パンスカ通りのMuzeum / Warszawa-6

最終日のワルシャワは寒くて雨だった。頼れる旅の友は一足先に空港に向かうので、アパートの窓から手を振って別れ、帰り支度を整えてから中央駅に向かう。

天気も悪いし何しようかな?

駅から歩いてすぐの場所にmuzeum na pańskiejというカフェとブックストアが併設されたアートスペースがあるようなので、荷物を中央駅で預けてからそちらへぶらぶらと行ってみることにした。

ピアノの鍵盤になっている横断歩道

例の文化科学宮殿の斜め向かいに一見しただけではそれとは分からない建物があった。

上の写真、左下にMUZEUMという看板があるのにお気付きだろうか。どうやらこの共産主義時代の産物であるアパートの一階部分にカフェとブックストアが入っているようなのだが、正面にブロックされた空き地があるため表通りからだと非常に分かりづらい。


裏に回り中を見てみるとこの通り。アートブックを専門に扱うBookoffとeMeSenというカフェ。

Bookoff
Cafe eMeSen

年末30日の正午に展覧会の行われていないアートスペースに足を運ぶ人は皆無。スタッフも暇を持て余しているようだったので、少し話を聞いてみることにした。

「パンスカ通りのスペースは一時的にMuzeumのオフィス兼イベントスペースとして利用されているんです。正面の空き地に立っていた家具屋の事務所だったんだけれど、文化科学宮殿のパーキングエリアに2020年を目処に新しく展示スペースが確保される予定になっています。」

「ビスワ川沿いにベルリンからどうやって運んだのかは分からないんだけれど、展示キューブが設置されていて、そちらでなら展示を見ることが出来ますよ。残念ながらここでは何もやっていないので。是非、行ってみてくださいね。」

川沿いの展示スペースの方はベルリンから運ばれてやってきたキューブだというお話。まさかのベルリン繋がり。

ベルリンからやってきたというKunsthalle MuzeumHPより

こちらのキューブ。確かにベルリン宮殿跡の空き地に設置されていたことがある。デザインしたのはオーストリア人のAdolf Krischanitz。ベルリンの展示スペースが不足していることをテーマにしたテンポラリーギャラリーとして利用されていたものなんだそう。ベルリンは移り変わりが激しいので、この移動式展示スペースのことはすっかり忘れていた。2008年から2010年までここにあったらしい。

そしてワルシャワに運ばれ、仮の展示スペースとして再利用されているのがこちら。Sławomir Pawszakによってファサードにペイントが施されている。展示タイトルはniepodległa:ポーランド語で「独立」そのものを表す言葉で、ポーランド独立100周記念を念頭に据えた国としての独立と自立した女性を表す「独立」の二つの意味を兼ね備えているのだろう。国、女性、独立、いずれもポーランド語では女性名詞である。

Ewa Ciepielewska, Heimat (right) 2016; Loan (left) 201

Heimat ist da, wo das Herz ist.
心の故郷、といったところか。

ポーランドに生まれドイツで活動したマルクス主義の政治理論家、哲学者、革命家ローザ・ルクセンブルク。彼女はウクライナ国境近くのザモシチで生まれたが、その生家の記念プレートをポーランド政府が外すように言い渡したらしい。2018年3月のことだ。2015年に保守政党である「法と正義」が政権に就いて以降、情勢が変化している。

展示会場には男性の姿も多くみられ、熱心に作品の解説を読む人の姿も多く見受けられた。ポーランドの右傾化を懸念する報道も後を絶たないが、「独立」というキーワードでこうした国の今後や女性の社会的地位を示唆するようなアート作品を展示することの重要性は計り知れない。今の日本でも十分意味を成す展示内容だったように思う。

Lubaina Himid, Freedom and Change, 1984

ワルシャワにはまた良い季節になれば是非足を運んでみたいと思っています。今回のワルシャワ編はここで終わりです。最後までお付き合い頂きありがとうございました!

