Überbindung von Schwächen / 苦手克服②

前回の続き。

ペーパードライバー克服、最初の一歩。初日は教習に行く前に「あー、もう嫌すぎる。うわー、もう1時間後か。」と時計ばかり見てカウントダウンしていたくらい精神的なプレッシャーがきつかった。

ブランクが長すぎたせいで何もできない気がしたからだ。ドイツというか欧州はまだまだマニュアル車が主流なので、教習所では基本的にマニュアル車を扱う。クラッチやらシフトレバーやらをガタガタ動かす必要があるのだ。

さすがにシェアリングカーなどは、ほとんどがAT車だが、レンタカーなどではAT車と事前に指定しておかないとマニュアル車が用意されていることが多いように思う。

相方の乗っている車もかれこれ20年前のVW Golfのマニュアル車。

時間になってしまったので、変な汗をかきながら早足で教習所へ向かう。出迎えてくれたのはアンドレという年配の男性教官だ。第一印象はとても穏やかで安心感がある。頼りになりそう。これほんと大事。

乗車する前にこれまでの運転歴(ほぼナシ)などを少し説明したところ、「6年前に免許を取ったのであれば少し走れば勘が戻るはず。心配しないで。」

「いえ、免許を取ったのは16年前ですw」

「あー、そんなに前なのか。じゃあまずは様子を見ようね。」

やっぱりそうなるよね。

初日はさすがに久しぶりすぎたので、まずは車を静かな通りまで移動してもらい、クラッチ、ブレーキ、アクセルの場所確認やらクラッチとシフトレバーのタイミングをまずは思い出すところからスタート。

不思議なことに、最後に走ったのはかなり前なのに少し走るとずいぶん思い出すことができた。心なしかギアチェンジやブレーキのかけ方が当時よりもマシになっていた。なぜなのか。助手席に乗っているだけでも何か得るものがあったのかもしれない。

単にここ10年来で車の性能が上がっただけなのかもしれないが、かなり運転しやすくなった気がした。

2回目の教習前も多少の緊張感はあったが、アンドレは敢えて交通量の多い道や左折をたくさん盛り込んできた。ハードルがバンッと高くなる。

2週目は月・火・木・金とそれぞれ1時間半ずつ運転し、あっという間に最終日に。アンドレもニコニコして「これで終わってしまったら、また同じことの繰り返しになるから、初めは少なくとも2日に1日のペースで乗るようにした方がいいよ。オートマはマニュアルより簡単なんだから大丈夫。」と言って送り出してくれた。

運転をしながら色々と話した中でも印象に残っているのは、アンドレが教習所の教官になったきっかけがベルリンの壁崩壊と東西ドイツ統一だったことだ。東独時代は工具職人だったが、壁の崩壊後に職を失い、転職を考えた際に今の職業に決めたのだそうだ。

「ほら、あの高層アパートの9階に住んでいたんだ。今ではなんてことないアパートだけれど、当時はとてもモダンだったんだよ。」

「この道のランプいいですよね。私はこういう東の街灯が好きなんです。」

「ここは古くて状態の悪い東の道路だね。」

アンドレとはこんな風に旧東ベルリンのあちらこちらを走った。

本当に短い間でしたがお世話になりました。来週はいよいよ、DriveNowデビューなるか!?

教習所から次の打ち合わせ場所に移動(ベルナウワー通り、ベルリンの壁跡)

ベルリンの壁崩壊30周年記念日に。2019.11.09.

Koppenplatz / コッペン広場

普段から気になっていたコッペン広場とそこに置かれたあるオブジェ。

この広場はベルリンのミッテ地区、かつてはシュパウダウワー・フォーシュタット(Spandauer Vorstadt)と呼ばれた歴史的な場所に位置している。

どちらかと言えば、余り手入れの行き届いていない小さな緑地化された広場だ。

そんなあまりパッとしない広場の一角に机がひとつと椅子が二脚、というシンプルなオブジェがある。一脚の椅子は床に倒れたままになっている。

机と椅子は木目のある床に立っているが、その床の周囲にはネリー・ザックス(Nelly Sachs)という作家による詩が刻まれている。

観光客が椅子に座って写真を撮っていたり、先日なんかはPCで作業している男性の姿を見かけたりもした。

この広場があるのが以前のユダヤ人居住区(Scheunenviertel)に当たるため、ユダヤ人関連のオブジェなのだろうな、と思っていたし子供たちにもそのように説明したことがある。

