスプレをした人々がわんさかいた。どうやらコミケがあるらしい。そう言えば、ピカチューの帽子をかぶったお姉さんがロッカーの使い方を親切に教えてくれたのだった。

こんな時はまた水辺へ。駅から近いところで水のあるところ。大きな噴水のあるミツキエビツァ公園へ行くことに。側にはポーゼン城もあり、お気に入りのカフェも入っているのでそこでランチをすることにした。

3人とも疲れていたので、カフェでうだうだとランチ。カッテージチーズとチェリーのクレープとサラダをシェア。

ロシアのブリヌィ、チェコのパラチンキと並びポーランドのナレシニキもやはり美味しい。

食べて少し元気になったので、ミツキエビツァ公園で涼むことにした。ミツキエビチはポーランドの国民的詩人でポーランドの独立運動にも大きく影響を与えた人物とされる。

途中で大きなモニュメントが。息子はこういった記念碑にいつも反応する。

「ママ、これはなに?なんでこんな大きいの作った?」

1956年のポズナン蜂起による犠牲者

この記念碑は 「ポズナン暴動」(Poznański Czerwiec ’56)、ポズナンの労働者蜂起を記念して作られた。ポラーンドの軍隊と衝突したことから10万人に及ぶデモ参加者のうち57名が犠牲になり、およそ600名の負傷者が出ている。

1989年にポーランドの政権交代を経て、ようやく労働者蜂起やそれによる犠牲者について自由な意見交換や公式の見解が出されるようになった。

同年に起こったハンガリー動乱やプラハの春にも影響を与えたと思われるポズナン労働者蜂起は西欧やその他の国々ではあまり知られていないのだそうだ

噴水のある池に入って遊ぶのに飽きたら、今度はアイス。

「ママ、さっきトラム降りたとこにアイスあったやん。」

アイスのある場所をしっかりとチェック済みの子供たち。

Na Teatralce

コーヒー味のアイスとバニラアイスを食べて、そろそろ駅へ向かうことにした。

これまでの滞在で一番混んでいたのがコミケで賑わっていたこの日の中央駅ではないか。

ポズナンはベルリンから列車で3時間ほどで行ける上、街もこじんまりしていてカラフル。そして何と言ってもごちゃごちゃと混んでおらず、とてもゆっくりできる歩きやすい街である。

機会があれば是非ポズナンにも足を伸ばしてみてほしい。

クラクフやヴロツワフにも行ってみたいなぁ。ポーランドがますます好きになった。ポズナンへの旅、子供たちにも大好評でした。




Jezioro Rusałka / ポズナンのルサウカ湖

ポズナン滞在3日目。初日と二日目の寒さが嘘のように夏日に。

それじゃあ、湖に行こう、ということでグーグルマップで近くの湖を探す。

ここが良さそうだな、とゴレンチン地区にあるルサウカ湖へ行ってみることにした。市場の横から出ているバスで約30分。ゴレンチンで降り、森の中を15分ほど歩く。

動物園や湖に行くこと自体はベルリンと同じだが、知らない土地で初めての場所を訪れるというのはそれだけでワクワクするものだ。

森を抜けると看板が立っていた。どうやらここで間違いないらしい。湖と一言で言っても、果たしてすぐ側に泳げるビーチがあるという保証はない。看板の案内を見る限りなかなか良さそうな場所だということが分かる。

ずいぶんと整備された公園もあった。正午前だったので、まだほとんど人もいない。平日のポズナンはどこへ行っても空いているのでオススメだ。

夏日になってすぐだったので、湖の水はまだかなり冷たい。午前中から水着になっているのは夏でも冷たいバルト海で鍛えられている(?)我が家の子供たちだけだった。

ルサウカ湖周辺にはサイクリングコースも整っており、自転車に乗るのも気持ち良さそう。

軽食が採れるインビスやレストランも併設されているので、一日中ゆったりと過ごせる場所だ。

市街地ではないので、ポーランド語しか通じないようだった。若い女性に「英語を話せますか?」と聞くと、「ロシア語だったら話せるんだけど。」と言われたので、ロシア語でやり取りをした。こんなところでロシア語が役に立つとは、やはり東欧らしい。

