Dreharbeiten und das Wetter / ロケと天気の関係

明日から「春の味覚」をテーマに2日間ロケがある。

2002年からコーディネーター業をやっているので、ロケ最中に天候に振り回されたことが何回もあるように思えるが、実は数えるほどしかない。

世間で言うところの、いわゆる自称「晴れ女」だと思っていた。今日までは。

だがしかし、晴れ女だろうが雨女だろうが、ドイツにおいて、4月の天気は最もきまぐれでこんな言い伝えのような気休めでコントロールできる類のものではない。

「ロケと天気」で真っ先に思い浮かぶのは、いつだったか2月末から3月初旬にかけて、ライン川沿いで行ったとあるCMの撮影である。

クライアントさんの都合がどうしても付かず、まだ冬真っ盛りの2月下旬から3月初旬に「春の絵」を撮りたい、という制作チームのコーディネートをすることになった。

もちろん、開口一番「日本はその時期、すでに春めいてきているかもしれませんが、こちらドイツで2月下旬や3月初旬は雪も普通に降りますし、日本でいうところの春ではありませんよ!!」と何度も念をおしておいた。

当然である。釘を刺して置かないと現場で何を言い出されるやもわからない。

これまた恐ろしいことに、実際、現地入りしてみると天気が崩れ、ロケハンの当日には視界が5メートルほどしか効かないほどの吹雪になったのである。

「え、こんな天気になるって聞いてませんけど。」(冬だと言いませんでしたっけ?)

「これじゃ、撮影になりませんよね。」(だから、雪も普通に降ると念を押しましたが、お忘れですか?)

ロケハン中の雰囲気がこれだけで掴めるだろうか。いやはや、和気藹々とはとても言い難い空気が始終流れていたのは言うまでもない。

しかし、ここで奇跡のような出来事が。

撮影日本番の日を迎えると、見事な快晴に恵まれ、気温も昼からぐんぐんと上昇。田舎だったため、朝方は冷え込み残っていた雪が、昼には一気に溶けたのである。

「うわー、すごい!晴れましたね!!」

あの時の皆さんの笑顔を見て、どれだけ安堵したかお分かりだろうか。逆にあのまま、吹雪が止んでいなかったらどうなっていたのだろう、なんて現場では微塵も思わなかった。

畑での撮影だったのだが、午後の太陽だけでは溶けきらなかった雪は全員で踏んで消したことも忘れられない。靴はどろどろになったが、そんなことはこの際どうでもいいのだ。

そして、無事に春らしい陽気に包まれたCMが完成したのである。

明日からの撮影にもこんな奇跡が起こらないかな、とかすかな希望を抱きつつ、まだロストバゲッジで空港から出発できないクライアントさんのことを心配している自分であった。

コーディネーター業、運も実力のうち。

でも、自然には敵わない。

現場ではできる限りのことをして乗り切るしかないのです。

Fernseher ist Out? / テレビはオワコン?

「テレビはオワコン。」

YouTubeを見ていると、必ず出会うこのフレーズ。YouTube界隈の意識高い系の人々が必ず言うセリフであり、恐らくほぼ100%事実でしょう。

皆さん、日頃テレビって見ていますか?

私は見ていませんし、昔から熱心に見る方ではありませんでした。

子供の頃、家でテレビを見る習慣が特になく、流行りのテレビドラマも面倒なので数回見てやめてしまい、学校でドラマネタの会話にまったく入って行けなかったのを覚えています。

そんな私が偶然、モスクワから戻りテレビの仕事をするようになったのが2002年でした。あれから、すでに17年が経ちました。不思議なものです。

なぜ、テレビをそれほど見ない人がテレビ制作の仕事をしているのか。

それは撮影現場が好きだから。カメラ機材周りや撮影の進行、普段は入れない場所に入れる、といったワクワク感があるからです。

「世界ふしぎ発見」ノイシュヴァンシュタイン城の居間(2008年)

旅行好きで移動好き、というのもその一因でしょう。色んな職種の人に会って話が聞ける、というのも面白いですね。まさに一期一会。

あるバラエティー番組でさんまさんとご一緒したことがあるのですが、さんまさんがドイツ語抜きで現地の人とテレビのまんまの勢いでコミュニケーションをして笑いを取っているのを目の当たりにしたり。

