Wiedersehen nach 10 Jahren /10年ぶりの再会

一時帰国中に奈良で昔の同僚と。

先日はベルリンで昔の友人と。

10年、あるいはそれ以上会うことのなかった友人に会いに行った。

なぜそんなにブランクが空いてしまったのだろう。

子供たちも不思議そうに言っていた。

「ママ、なんで友達やのにそんなに会ってなかったの?」

そして、その理由を考えた。来月、長女は10歳になる。

ちょうど、第一子を出産したのが10年前に当たるのだ。

その頃は自分に子供ができるなど全く想像もしていなかった。年齢的にも微妙と言えば微妙で、もう子供は産まないだろうな、くらいに考えていたように思う。

ところが子供は生まれた。そして、それ以降は未知の世界が待っていた。

それまでは自分が世界の中心にいたわけだが、妊娠して出産してからというもの、世界の中心は子供に取って代わられたのである。

それがいいとか悪いとかそういう話ではなく、ただ、そうなっただけなのだ。

外国で生活する、というのはそれほど難しくはない。それまではそう思っていた。ところが、自分の事で手一杯だったところに子供の存在が加わった。

それによって仕事のやり方も生活スタイルも変えざるを得なくなった。

自分の世話だけでなく、赤ちゃんの世話が必要になった。

すぐに体力の限界、精神力の限界がくる。そんなキャパオーバーになる自分に愕然とした。

こんな状況になると、好きな時に自分の知人・友人に会う気力も体力も失われてしまうのである。

そんな調子で10年などあっという間に経ってしまった。これまでは気軽に声を掛けてくれていた友人たちも子供が生まれた途端に連絡が途絶えた。

忙しいだろうから、という心遣いもあったのだろう。

でも、子供たちも気が付けば7歳と9歳になって少し自分の中にゆとりが生まれた。ゆとりが生まれた、と言っても以前のようなわけにはいかないが、それでも子供たちが0歳と2歳、2歳と4歳だった頃に比べれば随分と楽にはなったのだ。

そんなタイミングで奈良では子供たちを連れて、以前同じ職場で働いていた同僚に再会できた。

そして、ベルリンでもひょんなことから連絡を取ることになった友人と再会できたのである。

彼らからすれば10年以上も連絡をよこさなかった薄情な友人なのかもしれないが、私にとってはそのわずか数時間の再会はとても貴重なものだったのだ。

久しぶりに会って話せたことが単純に嬉しかったし、やはり自分の繋がりも大切にしないとなぁ、と当たり前のことを再確認した。

10年振りに会っても、ほとんどギャップを感じられず何だか安心した。これもSNSのなせる技なのだろう。近況はなんとなく流れてくるからだ。

「また近いうちに会おうね。」と言って別れた。

近いうち、が10年後になりませんように。

最後に、この再会を記念してロシア人の友人が「いい曲だよ。」と教えてくれたTORPEDO BOYZ – Ich Bin Ausländer (Leider Zum Glück)のリンクを貼っておこう。

Villeicht bleibe ich auch hier.

冷や水を浴びせる

冷や水を浴びせる、ということわざがある。

「意気込んでいる人に、まるで冷水をかけるように、元気を失わせるような言動をする。」

ここ4日くらい家のシャワーからお湯が出ない。

週末を挟んでいたためか、壊れた部品が届かないためなのか原因は分からないがいつになっても水のままだ。

昨日は近所の人たちにも「お湯出てないよね?」と聞かれたくらいだ。どうやらボイラーか何かの故障でアパート全体でお湯が出ない状態らしい。

「頭が洗えないわ。」「この暑いのに困る。」などとみな口を揃えて言っていたが、ありがたいことに夏日が続いていたので冷水シャワーでも何とかなっている。

今朝はそれでも少し気温が下がったので、まずジョギングしてから冷水シャワーを浴びることにした。

気温が下がったといっても23度ある中では少し走っただけでも汗がかなり出る。

汗だくになって戻り、シャワーを浴びる。まだキンキンに冷えた水のままだ。

頭を冷水で洗うのはそれほど難しいことではない。問題は体を洗うこと。全身汗でびっしょりになったので、思い切って足の方から徐々に洗うことにした。

一番の難関は首から背中にかけて。ここはなぜか一番冷たく感じる部分だ。

肩の辺りに水をかけるには「えいやっ!」とある程度の気合が必要なのである。

ふと「冷や水を浴びせる。」という言い回しが頭に浮かんだ。

うーん!?