お姉さんオススメのグラーシュでランチ

スープの美味しいポーランド。インビスだけれど、スープでランチ。お姉さんに店の前に出ていた看板に書かれた三番目のスープについて聞いてみたところ。。

「私はこれは食べないわ。好きじゃない。これ(グラーシュ)は美味しいけど。」

と、これまた率直なご意見。ランチはグラーシュに決定。子供達はフライドポテトとシュニッツェル(ドイツ風カツレツ)、ケバブ肉とこれまた安定のメニューで。

場所柄か、地元民しか来ていないようだったが、静かで自然の豊かな湖なのでポズナンに行く機会があれば、是非訪れてみてほしい。

Nowe Zoo in Poznań / ポズナン〜新動物園

子連れポズナン二日目。

この日もなぜかまた動物園へ。昨日は偶然、旧動物園の前を通りかかったので中に入ってみたのだが、今度は街の東外れに新しくできた動物園へ向かうことに。

Dąbrowskiego通りのWiepofama(機械加工製造業)

宿泊アパートからはドンブロフスキエゴ(Dąbrowskiego)通りから出るトラムとバスを乗り継いで1時間弱とかなり遠い。

Dąbrowskiego通りのNobel Tower

マルタンスキエ湖の隣に動物園の広い敷地が横たわっている。この湖の周辺にはプールやアスレチック、人工スキー場など休日は賑わうレクリエーション施設が多く集まっているようだ。

しかし、訪れたのは平日。ベルリンの動物園とは違い、平日は人がほとんどいない上にレストランなどの施設もかろうじて開いているという状態だった。メニューも週末の3分の1ほどしかない。

そう言えば、以前チェコの小さな街の動物園に行った時も、同じように平日はガラガラだったのを思い出した。

さて、この動物園、あまりにも広いので中で迷ってしまった。どこまでが動物園なのかすら曖昧なのだ。

全てを徒歩で回るのは大変なので、構内には無料の車両が走っている。

園内マップ

この新動物園は旧動物園の100周年記念に合わせてオープン。旧動物園の限られたスペースを補うために新たな施設を建設する必要に迫られたのだそうだ。

1971年以降、変温動物のパビリオンのみを残し、動物たちは順に新しい動物園に移された。

オオミミギツネがイーブイにしか見えない

敷地面積は117ヘクタールほどあり、ポーランドで二番目に大きな動物園なのだそうだ。どうりで広いはずである。

野生のカモも人が少ないので、のんびりと道路を散歩していた。人懐っこいのかカメラを向けても逃げようともしない。

ところで、このガラガラで人気のない動物園のジムにシャワーズを置いてみたところ、なんと2日経ってもまだポツンと一人ぼっちでジムを守っているようだ。ベルリンに帰ってきたというのに、ポケモンがまだポズナンの動物園にいるというのもすごい。

ジムの名前がŻubrになっているので調べてみたところ、どうやらビールのメーカーらしいことがわかった。しかも、アサヒビールが一部株を保有しているらしい。縁があるのかないのかわからないが、なかなか面白い偶然だった。

そんなわけで、この日も園内で散々迷ったおかげでよく歩いた1日となった。

Jeżyce in Poznań / ポズナン〜イェジツェ区

ポズナン再訪。2度目なので、今回はあえて中心から西側の少し外れたイェジツェ地区にエアビー(Airbnb)を利用してアパートを借りることにした。

余り深く考えずに、ゲスト評価も高く雰囲気の良さそうなアパートを見つけたので即予約。

ここにも古き良きベルリンの面影が。改装されていない古びれた外観のアパート。中庭も手作り感が溢れたいい雰囲気だ。

アパートの内装がこれまたとても感じが良く、ディティールにもこだわりが感じられる。

アパートに隣接した場所にカジュアルなレストランが何軒か入ったスペースがあったので、サクッとピザで遅めのランチ(子連れだとこうなる)にする。

近所の通りにも小洒落た店が並んでいる。

Strefa pasji

風が強く肌寒い日だったが、市街地に向かう途中に通りがかった旧動物園に足を運んだ。

今回は子連れの旅なので、前回のひとり旅とはそもそも行き先が大きく異なる。

入園料は無料だが、子供用の遊具などもあり、子連れの家族がのんびりと過ごせるこじんまりとした動物園である。少し手の込んだ遊具が10ズヴォティ、ゴーカートが7ズヴォティだった。

