Aufnahmeleiter / Koordinator / 撮影コーディネーター

珍しく仕事の話を少し。

今月はなぜか毎週のようにロケや取材が入っていて忙しい日々を過ごしている。毎日、制作会社勤めをしていた頃のような忙しさである。

ロケに行って洗濯をし、また荷造りして次のロケへ出る。

正直、今年前半はテレビ番組の撮影が数本入ったきり、後は小さな案件がちょろちょろ入る程度で閑古鳥が鳴いていた。

「いよいよ、営業しないと仕事が取れないな。」などと思いつつ、夏休みによく考えず帰国したのが嘘のようだ。結局、子供中心に動いたため営業もできなかった。

フリーランスというものは定期的に仕事が入るわけでもないので、このように先行きが見えない不安、というものを多かれ少なかれ感じるものなのだ。

会社にいた時はまだテレビ全盛の時代であったので、それこそバラエティーに富んだ番組の撮影を経験してきた。W杯にサッカーの取材、クラシックコンサートの中継から旅番組、情報番組などなど。

タレントがわざわざドイツまで来て海外ロケをする、というのも極めて頻繁に行われていた頃だ。

フランクフルトのボーリング場にスタジオセットを組んで撮影したこともある。その時は日本側とドイツ側のスタッフ総勢40人ほどを相手に仕事をしたが、あんな仕事はもう2度とやりたくない。

手配したクレーンが日本のものと違うと言われ、発注し直したクレーンからカメラマンが落ちるわ、撮影が長引きすぎてドイツ人の照明スタッフが途中で帰る、と言いだすわ。

まるでワガママまな幼稚園児を束にした相手と仕事をしているような現場だった。

某スポーツカーの撮影では300キロの車をヘリで追跡する撮影を行った。上下左右に振られ、危うく胃の中のものが全て出そうになったり。真っ青な顔でギリギリ着陸。

気球を使った撮影では風まかせで降りたところが畑のど真ん中で持ち主が飛んできて怒鳴られたり。

それはもう色んなことが現場では起こるのである。

会社を辞めてフリーになってからは、割と落ち着いた案件が多い印象だ。

気心の知れたクライアントさんや知人友人繋がりの仕事だからなのだろうが、時代の変化もあるのかもしれない。

最小限の機材に最小限のスタッフ。小回りが利き、無駄がない体制。ずいぶんと現場もやりやすくなっている印象を受ける。

ベルリン見本市でのカメラチーム

無駄がない分、一人当たりの負担は増えるわけだが、先日のベルリンとフランクフルトの見本市でもご一緒したカメラチームのほとんどがコミュニケーション力抜群でとても助かった。

ドイツ語や英語使いのクルーだと、間に割って入る必要がない分、進行がスムーズ。フランクフルトには以前から一緒に仕事をしているドイツ人音声と共に向かったが、日本からいらしたベテランカメラマンが英語で話してくれる、と嬉しそうにしていた。