ヤシの木とハラ・コシュキ / Warzsawa-5

今回のワルシャワ旅行記。紹介したい場所が多すぎて、年が明けてもまだ「ワルシャワ」編が終わらない。まさかこんなに歩きやすくて盛りだくさんな街だとは思っていなかった。

今までその良さに気付いてあげられなくて本当にごめん、ワルシャワ。

泊まっていたアパートのすぐ側に大きなヤシの木が立っていた。なんだこれ、と思っただけだったが、旧市街のワルシャワ博物館のミュージアムショップでヤシの木のロゴが入ったコースターが売られていた。

あそこに立っているヤシの木?あれって何か特別な意味があるのかな??

そこでようやくヤシの木の存在に本格的な疑問が生まれた。グーグル先生によると、ヨアンナ・ライコフスカ(Joanna Rajkowska: 1968年ビドゴシチ、ポーランド生まれ)のアーティストによる作品、Greetings From Jerusalem Avenue だった。

この作品のインスピレーションは彼女が第二次インティファーダの時期にイスラエルに行って得たものらしい。ヤシの木が立っているのも、イエルサレム大通りと新世界の交差する広場だ。従来はクリスマスツリーが立っていた場所にヤシの木をどーんと据えたわけだ。

現代アートセンターが彼女の作品を保持する決定を出し、修理なども何度か行っている。設置から15年以上も経った今ではワルシャワっ子にとってなくてはならないランドマークになっているのだそうだ。このヤシの木のしたで政治的な集会やデモなども行われるのだとか。

というわけで、粋な計らいをする現代アートセンターに行く前に世界各国の料理が楽しめるというマーケットホールに足を運んでみた。

コシコバ通りにあるハラ・コシュキ(Hala Koszyki)へ。

ハラ・コシュキはユリウス・ジェジャノフスキ(Juliusz Dzierżanowski)によるアール・ヌーヴォー様式建築。1906年から1908年にかけて建設され、「市民の台所」として知られていた。

現在の姿は当時の鉄骨や多色なレンガ作りのデザインを尊重しつつ、丁寧に修繕を重ねたものだ。ポーランドには腕のいい職人がたくさんいるに違いない。ワルシャワの歴史地区もそうだが、細部に至るまで愛情を込めて修繕されているのが建物を見ていると伝わってくる。そして何と言っても全体のバランスやセンスがとてもいい。

2階はオフィススペースになっている。

Kreperiaでポーランドのクレープ(Naleśniki / ナレシニキ)を頂く。スイーツ系にも惹かれたがランチタイムだったので、バターで炒めたエビにチリとガーリック味を効かせたCatalanを注文。美味しい〜!!ポーランド料理はドイツと比べて塩味も甘さも控えめで日本人好みの味付けだと思う。前回のポズナン滞在でもそう思ったが、今回のワルシャワ滞在でポーランド料理の美味しさを再確認した。

現在はホテルのMDM

道すがら気になる建物が。MDMはホテルとして利用されているということなので、また機会があれば宿泊してみたい。この建物は50年代にワルシャワの労働者階級が憧れたアパートだったのだそうだ。

the Centre for Contemporary Art, Ujazdowski Castle

ウヤドフスキ公園内にある現代アートセンターに到着。ヤシの木のアーティスト、ヨアンナさんの作品は展示されているんだろうか。

Cezary Poniatowski, Spokój (Calm), instalacja (installation) 2018

dźwięk (sound), Lubomir Grzelak
Dominika Olszowy, Waiting for the Rest, instalacja (installation), 2018
Darius Žiūra, Testy ekranowe (Screen Tests: three-part multimedia installation), 2018

Darius Žiūraはリトアニア人のアーティスト。別の展示スペースにカメラ一台が置いてあり、そこで希望する訪問者が座って15秒ほど撮影した動画を展示で流す、というコンセプト。もちろん友人とふたりでカメラの前に座ってきた。

今回の展示Waiting for Another Comingはワルシャワとヴィリニュスで同時に行われているアートプロジェクト。プログラムの詳細について興味のある方はリンクを読んでみて欲しい。

リトアニアにも随分長い間足を運んでいないので、また近いうちに再訪したい。中欧の歴史は複雑すぎてついていけないのだが、ポーランドとリトアニアについてもほとんど何も知らない。何気なく観に行った展示内容から、思いがけない気付きがあるのもアートのいいところだと思う。