私の場合は水を浴びせられて元気がなくなる、というより冷たすぎて飛び上がるような感じなのだ。

意気込んでカッかしている人に冷たい水を浴びせて、熱を下げる、というイメージなのかもしれないな。

今のところ、誰も風邪を引いていないので良しとしよう。

ドイツ語で「冷たい水」といえば、こんな言い回しがある。

jemanden ins kalte Wasser schmeißen / werfen

全く経験のないところに放り込まれる、といったニュアンスだ。「清水の舞台から飛び降りる」、といったところだろうか。過去に別ブログでも書いたが、私の場合は無謀すぎるモスクワでの就職がこれに当たる。

それにしても子供たちの「カラスの行水」は後何日ほど続くのだろうか。

Muttertag / 母の日

「母の日」でイメージするもの。カーネーション、肩たき券、お手伝い券etc.

日本では自分の母親に「ありがとう」の気持ちを込めて、花を渡したり、お手伝い系のチケットなどを手作りした思い出がある。

さて、自分が母親になって子供たちがそこそこ大きくなって迎えた「母の日」。

リベンジのフリーマーケット第二戦目ということで、一番に起きて朝食の支度をしていたら、息子には絵を、娘にはボトルメールをもらった。

ママ、昨日の夜に急いで描いてんで!

ボトルメールとは、粋なことを考える小学校の担任の先生である。ボトルの中にはドイツ語で書かれた童話と日本語で書かれた手紙が入っていた。

〜ママがドイツ人じゃなくてよかったです。
なぜならほかのくにのことばをしゃべれる
のがいいと思います。〜

さて、今年2度目のフリマ参戦。

悪天候の中、初参加した息子の小学校でのフリーマーケットの結果が散々だったため、二の足を踏んでいたのだが、娘の小学校の友人に誘われたのでリベンジしてみることに。

前回は子供たちの誕生日会や水泳大会と重なり不参加になってしまったが、今回は子供たちも参戦してのリベンジだ。しかも、朝から晴天。

これは先行き良さそう〜!

小学校の正面玄関にはフリーマッケトの垂れ幕もバーンと出ていたし、日曜日には前の公園では有名なフリマも開かれているため、客の動線も完璧である。

10時からのスタートに合わせて服をまだ並べている時に既に一枚、4ユーロでフランス製(!)のブラウスが売れた。これは行けるかも。

人出も多く、子供たちの細々としたおもちゃやアクセサリー類、本などもかなり売れたのでびっくりした。来年は娘の小学校のみに子供たちと参戦することに決定。ロケーションが格段にいいのである。

子供たちも初めの方は少し戸惑っていたが、慣れてくると子供同士で値段の交渉をしたり、商品の説明をしたりとなかなか楽しそうだった。娘の同級生(9歳)が息子(7歳)の商品を言い値より高くかってくれたのには驚いた。9歳ですでにイケメン。

自分のいらなくなった物を売ってお小遣いを稼いでみる、というのはいい経験になると思う。

ただ親に「買ってもらう」のではなく、「自分で得たお金で買う」というのも普段とは違う経験になる。

10時から14時までの4時間はあっという間に過ぎた。天気が良すぎたので、日に当たりすぎて疲れたくらいだ。

その後は、息子の友達と一緒に家に帰り、補習校の宿題をみんなでやってから、「名探偵ピカチュー」を観に行くことに。

子供たちはポケカを集めているし、私もなぜかポケゴーを始めたので、「母の日はママが映画に連れて行って!」と娘。

思ったより大人も楽しめるストーリーになっているので、ポケカやポケゴーをしている人は是非。かなり複雑な展開でもあったので、子供たちは映画が終わってから、内容について一生懸命あーだこーだと議論をしていたのが微笑ましかった。

