Nachwendekinder: Die DDR, unsere Eltern und das große Schweigen / 統一記念日に読んでみたい本

Nachwendekinder=転換期後(壁崩壊後)の子供たち、とでも言えば良いのだろうか。ベルリンの壁崩壊とそれに伴う社会政治的な意味での転換期をWendeあるいはWendezeitと言ったりする。

10月3日はドイツ統一記念日なので、一冊の本をご紹介しようと思う。

Buch “Nachwendekinder”

統一記念日である今日の新聞のタイトルにもNach der Wendeという言い回しがたくさん使われていることだろう。

この本のタイトルでは、ベルリンの壁崩壊後の子供たちを指している。

作者のヨハネス・ニッヒェルマンはかろうじて東ドイツ(DDR)で生まれた。彼は著書「壁崩壊後の子供たち」の中で、自分の生活感やまだ知り合ったことのない国の日陰で大きくなった同年代の生活感を描いている。

彼らにとってDDRとは一体なんのために存在しているのか?彼らの両親の国はどのように彼らに影響を与えているのか?

ヨハネス・ニッヒェルマンは自分のことをオッシー(旧西ドイツ人が旧東ドイツ人を指して呼ぶ言い方。)と呼ぶ。彼は友人たちと同じように壁の崩壊する1989年に東ドイツで生まれた。オッシーというのは少しバカにしたようなニュアンスが含まれる言い方である。

Ernst Thälmannの銅像 / ベルリン

彼らは望もうが望むまいがずっしりと重いテールマンの銅像のような遺産と共に生活をしている。

作者のヨハネスさんは、12歳の時に母親の仕事の都合でバイエルンに引っ越しをした。それ以前に「東ドイツ」というテーマと向き合うことはなかった。12歳だったので当然と言えば当然である。

しかし、バイエルン州の田舎に引っ越しをすると、周囲の人々が東ドイツに関する質問を矢継ぎ早に浴びせてきたのである。「なぜ東ドイツ訛りがないのか」「走ってもいいのかそうでないのか。それとも撃たれたのか。」それまでの生活で聞かれたことのなかったような質問だった。

西ドイツ側へ引っ越ししたかろうじて「東ドイツ人」であった彼は、東ドイツというある意味「外国」だったもうひとつの国に関する周囲の興味を集めたのである。

ヨハネスさんがDDRの歴史と出会ったのは、12歳でLogoという子供番組でレポーターとして壁について話したときだ。

その時はまだ旧東ベルリンのニーダーシューンハウゼンに両親と兄と一緒に住んでいた。今日もその当時も静かで緑の豊かな住宅街である。彼の父は過去について話したがらなかった。それがヨハネスさんをさらに好奇心旺盛にした。

ヨハネスさんは小学校でDDRの歴史について学んだことがなかった。彼は彼の同世代の子供たちと同様、彼のDDRを物や月並みなイメージを元に想像した。両親がオープンに語ってくれたらどれほどよかっただろう。

私事になるが、私の相方は西ベルリン生まれだが、彼の両親は東ドイツ出身である。壁の建設された1961年に東ベルリンから西ベルリンに移り住んだのだそうだ。お姉さんが確か1961年生まれだったと思うので、東ベルリンで生まれたのか西ベルリンで生まれたのか、とにかく非常に大変だったというお話をちらっと聞いたことがある。

彼の両親もやはり東ベルリンや当時の壁建設、壁建設前の移住についてはなかなか話したがらないのだそうだ。余りにも大変な思いをしたので、ぺらぺらと話せるようなことでもないのだろうと思う。

そういう意味でも、とても気になる本だ。

参照記事:rbb Kultur / Buch “Nachwendekinder”