ポズナンの西側に新しくできた動物園があるので、そこへも行ってみる予定だが、こちらの古い動物園は空いていて近所の人が散歩がてら子連れで遊びに来る場所のようだ。

ポーランドはまだイースター休暇ではないので、平日はどこへ行ってもがらーんとしている。

こんな鄙びた建物も味がある。

動物園から見える建物も素敵だ。グーグルマップでは高校の建物となっていた。


子供たちを見ていると、彼らにとって自分がどこにいるのかということは大して意味のあることではなく、「動物園」や「公園」に行けるかどうかの方が重要なファクターなのだなぁ、と常々思う。

もちろん、ご飯が美味しいかどうかも大事なことなので、この日はピエロギのインビスでピエロギにチキンスープ(ロソウ:Rosół )とサラダを食べて帰宅した。

ここのピエロギは安くて美味しいので是非!ロソウも最高。
ポーランドのスープは本当に美味しい。

このピエロギインビスは市街地にあるので、観光の途中で寄ってみてください。



Poznań / ふらりとポズナンへ③

前回、前々回とポズナンへふらりと来た経緯と街の住人たちについて少し書いたが、今回は短い滞在中に見つけたお気に入りの場所をいくつか挙げてみよう。


1)Centrum Kultuly Zamek / ザメク・カルチャーセンター
ポズナンにある建造物の中でも最大規模を誇るこの城は1905年から1910年までドイツ最後の皇帝カイザー・ヴィルヘルム二世の居住地として建設された。
第一次世界大戦後はポーランド領に戻ったポズナンの領主の居住地として、またポズナン大学によって使用されることになる。第二次大戦中はヒトラーの居住地にするためナチスによって建て替えが行われる。居住地エリアの家具調度はこの時期のものに当たるのだそうだ。
終戦後は再びポズナン大学が短期間入るが、1948年に市の行政施設として使用される。1960年代から文化パラストとして使われ、90年代半ばよりザメク・カルチャーセンターとして再スタート。2010年から2012年にかけて改装が行われ、現在の姿に至る。
とまあ、この城の歴史をざっと振り返るだけでも、ポーランドの複雑な歴史が垣間見られるわけだ。

スクリーンショット 2018-05-18 20.13.26
©CKZAMEK HPより城外観

DSC00642
©marikok 旧館エリア

DSC00637
©marikok 新館内部

DSC00633 (1)
©marikok 新館に併設のブックストア

城の内部は自由に見学が出来るように一般公開されており、新館部分には映画館、展示スペース、子供のためのアートスペース、シアターなど様々な文化施設が入っている。天井がガラス張りになっているカフェなどもあり、とてもゆったりと過ごすことができた。


2)Galeria Miejska Arsenał / 市立ギャラリー・アーセナル
IMG_5561 (1)
アートを通して今の政治、社会、環境問題などを中心に議論の場や対話を提供することを目指しているギャラリー。有名な市庁舎のある旧市場広場にあり、どちらかといえば周囲の建物からは浮いた無機質なモダニズム建築である。保存を巡っては恐らく議論が起こっただろうと思われる。
このスペースに足を運んでみたが、ちょうどポズナン・デザインフェスティバル枠で環境問題に取り組む街づくりをテーマとしたnew city scenariosという展覧会を見ることができた。
DSC00732
様々な都市の取り組みが分かりやすく展示されており、ベルリンやポズナンについても紹介されていたので引用しておこう。
POZNAN
Urban planning is characterised by a unique layout, with local markets and bazaars located there in each of the city’s historical districts.
BERLIN
In 2015 the city introduced a law regulating rent in city apartments to prevent the process of gentrification.
ベルリンの政策がジェントリフィケーション防止に役立っているかは別として、各都市での取り組みが分かりやすく展示されており興味深かった。オランダや北欧がリードしている印象だろうか。