もしかすると、自分の知らないことに気付くことができる、というのが自分にとっての旅の醍醐味なのかもしれない。

Joanna Raikowska, satisfaction garanteed

ワルシャワのプラガ地区 〜SOHO / Warzsawa-4

前回はワルシャワの北東にあるプラガ地区についてGoogleキャンパスなどが入るKoneserを中心に紹介した。

今回はKoneserからさらに東に位置するSOHO Factoryについて。

Koneserから少し戻ってトラムに乗り、Minska通りで下車する。周りにはこれまた見事に何も目立ったものが見当たらず、人通りもまばら。日が落ちるのが早いので辺りのひっそり感が半端ない。

本当にこんなところに?

何もないところだからこそ、新しいものが入る隙間があるのだろう。

トラムを降りて、ぐるっと辺りを見回しているとスッキリとした出で立ちの男性が迷いなく遠くに見えるそれらしき建物に向かってスタスタと歩いていたので、また例のごとく後をついて行くことに。

思った通り、こちらSOHOの住人であった。突然、現れるモダンな建物と真向かいの共産主義の名残が見える建物。これまた強烈な対比である。

このSOHO Factory、モダンなアパートと恐らくはコワーキングスペースやスタートアップのオフィス、その階下には保育園の施設などが完備されている。

敷地内にはオシャレな雰囲気のレストランもあり、夏場はテラス席なども出ると思われるのでかなり人出もあるのだろう。

ホームページが工事中で詳細が確認できないものの、SOHOも古い工場の跡地をうまくリノベして再開発された良い例だろう。使用されなくなった線路と車両をオブジェとして残しているところにも好感が持てる。

この敷地内にあるネオンミュージアムがここでのメインイベント。この博物館は個人所有で2005年以降、欧州で唯一のネオンを扱う博物館としてオープンしている。そして、ここに所有されている多くのネオンはポーランドポスター学校のメンバーであったグラフィックデザイナーたちが手がけたものである。

ポスターアートとネオンのフォントデザインがここで繋がるとは!ポーランドでは広告規制の厳しい中、50年代から70年代にかけてネオンライトは黄金時代を迎えた。灰色のどんよりとした街並みにネオンの輝きだけが街に色を与えていたに違いない。

ネオンの光は革命から生まれたものでもあり、国家のプロパガンダにも利用されるというアンビバレントな存在だったのかもしれない。

ネオンミュージアムを観た後に目にするネオンサインは、またどことなく違った印象を与えてくれた。

ネオンミュージアムのHPより

ネオンミュージアム、オリジナルのカップ。底面のロゴもいい。


ワルシャワのプラガ地区 / Warszawa-3

前回の続き。ワルシャワの歴史地区を後にし、トラムで橋を渡って街の北東にあるプラガ地区へ。この地区については、まだ余り開発も進んでいないせいかネット上の情報も少なく、仮に情報があったとしても「ワルシャワで最も危険な地区」というイメージばかりが先行しており、なんとなく腑に落ちなかった。

ベルリンからワルシャワへ移動する際、ポーランド航空の機内誌に「ワルシャワで面白いエリアのひとつがプラガ地区」という記述があったからだ。

今回の旅行は事前リサーチも特にせず、急遽現地で中高時代の同級生と落ち合うことにしたので、機内誌で目にしたキーワードを頼りに友人とあれこれ相談しつつ歴史地区を見た後にプラガ地区を目指すことにした。

目的地はZąbkowska通り周辺とSOHO Factory

まずはプラガ地区の壁画やアート作品を目印にそれらしき通りへ向かう。「ベルリンのクロイツベルク」という表現をしていた人もいたが、確かに修復されていない古い建物が目立ちホームレスなどの姿もちらほらと見かける。一昔前のクロイツベルクといったところか。ベルリンに比べると人通りはかなり少ないと言えるだろう。歴史地区から来ると、その対比に驚く人がいても全く不思議ではない。

