天才は紙一重

指揮者ヴァレリー・ゲルギエフに初めて出会ったのは、ペテルブルクで開かれる白夜祭の撮影をしたときだった。確か2002年だったように思う。
そのときは、オペラの開演前にインタビューを受けてもらったんだけれど、白夜祭について熱く語るうちに、開演時間が迫りつつあった。
「そろそろ、時間ですよ。」と気になるので伝えたんだが、大丈夫だ、と言ってそのまま語ることをやめなかったのが非常に印象的だった。
そして、今日。ミュンヘンフィルを率いてゲルギエフがベルリンフィルでショスタコの交響曲第4番を振るというので、咳がゴホゴホ出るのを無理して足を運んだ。
あれ?オーケストラが舞台に上がっているのに、指揮台にゲルギエフが現れない。また、遅刻なのか?まさか、インタビューしてるとか?
客席からは拍手がパラパラ鳴ったり、来てるのか〜、なんてヤジが飛んだりし始めた。時計は20時20分を指している。20時開演なので20分押している。
そして、ようやくゲルギエフとセリフ役がブーイングを浴びて登場する。のっけからブーイングなんて、これまた前代未聞ではないか。
しかし、いささか変人ではあるが、指揮台に上がった瞬間に空気が変わる。やはりこの人もロシア的天才なんである。そして、彼のショスタコは鳥肌ものだった。変人指揮による変人作曲家の作品と言えば語弊があるが、もはやクラシック・ロックと言えるくらいクレイジーなうねりに圧倒され、最後の静けさに痺れました。
この交響曲が終わった後に、拍手は聞きたくない、とゲルギエフは発言しているが、まさにそう。
曲が終わってからも、静けさの余韻を消さないよう、なかなか手を下ろさずに立ち尽くしていた。


Ps. 何度か咳き込みかけ、涙ぐみながらのベルリンフィルでした。風邪をひいているときは辛い…

コメントを残す