3)Park Cytadela / ツィタデラ公園
長くなりそうなので、最後にポズナン北部に位置する気持ちの良い公園を紹介しておく。ポズナンの街にはステーションを持つドイツはライプツィヒ発のNextbike / rower miejskiのみがシェアバイクを展開している。
IMG_5525 旧市街は石畳が多く、自転車は乗りづらいのだが、少し遠出をする場合は要所ごとにステーションが設置されているため非常に使い勝手が良かった。結果的に今回の滞在中は市内交通3日券よりもこちらのシェアバイクを多用した。

モニュメントの立つ広場があったり、武器博物館や整備された広場のある総敷地面積約1㎢の公園。大きく一周すると約3キロあるので、ジョギングをするには最適だった。途中、モニュメントがたくさんあったため、立ち止まって写真を撮ってばかりいたが公園としてのクオリティーはかなり高かった。市民の暮らしが垣間見れるのも公園の良さだと思う。
IMG_5531
まだまだ、お勧めしたい場所はたくさんあるのだが、今回はここまでにします。

Poznań / ふらりとポズナンへ②

前回の続き。あっという間にベルリンから3時間ほどの列車の旅は終わり、無事にポズナン中央駅(Poznań Główny)にこれまたほぼ定刻通りに到着。
駅の案内パネルを頼りに出口へ向かい、ポーランドの通貨であるズヴォティ(złあるいはPLN)を入手するため5台ほどATMの並んでいるところへ。1台目のBank PolskiのATMではなぜか言語切り替えができず、近くの女性に尋ねるもやむなく断念。「もしや全てポーランド語なのか!?」と早速冷や汗をかく羽目に。2台目のEuronetは難なく言語切り替えができたのでズヴォティは引き出せたのだが、旅行中、特に初日は何事も焦ってはいけない。

IMG_5643 (1)
最終日に撮った写真

さて、無事に250(約60Euro)を引き出し、市内交通3日券を購入(27)。いざ旧市街へ。駅の外に出るやいなや全くそれらしき表示もなく目に止まったトラム停留所に行くも、お目当ての数字(トラム8)が見当たらない。トラムを待つ年配の女性(!)に尋ねてみるが、まーったく英語が通じない。
「おおー、この英語が通じない感じ。もはや新鮮でしかない!」
と浮かれるも、自分が乗りたいトラムが見つからなければ宿泊先のアパートにチェックインできないのである。スマホのグーグルマップもこんな時に限って電波が悪くサクサク起動しないが、何とか最寄り駅の名前が検索できたので「Pl. Wielkopolskiへ行きたいんです。」と言ってみるが通じたのかどうかもわからない。と、一旦会話を諦めてしまった女性はしびれを切らしたのか、突然ポーランド語で「?%^$$#@!!」ともうひとつ別の場所にトラムの停留所があることを教えてくれたのである。よくよく聞いてみると、どうやらトラムの停留所がある道の名前を教えてくれていたようで、向こうの方だというのは彼女のジェスチャーで分かった。
「あ、向こう側ってことですね。どうもありがとう。」
スマホがなくても何とかなるものである。
トラムの停留所は見つかったが、今度は行き先の方向が分からない(またスマホが使えない状態)。旧市街ってどっち?と今度は若い女性に尋ねるが、これまた「!?%^$$#@!!」状態。もう一人の若い女性が何とか英語で説明してフォローしてくれたが、「あっち」というジェスチャーひとつで解決なのです。
これ、恐らくポズナンのポーランド人に共通していることなのかもしれないが、とにかく親切で何か尋ねるとポーランド語であろうが他言語であろうが延々と説明をしてくれるのだ。感謝しかない。今回の滞在中も親切な人にしか出会わなかった。ぶすっとしたほぼ24時間営業のレジ係とペルメニ屋さんの女性はつまらなそうに仕事をしていたが、さようなら(Do widzeniaドヴィゼニア)とか生クリーム(Śmietana スメタナ)といったポーランド語を使うと、にこっと表情が和らいだ。いいことである。
旅の醍醐味はこんな風に全く馴染みのない土地で、目的地に到達するまでのワクワク感だと思っているので、冷や汗(というより、初日は夏日で暑すぎた)をかきながらも楽しんでいる自分がいる。スマホがあってもなくても、手っ取り早いのでとにかくすぐに近くの人に聞いてしまうが、それで大体その街の親切度が測れるというものだ。
旧市街のアパートだったので、トラムを降り石畳の上をスーツケースをゴロゴロ引きながら10分ほどでアパートに無事到着した。
DSC00602
屋根裏部屋だったのでこの眺め。2時の鐘が鳴ると、他所の街に着いたなー、と嬉しくなった。雑踏の中の音や街の音が違うだけでわくわくする。
初日なので、まず近所のカフェで休憩し、お店のお兄さんに美味しいペルメニのお店を聞いておいた。夕飯はペルメニとサラダにしよう。
IMG_5507
次回はポズナンのお気に入りの場所についてです。

