Torstrasse 225/227 / ベルリンの住宅事情

デモ告知

近年、ベルリンの家賃高騰と住居不足はかなり深刻な問題となっている。それにもかかわらず、ミッテ区のTor通り225/227番地では空き家が全体のアパート数のほぼ3分の1を占めているという。

一体なぜなのか。

問題の物件は3つの中庭を持ち、住居面積2235m2の複合アパートである。88戸のアパートおよび4つの店舗を有している。

2006年に改装作業が終わっており、2007年以降、アパートは順調に賃貸者でうまっていた。

しかし、現状は全体の約3分の1に当たるアパートが空室となっており、放置されたままだという。住民が管理人に問い合わせたところ、「当分貸す予定はない。」との回答であったそうだ。

1997年以降、このアパートの所有者は5度変わっている。2017年に住民はアパートの建物全体が売りに出されるという知らせを受ける。

Accentro 6. Wohneigentum GmbHという不動産業者に所有者が変わったためだ。この業者は賃貸アパートを個人所有のアパートにし、これらを転売あるいは所有者自らが住む、という経営体制をとっている。

屋上の増築およびバルコニー、エレベーターの設置工事のための許可書はすでに得ているのだそうだ。

よくあるパターンといえばそれまでだが、10年、20年、30年と長期で同じアパートに住んできた住民たちが、利益最優先の転売不動産業者に所有が変わったことで立ち退きを迫られる典型的なケースである。

不動産業者の視点では古くからの住民を立ち退かせ、高額なリノベを施し家賃を釣り上げて新居者を募れば多くの利益が出るわけだ。

昔ながらの住民の生活がこうしていとも簡単に奪われ、多様な生活レベル、人種の隣人たちのいるカラフルな生活が失われつつあるのが、今のベルリンの現状なのである。

街の中心部からは「支払える家賃のアパート」が消え、億ションが軒並み増える一方だ。ジェントリフィケーションの波は止めることができないのだろうか。

昔は良かった、というのは単なるノスタルジーなのかもしれないが、街のカラーがここ10年で肌感覚で変化してしまったことは否めない。

4月6日(土)の12時よりアレクサンダー広場にてデモが予定されている。フライブルク、ポツダム、ケルン、ボーフムでも同時にデモが開催されるようだ。

家賃の高騰はベルリンに限ったわけではなく、もはやドイツ各地で社会問題となっている。

日本語の告知文: https://mietenwahnsinn.info/demo-april-2019/jp/

Google-Dependence im Forum Museumsinsel / ベルリンとグーグル

先日、ツィッターで以下のような投稿をした。

ベルリンのクロイツベルク地区に予定されていたグーグルキャンパスが住民の大規模なデモなどによってキャンセルに追い込まれたのも記憶に新しい。

そして、そのグーグルキャンパスを、ワルシャワの開発がさらに進むであろうプラガ地区で偶然見かけたことはこのブログでも触れている。

Google Campusの入っているワルシャワプラガ地区のKonese

グーグル先生はそれでもベルリンを諦めてはいなかった。

他の欧州(ここでは西欧)の大都市に比べると、参入できる隙間が今のベルリンにはまだあるからだ。

Google-Dependenceとやらがベルリンの世界遺産であるプロイセン文化財団所有のベルリン美術館島の目と鼻の先に建設中のForum Museumsinsel内に今月22日にオープンした。グローピウス・アンサンブル(Gropius Ensemble) と呼ばれている歴史的建造物が新たな拠点になる。

グローピウス・アンサブルはベルリン大学の創立時1810年にツィーゲル通りとシュプレー川の間に病院の敷地として増設されたエリアである。1879年から1883年にかけてマルティン・グローピウスとハイノ・シュミーデンによってネオルネッサンス様式の本館が建設されている。

美術館島のマスタープランを手がけているデイビッド・チッパーフィールドにより、グローピウス・アンサンブルは当時を再現しつつ新たに生まれ変わった。

ここではGoogle Zukunft Werkstatt(グーグル・フューチャ・ファブリック)プログラムの一貫として、様々なワークショップや研修などが行われる。このプログラムで学んだ人たちはドイツ国内ですで50万人に達する。トレーニングや研修を無事に終了した者にはGoogler in Berlinの資格が与えられるのだとか。

ドイツのグーグル従業員はドイツのヘッドクォーターがあるハンブルクの700人に続き、開発センターのあるミュンヘンに400人。ベルリンは現在150人で将来的には300人になる見込みなんだそうだ。

このニュース、ベルリンという街にとって経済的に見ればプラスなんだろうが、ベルリン市民にとってはプラス、それともマイナスのいずれに働くのだろう。
間違いなく言えることはミッテ地区の英語化はますます加速し、家賃の高騰も歯止めが効かない、ということくらいか。

あなたもベルリンでGooglerになりたいですか?