「ママ、あそこに登ってる子がいたけど、ほんまはアカンやんな。」

ブランデンブルク門からすぐの一等地に設置されたユダヤ人慰霊碑(正式名称:虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑 / Denkmal für die ermordeten Juden Europas)も同じことで、観光客がオブジェの上に登って写真を撮ることが一時期かなり問題視されていた。

恐らく今でも無神経な観光客が後を絶たないに違いない。

歴史的背景を少しでもきちんと把握していれば、慰霊碑に上ってふざけた写真、いわゆるインスタ映えする写真を撮ろうなどとは常識のある人であれば思わないだろう。

さて、コッペン広場について少し調べてみることにした。

1853年8月12日から存在する広場はベルリンの公安および市の職員であったクリスチアン・コッペ(Christian Koppe)の名前がその由来になっている。彼は1696年にこのエリアを買い取り、1704年にベルリン市に貧しいもののための墓地を作るために寄贈した。

コッペンの貧困層のための墓地(Koppesche Armensfriedhof)は現在のコッペン広場よりも敷地が大きかったのである。

1849年の墓地の地図

墓地そのものは1853年に放棄され、公共交通網のために解放されている。

広場に面した場所に少し不思議な柱が立っている場所がある。実はここにコッペ氏や彼の親族の墓があり、墓の上に記念碑が作られている。

机と椅子のオブジェは「置き去りの部屋」Der verlassener Raumという作品で1991年にカール・ビーダーマン(Karl Biedermann)とエファ・ブッツマン(Eva Butzmann)によって考案され、1996年に作成された。

この記念碑は強制収容所に送られたユダヤ人を象徴しており、その歴史を記憶するために作られたのだろう。

ドイツではこのように自分たちの過去の負の歴史に向き合おうとする姿勢が至る所で感じられる。

小さな街角の何気ない広場の一角にも多くの歴史があった。

Straßenbilder Osaka / 大阪の街角

日本を離れている時間が長くなればなるほど、一時帰国した際に何気ない日常の風景に目が届くようになる。

どこか昭和を感じさせられる懐かしい風景が大阪にはまだ残っているのだ。

子供たちをバス停まで見送ってから、天気のいい日はカメラを片手に近所をぶらぶらするようにしている。

長く住んでいた奈良のそれとは異なり、神社も街中の一角にこじんまりと鎮座している。

小さな境内ではあるが、とても手入れが行き届いており、出勤の前にお参りしている人の姿も見かけた。

京都や奈良の神社のように観光客で溢れかえっているわけでもなく、もっと人々の生活に密着している印象を受ける。

ちょうど大祓式(おおはらえしき)の時期だったようで、拝殿の前に茅の輪(ちのわ)が設置されていた。

「大祓式」は平安時代から続く公の神事で、一年を半分に分け、6月30日を「夏越しの大祓」、12月31日を「年越しの大祓」ともいい、日本全国の神社で同日に斎行されるのだそうだ。

1年の節目に子供たちも連れて参拝しておこうと思う。

こちらの都島神社、かつては淀川本流(現在の大川)の左岸に当たり、洪水に度々見舞われた土地らしい。

平安時代後期に後白河法皇が当地へ行幸した際にこれを哀れみ、神社を置くよう命じたというのだ。

当初の社名は天照大神をはじめとする15神を祀っていることにより十五社神社と呼ばれていたが、1943年に都島神社と改称された。大阪大空襲で旧本殿その他は消失し、1949年に再建されている。

何も考えずにフライトを取ってしまったので、残念ながら7月25日の天神祭の花火大会を見逃すことになってしまったが、七夕には大阪天満宮に足を運んでみようかと思っている。

日本の社寺の行事はできるだけ体験させてあげたいものだ。

Nordbahnhof und Mauerpark / 北駅と壁公園②

前回の続き。現在の壁公園があった場所は、以前ベルリンの北列車(Berliner Nordbahn)のターミナル駅だった。1950年までは「北駅」(Nordbahnhof)と呼ばれていた。

