“Nazinotstand?” in Dresden / ドレスデンの「ナチス非常事態?」とは

先日、チューリンゲン州議会選挙に関するあくまでも個人的な考えについてまとめたばかりだが、ドレスデンの市議会における”Nazinotstand?” 「ナチス非常事態?」と銘打たれた極右主義に対する対策決議について考えてみたい。

誰でもまずそのタイトルにギョッとさせられるはずだ。

ナチス非常事態?

一体ドレスデンで何が起こっているんだ、と反応するのが普通だろう。

ドレスデン。エルベ川の南側には旧市街が位置し、ゼンパーオペラやツヴィンガー宮殿、聖母教会など見応えのある建造物の並ぶ美しい街だ。

もうずいぶん前になるが一度「世界不思議発見!」の撮影でドレスデンやマイセン、モーリッツ城などを訪れたことがある。

まだドレスデンでPEGIDAの集会が行われていなかった頃だ。ご存知の方もいるとは思うが、「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者」(Patriotische Europäer gegen die Islamisierung des Abendlandes)という大層な名前を持つPEGIDAは2014年の10月にドレスデンで初めてデモを行なっている。

メルケル政権が大量の難民を受け入れたのが2015年のことなので、すでにその前から組織されているグループである。ドレスデンから起こったPEGIDAはドイツ各地に広がり、これらの運動が下火になる気配はない。

ベルリンではBÄRGIDA(ベアギーダ)、ミュンヘンではMÜGIDA(ミュギーダ)といったネーミングになっている。この運動は残念ながらドイツ国内に留まらず、欧州各国に広がっているようだ。

さて、ドレスデンの市長、ディルク・ヒルベルト(Dirk Hilbert / FDP )はこの「ナチス非常事態」という表現はザクセン州の州都で起こっている事態とは直接関係がないというスタンスを保っている。

彼にとってこの表現はポピュリズム的であり、本質的な問題を表現する言葉としては適当ではない、という考えを述べている。

ドレスデン市議会は10月30日に「ナチス非常事態?」と題した民主主義と市民社会の強化を決議。英国のガーディアンやBBCなど各国のメディアも市議会の決定について報道した。

いつの間にか、「ナチス非常事態?」から疑問符がなくなり、「ドレスデン」「ナチス非常事態」というキーワードだけがとてつもないスピードで拡散されたのだろう。そして、タイトルの裏側にまで考えを及ばす人の方が少なかったのだ。

ヒルベルトはザクセン州の州都であるドレスデンが極右主義に対してさらに対策を立てることについては歓迎している。しかし、このタイトルについては、言語的なエスカレーションには関わる意思がないとしている。

PEGIDAやAfDなどが意図的に用いるポピュリズム的なシュプレヒコールや言い回しをそれに反対する側まで使用することに全く意味はないだろうし、それはどちらかというと逆効果でしかない。彼らと同じ土俵に乗る必要がそもそもないからだ。

過去数年間での極右シーンにおける暴力や熱狂が増えたのは恐ろしいことだ、とドレスデン市長は続ける。しかし、この現象はドレスデンやザクセン州だけに当てはまることではなく、ドイツ全国や欧州で言えることだ。ドレスデンは極右主義に対する公共認識が他の街より強い。言い換えれば、日常生活上で極右主義的な言動を感じる場面が多い、ということになるのだろうか。

「このことが、我々にこの問題に集中的に取り組むことを余儀なくさせたのです。」

市長は議員仲間に常に状況を甘く見ない方が良い、と注意を促してきた。極右シーンでは驚くべきスピードでオーガナイズできる環境が整っているためだ。「偽りの安全の中にいると、すぐに驚くことになるかもしれない。」

ザクセン州の州都であるドレスデンの状況はすでに危機的状況の向こう側なのだろうか。このような流れが強くなっていくことに懸念を感じざるを得ない。

言葉尻を捉えて無駄な議論をしている場合ではないはずだ。

参考記事: Zeit Online / Dresdner Oberbürgermeister kritisiert Begriff “Nazinotstand”
Zeit Online / Nazinotstand mit Fragezeichen