グーグルの新しいオフィス前でデモを行う人々

*写真やグラフィックはForum MuseuminselのHPより借用しています。

ワルシャワのプラガ地区 / Warszawa-3

前回の続き。ワルシャワの歴史地区を後にし、トラムで橋を渡って街の北東にあるプラガ地区へ。この地区については、まだ余り開発も進んでいないせいかネット上の情報も少なく、仮に情報があったとしても「ワルシャワで最も危険な地区」というイメージばかりが先行しており、なんとなく腑に落ちなかった。

ベルリンからワルシャワへ移動する際、ポーランド航空の機内誌に「ワルシャワで面白いエリアのひとつがプラガ地区」という記述があったからだ。

今回の旅行は事前リサーチも特にせず、急遽現地で中高時代の同級生と落ち合うことにしたので、機内誌で目にしたキーワードを頼りに友人とあれこれ相談しつつ歴史地区を見た後にプラガ地区を目指すことにした。

目的地はZąbkowska通り周辺とSOHO Factory

まずはプラガ地区の壁画やアート作品を目印にそれらしき通りへ向かう。「ベルリンのクロイツベルク」という表現をしていた人もいたが、確かに修復されていない古い建物が目立ちホームレスなどの姿もちらほらと見かける。一昔前のクロイツベルクといったところか。ベルリンに比べると人通りはかなり少ないと言えるだろう。歴史地区から来ると、その対比に驚く人がいても全く不思議ではない。

それでも危険、というよりは少し薄汚れていて、あちらこちらにストリートアートが見られる、という程度である。ここにもワルシャワ独立100周年のロゴが。

道沿いのアルミホイルでぐるぐる巻きにされた建物はかなり目についた。Piotr Janowski による「Ząbkowska 9(ゾンプコフスカ通り9), take off!」というアート作品らしく、作品解説のプレートまで付いていた。19世紀に建てられたほぼ廃墟と化した建物をアルミホイルで包み込んだ作品だが、作者にとってはこれがこのエリアのポジティブな変化のシンボルだという。2015年にヤノフスキーはフロリダにある自宅も同様にアルミホイルで包み込んだそうだが、隣人たちの評判は良くなかったようだ。

この通りをまっすぐ行くと、以前工場だったような建物が左手に立っているのが目に入った。恐らくここが目的地のひとつのはずだ。入り口を探すが案内板などもなく、よくわからない。女性がひとりで開いている門から中に入り空き地を横切って向こう側へ歩いて行ったので、同じようにして空き地の裏にある建物の正体を探りに行ってみた。ベルリンの90年代も同じようにあちらこちらに修復中の建物や空き地が目立っていたので少し懐かしい感じがしないでもない。

外から見るとこれまた全く分からないが、一歩修復作業中の敷地内に入るとこの通り。

危ない云々以前に、かなりヒップな場所になろうとしているのが一目瞭然である。皮肉なことにクロイツベルク移転を実現できずに終わったグーグルのスタートアップキャンパスが入っていたのだから、驚きも尚更だ。プラガ地区の現在の状況が地下高騰や家賃上昇なども含め急激に変化するのは目に見えている。ジェントリフィケーションの余波がやってくるのも、もはや時間の問題だろう。ワルシャワがベルリンの二の舞にならないことを祈るしかない。

絵本のポップアップストア兼ギャラリー内にいた女性に聞いたところ、まだ敷地全体の工事そのものは終わっておらず、一時的な貸店舗を利用してポップアップストアやテンポラリーギャラリーなどが入っている状況だとか。

プラガ地区への道しるべ的な役割を果たしていた青いアート作品にもここで再会。きちんとしたギャラリーに収まっていると受ける印象が全く違う。ギャラリーは残念ながら閉まっていて、作者にまでたどり着けなかった。

