Werkstatt Haus der Statistik / 統計の家共同作業場

ベルリン、ミッテ地区の一等地。アレクサンダー広場から目と鼻の先にある東独時代の「統計の家」。2008年から手付かずで放置されており、現状は荒れ果てた悲惨な姿だ。

*無編集の動画をYouTubeにアップしたのでミュート(強風のため雑音)でご覧ください。

この「統計の家」は2015年9月にある投資家に売却されようとしたが、それを阻止するためにアートキャンペーンが行われた。

Allianz bedrohter Berliner Atelierhäuser (AbBA)などのアーティストたちが建設現場でよく見るスタイルの告知方法で大型ポスターを張り出した。

「ここにベルリンのための『文化および教育と社会のスペース』が生まれる。」

このキャンペーンを通して、「統計の家」の将来のための議論の場を公に提供したのである。

AbBAの紹介ページにはこう記されていた。

ベルリンのアートシーンを取り巻く状況は不動産価格の高騰などにより、かなり厳しくなっている。年間におよそ350のアトリエがなくなったり、過去数年で個人所有物件内に入っていたアトリエの立ち退きなどに伴い、約250人のアーティストに影響が出ている。このような状況を受け、2014年に10のアトリエ、500人以上のアーティストがAbBAに加入し、ベルリンのアトリエ保持のために共に活動している。

このアクション直後に「統計の家」のイニシアチブはベルリンの様々な団体による団結によって形成されることになる。

また、イニシアチブは2016年より「統計の家」の将来的なプラニングに興味を示す人々のために公のネットワーク作りを始めた。これが都市開発協同組合ZUsammenKUNFT Berlin eGへと発展する。

2018年1月以降はKOOP5として以下の5つの組織が共同で「統計の家」の開発を進めている。

以上の5つの団体が芸術・文化・社会・教育・適度な家賃の住宅・ミッテ区の新市役所・その他役所関連のための空間作りの実現に向けて協力して作業を進めているところだ。この計画は現存する建物の修復および6万5千m2に当たる新築によって可能になる。

Nutzungsverteilung im Quartier Haus der Statistik – ©Teleinternetcafe und Treibhaus
©Teleinternetcafe und Treibhaus

これまで、個人投資家による不動産購入が相次いでいただけに、ベルリン市やミッテ区などを含む公益法人による市民目線の都市開発が実現するのであれば、ベルリン市民にとっても久しぶりの朗報になるのではないかと思っている。

PDFファイルにはKiez der Statistikプランの詳細情報が記載されているので、興味のある方は是非ご参照ください。

参照サイト:Initiative Haus der Statistik

一枚の写真から③


恐らくベルリンに来て、割とすぐに撮った写真だと思う。
1995年頃の一枚。

こんな景色だったんだ。
人間の記憶なんて本当に当てにならない。

先日、ベルリンのミッテ地区で進んでいる大型文化施設プロジェクトについて書いたばかりだが、東独時代の共和国宮殿が川に突き出すように建っていたことすら覚えていなかった。

評判が悪いという、フンボルト・フォーラムの東向きのモダンなファサード。
あの無機質さも、実はこの共和国宮殿を少し意識したものなのかもしれない。

結局、一度も中に入ることもなく、いつのまにか解体されてしまった「エーリッヒのランプ店」。

共和国宮殿の持つ独特のテイストが淘汰されてしまったのが残念でならない。

Bundesarchiv Bild 183-R0706-417, Berlin, Palast der Republik, Jugendtanz, 1976

Haus der Statistik / 東ドイツの「統計の家」

アレキサンダー広場から北東すぐに窓ガラスもないボロボロの建物がずいぶん長い間放置されたままでいる。

IMG_0453

「統計の家」(Haus der Statistik )と呼ばれたその建物は1968年から1970年にかけて東ドイツ(DDR)の統計のための中央行政として建設された。そしてその最上階はシュタージ(国家保安省)によって使用されていたのである。

壁崩壊後は連邦省が一時的に入っていたが、2008年以降は空き家となっていた。数年前にBIM (Berliner Immobilienmanagement GmbH)が買い取り、その時点で芸術家のための家として再建させようという動きが強まっていた

2015年の春に難民キャンプにするというアイデアも出たが、却下されたのだとか。

ベルリンという街は本当に不思議で93年に初めて旅行で訪れた時にも思ったのだが、街のど真ん中に意味不明な残骸が残っていたり、がらーんと何もない空間が広がっていたりする。

最近ではさすがに余り見かけなくはなったが、アレキサンダー広場の目と鼻の先にこんなみずぼらしい状態の建物が何年も手付かずのまま放置されているのだから、大したものだ。

幸か不幸か、この建物がこのままの姿で放置されるのも2024年の5月まで(!)らしい。それまではホームレスの館としてまだその機能を維持し続けるのだろうか。

BIMによる今後のプロジェクト進行表は次のようになっている:

  • 今年の7月末までにプロジェクト進行の手続き
  • 11月中旬までファサードのコンペ
  • 2018年末までに仮プラン決定
  • 2020年4月末までに工事依頼の終結
IMG_0454