タイトル写真:Dresden-Panorama: Blick von der Frauenkirche © Christian Borrmann

TimeRide-VR Tour / ベルリンの壁をVRツアーで体験

旧東ベルリンをバスで周ろう

こんなタイトルの記事を目にした。タイトルの下には30年前のチェックポイント・チャーリーをVRで体験、とあった。

今年はベルリンの壁崩壊30周年記念。

まだ30年しか経っていないと見るのか、もう30年も経ったのか、と感じるのかは人それぞれだろう。

私はどちらかというと前者の方だ。「まだ、壁が崩壊してから30年しか経っていないのか。その割にはベルリンもずいぶんと変わったな。」と。

壁崩壊後の混沌としたカオスだった頃に比べると、街の魅力だった「隙間」がことごとく埋め尽くされてしまったような気がする。

「何もない場所」「空き地」「廃墟」など一見何の役にも立たない場所というのは可能性がたくさん隠された魅力的な空間なのだと思う。

そんな「隙間」どころか、住む場所が簡単に確保できない状況になりつつあるのが現在のベルリンだ。いわゆる普通の値段ではなかなか賃貸アパートを借りることができなくなってきているためだ。

90年代のベルリンも住宅難だったように思うが、当時は住める状態の物件が少なくてそうなっていた。

石炭ストーブ、シャワーなし、階段の途中の共同トイレなどもスタンダードだった。いつ崩れ落ちても不思議ではないので、バルコニーの下を歩かないように気をつけていた頃だ。

さて、ボロボロのアパート群がVRで体験できるのかどうかは不明だが、TimeRideという会社が8月24日にチェックポイントチャーリーの側にタイムトラベルセンターをオープンするそうだ。

1時間ほどのツアーは以下の4つのステーションに別れている。

Station 1 – Der Checkpoint Charlie

ベルリンの壁の検問所として最も有名な場所。センターのすぐ向かい側に位置するチェックポイントチャーリーからツアー開始だ。

Station 2 – TimeRide Ermöglicht einen Blick durch die Mauer

センターに戻り、文字通り壁を通り抜けて当時の西ベルリンと東ベルリンの日常を比較することができる。

Station 3 – Die Zeitzeugen

続く部屋では、当時を知る証言者の身の上話が中心のテーマだ。証言者と一言にいっても壁にまつわる体験は実に様々だ。ツアー参加者は労働者、建築家、そして西側からの旅行者の中から同行者を選ぶことができる。

Station 4 – Die TimeRide Virtual-Reality-Fahrt

VRツアーのハイライトはバスに乗って80年代のベルリンの街を体験すること。チェックポイントチャーリーでの検問や当時のフリードリヒ通りの様子、共和国宮殿などをVR体験できる。ベルリンの壁が崩壊したオリジナル映像も見ることができるようだ。

©TimeRide

Berlin VR-Tour: Lohnt sich alleine oder in Gruppen

この1時間ほどのツアーはひとりでも8人以上のグループでも楽しめる構成になっている。子供は6歳以上が望ましいようだ。チケットはオンラインで入手するか、直接センターで購入できる。

Öffnungszeiten: Montag bis Sonntag,10 bis 20 Uhr
Adresse: Zimmerstraße91, 10117 Berlin, direkt am Checkpoint Charl

料金は子供(6-17)および学生11.50 EUR(前売り10ユーロ)、大人14.50 EUR(前売り12.50 EUR)

バス観光もアップデートされているようでなかなか興味深い。

参照記事:techfieber / TimeRide: VR Zeitreise zur Berliner Mauer


Der Stettiner Bahnhof / 北へ向かう駅〜3

北駅公園をカメラ片手に歩いていると、知り合いにバッタリと鉢合わせ。

このエリアはベルリンの壁や二重の壁に挟まれた緩衝地帯などの影響で、壁の崩壊から2003年頃まで手付かずで放置されたままになっていた。

分かりにくいがカササギにも遭遇

その結果、街中に自然のビオトープが生まれ、背の高い草などが生い茂り野生の鳥もたくさん暮らしている。「北駅公園」として整備され解放されたのは2011年になってからのことだった。

とまあ、言わばなんにもないところだ。

それにしても、こんなところで友人に会うとは。偶然もすごいが、ここをひとりで散歩しようと思った友人もすごい。せっかくなので一緒に公園の端まで行ってみることにした。

跨ぐと足に刺さる微妙な高さの柵を超えてフェンスの外へ
©スネママ

こちらの使われなくなって放置されている陸橋も車で下を通るたびに写真に撮っておきたいなぁ、と思っていた廃墟スポットだった。友人がメーキング・オブ的な写真を撮ってくれた。