この北列車は、ベルリンとメクレンブルク=フォアポンメルン州にあるシュトラールズントを結んでいた。

19世紀末までは貨物列車のみが運行していたが、東と西ベルリンにまたがる地形だったため、ベルリン分割によって1948年以降はその意味を失うことになる。それでも、路線の一部は1985年に東ドイツ政府が閉鎖するまで利用されていたらしい。

上のマップを見ると、東西ベルリンを分断していた「ベルリンの壁」が壁公園をまっすぐに走っていたことがわかる。

1992年に駅だった敷地のほとんどを利用した壁公園が作られた。当時の面影はほとんど姿を消してしまったが、グライムトンネル(Gleimtunnel)は記念建造物として保存されている。

グライムトンネル、1990年
Von Roehrensee – Eigenes Werk, CC BY-SA 4.0 / Wikipedia

その他にも、駅の壁が一部ヴェディング地区のヴォリーナー通りに残っている。

ヴォリーナー通り
Von Global Fish – Eigenes Werk, CC BY-SA 3.0 / Wikipedia

政治的理由から、戦後それまでポーランドの街、シュテティーンにちなんで名付けられたシュテティーン駅が「北駅」に改名されたのが1950年頃。こちらの「北駅」の名前が「ベルリン エヴァースヴァルダー駅」に変更されのも混乱を避けるためだろう。

最後に、壁公園らしいエピソードをひとつ。

ベルリンの水道局が2018年1月に壁公園の南東に当たる基礎を工事のために掘り返したところ、東ベルリンから西ベルリンに逃げるために掘られたとみられる「地下トンネル」が見つかった。

赤のラインがトンネルの部分を示す。矢印の向きとは反対の方向に逃亡したことになる。

トンネルの全長、約80メートル。トンネルは壁の下を抜け、オーダーベルガー通りに繋がっていた。

参照ページ:
Wikipedia: Berlin Eberswalder Strasse
Wikipedia: Mauerpark
Tagesspiegel: DDR-Fluchttunnel am Berliner Mauerpark entdeckt

*タイトル写真は新たに整備中の壁公園

Nordbahnhof und Mauerpark / 北駅と壁公園

現在のNordbahnhof(北駅)が以前はStettiner Bahnhof(シュテティーン駅)だった、という話はこちらのブログで書いた

駅関連でもうひとつ、近所に気になっている場所がある。

Mauerparkいわゆる「壁公園」だ。

「壁公園」と言うだけあって、この公園にはベルリンの壁が一部残されている。場所も旧東ベルリンだったプレンツラウワーベルク区と旧西ベルリンのヴェディング区との境に位置している。

青で囲まれた部分がほぼ今の壁公園に当たる

現在の壁公園は週末になると観光客や地元民で溢れかえる。余りにも人出が多くなったので、正直なところ最近は足が遠のいてしまっていた。

いつ頃からだろうか。週末にはカラオケ大会が開かれたり、ストリートミュージシャンやパフォーマーで賑わうようになった。このカラオケ大会、円形劇場のような場所がステージになっており、大勢の前で歌う盛大なものなのだ。

しかし、それも住民の層が変わってきているからだろうか、苦情が出て一時は禁止される方向だった。

Berliner Zeitungの記事より

Kulturgemeinschaft Mauerpark(文化集団マウワーパーク)、住民、地区代表が円卓会議の場を設け、長期に渡る議論の末、壁公園の利用に関するルールが決められた。

石畳の歩道沿いのみでヤーン・スタジアムの立つ丘に向かって演奏することができるらしい。月曜日から木曜日は11から19時半まで。週末や祝日は11時から20時半まで演奏が可能だ。

パンコウ地区から公式プレスリリースが出ているのでご参考までに。

音楽の演奏ができるのは水色の部分。その他、ドッグラン、グリル、フリーマーケット、グラフィティ(以前「ベルリンの壁」、特に緩衝地帯を挟む二つ目の壁だった場所)など細かな指定がなされている。