Nationalsprache /「国語」とは何か

「国語」と聞いてあなたはまず何を思い浮かべるだろうか。

日本で日本人として小学校に通っていれば時間割りに「国語」という表記が普通にあり、別に何とも思わないはずだ。「国語」は学校で習う単なる一教科にすぎない。

ところが、ドイツの小学校に通う子供たちの時間割を見ていて、ふと思った。

あれ、どうして日本では「日本語」ではなくて「国語」という教科名なのかな。

ドイツの時間割りでは「国語」という言い方ではなく、「ドイツ語」という呼び名が使われていたためだ。

「国語」というのは文字通り訳せばNational Languageということになる。ドイツ語ではNationalspracheやLandesspracheくらいが妥当だろう。

この「国語」という言い方を使っている国の方が少ないのではないか。ふとそんな気がしたのである。

実際、ドイツでは基本法にNationalspracheの記述が見られない。行政手続法(Verwaltungsverfahrensgesetz / VwVfG)では16の連邦州のうち13の州においてドイツ語および現地言語や少数言語を公用語(Amtssprache)とする記述が見られる。

このように諸外国では歴史背景や民族問題を鑑みて、どの言語を「国語」として認定するかということにとても慎重になっているように感じた。

さて、こんなことを考えるきっかけになった本がある。

温又柔(おんゆうじゅう)さんの「国語」から旅立って、という一冊。

夏休みに帰省したときに大阪のルクアイーレの蔦屋書店でふと目に止まり手に取った本だ。

電子書籍ではなかなか見つけられなかったであろう本との出会い。本と出会うためにやはり書店という箱は重要な存在だと思っている。

作者の温さんは台湾生まれの日本育ち。両親に連れられて2歳で台湾から日本に移住したという経歴の持ち主だ。

2歳で日本に渡り、日本で育ったのだからおそらくメンタリティー的にもほぼ日本人である彼女が台湾のパスポートを所持していることで、様々な場面で言葉と人種、自己のアイデンティティを問われる。

日本人の両親の元で日本で生まれ育ち、日本名を持つ子供。いわゆる「ふつうの日本人」であれば良かったのに、と温さんはこれまでに幾度となく感じてきた。

あなたを育みつつあることばが、あなたのことを支えはしても、あなたを貶めるようなことがありませんように。ことばに縛られるのではなく、ことばによってあなたを解き放つことができますように。あなたにとってのニホン語も、あなたがのびやかに生きるための力の源でありますように。いま、あなたがどこにいて、何歳だったとしても。

「あとがき」より 温又柔

手に取った書籍の帯にあった彼女の言葉。

彼女の視点はバイリンガルの子供を持つ親が触れておくと、何かのヒントになるのではないかと思う。自分の子供たちも多かれ少なかれ、自分たちの「母語」や「背景」について悩んだり、葛藤したりする時がくるかもしれないからだ。

そんな時に「ふつうの日本人」である自分が、少しでも子供たちの置かれた状況を理解する助けになるのではないか。そんな風に感じる内容だった。

いつか、子供たちがこの本を自分で読めるくらいの日本語力を付けてくれるといいなぁ、なんて思いながら。

Online Learning /オンライン学習

気軽に空き時間を利用して、ほぼゲーム感覚で学べるオンライン学習アプリ。

「学べる」と書いたが、これに関しては正直少し疑問が残る。

それでもやらないよりはいいだろう。つべこべ言わずに、取り敢えずやってみる。

Duolingoでロシア語

すでに20年ほど前(!)にベルリンの大学で2年半ほど勉強してモスクワでインターンしていた頃は何とか使えていたロシア語。

2001年にベルリンに戻ってからは、至極当然の流れでほとんど利用する機会に恵まれず退化。今では仕事で使うには無理がありそうなレベルになってしまった。

それでもポーランド語やチェコ語、ルーマニア語のように全く基礎がない状態ではないので、数日前からDuolingoで復習してみることにした。

Duolingoはレベル1であれば、選択方式、あるいは英語で回答する方式なので感覚的にというか、ぶっちゃけかなり当てずっぽうで答えることができてしまう。サクサク答えられるのでストレスに感じない。