グーグルキャンパスの方も活動はしているようだが、まだ建物の外にはCAMPUSのロゴが無造作に置かれているのみ。

この場所だが、以前はウォッカ工場だったようで、敷地内にはポーランドウォッカ工場博物館もある。ライプチヒの紡績工場跡地といい、欧州の再開発は工場の跡地をうまく利用しているところが多い印象を受ける。ロフトアパートなどが併設しているのも特徴的だ。敷地の広さや天井の高さ、頑丈な煉瓦造りなど再利用に際して利点が多いのだろう。

どうやらこちらが正面入り口のひとつであるらしい。Koneserというネーミングもここまで足を運んでみてやっと分かった。

余談になるが、プラガ地区について検索していると、いかにも旅慣れた風のバックパッカーの男性がゾンプコフスカ通りを歩きながら、この建物を背後に「プラガ地区はかなり危ないので気をつけてください。」という動画を2018年の夏にYouTubeに投稿していた。正直、街の持つポテンシャルに気付いてさらにそこからもう一歩踏み込んで欲しかった。

日本語だけに頼ると、どうしても情報が偏ってしまうので、グーグル先生には日本語だけでなく英語、そして可能であれば現地語で尋ねるようにするのがベストだと常々感じている。

そしてさらに言えば、ネット上の情報ばかりに惑わされず自分の感覚に従って、とにかく街を自由に歩いて見て欲しい。

既に飽和状態のベルリンに比べると、ワルシャワはまだまだ伸びしろのある面白い街だ、というのが今回の短い滞在で受けた私個人の印象である。

Koneserだけの紹介で終わってしまったが、SOHOの方もかなり興味深かったのでこちらについてはまた次回。

 

 

 

 

Altenheime in Mitte / 老人にはさようなら、スタートアップは大歓迎、のミッテ地区

郵便受けに投函される地区のフリーペーパー。目に止まったのは“Senioren raus, Start-ups rein”というタイトルだった。ベルリンのミッテ地区もいよいよ人間味が失われつつあるな、とがっくり。ジェントリフィケーションという言葉を多用したくもないのだが、最近のベルリンはまさに、そのオンパレード状態としか言いようがない。
問題になっているのはアレキサンダー広場とインヴァリーデン通りにあるSenioren-Domizilが1年以内に閉鎖され、テナントビルとして再スタートする、というニュースだ。平たくいうと、人気地区の一等地で老人ホームを経営するより、テナントビルとしてスタートアップなどにオフィスを提供する方が利益が格段に上がる、という単純明快な事実である。
こちらの老人ホームはBerthold Hecht氏による家族経営。彼によると、2019年の夏までに入居者に彼が所有する他の4つのホームにそれぞれ移ってもらい、現ホームが閉鎖した後はオフィスのみの使用になるということだ。このニュースがメディアに掲載されるやいなや、何件もの問い合わせがあったそうだ。というのも、どちらの物件も保護指定されている建築上重要な建物となっているからだ。
アレキサンダー広場付近の建物は東独時代にはベルリンの労働者のための病院(”Zentrale Poliklinik der Berliner Bauarbeiter“)だった。

スクリーンショット 2018-06-02 17.41.47
以前は「ベルリンの労働者のための病院」だった建物(Magazinstraße)/ Foto: Dirk Jericho)

一方、インヴァリーデン通りの建物は以前はバルティック・ホテルとして第二次世界大戦後から1990年まで労働組合のためのゲストハウスとして使用されていた。

スクリーンショット 2018-06-02 17.07.33
初期モダニズム建築:3階から5階まではひとつの窓につきひとつのバルコニーが備え付けられている / Foto: Dirk Jericho

Hecht氏は今年中に2020年以降のオフィステナントを決めたい意向だ。
この記事の冒頭に所有者の異なる老人ホームについても記述ががあるので、そちらについても検索してみる。
開発が進んだ2000年以降、観光客の激増したHackescher Markt。その中でも特に人の集まるHackescher Höfeの目の前に立つ老人ホーム”Residenz Vis à vis der Hackeschen Höfe”。2ヶ月ほど前にホームの下に入っていたスーパーのEdekaとドラッグストアのRosmannが撤退したのでおかしいな、と思っていたらビルの所有者が築20年ほどの建物を改装して、アパート、オフィス、店舗を兼ね備えたビルに建て替えることが決まったのだとか。