そんなわけで、結果的には普段の週末以上に母が子供にコミットした「母の日」となった。結局、毎日が「子供の日」なんだよなぁ。

Obdachlose / ホームレスとのイザコザ

今日はまだ何も書くテーマが決まらない。先ほど、子供たちを水泳教室に送り届けた帰りに、一休みしようと公園のベンチに座っていたらホームレスなのかアル中なのかわからないような人に絡まれた。

仕方がない、というよりネタがないので、そのことについて少し書いてみようと思う。

「ホームレス」というキーワード。家を持たない人をさして使う言葉だ。浮浪者とも言うのだろうか。

ホームレス(英: homelessness )は、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者や車上生活者のこと。

Wikipedia

望んでそうなる人もいれば、何らかの事情でやむなくホームレスになった人もいるだろう。

「ノマド」や「アドレスホッパー」というキーワード。

これらは完全に自分で選択して行うライフスタイルをさして使われる言葉だ。

「ノマド」も元はジャック・アタリが著書「21世紀の歴史」(2006年発刊)の中で、ノマドという言葉を使って「インターネットの発達によりクリエイター階級が時間と場所にとらわれず活躍する時代がくる」と解説したことで広まった概念だ。

両者は似ているようで全くの別物。ホームレスの人々はノマドやアドレスホッパーの存在を知っているのだろうか。

公園で座っていた私にタバコや小銭をせがんできたホームレスは、「タバコも吸わないし、小銭も持ち合わせていない。」と返事をすると、手に持っていたビール瓶を逆さにして「死者のために!」とビールの中身を足元にぶちまけてきた。

これはさすがにやり過ぎだろう。「こういうの、いらないから。」と一言。

その一言が何かに発火したようで彼の怒りが爆発。あきらかに自分の思い通りにならないシチュエーションに苛立っており、その瞬間に私は彼にとっての思い通りにならない「最近のベルリン」と化したかのようだった。

なんというか、その時に「あー、こうして人は自分の不満を赤の他人にぶつけてくるものなのだな。」と感じたのである。

彼の怒りを通して、こういった種類の日々細かく蓄積されていくフラストレーションが「外国人」や「移民」に向かい、それをうまく煽るポピュリスト政党が指示を得ていくのだろうなぁ、と思った次第。

そんなに大袈裟なことではなかったのだが、彼の「これだから最近のベルリンは!」とか「おまえなんかあっちへ行け!」とかいう暴言を聞いていると、不満のはけ口というか今のドイツの縮図を見たような気になってしまった。

黙ってやり過ごしても良さそうな状況だったのだが、向こうがまっすぐに近づいてきた上、水泳教室の帰りで自転車の前後にランドセルをふたつ乗せた自転車をベンチの側に留めていたのでさっとその場を去るタイミングを外してしまった。

「タバコも吸わないし、小銭も本当に持ち合わせていない。もう頼むからあちらへ行ってもらえませんかね。」

と言って、退散してもらうしかなかった。向こうは自転車を蹴り倒さない勢いだったのだけれど。。

ベルリンのミッテ区の人通りの多い公園でさえこうである。娘曰く、最近警察官がホームレスに退去を促すことが増えているのだそうだ。もしかすると、ホームレスにとってもせちがらく住みにくい世の中になってきているのかもしれない。

それだったら、お互い様じゃないですかね。


2018年を振り返って

前回の一時帰国覚書に続き、「振り返る」というテーマが続いているが年の瀬も近いのでそろそろ書き留めておこう。

1. 苦手なことを克服

果たして自分の苦手とすることを継続できるのか、好きになれるのかという試み。これまでに何度も始めては挫折してきたジョギングを今年3月に開始。出張が重なったり、一時帰国などで継続が若干途絶えもしたが、少なくとも週に二回のペースで何とか12月まで続けることができた。

