No more Stadtquatier / Tachelesの行方

初めてベルリンを訪れた90年代に衝撃を受けたのがタヘレス(Tacheles)だった。

あそこまでボロボロの廃墟を見たことがなかったのと、訳のわからないエネルギーのようなものが建物を取り巻いていたからだ。

決して明るくはない、それでいて何が出てくるのかわからない混沌としたもの。

タヘレスに入っているカフェザパタ(Zapata)で知り合いになったミシェルとKiBa(Kirchebananensaft / チェリーバナナジュース)を飲んでいると、シャーデ(Schade)と名乗るチェロ弾きが話しかけてきた。

「シャーデって言うんだ。今日の晩『真夏の夜の夢』でチェロを弾くんだけど来ない?」

シャーデ、日本語で言うと「残念」という名のチェロ弾きというのも何だかベルリンらしいな、と思い足を運んだのをよく覚えている。

舞台を観て購入したパンフレットもまだ手元に残っている。

Schiller Theater 1993

Cellist Jan Schade

やはりSchade、とある。

その時にシャーデと話したこともなぜかまだきちんと覚えているのだが、彼は紙に鉛筆でおもむろに3つの点を書き、その点を線で結びながらこんなことを言った。

「モスクワ、ベルリン、パリ。この3つの都市は文化的にとても深い繋がりがあるんだ。」

その2年後、実際にベルリンに住むようになって、彼の言っていたことを実体験することになるとは夢にも思わなかった。

パリには縁がなかったようだが、モスクワとベルリンはがっちりと自分の中で繫がったからだ。

とにかく当時のタヘレスはそんなエピソードと共に自分の記憶の中に残っている。

Der Traum

die Stätte enthüllender Beziehungen

Der Traum ist eine eigene Wirklichkeit, die zwischen dem Sichtbaren und dem Unsichtbaren des Universums schwebt; eines Universums, das der Mensch bei Tag bewohnt und bei Nacht entdeckt.

Vittrio Fagone, 1991

パンフレットには夢についてこんなテキストが引用されている。

2000年を過ぎた辺りから、タヘレスも観光地化されほとんど足を運ぶこともなくなったのだが、今日目にした記事を読んで非常に残念に思った。

タヘレス周辺の空き地を利用してモダンな商業ビルが2023年に完成予定。下の完成予想図を見る限り、もはや以前の面影は跡形もない。

「時代の流れとはいえ、本当につまらないものを建てるんだな。」

壁崩壊直後のベルリンを象徴していたタヘレスの今後の利用法も気になるところだ。スウェーデンの„Fotografiska“が入るとか入らないとか言われているようだがまだ100%確実な話でもないらしい。„Fotografiska“ はすでにニューヨーク、ストックホルム、タリンに美術館を構えている。

あの独特の外観を保ったままうまく改装できないのだろうか。安全性の問題などもあるのかもしれないが、レジェンド的存在だった歴史的意味のある建造物をうまく維持してほしいと願うばかりである。

それにしても、タヘレスのすぐ側にどこにでもあるような商業ビルを建てても仕方がない、と思うのは私だけだろうか。

ベルリンの壁が崩壊して早30年。ベルリンもようやくその他の一都市に数えられるようになったのだろう。そして、それはかつて壁の存在した都市がようやく再建して普通の街になった、というだけのことなのかもしれない。

ベルリンらしさ、というのは何か。それは十人十色なのだろうが、最近のベルリンの都市開発にはワクワクさせる要素がほとんどない、というのが個人的な感想である。街の中心部からとうとう最後に残された隙間が消えようとしている。

参照記事:Berliner Morgenpost / Neues Stadtquartier entsteht rund ums einstiege Tacheles

Jeans Team / 90年代のベルリン⑧

Galerie berlintokyoでは、展覧会やセッション、パフォーマンスやハプニングと毎回何かしらイベントが行われていたのだが、中でもJeans Teamは耳に残るサウンドやほわんとしたビジュアルでとても印象に残っている。

Jeans Teamが1996年にリリースしたビデオアルバム(!)はVHSテープに収録され、手縫いのジーンズケース仕様になっている。我が家にはVHSビデオがまだ見ることができる環境なので、これはかなり魅力的なフォーマットだ。

このビデオは2017年にベルリンのNadel Eins Studioにて再度マスタリングされている。

Jeans Teamは1995年にReimo HerfortとFranz Schütteによって結成されたバンド。当時はアルバムのリリースなどは全く考えていなかったそうだ。

そんな彼らのファーストVHSアルバムはGalerie berlintokyoで展示販売された。

“Henning”は、自宅で録画録音しました的なゆるーい感じがとても好きな曲。この音を聴くと当時を思い出す。

そんな彼ら、今でも活動を続けているようでベルリンのヴェディング地区にあるゲズンドブルネンセンターをテーマにした曲も面白い。とにかくベルリンテイストがぎっしり詰まったローカルバンドである。

An der Kasse bei real,- …GESUNDBRUNNEN CENTER! Alle narven sie totall… GESUNDBRUNNEN CENTER!

彼らの楽曲はドイツ語のリスニング強化にもいいかもしれない。覚えやすいメロディーにスラング。生きたドイツ語が盛りだくさん。オススメです!