それでも危険、というよりは少し薄汚れていて、あちらこちらにストリートアートが見られる、という程度である。ここにもワルシャワ独立100周年のロゴが。

道沿いのアルミホイルでぐるぐる巻きにされた建物はかなり目についた。Piotr Janowski による「Ząbkowska 9(ゾンプコフスカ通り9), take off!」というアート作品らしく、作品解説のプレートまで付いていた。19世紀に建てられたほぼ廃墟と化した建物をアルミホイルで包み込んだ作品だが、作者にとってはこれがこのエリアのポジティブな変化のシンボルだという。2015年にヤノフスキーはフロリダにある自宅も同様にアルミホイルで包み込んだそうだが、隣人たちの評判は良くなかったようだ。

この通りをまっすぐ行くと、以前工場だったような建物が左手に立っているのが目に入った。恐らくここが目的地のひとつのはずだ。入り口を探すが案内板などもなく、よくわからない。女性がひとりで開いている門から中に入り空き地を横切って向こう側へ歩いて行ったので、同じようにして空き地の裏にある建物の正体を探りに行ってみた。ベルリンの90年代も同じようにあちらこちらに修復中の建物や空き地が目立っていたので少し懐かしい感じがしないでもない。

外から見るとこれまた全く分からないが、一歩修復作業中の敷地内に入るとこの通り。

危ない云々以前に、かなりヒップな場所になろうとしているのが一目瞭然である。皮肉なことにクロイツベルク移転を実現できずに終わったグーグルのスタートアップキャンパスが入っていたのだから、驚きも尚更だ。プラガ地区の現在の状況が地下高騰や家賃上昇なども含め急激に変化するのは目に見えている。ジェントリフィケーションの余波がやってくるのも、もはや時間の問題だろう。ワルシャワがベルリンの二の舞にならないことを祈るしかない。

絵本のポップアップストア兼ギャラリー内にいた女性に聞いたところ、まだ敷地全体の工事そのものは終わっておらず、一時的な貸店舗を利用してポップアップストアやテンポラリーギャラリーなどが入っている状況だとか。

プラガ地区への道しるべ的な役割を果たしていた青いアート作品にもここで再会。きちんとしたギャラリーに収まっていると受ける印象が全く違う。ギャラリーは残念ながら閉まっていて、作者にまでたどり着けなかった。

グーグルキャンパスの方も活動はしているようだが、まだ建物の外にはCAMPUSのロゴが無造作に置かれているのみ。

この場所だが、以前はウォッカ工場だったようで、敷地内にはポーランドウォッカ工場博物館もある。ライプチヒの紡績工場跡地といい、欧州の再開発は工場の跡地をうまく利用しているところが多い印象を受ける。ロフトアパートなどが併設しているのも特徴的だ。敷地の広さや天井の高さ、頑丈な煉瓦造りなど再利用に際して利点が多いのだろう。

どうやらこちらが正面入り口のひとつであるらしい。Koneserというネーミングもここまで足を運んでみてやっと分かった。

余談になるが、プラガ地区について検索していると、いかにも旅慣れた風のバックパッカーの男性がゾンプコフスカ通りを歩きながら、この建物を背後に「プラガ地区はかなり危ないので気をつけてください。」という動画を2018年の夏にYouTubeに投稿していた。正直、街の持つポテンシャルに気付いてさらにそこからもう一歩踏み込んで欲しかった。

日本語だけに頼ると、どうしても情報が偏ってしまうので、グーグル先生には日本語だけでなく英語、そして可能であれば現地語で尋ねるようにするのがベストだと常々感じている。

そしてさらに言えば、ネット上の情報ばかりに惑わされず自分の感覚に従って、とにかく街を自由に歩いて見て欲しい。

既に飽和状態のベルリンに比べると、ワルシャワはまだまだ伸びしろのある面白い街だ、というのが今回の短い滞在で受けた私個人の印象である。

Koneserだけの紹介で終わってしまったが、SOHOの方もかなり興味深かったのでこちらについてはまた次回。

 

 

 

 