今のところ3キロを18分程でしか走れないのだが、来年は同じ3キロを若干速く走れるようにするか、ペースダウンして距離を5キロまで伸ばしてみたい。好きになったかどうかは別として、ジョギングそのものは余り苦痛ではなくなったのでまぁ良しとしよう。

苦手と言えば、免許取得後、全くしていない車の運転も来年はできるようにしたい。これは自分の中ではもはや「マスト」事項。機動力を上げていかないと限られた時間の中ではやりたい事が思うようにできないので切実である。もちろん仕事上も機動力の向上はプラス要素でしかない。安全第一ですが。

2. 東欧に足を運ぶ

こちらも近場ではあるが、今年はポーランドへ数回行くことができた。ポズナンへふらりと一人旅、家族旅行でバルト海沿岸のヤロスワビエツへ、念願のワルシャワへも再来週に三泊四日で行くことになっているので目標達成と言えるだろう。

今後行きたいベルリン以東の街リスト:

  • ドゥブロブニク(クロアチア)
  • ブカレスト(ルーマニア)
  • クラクフ(ポーランド)
  • ソフィア(ブルガリア)
  • モスクワ(ロシア)
  • トビリシ(グルジア/ジョージア)etc.

あくまでも広義の意味での東欧なのだが、全てに足を運ぶのは難しいだろう。少なくとも上から2つの街には行ってみたいところである。ロシアやキエフはこれまた何度も発言しているが、近々再訪したい街。

3. 整理整頓

こちらは日常生活上、優先順位が常にかなり低く設定されていた。頭の中も部屋の中もデータまでもがバラバラで整理整頓されていないと何かと弊害があるし、ストレスにもなるので、年末大掃除とばかりにまずは部屋の整理整頓に着手。

  • 子供部屋を二部屋作る
  • キッチン周りの整理
  • 書籍及び書類の整理

まだまだではあるが、相方が一時帰国中のベルリン居残り期間に子供部屋のベースやキッチンの整理棚を作っておいてくれたので、ベルリンに戻ってから諸々の整理を7割方終えることができた。年内に残り3割を片付けるのは厳しいだろうから、こちらも来年に持ち越しの継続課題である。

  • 写真データの整理
  • 定期的なバックアップを習慣づける
  • ブログの整備 — こちらもサーバーをレンタルして独自ドメインを取得し、ブログをきちんと運営できるようにしたい。

家の片付けのみならず、データ周りも徐々に何とかしたい考えだ。

4. ライフワークバランスの向上

端的に言えば、家族のメンバーが無理なくお互いに心地よい暮らしを目指すということになるのだろうか。子育ての方は、可能な範囲で子供の意思を尊重し、日々意見交換しながら諸々ベストな方法を考えていけることが「理想」。

仕事面で言えば、もう少し幅を持たせた活動ができる土台作りに専念したいと思っている。

  • ロケコーディネート・リサーチ・アテンド通訳以外のプラスαを作る
  • 書く・話す・撮るという作業をもっと積極的に行う
  • SNSを見る時間 < 読書の時間・音楽/映画鑑賞・ピアノ練習など
  • 東欧の言葉を使用できる一言語に加える(ロシア語のブラッシュアップ及びポーランド語?)
  • フランス語(目標は2年後)
  • かなり退化している英語を何とかする

全てにおいてさらなる底上げが必要かな、と。ジョギングやストレッチは継続し、出来るだけストレスを溜めずガミガミと小言を言う回数を減らしたいw

とまあ、至極当たり前のことをまとめただけなので何の参考にもならないとは思うが、あくまでも自分に言い聞かせるという意味合いも込めて活字にしておいた。欲張りすぎているかもしれないが、あくまでも目標なのでできる範囲でやっていこうと思っている。

宣言するのは簡単なので、まずは始めて続けるということですね。