英語もかなり錆びついている様子なので、シンプルな文章を数多く読むのは悪くないだろうとも思う。

これを今、毎日やることにしているがレベルが上がってくると、ロシア語で書いて答える形式も出てくる。この辺りからの継続が怪しくなってきそうではある。

学習欲をグラフ化してくれる

ドットインストールでHTML

以前、Progateで無料で学べる基礎中の基礎をやってみたことがあるので、こちらも復習の意味を込めて始めることにした。

ドットインストールのサイトは少しがちゃがちゃしているのが難点だが、動画を見て学べるのでとてもわりやすい。

©ドットインストール

このブログもジョギングもそうだが、とにかく継続するのが一番大変なことなのは分かりきっている。

今年の後半戦こそは自分のサイトを改良できるくらいまでには持っていきたいところだ。

こちらのサイトも進行状況が円グラフ化される

来週の月曜日から休暇も終わり、新学年が始まる。イベントマネージャーから子供たちの放課後アクティビティーマネージャーと化すわけなので、それを言い訳にせぬようできる範囲で続けたい。

今回は日本でも「よくわかるHTML5+CSS3の教科書」も購入してきたので、つまずいた時に辞書感覚で使えればいいかな、と考えている。

オンライン学習ではメンターなどがつく有料サービスもあるようだが、それも何だか面倒に感じてしまうので、まずはどこまで自力で学習できるか試してみたいところ。

夏に遊びすぎたのと、今年は色々とこれまでやってきた仕事を取り巻く状況が厳しくなっている。そろそろ目標を定めて本腰を入れないとマズイと半ば焦っている。

ブログの毎日更新も決して楽ではないし、ふと気がつくと「ほぼ」毎日、週に数回と更新頻度が落ちたりもしているので気をつけたいところ。

何が辛いって、なかなか周りの理解を得られないところにあるのですよね。何事も最速で結果(=報酬)に繋がらないわけで。これはもう自分との戦いだと割り切るほかなさそう。

とにかくやってみたいことを片っ端からやるしかないのかな。

Design ah und PythagoraSwitch / デザインあ、とピタゴラスイッチ

日本に1ヶ月滞在した際に、子供たちとの日課は朝のEチャンネルだった。

7.25-7.30のデザインあ → → → ピタゴラスイッチ

を見るのがとても楽しみだったのだ。少し時間が早いので子供たちが体験入学中に毎朝見ていたことになる。

少し大げさかもしれないが、この5分間のためにNHKの視聴料を払ってもいいと感じたほどである。

それほどこの5分間という短い時間に流れて来る映像は素晴らしかった。

ミニマルな映像とその裏にある試行錯誤を重ねたストーリー。グラフィックも思わずため息が出るほどのクオリティーである。

デザインあの「かたち」シリーズ「デザインの観察」には子供たちも画面に釘付けだった。

やかん、消化器、トランペット、天狗のお面などを絶妙なライティングで少しずつ見せていく。

Creator: 細金卓矢

「あ、これ知ってる!」「えーっと、なんて言うんやったっけ?」

Creator: 細金卓矢

見ているうちに徐々に全体像が浮かび上がってくるわけだ。

ピタゴラスイッチについてはもはや説明はいらないだろう。

こんなに素敵な映像を子供の頃から毎日目にしていれば何かしらの影響があるのではないかな。

そんなわけで、すっかりこの番組に影響された私は日本滞在中にデザインに関する書籍を持ち帰りたくなってしまった。

ピタゴラスイッチを手がけている佐藤雅彦の「プチ哲学」と「新しい分かり方」

どの書店でも目を引いた筒井美希の「なるほどデザイン」

の計3冊。プチ哲学は31のテーマに分けられ、それぞれにイラストが添えられたとても読みやすい本だ。巻末に添えられたエッセイも面白い。

佐藤雅彦氏が日常で出会った小さな事件や発見を日記として綴ったものだ。

何気ない日常から新たな発見をする、という作業は地道だが楽しい。毎日ブログ更新を続けていた際には道を歩きながら自分のアンテナが鋭くなっていくのが面白かった。

いつもの風景が少し違って見えるような気さえしたものだ。

仕事や旅行などでハードルが上がってしまった毎日更新。できる範囲で続けられればな、と改めて。

タイトル写真:©NHKデザインあ