皆さんもご存知の通り、ベルリンの工事はスムーズに行程通り進む可能性の方が低いので、「統計の家」の修復工事が終わるのはまだまだ先のことだろうと思われる。

ただ、この建物は曰く付きの場所でもあるので、Zentrum für Geflüchtete – Soziales – Kunst – Kreative(難民・ソーシャル・アート・クリエイティブセンター)として生まれ変わることができれば、ベルリンの街にとって、最近の傾向でもある商業的なオフィスや億ションに姿を変えるより価値があるというものだ。

先日、息子のパスポート更新のために足を運んだミッテの市役所も今の場所は期限付きの借り物件だそうで、いずれは新しくなるこちらの建物に引っ越してくるらしい。

IMG_0448

計画では市役所その他の事務所関連は全体の20%のみが考えられており、その他は文化・社会的プロジェクトのためのスペースになる見込みだ。そのために建物の一部をアトリエなどのために根本的に作り直す作業も必要だという。

PCB(ポリ塩化ビフェニル)やアスベストの含まれる解体作業やその他修復作業には1億ユーロが見込まれている。

時間は掛かりそうだが、この建物の今後の行方には期待したい。

参考記事:Haus der Statistik DDR-Ruine am Alexanderplatz wird wiederbelebt https://www.berliner-zeitung.de/berlin/haus-der-statistik-ddr-ruine-am-alexanderplatz-wird-wiederbelebt-30032420#
http://www.haus-am-alex.de/about

Der Humboldt Forum / フンボルト・フォーラム

ベルリンで未完成の建築プロジェクトと聞いて、まず思い浮かぶのがFBBではないかと思う。そう、いつまでたっても完成しないベルリン・ブランデンブルク国際空港(FBB: Flughafen Berlin Brandenburg)のことだ。
地下鉄の55番線(U55)の延長工事もいつまで経っても終わらないし、ベルリンにはドイツの首都でありながら、未完のままの残念な建築プロジェクトが後を絶たない。
前置きの事例はともかく、期待できそうなプロジェクトが表題のフンボルト・フォーラムである。これは1950年に東ドイツ政府によって取り壊されたベルリン王宮跡に建設中の複合文化施設である。
スクリーンショット 2018-01-29 21.50.12
上の写真は1946年の東ベルリンの様子だが、戦火によりベルリン王宮も甚大な被害を受けたものの何とか外観は崩れずに残っている状態であった。修復すれば保存できたはずの王宮はしかし、東ドイツ政府によってプロイセン軍国主義の象徴とみなされ取り壊されてしまう。

スクリーンショット 2018-01-29 21.27.29
王宮の取り壊し工事 / Bundesarchiv, Bild 183-07964-0001

そしてその跡地に東ドイツ政府は共和国宮殿(Palast der Republik)なるものを建設したわけだが、こちらも東西ドイツ統一後に議論の末、2006年から解体作業が始まり2008年末にようやく完了した。
ベルリンは歴史に翻弄され続けてきた街だが、このベルリン王宮やその跡地はまさにその象徴的な建造物であり場所のひとつだ。「崩壊する新建築」とも訳せるEinstürzende Neubautenが取り壊し前の共和国宮殿内でコンサートを行ったのも、偶然ではないだろう。

ところで、ドイツ連邦議会はフンボルト・フォーラムの構想を既に2002年に可決していたようだ。多数の超党派の議員により、国際的な専門委員会「ベルリンの歴史的ミッテ地区」の推薦する博物館、学術及びビジターセンターの入った建物とベルリン王宮のバロック調のファサード案が採決された。そして、この原案のもと、2008年にイタリア人の建築家、フランコ・ステラ(Franco Stella)が国際コンペで一位を勝ち取ったのである。

スクリーンショット 2018-01-30 23.20.29
Die Passage an den Tagen der offenen BaustelleJuni 2016. Im Hintergrund der Lustgarten. © Marco Urban / Stiftung Humboldt Forum im Berliner Schloss

建物内部を貫く歩行者用の「パサージュ」が城と中庭を新たな公共の場にし、シュプレー川沿いには現代建築のファサードを見せる。写真ではルストガルテンの旧博物館が背景になっているが、ベルリン大聖堂や美術館島と調和した豪華なアンサンブルになることだろう。

スクリーンショット 2018-01-30 23.32.20
Das Humboldt Forum im Berliner Schloss im September 2016, Ansicht von der Rathausbrücke.  ©Stephan Falk / Stiftung Humboldt Forum im Berliner Schloss

個人的には東ドイツを象徴していた悪趣味な共和国宮殿が解体されるのは残念な気がしたものだが、変化のスピードが2000年以降、爆発的に加速を続けるベルリンではゆっくり感傷に浸っている暇などないのだ。悲しいことに。
2019年からはフンボルト・フォーラムで常設展示が始まる。以前、ダーレムにあったプロイセン文化財団の管轄である民族博物館およびアジア美術館が移転してくることに加え、文化プロジェクトベルリンおよびベルリン市立博物館によるベルリン関連の展示、そしてフンボルト大学によるフンボルト研究所の三本立て。もちろん、そこに特別展示も加わることになる。
ベルリンの中心地といった象徴的な場所だけに、そのコンセプトには十分な配慮がなされているようだ。時事問題のテーマである難民やグローバル化、全ての人に開かれた対話のための場所といったキーワードがフンボルト・フォーラムのサイトには並んでいる。
ベルリンの歴史を振り返りつつ、未来を見据え様々なダイアローグが交わされる希望のある場所になることを期待したい。
タイトル部分の画像:© SHF / Stephan Falk