Google AdS / グーグル先生に翻弄される日々

2018年の年末に突然思い立ち、Wordpress.comから右も左も分からない状態でグーグル検索(この頃はまだエコシアを知らなかった)を頼りにグルグル目が回るくらいに調べ倒してのサイト移行

WordPress.comとWordpress.orgの違いも大して分かっていなかったのだから、よくやってみようと思ったものだ。

今となっては、もはや何をどうやったのか細かいことをほとんど覚えていないので、「Wordpress.comからエックスサーバーへの移行手順」というようなお役立ちサイトが書けないのが残念である。

こういったお役立ちサイトは数多く存在するのだが、情報が古すぎたり、自分の解決できない点が記載されていないなど、なかなか欲しい情報が見つからなかった。

拾い集めた情報を元にほとんど感覚的にそれっ!という感じで、かなり雑なやり方をしたように思うので、よくデータが飛ばなかったものだと自分でも感心してしまう。

データを移行する、とは言っても物(データ)を一旦ダンボール箱に入れて、別の場所(サーバー)に移すという感覚なので、サイトのレイアウトが崩れていたり、リンク先が機能しなかったりと一筋縄ではいかない。これもスマートに引っ越しをする方法ももちろんあるに違いない。

便利なプラグインなどを利用すれば、リンク先をまとめて変更することも可能だったようだが、これまたひとつひとつ全て手作業でやってしまった。

時間と労力の無駄とはまさにこのことだ。

移転に伴うSEO対策も完全にはできず、移転したことでほぼゼロからのスタートとなってしまう。SEO対策や評価についてもググり倒して疲れてしまった。

旧ドメインはすぐに消さず残しておいたのだが、このせいでグーグルのアドセンス審査で2度も弾かれてしまいかなり凹んでしまった。

擬サイトだとグーグル先生に判断され、かなりdisられたのである。「内容が薄いサイト」だの「規約をよく読んで訂正しろ」だの散々だった。

どこをどう直せばよいのかわからず、ふと旧ドメインを解約することに。そして、そのままの状態で再度アドセンス審査にトライ。全く同じ内容で2日後にあっさり通ったのである。

これで落ちたら、もう無理だな。と思っていた。自分のサイトに広告を貼るのは読みづらくて嫌だな、と考えて行動に移さなかったのだが、ここまで苦労して審査に通ったので大目に見ていただけると本当に嬉しく思う。

貼り付け方もよく分からなかったが、二日ほどグーグル先生に聞いて、何とか反映することができた。記事の上と下に広告が表示されていると思う。

毎日更新も途中で数日抜けることはあったが、今日で103日目。グーグル先生に振り回されることなく、日々精進しかない。少しづつ分かってくることもあるだろう。

自分で調べて考えて解決する、というプロセスは時間も気力も削られて大変だけれど、それで学ぶことも多い気がする。

「Google AdS / グーグル先生に翻弄される日々」への3件のフィードバック

  1. お小遣いになればと思ってAmazonと楽天バナー貼ってるけどバナー貼るだけじゃ全然ダメ。世の中そんなに甘くないねwGoogleAdsまた教えてね。

    1. mango1919さん、コメントありがとうございます。
      教えるだなんてとんでもないです。無知の塊なので、ググって見よう見まねで始めたところなのでw
      少しでもブログ更新のために励みになればいいな、と思っていますがどうなることやら。。

コメントを残す