Klimaschutzprogramm 2030 / 気候保護プログラム2030年

スウェーデンの気候変動活動家グレータ・トゥーンベリ。彼女の抗議活動に触発され、Fridays for futureと呼ばれるデモ活動は欧州内に留まらず、世界的な抗議活動へと発展している。

明日25日の金曜日にドイツ各地で予定されているデモ開催地のマップが以下である。ベルリンでも12時よりInvalidenparkをスタート地点に行われる予定だ。

Fridays For Futureドイツ HPより

毎週金曜日に行われるようになった若年層を中心とした抗議活動。息子の小学校でも「クラスでデモに参加できないか?」といった案が保護者から出たほど市民の関心も高い。

自主的に学校の授業を休んでデモに参加するという抗議活動だが、ドイツ国内の専門家や科学者もその抗議内容を支持する表明を出したりと活動をサポートする動きが高まっている。

Sientists for Furtur HPより

我々は「未来のための科学者」(Sientists for Future)が連邦持続可能賞2019年を受賞したことは非常に喜ばしいことだと考えています。「グレグレゴア・ハゲドーン博士および「未来のための科学者」は「未来のための金曜日」(FFF=Fridays for Future)の活動に対して本質的な賛同の意を公式に表明しました。このことはFFFがたった数ヶ月でドイツ国内の気候保護および気候変動へのこれまでに見られなかった規模で公的な注意を喚起することに繋がったのです。

S4Future, 2019.10.21

そんな中、毎週金曜日にデモは地道に続けられており、政治家も無関心でいるわけにはいかない状況を生み出しているのだ。

連邦議会報道官および連邦政府報道局長(Sprecher der Bundesregierung / Chef des Bundespresseamtes (BPA)、シュテフェン・ザイベルトが10月23日のツイートで気候保護にとって大切な一歩、として国内のCO2排出取引システムの導入とCO2排出に対する基本的な料金設定について投稿している。

いよいよ、来たか。これはじりじりと値上がりするぞ、という感じのグラフィック。

海外在住組として一番気になる長距離フライト料金についてはこのようになっていた。

Klimaschutzprogramm2030 / Aktuelles 連邦議会HPより

欧州内の航空運賃税は5,53ユーロの値上げで13,03ユーロに。6000キロメートルまでの中距離フライトについては9,58ユーロの値上げで33,01ユーロに。長距離については17,25ユーロの値上げで59,43ユーロになる見込みである。

従来の税率は2020年4月より値上げされる。連邦政府はこれにより環境に優しい交通利用を促す効果を期待している。同時に自然保護プログラム2030年に必要な税収も見込んでいる。フライト料金の値上げに伴い、逆に列車のチケット料金にかかる消費税は19%から7%に引き下げられる。

ここで全てを網羅することはできないが、興味のある方は連邦議会のHPに気候保護プログラム2030の概要というまとめサイトがあるのでチェックしてみては。

今後はまた気軽に海外旅行に出られなくなる日が来るかもしれない。利便性と環境破壊は密接に結びついているということなのだろうか。色々と考えさせられる。

Torstrasse 225/227 / ベルリンの住宅事情

デモ告知

近年、ベルリンの家賃高騰と住居不足はかなり深刻な問題となっている。それにもかかわらず、ミッテ区のTor通り225/227番地では空き家が全体のアパート数のほぼ3分の1を占めているという。

一体なぜなのか。

問題の物件は3つの中庭を持ち、住居面積2235m2の複合アパートである。88戸のアパートおよび4つの店舗を有している。

2006年に改装作業が終わっており、2007年以降、アパートは順調に賃貸者でうまっていた。

しかし、現状は全体の約3分の1に当たるアパートが空室となっており、放置されたままだという。住民が管理人に問い合わせたところ、「当分貸す予定はない。」との回答であったそうだ。

1997年以降、このアパートの所有者は5度変わっている。2017年に住民はアパートの建物全体が売りに出されるという知らせを受ける。

Accentro 6. Wohneigentum GmbHという不動産業者に所有者が変わったためだ。この業者は賃貸アパートを個人所有のアパートにし、これらを転売あるいは所有者自らが住む、という経営体制をとっている。

屋上の増築およびバルコニー、エレベーターの設置工事のための許可書はすでに得ているのだそうだ。

よくあるパターンといえばそれまでだが、10年、20年、30年と長期で同じアパートに住んできた住民たちが、利益最優先の転売不動産業者に所有が変わったことで立ち退きを迫られる典型的なケースである。

不動産業者の視点では古くからの住民を立ち退かせ、高額なリノベを施し家賃を釣り上げて新居者を募れば多くの利益が出るわけだ。

昔ながらの住民の生活がこうしていとも簡単に奪われ、多様な生活レベル、人種の隣人たちのいるカラフルな生活が失われつつあるのが、今のベルリンの現状なのである。

街の中心部からは「支払える家賃のアパート」が消え、億ションが軒並み増える一方だ。ジェントリフィケーションの波は止めることができないのだろうか。

昔は良かった、というのは単なるノスタルジーなのかもしれないが、街のカラーがここ10年で肌感覚で変化してしまったことは否めない。

4月6日(土)の12時よりアレクサンダー広場にてデモが予定されている。フライブルク、ポツダム、ケルン、ボーフムでも同時にデモが開催されるようだ。

家賃の高騰はベルリンに限ったわけではなく、もはやドイツ各地で社会問題となっている。

日本語の告知文: https://mietenwahnsinn.info/demo-april-2019/jp/

„Fridays for Future“ / 学校の代わりにデモへ

皆さんは16歳のスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリをご存知だろうか。

2018年12月に、ポーランドのカトヴィッツで開催されたCOP24(気候変動枠組条約第24回締約国会議で、気候変動の危機を訴えた人物だ。

Why should I be studying for a future that soon may be no more, when no one is doing anything to save that future? And what is the point of learning facts when the most important facts clearly means nothing to our society?