ワルシャワの旧市街 / Warszawa-2

友人とも無事に合流し、ワルシャワ二日目。

ワルシャワもベルリン同様、第二次世界大戦で甚大な被害を受けた街である。1939年にナチス・ドイツがポーランドへ侵攻、ワルシャワは空襲に遭いナチス・ドイツの占領下に置かれる。ワルシャワ・ゲットー(ユダヤ人居住区)やオフィチエンシム(アウシュヴィッツ)などを想起される方も多いことだろう。地理的にもドイツとソ連という二大国に挟まれ、多くの市民が殺戮されたり市内の建物のほとんどが破壊された苦難の歴史を持つ街だ。

M.Świerczyński – Stanisław Jankowski, Adolf Ciborowski “Warszawa 1945 i dziś” Wydawnictwo Interpress, Warszawa, 1971, page 66 Wiesław Głębocki; Karol Mórawski

驚くべきことに、現在のワルシャワ北部にある旧市街(Stare Miasto)及び隣の新市街(Nowe Miasto)は第二次大戦後、市民により「壁のひび一本に至るまで」忠実に再現されたものである。これらのワルシャワ歴史地区は1980年に世界遺産に登録され、2011年には再建に用いられた資料もユネスコ記憶遺産に登録される運びとなった。ベルリンとは異なる再建の道を歩んでいるところも非常に興味深い点だ。

市民による市民のための街作り、というポーランド人の精神が再建への情熱から垣間見ることができる。ワルシャワ市民は自分たちの街を愛してやまないに違いない。今回は滞在期間も短いことからワルシャワ博物館には行かなかったのだが、次回は是非とも街の再建について博物館でじっくりと触れてみたいと思っている。

Muzeum WarszawyのHPより

旧市街はどこを向いてもポストカードになるようなしとっりとした美しさだった。色味がとても落ち着いている。

Zamek Królewski w Warszawie / ワルシャワ王宮と旧市街の街並

王宮広場ではポーランド独立100周年記念集会のようなものが開かれていた。気になったので調べてみると、日本では「ポッキーの日」と言われている11月11日がポーランドの独立記念日だった。今年の独立記念日はかなり盛大に祝われたようだが、極右団体が参加するなど不穏な動きもやはりあったようだ。ポーランドでも3年前に保守政党「法と正義(PiS)」が政権について以来、右傾化が進んでいるためEU内でも問題視されている。

過度な愛国心は国家主義と裏腹になりがちだ。ポーランドは元来、愛国心の強い国だけに不満の行き先が排他主義に繋がりやすいのだろう。もちろん、これはポーランドに留まる問題ではなく、情報や経済格差から来る世界的な分断化とも捉えられるだろう。

 

Rynek Starego Miasta / 旧市街の市場広場

 

Piwna / ピヴナ通り

ピヴナ通りのポスターギャラリーでポスターの本を購入し、通りのカフェで小休憩。午前中は人通りもまばらでゆったりとしていた。ポーランドのポスターが面白いというのはどこで受けた印象だったか定かではないが、ずいぶん前にベルリンのフリーマーケットで一目惚れしたポスターを購入したことがある。この通りのポスターギャラリーのHPもかなり充実しているので気になる方は是非チェックしてみて欲しい。日本ではヤン・レニツァやヘンリク・トマシェフスキなどが知られているようだ。

Norma
V. Bellini
Jan Lenica
opera; 1992

ポーランド広報文化センターのHPでポーランド派ポスターに関する記述を見つけたので、以下、引用しておこう。

50年代から60年代にかけて、ポーランドの『ポーランドポスター学校』といわれるグラフィックデザイナーたちがつくったポスターには、人々の「伝える力」がこもっています。「ポーランドポスター学校」のメンバーたちは、市民のために表現の自由を勝ち取り、表現を通して市民と向き合い、市民が何を必要としているのか、また、新しい社会的理念に相応しい、従来とは異なる現代的コミュニケーションの創造に努めました。

ポーランドポスター学校は、学校ではなく、ワルシャワのデザイナーたちが仕事帰りにレストランやバーに集まって議論したり、作品を見せ合ったりして、切磋琢磨していた集団のことです。世界のポスターの中でも非常に優れた一連のポスターを生み出した、”ポーランドポスター”の中核を担うのが、ポーランドポスター学校のメンバーです。