通訳が入る隙もなかったです。そういう意味では、お笑い芸人の方の通訳は死ぬほど難しい。話の流れを遮る通訳というのは、ほぼ不可能です。

小澤征爾さんがコンサートの前日にどうしても観たかったレッドフォックスの試合がネットで見れず、小澤さんのMACの回線の不具合を急遽直しに行ったり。プロデューサーの方に「直らないと、明日の撮影に響くかも!」と変なプレッシャーをかけられつつ、冷や汗を流しながら直したことが。

もはやコーディネーターの仕事ではありません。

オリバー・カーンがインタビュー日にドタキャンをしたため、撮影現場が一瞬で凍りついたり。タレントさんの滞在が延長できず、とても残念な結果に。

これだけ長く撮影現場で仕事をしていると、それはもう色々な場面に出くわすわけです。モスクワの経験が色んな場面で生かされた気がしています。「まぁ、でもこれくらいで死なないよね。」って。

ドレスデン上空を気球から撮影(2005年)

ただ、やはり移動が多いだけに、何度か危ない目にも逢いました。ドイツのアウトバーンで事故一歩手前の状況になったり、前方何百メートルか先で車が回転して飛んだり、というのを経験したりとか。時間に追われての移動が続くと本当に危険です。悪天候の中での移動もそうですね。

生きててよかった。ニュルブルクリンクでスポーツカーの撮影をヘリコプターで行った時は酔って死ぬかと思いました。限界一歩手前で着陸。あの時は本当に危なかったです。。

テレビ業界は今後、ますます予算が減るでしょうし、仕事も減る傾向にあることは間違いないでしょう。先を見据えつつ、今できることを淡々とやっていこうと思います。

ドイツや東欧での撮影があればご一報ください。できる範囲でお手伝いします。

自分の好きな東欧の街並みや良さについては、自ら撮影してどんどんお伝えしたいとも思っているんですよねー。


Job haunting / 就職活動

就職活動、いわゆる就活というものをきちんとやったことがない。

大学の就職活動シーズンにはベルリン行きのことで頭がいっぱいで、就職活動どころではなかったからだ。

ベルリンに来てからは、友人が始めたクラブ兼ギャラリーのような場所で寿司を売ったり、日本語を教えたり。「うちで仕事してみないか?」と知人が私について書いた新聞記事を見たオランダ人キュレーターが運営するギャラリーから突然電話が掛かってきたりしたからだ。

モスクワの病院で受付兼通訳をすることになったのも、ロシア人の知人ネットワークの中にたまたま日本人の女性がいて、モスクワ滞在中に彼女に誘われて面接に行ったのがそもそものきっかけだった。

「モスクワで働いてみたいって言ってたよね?以前、バイトをしていた病院が英語とロシア語が話せる日本人を1年半くらい探しているが見つからない、と言っているんだけど。面接に行ってみない?」

後にも先にも、面接に一緒に行こうと誘われたのは一度きりである。

そして、ベルリンではロシア語学科に在籍していたので、あくまでインターンという形でモスクワで仕事を始めた。それが、クリニックマネージャーがアメリカ人から南アフリカの白人系に変わった途端、「受付にロシア人以外は必要ない。」という理由で首になったのである。

それだったら最初から雇うな、と言いたい。こちらはベルリンから外国人局に辻褄まで合わせて、学生の身分でわざわざモスクワにやってきたのである。

雇ってくれたのは移動になったアメリカ人クリニックマネージャーなので文句も言えなかった。

モスクワの病院で働いたのは結局半年ほどだけだったが、首になったので病院で知り合いになった日本大使館の方に産休に入る人がいるので面接に来る?とこれまたお声を掛けて頂いて、面接に行ってみた。

「ベルリンに帰れるのであれば、大してロシア語も必要ない(変化のない)仕事のためにわざわざここで働く必要はないのでは?」という最もな助言を頂き、心身ともに疲れ果てていたので素直にベルリンに戻ったわけである。

ベルリンで、「あー、これからどうしようかな。」としばらく放心状態が続いていたときに、特に親しくもない友人から電話をもらった。

「Tageszeitungに求人出てたよ。連絡してみたら?」

当時はスマホもノートブックも持っていなかったので、新聞の求人欄を探したり、掲示板や口コミを頼るしかなかったのだ。いつも困っていると、どこからか誰かしらが声を掛けてくれて、なんとかなってきた。

