WordPress.comサイトを移行してみた

1)これまでの経緯

2年ほど記事を書き溜めて運営していたWordpress.comのサイトを昨年の年末に急に思い立って引っ越しすることにした。

このご時世、知識ゼロでもグーグル先生(息子に言わせれば『ぐるぐる先生』らしい)に聞けば大抵の事はある程度までは解決する。要は実際にやるか、やらないか、の違いだけだ。

ロシアの覚え書きとして始めたで初期ブログはexblogを使っていた。ただ、どうしてもごちゃごちゃとした全体のレイアウトが好きになれず、別のブログサービスを探していたらWordpressにたどり着いた。

一口にWordpressと言ってもブログサービスのWordPress.com(WP.com)とサーバーにインストールするソフトウェアのWordPress.org(以下、WP)のふたつがあり、この区別が正直あまりよく分かっていなかった。

ブログ開設の際にも色々とグーグル先生に相談してみたものの、技術的な細かいことよりブログを書きたい気持ちの方が強く、すぐに始められWordpress.comのフリーサイトを使うことにし、独自ドメインやサーバーレンタルのことは後回しにしてしまった。

2)2年経過

案の定そのまま2年ほどが経ち、書き溜めていたブログの記事数も100を超え、それに伴い読んでくれる人も少しづつではあるが増えてきた。

そのままWP.comのブログサービスを使い続けても良かったのかもしれないが、いずれ容量が超えてしまったり、使いたいプラグインが使えなかったりといった制限が出てくることを知り、重い腰を上げて独自サーバーとドメインを取得することに。

そして、ここで初めてWP.comのブログサービスの欠点に気付くことになる。

3)Wordpress.comから独自サーバーに移転する際に困ったこと、困っていること

これはあくまでも知識ゼロの人間が検索結果から得られる情報のみで移転を試みた場合ではあるが、・・・

  • 内部リンクの修正・・・これも全てのリンクを手作業で書き換えたが、便利なアプリもある
  • リダイレクトの難しさ・・・WP.comではリダイレクトのプラグインを導入したり、直接サーバーの.htaccessを書き換えることができないので、年間13ユーロのリダイレクトサービスを利用することに
  • SEO効果対策・・・様々なサイトを参考にしているが、既に涙目←今ココ

その他、聞き慣れない用語もてんこ盛りだった。CSSの変更に子サイトが必要だと書いてあるのに、必要なかった、とかそういったこと。見よう見まねでサイトの移行を試みたのがこちらのブログなんだが、本当に全てきちんと移行できているのか半信半疑の状況である。

今後、何らかの不具合や変更したい箇所が出てきた際に、涙目にならずに済むよう最低限の知識は付けたい、と思った次第。まずは、以下の2冊辺りを勉強してみようと思っている。

これから新規にブログを立ち上げようと考えている方には、長い目で見るなら独自サーバー、独自ドメインという選択肢をお勧めしたい。ブログはどうやら既におわコンらしいのだが、継続して書き溜めるつもりである。

尚、このサイトで不具合があれば、どしどしご連絡頂けると幸いです。

「WordPress.comサイトを移行してみた」への1件のフィードバック

コメントを残す