以前、目にした記事では2年間の猶予が与えられそうだ、となっていたのだが、なんと今月末まで(2018年6月)に245名の入居者がホームを明け渡さないといけなくなったらしい。
こちらの建物については特に保護指定などはされていない簡素な作りとなっているが、抜群のロケーションを利用して高級アパートや店舗、スタートアップ誘致などを目的に現在の建物を取り壊し建て直す計画だという。入居者のための2年間の猶予がどこに消えてしまったのかは全くの謎だが、残念なことにドイツには賃貸アパートの入居者を保護するような法律も特にないので、所有者の気が変われば退去せざるを得ないのが現状なのだろう。ひどい話である。
前回のホルツマルクト とは事情が異なるものの、ベルリンの今の現状がどこまで続き、ジェントリフィケーションが加速するのか全く予想も付かない。昔からベルリンに住む住民の生活が脅かされるレベルになっていることは疑う余地もない。
参考記事:
https://www.berliner-woche.de/mitte/c-wirtschaft/senioren-raus-start-ups-rein-zwei-weitere-altenheime-werden-geschlossen_a163337
https://www.morgenpost.de/berlin/article214106653/Investor-reisst-Altersheim-am-Hackeschen-Markt-ab.html

"Doch Kunst" / ベルリンとシアターの関係

9月からクリス・デルコン率いる新生フォルクスビューネが始動した。一筋縄では行かないだろう、と予想はしていたが仕事で朝ホテルに向かう途中、ふと劇場の入り口付近を見るといつもより人だかりが多い。
IMG_4097
正面入り口の上には青い横断幕、「DOCH KUNST」(やはりアートだ。)の文字。
と、ここまで書いて放置していたが、仕事も一段落したので続きを。
結局、このフォルクスビューネの平和的占拠は警察の介入で9月22日から29日までの1週間ほどで終わってしまったようだ。
アクションを起こしたのは芸術家集団「Staub zu Glitzer」(ダストから宝石を)。広報担当はフォルクスビューネの総監督に就任したクリス・デルコン個人やそのチームに向けた運動ではないこと、暴力やアグレッシブな行動からは距離を置いていることをプレス発表の際に改めて強調した。
しかし、何よりも今回の争点になっているのはデルコンの示すフォルクスビューネの方向性に反発する「反ジェントリフィケーション」のようだ。
スクリーンショット 2017-10-03 17.03.04
ローザ・ルクセンブルク・プラッツのフォルクスビューネは彼らのようなアクティビストや一部の市民にとって、ベルリンの至る所で加速中のジェントリフィケーションや文化のマーケティング化、企業誘致、社会からの排除などに反対表明をする「最後の砦」のような意味合いを持つシンボリックな場所なのだろう。
IMG_4098
95年からベルリンの変化を身をもって体験している者としては、彼らの主張は「そうあるべき」至極当然のものだ、という反面、時代の素早い変化について行けないと感じる人々の叫びなのかもしれない、という考えもどこか拭いきれない。
ベルリンの街も私自身も、これまで自分たちが参加して街づくりをしてきたと自負する昔からベルリンに住んでいる誰もが日々の生活の中で時代や街の変化を肌で感じ、多かれ少なかれ違和感や葛藤を抱いているのかもしれない。
10月3日のドイツ統一記念日に、そんなことを考える。
西ドイツと東ドイツ、西ベルリンと東ベルリン。物理的な壁は消滅したが、頭の中の壁はまだまだそこに存在しているだろうし、その壁がこれからのドイツの行方を大きく左右する要因のひとつになることは間違いないだろう。それは先月24日の選挙結果からも明らかだ。
ベルリンという「壁」の存在した特殊だった街も、時間とともにパリやロンドンといった欧州の普通の一都市に並ぶ日もそう遠くはなさそうだ。それでも、フォルクスビューネのような地元民のコミュニケーションのハブである「最後の砦」は残した方がこの街のためになるはずだ。
そして、今日もフォルクスビューネ前の広場で夕方から野外コンサートが行われるんだとか。