不思議なものだ。

テレビの制作会社のコーディネーターがどういうものか皆目わからない状態で面接に行くと、案の定こう尋ねられたのである。

「ロシアに行ってたみたいだけど、本当にロシア語話せるの?」
「病院の受付にいたので、ある程度は。」

「コーディネーターって何するか知ってる?」
「何も知りません。やってみないと分かりませんね。」
「じゃあ、やってみれば。」

約5分で面接終了である。

そうやって、真っさらの状態でコーディネーター業務につくことになったのが2002年。結局、(ビジネス)ドイツ語もドイツ人同僚に迷惑を掛けまくりながら仕事で必要に迫られて、ようやく何とか身についたように思う。会社には結局10年くらい雇ってもらった。

第二児の妊娠がきっかけで2013年からフリーランスになったわけだ。

プロジェクトを俯瞰的に見る力や、オーガナイズや交渉力が嫌でもつくので、モスクワの経験も含め、ここ20年近くで色んな意味でのサバイバル力は上がった気がしている。


Reklamation / クレーム

父親がクレーム魔で子供の頃から現場に居合わせることがあったりしたせいか、クレームがどちらかといえばあまり好きではない。

何かしらのミスが原因で約束されていた物事が遂行されず、クレームは発生する。

これだけテクノロジーが進んだ世の中でも、まだまだ人の手が入っているので、どこかで必ずと言ってよいほどミスが生じる。

ある意味、人間味のある現象なのであろう。

もっとこの先、技術向上が進めばミスは限りなくゼロに近づき、クレームも発生しなくなる日が来るのだろうか。何となくそんなことは夢物語のような気がしてしまう。

人間でもAIでもベースは人間の知性であるので、どこかでミスが生じるものなのではないか。

なぜクレーム処理が苦手かというと、自分のミスで起こったことに対しての対応ではなく、他人のミスが原因で起こったクレームに対応しなければならないことが多いからだ。

コーディネーターという仕事柄、A:クライアント B:エージェント(ホテル、カーレンタル、機材レンタル、スタジオetc.)の間に立つ場合がほとんどで、大抵の場合AがBの不手際に対してクレームを出し、Bの責任を追求する役目が回ってくる。

ドイツは日本とは違い、何か問題が起こったときにすぐに「すみません。」と謝ったりはしない。謝ったら負け、くらいの教育を受けているのか、日本のように取り敢えず客の怒りを鎮めるために会社の一員として責任を負いその場で謝罪をする、という姿勢が全くないのだ。

今回のクレームはA:クライアント B:ホテルのコンセルジェ C:レンタカー会社の間で問題が生じてしまったために起きた。

AがBを通して予約したはずの車がCから当日の予約時間になっても配車されなかったのだ。

なぜか?

Bが予約した際にAが渡したクレジットカード情報がカード読み取り機あるいはシステムの問題で読み込まれておらず、Aがすでに捕まらなかったため、CがBにクレジットカード情報がなくても翌日時間通りに配車する、と言って予約を口頭で確定した。

翌日、おそらく担当が変わり、その内容が伝わっておらずカード情報がシステム内になかったため、配車が行われなかった。

BもCも正当性を延々と述べるだけで、誰も非を認めない。週末のため支店長が不在のため、クレームは週明け月曜日に持ち越しとなる。

Cのカスタマーサービスに事情を話しても、クレジットカード情報がない状態では予約は確定できない、よくわかっていないコンセルジェを通さない方がいいのでは、とホテルのコンセルジェをディスり始める始末。

埒が明かないので、支店長の名前とメアドを入手し、まずはホテル側に書面でクレームを入れる。

予約を担当したコンセルジェからレンタル会社とのやり取りが書かれたメールが届く。それをレンタル会社の支店長に転送したところ、あっさりと非を認めた上、ホテル側には一切責任がないことまで記されていた。

ホテルのすぐ側に支店があるので、恐らくはホテル客が使用し、ホテル側との取り引きも多いはずである。

今回、一連のやり取りで確信したことをまとめると、

  • クレーム処理は後日、改めて書面で各担当者に送付すること。
  • その際には状況をできるだけ詳しく述べること。
  • カスタマーサービスは会社に不利なことは一切言わないので信用できない。そもそも当事者ではないので当てにならない。
  • 各担当者の氏名は必ず控えておくこと。
  • ドイツ人はすぐには謝らないが、自分の非が明らかになればきちんと謝罪してくれる。