思ったよりゆるいルール設定のように感じた。ベルリンでは壁公園に類似した騒音問題のケースが続出しており、文化醸造所としてのベルリンの魅力がどんどん下がってきている印象を受ける。

この流れの中、壁公園のカラオケ大会などを許容する方針を打ち出したパンコウ地区の決定は喜ばしいことだと言えるだろう。

今回の決定は壁公園のイニシアチブ団体Save Mauerparkにもポジティブに受け入れられたようだ。

「壁公園が壁公園として存続できることになり、とても喜んでいる。」

今回の投稿で始めて知ったことだが、壁公園に関連する活動グループの数にも驚かされた。

特にFreunde des Mauerparks e.V.「壁公園フレンズ協会」については、1999年から壁公園の整備・実現を促進する市民団体として活動しているようだ。現在の壁公園はあくまでも当初の予定の一部のみが整備工事を終えている段階で、本来ならば西側のヴェディング方面も工事が着手されるはずだったのだという。

ベルリンにありがちな、「当初の予定より大幅に遅れて工事完了」「当初の予定の半分で予算がなくなる」というパターンであるらしい。

北駅の話に至らずに終わってしまったが、次回は「壁公園」と以前の「北駅」について書いてみようと思う。

参照記事:
Singen ist nur in Richtung Osten erlaubt
Freunde des Mauerparks e.V.

Одеса / オデッサ②

せっかくオデッサまで来たというのに、前回の「ポチョムキンの階段」で終わってしまうのはもったいない。

アルカディアビーチを見に行こう!

Аркадийская ал.

アルカディアビーチに続く道を歩く。

Аркадія

まさか、こんなに混んでいるとは。。ビーチに着くと、ドイツのバルト海とはまったく異なる光景が目前に広がっていた。

ぎっしりと所狭しに並べられたビーチチェアにパラソル。

反対側の方にあった、人のいない桟橋も写真にも撮っておいた。同じ場所にあるとは到底思えない。

泳ぐ準備はしていたのだが、あまりの人の多さに辟易してしまい海に入るのはやめておいた。チェルノブイリ博物館で見た汚染マップがまだ頭から離れていなかったのもその理由だろう。

断っておくと、写真のアルカディアビーチは2006年のものだ。今のアルカディアビーチはかなり高級感あふれる(そしておそらく嫌味で悪趣味な)ビーチに姿を変えているようだが、当時はまだ地元民で賑わっていた。

スマートフォンの普及やITの進歩で世界中どこに行っても、経済および情報格差は広がる一方だ。そして、どこへ行っても同じようなカフェに同じような内装のアパートが観光客向けに作られるご時世となってしまった。

現代の東欧の住民がどう考えているのかは分からないが、古き良き(?)東欧テイストのようなものを感じるのは年々難しくなってきている。

グローバル化やIT化とは世界を没個性にスタンダード化してしまうものだろうか。

列車の旅がしたかったので、オデッサから列車で2時間半ほどの街、ベルゴロド・ドネストロフスキー(Білгород-Дністровський / Belgorod-Dnestrowski)へ行ってみることにした。

ベルゴロド・ドネストロフスキーはウクライナ南西部、オデッサ州の港湾都市。オデッサからイズマイル経由でルーマニアに至る黒海湾岸の国際鉄道の一駅が置かれている。黒海沿岸沿いを走る列車でルーマニアにも入ってみたいものだ。

こちらの写真を見て、これが何かわかる人がいるだろうか。2006年にはまだオデッサ駅にはこんなものが設置されていた。行き先ボタンを押すと、パタパタと音がして時刻表が出てくるシステムだ。モスクワでも見たことがない代物である。