タイトル写真by Sim Gil、その他の素材©Jeans Team

Berlin 1995 / 90年代のベルリン②

前回のCaptain Space Sexだが、95年にベルリンを再訪した時にはトルコ市場として有名なノイケルン地区のマイバッハ運河沿いのアパートに引っ越しをしていた。

当時のアパートにありがちな、中庭を挟んで後方の建物内(Hinterhof)にあり、階段の途中にある共同トイレ (Außenklo)という最強のコンビネーション。しかもシャワーなし。

シャワーはどうしているのかと尋ねると、近くの市民プールに行って浴びているという答えが返って来た。どうやら身体も動かせるし、一石二鳥らしい。

スクリーンショット 2018-02-18 19.37.45
参考写真:Winsstraße (P-Berg)2013©Foto: Gudath
スクリーンショット 2018-02-18 18.35.41

ある日、クロイツベルク36を歩いていると、Captainの顔見知りが声を掛けてきた。スタイル抜群のドレッドヘアの女性だ。常にド派手な格好でウロウロしている彼を見逃す人などいない。その女性との立ち話で「あ、日本人なんだ。じゃ、寿司作れるよね。うちに来ない?」と、唐突にWG(ルームシェア)のお誘いを受ける。

願ってもないお言葉に深く考えることなく頷く。ところがこのWGがこれまた強烈だった。WGはまさにクロイツベルク36のど真ん中。場所はオラーニエン通りからわずか道一本入ったところにあった。その通りの行き止まりにちょうど壁が立っていたらしい。

当時はクロイツベルクもSO36とSW61という二つの呼び方があり、「36は燃えている、61は眠っている」などと言われたものだ。端的に言うと、36はより貧しく、61は落ち着いたブルジョワの小金持ちエリアというわけだ。

5月1日のメーデーの日は外を歩けないほどの騒ぎになるのもSO36のオラーニエン通りだった。普段から闘犬を引き連れたパンクたちが闊歩しているエリアなので、ある意味仕方がなかったのかもしれない。

Captainから繋がったのは、そんなSO36を代表するパンクバンドJingo de lunchのカナダ出身女性ボーカリスト、イボンヌ・ダックズワーズだった。

全く無知というのは恐ろしいもので、その日たまたま機嫌の良かった彼女の笑顔につられて二つ返事をしたことを後になって悔やむことになる。

そんなカリスマ性を持つイボンヌが主演の93年にクロイツベルクを舞台とした映画が「Trouble」なのだから、本当に笑えない。

この密度の濃すぎる毎日が、ベルリンにやって来たばかりの自分にこんな形で訪れようとは予想だにしなかった。

当時のシーンの雰囲気が良く伝わると思うので映画のリンクを貼っておいた。オラーニエン通りのフランケンという酒場も出て来る。ご参考までに。

タイトル写真:トリミングして使用©Georg Slickers

Berlin 1993〜94 / 90年代のベルリン①

日本の大学では英米文学専攻だったので、安易な考えで卒業したらアメリカかイギリスに1年くらいまずは住んでみよう、と思っていた。

そして、その下見も兼ねてまだ行ったことのないヨーロッパに一人で旅をした。

ビートジェネレーションに興味があったので、在学中にサンフランシスコやニューヨークにはそれまでにたった一度ではあるけれど足を運んでいたためだ。

ルートはざっくり決めただけ。ロンドンIN、パリOUT。後は好きに動いてみる。そこで、イギリス各地(ランズ・エンドからウェールズ、果てはエディンバラまで)を転々とした後、アムステルダムからベルリンまで来た時点で、疲れが溜まったのか体調を崩し風邪を引いた。

93年のベルリンの夏は天気が悪く、かなり肌寒かったように思う。街は灰色でがらーんとして寂しげだし、ひとりで道を歩いていてもガチャガチャと声をかけられることもなかった。

ベルリンはロンドンともアムステルダムやパリとも違い、当時はまだ救いようのないほど地味で暗い街だったのだ。

宿泊先のユースホステルもなぜかすぐ側に娼婦が立っているような辺鄙な場所にあってますます気が滅入った。どこまで行っても退廃的。

それなのに、なんだろう?一番リラックスしてマイペースで歩ける街だったのだ。

アレキサンダー広場でミュージシャンがパフォーマンスをしているのを見ていると、のびのびと楽しそうに踊っているグループがいた。

今から思えば、観光客相手のスリにでも遭いそうな状況だが、何だかくったくのない笑顔につられて打ち解けてしまう。そこで知り合ったのがミシェルというアルジェリア系フランス人で、彼に「東ベルリン側は面白いよ。コルヴィッツ広場付近を歩いてごらん。」と教えられた。

当時のコルヴィッツ通り(プレンツラウワーベルク地区)には今みたいなピカピカの高級アパートなんて一軒もなく、下を歩こうものなら今すぐ崩れ落ちそうなバルコニー付きのアパートが並んでいただけだ。

プレンツラウワーベルクのBla Blaだったかな?「ペチャクチャカフェ」的なネーミングのカフェでAkademie der Künste(芸術アカデミー)で開催中の何やら不思議な展示内容のフライヤーを見つけたので、ふらっと覗きに行って見た。芸術アカデミーがまだティアガルテンの側にあった頃だ。

そこには今までに見たことのない混沌としたカオスが。。平日の夕方だったからか、ほとんど見に来ている人もいなかったように記憶している。

そして、ミラールームのような展示に入ってみると、全身真っ赤なライダースーツのようなものに身を包んだ人物が近づいて来た。製作者のCaptain Space Sexご本人である。とまあ、見るもの会う人全てが意味不明で面白かったのだ。

スクリーンショット 2018-02-15 11.32.00

カタログはあいにく日本に置いてきてしまっていて、手元にないがネット上でカタログ表紙の写真が見つかったので載せておこう。

因みにこの表紙の網タイツを履いているのもキャプテン。

なんとYouTubeの映像が見つかったので貼っておこう。あのミラールームも登場している。

そして、この人物が住んでいた(今から思えば不法占拠のスクワットだと思うが)のが何を隠そうコルヴィッツ通りだったというわけだ。

ミシェルの言ったことに、「なるほどー!」と大納得したのは言うまでもない。