『ポーランドポスター学校』の時代と現代のポスターを比較すると、現代ポスターの表現力が弱まっているのでは、と指摘されています。

次回はヴィスワ川対岸に位置するワルシャワのプラガ地区について少し。

 

ワルシャワで会いましょう / Do zobaczenia w Warszawie

ワルシャワといえば、David Bowie – Warszawa。

暗くて重い、まさに壁崩壊以前のベルリンに共通する何かがある街、というイメージだった。ベルリンに住むようになってからもずっと気にはなっていたのだが、なぜか行く機会に恵まれず近くて遠い街だった。

それが昨年の年末に、急遽向かうことになったのだから不思議なものだ。

中高時代の同級生のFBへの書き込みを見ると、今年のクリスマスから年末にかけてポーランドのクラクフとワルシャワへ、とあるではないか。咄嗟に友人にDMを送りスケジュールを確認。クリスマス休暇明けから30日までのワルシャワ滞在。行ける!フライトを検索すると、まだ安いチケットが残席1の表示。即決で購入したのは言うまでもない。家族には申し訳ないが、今回もまた事後申請である。

「ここで行かないと、いつ行けるかわからない。」

旅とはそういうものだ。

しかし、出発前日の23時過ぎにポーランド航空LOTからSMSが入る。「明日の早朝便がキャンセルになったので、LOTのポーランドあるいはドイツの窓口まで電話で詳細を確認して下さい。」

縁がないのか、ワルシャワ?本来なら遅くとも6時過ぎには空港に向かわなければいけないスケジュールだったが、キャンセルになった以上、急いで空港に着いても仕方がないので目覚ましは7時にセット。まんじりともせず翌朝に。

どうしたものか。空港に直接行った方が早いのか?いや、クリスマス休暇明けすぐに空港職員の対応が良いはずがない。。

まだ8時だったが、次便が10時半頃だったのでまずは電話をしてみることに。「ドイツ語での対応は9時からになります。」英語かポーランド語対応の別番号で再トライ。繋がったので振替便を次便にできないか、と打診すると「確認しますので少々お待ちください。」と言われ、そのまま予約センターに引き継いでもらう。結局、思った以上にすんなりと当日の次の便に乗れる運びとなった。これまた結果的に到着時間がアパートチェックインの時間になったので、逆に都合が良かった。実は仕事でもないのに5時に起きての旅行もどうかとは思っていた。

それにしても最近、このパターンばかりだ。予定通りに飛行機が飛んでくれないが、結果オーライというパターン。そんなわけで、3時間くらい遅れての到着となった。

いよいよあこがれのワルシャワとの対面、である。

日本から来る友人をワルシャワ中央駅(Warszawa Centralna)へ迎えに行く前に、文化科学宮殿(Pałac Kultury i Nauki )に立ち寄る。ポーランド語のPałac Kultury i Naukiの頭文字PKiNが略称だが、これとポーランド語のPekinをかけて「ペキン(北京)」と揶揄したりもするらしい。スターリンからの贈り物とされる建造物など、ワルシャワ市民からすればありがた迷惑な代物に違いない。ソ連の面影=ノスタルジックという構造が頭に出来上がっているため、その佇まいに感動を覚えたことは白状しておこう。

スターリン形式のこの建物、当初はスターリン記念文化科学宮殿(Pałac Kultury i Nauki imienia Józefa Stalina)という名称であったというのだから驚きである。

憧れのワルシャワの(ありがた迷惑な)シンボルとも言える建物をようやく間近で拝めたわけだ。

ワルシャワ中央駅に近いこともあり、周辺には新しい高層ビルが出来ており文化科学宮殿と並んで摩天楼を成している。

ワルシャワ中央駅(Warszawa Centralna)。国際列車によってドイツのベルリン、ロシアのモスクワなどと結ばれている。長距離列車でモスクワへ行ってみるのもいいかもしれない。

さて、また例のごとく前置きが長くなってしまったが、次回は世界遺産に登録されたワルシャワ旧市街についてご紹介したい。