駅のホームに繋がる駅舎の裏側には「英雄の町、オデッサにようこそ!」と掲げてあった。オデッサに着いた人を出迎える言葉だ。

さて、ベルゴロド・ドネストロフスキー行きの列車に乗り込み出発を待つ。

しかし、いつまで経っても列車は出発する気配がない。

待つこと2時間。

「いつ出るの?」
「今日中には出るよ。」

という車掌さんの言葉を受けて、出発を翌日にしたのは言うまでもない。

2時間もよく待っていたものだ。ひとり旅なのでどうにでもなるし、正直どうでもいいのである。この日は列車には乗れたが、1ミリも進まずに終了。

何を見に行ったのかというと、ベルゴロド・ドネストロフスキー要塞(ドニエストル川沿いの白い砦)と呼ばれる9世紀にスラブ人によって建設された小さな砦である。

1918年までと1940~44年にはドイツ風にアッケルマン(Аккерман)と名付けられた。

現在の呼び名はグーグルマップ上ではアッケルマン(ベルゴロド・ドネストロフスキー)要塞、公式HPではベルゴロド・ドネストロフスキー(アッケルマン)要塞となっている。

ヨーロッパの歴史は複雑すぎて、この小さな砦に関してもギリシャから古代ローマ、民族移動時代に東スラヴ、モルダヴィアと様々な歴史が絡み合っているので、到底シンプルに説明することは不可能だ。

人里離れた無名の観光地を目的もなくブラブラ歩く、というのも悪くない。

Der Stettiner Bahnhof / 北へ向かう駅〜3

北駅公園をカメラ片手に歩いていると、知り合いにバッタリと鉢合わせ。

このエリアはベルリンの壁や二重の壁に挟まれた緩衝地帯などの影響で、壁の崩壊から2003年頃まで手付かずで放置されたままになっていた。

分かりにくいがカササギにも遭遇

その結果、街中に自然のビオトープが生まれ、背の高い草などが生い茂り野生の鳥もたくさん暮らしている。「北駅公園」として整備され解放されたのは2011年になってからのことだった。

とまあ、言わばなんにもないところだ。

それにしても、こんなところで友人に会うとは。偶然もすごいが、ここをひとりで散歩しようと思った友人もすごい。せっかくなので一緒に公園の端まで行ってみることにした。

跨ぐと足に刺さる微妙な高さの柵を超えてフェンスの外へ
©スネママ

こちらの使われなくなって放置されている陸橋も車で下を通るたびに写真に撮っておきたいなぁ、と思っていた廃墟スポットだった。友人がメーキング・オブ的な写真を撮ってくれた。

立ち入り禁止のフェンスが二重に貼ってあったが、外側から中に入って何とか一重に減らす。これはこれでいい感じ。

公園を出てガルテン通りから見上げると、鉄橋の原型をとどめていることがわかる。1952年以降の「北駅」の見取り図でいうと、青で囲んだ部分に当たる。

現行のSバーンはまだ隣の線路を利用して南北へ向かっている。ベルリンの壁はちょうどガルテン通り(Gartenstr.)とリーゼン通り(Liesenstr.)に沿って走っていた。

少し小さくて分かりにくいが、ベルリンの街にはところどころに「ベルリンの壁通り」(Berliner Mauerweg)というグレーの表示が出ている。全長160kmで14のルートに分けられた、それぞれ7kmから21kmの長さのサイクリングルートである。

自転車で通りかかった父親と小学生くらいの息子が、この場所で陸橋や残存する壁の方を指差して、「向こうが東ベルリン、こちらが西ベルリンだったんだよ。」と当時の話をしていたのが印象的だった。

自転車でベルリンの壁跡の気になるルートを回ってみるのも面白そうだ。

Der Stettiner Bahnhof / 北へ向かう駅〜2

前回の続き。ベルリンのミッテ区、現在「北駅」(Nordbahnhof)のあるインヴァリーデン通り/ガルテン通り近辺一体のエリアについて。

高台にポツンとひとつだけ立っている北西方面の出口から外へ出ると、これまた新しくできたクライミング施設やビーチバレーボール施設のある公園が道路を渡ったところに続いている。

Nordwestlicher Zugang an der Julie-Wolfthorn-Straße

これまでは特に用事もないので、わざわざ歩きに行ったことのない場所である。でも、今日はカメラ片手の散歩なので足を踏み入れてみることに。

少し入って後ろを振り返ると、これまた何ともアンバランスな風景が広がる。Sバーンの北側の入り口にあるSの看板、すぐ側に建設予定の高級マンションの入居案内板などが見える。遠目にテレビ塔も見えた。