コンパクトだが優秀な4Kカメラ

ドイツ人音声で日本のカメラチームに入ると、誰とも会話できないという状況も多々あるからだ。

そんなわけで、現場における自分の仕事は圧倒的に減ってしまったのだが、そこは割り切ってフードコーディネーターに徹してみた。

さすがビジネスの街フランクフルト。レストランのクオリティーはいたって高めの印象だ。

・ランチは時間のある時はラーメンにお寿司。それ以外は見本市会場でソーセージなど
・夕食はドイツ、イタリア、ベトナムに韓国レストラン

フランクフルト名物のGrüne Soße

どれも非常に美味しく、美味しいと翌日も楽しく仕事ができるというわけでいい感じに全行程を終えることができた。

寿司ランチ@岩瀬

ロケの食事は侮れない。

Dreharbeiten und das Wetter / ロケと天気の関係

明日から「春の味覚」をテーマに2日間ロケがある。

2002年からコーディネーター業をやっているので、ロケ最中に天候に振り回されたことが何回もあるように思えるが、実は数えるほどしかない。

世間で言うところの、いわゆる自称「晴れ女」だと思っていた。今日までは。

だがしかし、晴れ女だろうが雨女だろうが、ドイツにおいて、4月の天気は最もきまぐれでこんな言い伝えのような気休めでコントロールできる類のものではない。

「ロケと天気」で真っ先に思い浮かぶのは、いつだったか2月末から3月初旬にかけて、ライン川沿いで行ったとあるCMの撮影である。

クライアントさんの都合がどうしても付かず、まだ冬真っ盛りの2月下旬から3月初旬に「春の絵」を撮りたい、という制作チームのコーディネートをすることになった。

もちろん、開口一番「日本はその時期、すでに春めいてきているかもしれませんが、こちらドイツで2月下旬や3月初旬は雪も普通に降りますし、日本でいうところの春ではありませんよ!!」と何度も念をおしておいた。

当然である。釘を刺して置かないと現場で何を言い出されるやもわからない。

これまた恐ろしいことに、実際、現地入りしてみると天気が崩れ、ロケハンの当日には視界が5メートルほどしか効かないほどの吹雪になったのである。

「え、こんな天気になるって聞いてませんけど。」(冬だと言いませんでしたっけ?)

「これじゃ、撮影になりませんよね。」(だから、雪も普通に降ると念を押しましたが、お忘れですか?)

ロケハン中の雰囲気がこれだけで掴めるだろうか。いやはや、和気藹々とはとても言い難い空気が始終流れていたのは言うまでもない。

しかし、ここで奇跡のような出来事が。

撮影日本番の日を迎えると、見事な快晴に恵まれ、気温も昼からぐんぐんと上昇。田舎だったため、朝方は冷え込み残っていた雪が、昼には一気に溶けたのである。

「うわー、すごい!晴れましたね!!」

あの時の皆さんの笑顔を見て、どれだけ安堵したかお分かりだろうか。逆にあのまま、吹雪が止んでいなかったらどうなっていたのだろう、なんて現場では微塵も思わなかった。

畑での撮影だったのだが、午後の太陽だけでは溶けきらなかった雪は全員で踏んで消したことも忘れられない。靴はどろどろになったが、そんなことはこの際どうでもいいのだ。

そして、無事に春らしい陽気に包まれたCMが完成したのである。

明日からの撮影にもこんな奇跡が起こらないかな、とかすかな希望を抱きつつ、まだロストバゲッジで空港から出発できないクライアントさんのことを心配している自分であった。

コーディネーター業、運も実力のうち。

でも、自然には敵わない。

現場ではできる限りのことをして乗り切るしかないのです。

一枚の写真から

久しぶりに「ほぼ日刊イトイ新聞」を見ていたら、以前HOBONICHI TECHO 2009に何気なく投稿した文章と写真が出て来てとても懐かしく思った。

090119_mainimg_2

2009年1月19日。もう、あれからずいぶんと時間が経つ。

東京からパリ、そしてベルリンにやって来て、何度も一緒にロケをしてきた同僚の日本人カメラマンが父親になったのを機に、今後の身の振り方を考え、長女が小学校に上がる前に帰国を決めた頃だった。

日本人家族でドイツ語がそれほど話せない彼にとって、何かあった時に自分たちだけで迅速に解決ができないのが困る、というのが一番の理由だったのかもしれない。

そして、そんな同僚のベルリンでの最後の仕事は小澤征爾さん指揮のフィルハーモニーの舞台ど真ん中で至近距離から小澤さんを撮る、という重大任務だった。

粋なことをする社長だなーと思ったことや、同僚の姿を見て、「彼はあそこでカメラを回せたというだけでもベルリンに来た甲斐があったんじゃないか。」と半ば羨ましくなったことなんかを思い出した

テレビの撮影コーディネーターを初めて7年目、この時点ではまだ自分が妊娠していることにも全く気付きもしていなかった。

この日の仕事が私にとっても、現役会社員のコーディネーターとして現場に出たほぼ最後の仕事になったわけである。あの日はそういう意味でも不思議な日だったし、あの現場に立ち会えたことは幸せだった。

と、そんなこともすっかり忘れていたのだが、この写真と手短なコメントを読むだけで、当時の感覚がはっきりと蘇って来た。やはり日記はいいものだなー、と思う。

毎日とは行かなくても、こんな風にその日、その日の自分の気持ちを一枚の写真と共に書き留めておくといいのかもしれない。