Greta Thunberg, eine 16-jährige Klima-Aktivistin im Streik.

トゥーンベリは、すでに新学期の始まる2018年の8月から当初は毎日学校に行かず、ストックホルムの議会前に座り込みをしていたそうだ。そして選挙後に、金曜日のみに絞って、気候変動に対するデモを行なっている。

トゥーンベリの自転車「気候危機は対策を立てるべき危機だ!気候はもっとも大切な案件だ!」
©Gretas cykel Gamla stan, Stockholm, Sverige, September 2018

もしかすると存在しない未来のために学ぶことに意義があるのか、そして最も重要な事実が社会にとって何の意味もなさないのに、それらの事実を学ぶのに何の意味があるのか、とデモの際にコメントしている。

そしてトゥーンベリに賛同をする若者によって世界中にFridays for future運動が広まっているのだ。

「ほんの数人の子供たちが学校を休むだけで世界中が注目するのです。」

彼女の戦術は物の見事に成功した。今の若い人たちはネットワーキングを利用し、実際に行動に移すのも早い。この大きなうねりで今の世の中の仕組みを変えることができればテクノロジーの進化も悪くないな、とさえ思う。

明日、22日の金曜日にもドイツ各地でデモが行われる予定だ。ベルリンでは12時からミッテ区の連邦経済エネルギー省(Bundesministerium für Wirtschaft und Energie:BMWi)に面したインバリーデンパークをスタートに首相官邸前までデモが予定されている。

*タイトル写真はFridays for futureのサイトから引用しています。

Warnstreiks-Woche / ベルリンのストライキ週間

今年に入ってから、ストライキのニュースが立て続けに入ってくる印象を受けるのは気のせいだろうか。

ついこの間も、ルフトハンザが立て続けに2度ほどストライキをしていたようだし、ベルリンの2つの空港、テーゲルとシューネフェルト空港でも職員らが確かストを行なっていたはずだ。

冬のこの時期はロケも少なく空の便を利用することはそれほどないので、特に弊害はなかったものの、仕事での移動中にストライキに巻き込まれると恐ろしく面倒なことになる。

幸運にもまだ直接大きな被害を被ったことはないのだが、常にどこかでストの可能性も考える必要があるというのは欧州ならではだろう。

さて、ベルリンでは今月7日から17日まで国際映画祭が開催されている。そして、このタイミングに2つのデモとストライキのニュースが入ってきた。

まず明日、13日の水曜日には幼稚園、小学校、ホート(日本の学童に近い)、大学、警察、消防所、区役所、その他の役所関連で職員による大規模なデモが行われる。

我が家の子供たちは別々の小学校に通っているが、娘の小学校からは昨日の段階で水曜日のデモについて喚起する書面連絡があった。

多くの教員や保育士がデモに参加する見込みなので、授業内容に大幅な変更が予想されること、緊急のホートによるケアは行われるが自宅待機が望ましいこと。

一方、息子の学校からはまだ何の音沙汰もない。と、これを書いているとメールで明日は可能であれば12時から13時半の間に迎えに来てください、と連絡が入る。

今回のように急な話の場合、保護者がその対応に追われるわけだが、完全に休校にはならないことから、やむなく学校に行かせる家も少なくはないだろう。

新聞記事には今回のデモによる有給休暇などは支給されないので、職場と調整の上、自分で有給を取るかホームオフィスなどでの対応をすること。家族の協力が得られない場合は、知人や友人同士で助け合うこと、などのアドバイスが見られた。

BVG職員へのメッセージ「給料値上げと時短が実現しますように!」

続く15日の金曜日は、ベルリン交通局(BVG)職員のストライキが始発から正午くらいまでを目処に行われるのだとか。Uバーン、バス、トラム全線が対象になる。出勤客によるかなりの渋滞が予想されるので、約束のある方はかなり余裕を持って家を出た方がいい。特に映画祭で午前の上映分に出かける方はご注意を。

どちらのケースも賃金交渉が暗礁に乗り上げているため、労働組合によって警告的ストライキとして行われるものだ。

特に、ベルリンの教員や保育士の賃金がブランンブルク州よりも月に300ユーロほど低いことは以前からメディアでも話題になっていた。

度重なるストライキを回避するためにも、交渉がうまく進むことを祈るほかなさそうだ。

2019/2/20追記:残念ながら、GEWの労使交渉が決裂したためか、2月26日、27日両日とも幼稚園や学校関連で再度ストが行われるとのこと。