ベルリンの壁跡が敷地を貫くマンション。高値が付くことだろう。これが完成する2021年頃にはまたこのエリアの持つ独特の景色が変わっているかもしれない。

入り口と反対側を見てみると、驚くほど何もない空間が広がっている。左手にクライミング施設のMOUNT MITTEとその背後にはドイツ鉄道(DB)のオフィスが並んでいるのが見える。

壁と手すりのようなものが見えたので、そちら側を歩き後ろを振り返る。またテレビ塔が見える。お気付きの方もいるだろうが、この公園3メートルほどの高台の上にあるのでテレビ塔がよく見えるのだ。

これも実は当時の名残で、1842年開設されたシュテティーン駅のほとんどの建物は道路から3メートル上の高台に建っていたらしい。よく見ると、当時の線路跡などが所々に残っているのがわかる。

この公園、もしかしてジョギングに最適なのでは!?

1842年に開設され、1950年にそれまでのポーランドの地名が当てられていたシュテティーン駅を改め、Nordbahnhofと改名された「北駅」。

この駅のもうひとつの顔は、当時の西ベルリンと東ベルリンの境界線としての機能である。ガルテン通りのレンガで作られた駅の壁が「ベルリンの壁」としての役割を担っていた。

ガルテン通りの壁

そして、先ほども少し触れた公園内に400メートルほど残るもうひとつの壁だ。二つ目の壁はHinterlandmauerと呼ばれ、一つ目の壁と無人地帯を挟んで立てられた壁に当たる。

Hintermauer

この公園の名前はPark am Nordbahnhof(北駅公園)だが、この場所特有の空気の出所がようやく解明した。

北駅の歴史とベルリンの壁の歴史を感じることのできる公園なので、機会があれば是非歩いてみてほしい。

もう少し続きます。

参照HP : ミッテ区プレスリリース

Der Stettiner Bahnhof / 北へ向かう駅

Nordbahnhof、いわゆる「北駅」周辺は以前から不自然な風景の広がる場所だった。

奥に見える壁は残存する「ベルリンの壁」@ベルナウワー通り

ベルナウワー通りから伸びるベルリンの壁のすぐ側にあったのもその理由だろう。

赤のラインが以前壁のあった場所を示す / ベルリン市HPより
真ん中のレンガと鉄の棒は以前壁のあった場所を示している

そのせいか、周囲にはこれといった建物もなく、がらんとした空間の中にただ小さめの駅舎がポツンと立っている。そういったどこかアンバランスな雰囲気を持つ場所だ。

以前は、旧東ベルリンにしか走っていなかったトラムの路線が、北駅を通り中央駅まで延長されたおかげでずいぶんと便利にもなった。それもかなり最近で、2015年の夏以降のことだ。

駅周辺の線路状に敷き詰められた石に刻まれた文字についても、以前から気になっていた。

ユダヤ人迫害に関連する地名なのかな?それにしてはバルト海沿岸の土地の名前ばかりだなぁ。

Stralsund:バルト海に面した湾岸都市

なんて思っただけで、それ以上のことは調べていなかった。

ウィキぺディアによると、現在の「北駅」周辺は当時のベルリンのターミナル駅のひとつであるシュテティーン駅(Stettiner Bahnhof)だったことが判明。1952年までポンメルン地方のシュテティーン(ポーランド名:シュチェチン)への玄関口として機能していたようだ。

今でも、グーグルマップで見ると、「北駅」から「シュチェチン」までは列車でまっすぐ一直線上に繋がっている。Sバーンと郊外列車REを利用して2時間ほどで着く。下の写真はウィキペディアに載っていた「北駅」周辺の以前の様子だ。かなり立派な建造物だったことが伺える。1950年まではシュテティーン駅と呼ばれていた。

Stettiner Bahnhof um 1875 /

現存しているのは、「郊外列車駅」(Vorortbahnhof)として使われていた建物と地下を走るSバーンの駅くらいである。

現存する「郊外列車駅」

こちらもウィキペディアからの転用だが、当時の駅の見取り図があった。これを見て想像力を働かせると、実際にこの場所を歩いたことがある人ならその規模の大きさを掴めるかもしれない。

北駅周辺にはまだまだ多くの発見が。次回に続きます。