Poznań / ふらりとポズナンへ①

今年、やりたいことのひとつに「東欧へふらりともっと気軽に行ってみる」というのがあり、5月の連休を利用して久しぶりに3泊4日の旅行に行くことにした。

何が久しぶりなのかと言うと、こんな風にひとりでふらっとどこかへ旅行に出かける、という行為そのものである。思わず太字とアンダーラインで強調したくなるくらいに、だ。

2009年に長女を出産してから、まずひとりで旅行に出かける、という選択肢が当たり前のようになくなったし、それ以前は仕事の関係でそれこそ頻繁に移動していたせいもあり、たまの休みぐらい家でゆっくりさせてくれ、というような心境だったように思う。

本来なら私が全てオーガナイズして家族全員でどこかへ行くはずだったのだが、今回は本当に突然ひとりで東に行きたくなり、思い立ったが吉日とばかりに宿と列車のチケットを取ってしまった。

家族には事後報告になってしまったが、意外に反対はされなかった。されたとしても、手遅れではあるし、(反対されたところで行くことに変わりはないが)理解があるのはありがたい話だ。

結果的には連休直前の予約になってしまったので、フライト(ワルシャワ、キエフ、ブカレスト、バルト三国など)は高いし、どうしたものかとグーグルマップを東にスクロールしているとベルリンーポズナンのルートが目に止まった。

ここ穴場かも?
ポズナンはベルリンからワルシャワまで直通列車が日に数本出ており、その経由地点に当たる。列車で約3時間ほどで行けるとなれば、ここしかない。

スクリーンショット 2018-05-11 20.20.20

Booking comで旧市街ど真ん中のアパートを見つけ、DBの座席指定のチケットを購入。しかもポーランドはまだまだ物価が安い。最高である。

これまでチェコかポーランドかと言われれば、間違いなくチェコ!と答えていたのだが、今回は敢えてポーランドに行ってみることにした。

ドイツに住んでいると、ポーランドに対する印象が悪くなるようなニュースしかまず入って来ない。恐らく、そんなものに囲まれているうちに、何となく自分の中に勝手なイメージが作られていたのだろう。

IMG_5465 (1)

さて、前置きが長くなりすぎたが、ポーランドの発祥地とも言われるポズナンへ出発したのはそんなわけなのです。

使えない、と評判のDBだが、ワルシャワ行きはほぼ定刻通りにベルリン中央駅を出発。これでひとまずやれやれ、である。

Abteilと呼ばれる6人がけのコンパーメントの窓側に席を予約しておいたが、2組の夫婦と一緒になった。

列車が出発してすぐに、炭酸水の入ったペットボトルが爆発して水が飛び散るという惨事に巻き込まれるも、それをきっかけに会話が始まった。

「隣のコンパーメントに子供たちがいるから席を変わる?子供たちの方がお行儀がいいから・苦笑」という苦しい冗談を飛ばしてくれた女性に「いやー、コーラじゃなくて良かったです!」と返すほかなかった。

二家族でポーランド側のバルト海に遊びに行くのだそうだ。ポーランドの方が物価が安いので、こんな風に同じバルト海でもポーランド側に旅行するドイツ人も非常に多い。

というわけで、次回から滞在中のポズナンの印象を書いていこうと思います。