現場からは以上です。

“This is Berlin” / ロケーションハンティング

たまには仕事のお話を。

昨日、今日とドラマのキャスティングに来られたプロデューサーとディレクター、私の三人でベルリンのロケハンを行なった。

多忙すぎる超過密スケジュールでのベルリン滞在。事前のすり合わせもままならず、台本の内容もキャスティングの詳細も一切分からない、という非常に稀な状況でのロケハンとなった。

普段はあえて行かないところにも上る

ざっくりと把握していたのはキャスティングがメインらしいこと、ロケハンについては当時のベルリンの様子が感じられる風景を、という点くらいである。

ここではあまり詳しいことは書けないので、ロケハン同行中にできる範囲で撮った写真を載せておこうと思う。

普段は歩かない場所をどんどん歩く

コーディネータの仕事で現場に出ると、番組の内容にもよるが、ほとんどの場合には降り注ぐ質問と格闘したり、通訳をしながらの同行になるので、どうしてもじっくりと写真を撮る時間がない。ただし、きちんと記録しておかないと、撮影内容についての質問が後日出た際に追跡できなくなったりする場合が無きにしも非ず。

今回は時間の決まっていたアポ2件以外はかなり流動的なスケジュールで、動きながら考える場面も多く、ほとんどメモ的な写真くらいしか撮れていなかった。

「ドイツスポーツの家」

コーディネーターの仕事はもう初めてからずいぶん長いが、毎回テーマも違えば、場所も変わるので知識が浅く広くになってしまい、なかなか自分のものにするのが難しい。毎回、内容がコロコロ変わるため深く掘り下げられず調べたことが定着しにくいのである。

通訳や翻訳の仕事とも少し通じるところがあるかもしれない。

今回も事前にある程度の下調べをしておかないと、すぐに答えられる内容ではなかったことと、ロケハンの意図がなかなか具体的に情報として下りてこなかったためどうしても準備不足が目立ってしまった。

だが、現場でそんな状況を嘆いていても仕方がない。できる範囲のことを限られた時間の中でいかに効率よく行えるか、が重要になってくる。

スパッと気持ちを切り替えて、最善を尽くすしかない。

毎回、こんな風に全行程が終わったあとは山のように反省点が出てくるわけだが、学べることもそれだけ多いので、日々精進するほかない。言葉の習得と同じでテーマが多岐にわたる為ある意味、終わりが見えない。

とにかく今年はもっと機動力を上げて、自分でもどんどん撮影して勉強しないといけないな、と思っている。それこそスマホで誰でも撮影できる時代になったのだから。

一枚の写真から

久しぶりに「ほぼ日刊イトイ新聞」を見ていたら、以前HOBONICHI TECHO 2009に何気なく投稿した文章と写真が出て来てとても懐かしく思った。

090119_mainimg_2

2009年1月19日。もう、あれからずいぶんと時間が経つ。

東京からパリ、そしてベルリンにやって来て、何度も一緒にロケをしてきた同僚の日本人カメラマンが父親になったのを機に、今後の身の振り方を考え、長女が小学校に上がる前に帰国を決めた頃だった。

日本人家族でドイツ語がそれほど話せない彼にとって、何かあった時に自分たちだけで迅速に解決ができないのが困る、というのが一番の理由だったのかもしれない。

そして、そんな同僚のベルリンでの最後の仕事は小澤征爾さん指揮のフィルハーモニーの舞台ど真ん中で至近距離から小澤さんを撮る、という重大任務だった。

粋なことをする社長だなーと思ったことや、同僚の姿を見て、「彼はあそこでカメラを回せたというだけでもベルリンに来た甲斐があったんじゃないか。」と半ば羨ましくなったことなんかを思い出した

テレビの撮影コーディネーターを初めて7年目、この時点ではまだ自分が妊娠していることにも全く気付きもしていなかった。

この日の仕事が私にとっても、現役会社員のコーディネーターとして現場に出たほぼ最後の仕事になったわけである。あの日はそういう意味でも不思議な日だったし、あの現場に立ち会えたことは幸せだった。

と、そんなこともすっかり忘れていたのだが、この写真と手短なコメントを読むだけで、当時の感覚がはっきりと蘇って来た。やはり日記はいいものだなー、と思う。

毎日とは行かなくても、こんな風にその日、その日の自分の気持ちを一枚の写真と共に書き留めておくといいのかもしれない。