Mutter-Kind-Sprachreisen / 親子留学

「親子留学」というカテゴリーを初めて耳にしたのは数年前のことだ。

よく聞くケースは、母親と子供だけでドイツに来て、現地の小学校で学び生活をする、というパターンである。しかも、最初は難民を対象とした「ウェルカムコース」を受講するのだとか。

これだけ聞いても、親子揃って何がしたいのかよくわからない、というのが正直な感想である。

おそらく巷でよく謳われる「外国語教育は早い方がいい」、だとか「小さな頃に海外経験を積ませて視野の広い人間に育てよう」、だとかいう意識高い系ママに響きそうなキャッチフレーズを掲げているのだろう。

確かに一理あるかもしれない。だが、海外生活、特に不慣れな土地での育児はいいことばかりではないはずだ。マイナス面はネット上にあまり出てこないものだし、自分ひとりならまだしも、子供に自分のエゴを押し付けるのは考えものだ。

ただ、この手の謳い文句に踊らされ、自分の頭でよく考えずに渡独を決め、うまくいかなくなったら「こんなはずではなかった。」と他人のせいにするのはどうかと思う。とにかく、理想論ばかり掲げるサイトは信用できない、と思った方が賢明だ。何事も他力本願では失敗する。

お金を出したところで、他人の人生の責任をとってはくれる人などいないのだから、最低限の生活情報くらいは事前にリサーチをしておくべきだろう。

そのためには、やはり最低限の語学力は必要だろう。日本語の情報だけだとどうしても偏ってしまうため、最低でも英語、もっと言えばドイツ移住を考えるのであれば基礎のドイツ語力くらいはつけておきたい。

夏休みなど学校の長期休暇を利用して、まずは3週間くらいAirbnbなどを利用してアパートを借り、実際に生活してみるのもいいかもしれない。日本の学校休暇とドイツの夏季休暇は時期がずれていることが多いので、学校見学などをさせてもらうのも手だと思う。

最初から1年とか3年という長期スパンで計画を立てようとするとハードルが上がってしまうので、まずは短期で様子を見ることをお勧めしたい。

私がベルリンに来た当時はネット環境も整っておらず、SNSなど以ての外だった。現地で実際に足と頭とわずかな人脈を使って、ひとつひとつ物事を解決するしかなかった時代だ。

今は事前に調べようと思えばいくらでも調べられる世の中なのだから、全て人に任せてしまうのではなく最低限のことは自分でリサーチするなりして、比較検討した上で決めればよい。

場所を選ばずにできる専門職があり、金銭的な余裕があるのであれば、どんどんチャレンジしてもいいと思うが、そうでなければフリーランスですぐに稼げるようになる、なんて思わない方がいい。

また、仮に途中でうまくいかないことがあればさっさと諦めて帰ればいいだけの話である。かっこ悪いなんて誰も思わない。

どちらにせよ、最終的な決断は自分で下す、という当たり前のことを忘れないようにしたい。

ベルリンの小学校生活やドイツ語の教授法に関する問題点などについても記事にしているので、興味のある方は↓のカテゴリーから記事に飛んでみてください。



Mutter-Kind-Sprachreisen / 親子留学” への3件のフィードバック

  1. こんにちは(^^♪
    外国語教育、早いほうがいいですが、あまり早いうちから第2言語を勉強するのは、母国語が駄目になってしまうのではないか?と思ってます。
    私は小学校の時、下手に英語を習っていたため、英語の授業=聞かなくてもいい、となってしまい、高校生で気が付いた時には分からなくなってました( ;∀;)
    大人になって海外旅行が好きで現地の人と話したくて、勉強しなおして、留学したりもしましたが、確かに本人の気持ちだなあ、と思います。
    ドイツ語、難しいですよね。自身で勉強され、ドイツの大学に留学され本当に尊敬します。私ももう一度勉強してみようかな?多分無理だな…( ;∀;)

    1. コメントありがとうございます。
      母国語の土台がしっかりしていない状況で第2言語を習得するのは、
      ある程度のリスクも伴うのではないかと思います。

      自分の意思で習うのと、親に言われてやるのとでは意味合いも異なりますしね。

      ドイツの大学に留学、というほど勉強をきちんとしていたわけではありませんので、
      ドイツ語に関しては仕事をしながら実践的に学んでいるような状態です。
      勉強するのに早いも遅いもありませんので、ぜひまたチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す