立ち入り禁止のフェンスが二重に貼ってあったが、外側から中に入って何とか一重に減らす。これはこれでいい感じ。

公園を出てガルテン通りから見上げると、鉄橋の原型をとどめていることがわかる。1952年以降の「北駅」の見取り図でいうと、青で囲んだ部分に当たる。

現行のSバーンはまだ隣の線路を利用して南北へ向かっている。ベルリンの壁はちょうどガルテン通り(Gartenstr.)とリーゼン通り(Liesenstr.)に沿って走っていた。

少し小さくて分かりにくいが、ベルリンの街にはところどころに「ベルリンの壁通り」(Berliner Mauerweg)というグレーの表示が出ている。全長160kmで14のルートに分けられた、それぞれ7kmから21kmの長さのサイクリングルートである。

自転車で通りかかった父親と小学生くらいの息子が、この場所で陸橋や残存する壁の方を指差して、「向こうが東ベルリン、こちらが西ベルリンだったんだよ。」と当時の話をしていたのが印象的だった。

自転車でベルリンの壁跡の気になるルートを回ってみるのも面白そうだ。

Der Stettiner Bahnhof / 北へ向かう駅〜2

前回の続き。ベルリンのミッテ区、現在「北駅」(Nordbahnhof)のあるインヴァリーデン通り/ガルテン通り近辺一体のエリアについて。

高台にポツンとひとつだけ立っている北西方面の出口から外へ出ると、これまた新しくできたクライミング施設やビーチバレーボール施設のある公園が道路を渡ったところに続いている。

Nordwestlicher Zugang an der Julie-Wolfthorn-Straße

これまでは特に用事もないので、わざわざ歩きに行ったことのない場所である。でも、今日はカメラ片手の散歩なので足を踏み入れてみることに。

少し入って後ろを振り返ると、これまた何ともアンバランスな風景が広がる。Sバーンの北側の入り口にあるSの看板、すぐ側に建設予定の高級マンションの入居案内板などが見える。遠目にテレビ塔も見えた。

ベルリンの壁跡が敷地を貫くマンション。高値が付くことだろう。これが完成する2021年頃にはまたこのエリアの持つ独特の景色が変わっているかもしれない。

入り口と反対側を見てみると、驚くほど何もない空間が広がっている。左手にクライミング施設のMOUNT MITTEとその背後にはドイツ鉄道(DB)のオフィスが並んでいるのが見える。

壁と手すりのようなものが見えたので、そちら側を歩き後ろを振り返る。またテレビ塔が見える。お気付きの方もいるだろうが、この公園3メートルほどの高台の上にあるのでテレビ塔がよく見えるのだ。

これも実は当時の名残で、1842年開設されたシュテティーン駅のほとんどの建物は道路から3メートル上の高台に建っていたらしい。よく見ると、当時の線路跡などが所々に残っているのがわかる。

この公園、もしかしてジョギングに最適なのでは!?

1842年に開設され、1950年にそれまでのポーランドの地名が当てられていたシュテティーン駅を改め、Nordbahnhofと改名された「北駅」。

この駅のもうひとつの顔は、当時の西ベルリンと東ベルリンの境界線としての機能である。ガルテン通りのレンガで作られた駅の壁が「ベルリンの壁」としての役割を担っていた。

ガルテン通りの壁

そして、先ほども少し触れた公園内に400メートルほど残るもうひとつの壁だ。二つ目の壁はHinterlandmauerと呼ばれ、一つ目の壁と無人地帯を挟んで立てられた壁に当たる。

Hintermauer

この公園の名前はPark am Nordbahnhof(北駅公園)だが、この場所特有の空気の出所がようやく解明した。

北駅の歴史とベルリンの壁の歴史を感じることのできる公園なので、機会があれば是非歩いてみてほしい。

もう少し続きます。

参照HP : ミッテ区プレスリリース

Der Stettiner Bahnhof / 北へ向かう駅

Nordbahnhof、いわゆる「北駅」周辺は以前から不自然な風景の広がる場所だった。

奥に見える壁は残存する「ベルリンの壁」@ベルナウワー通り

ベルナウワー通りから伸びるベルリンの壁のすぐ側にあったのもその理由だろう。

赤のラインが以前壁のあった場所を示す / ベルリン市HPより
真ん中のレンガと鉄の棒は以前壁のあった場所を示している

そのせいか、周囲にはこれといった建物もなく、がらんとした空間の中にただ小さめの駅舎がポツンと立っている。そういったどこかアンバランスな雰囲気を持つ場所だ。

以前は、旧東ベルリンにしか走っていなかったトラムの路線が、北駅を通り中央駅まで延長されたおかげでずいぶんと便利にもなった。それもかなり最近で、2015年の夏以降のことだ。

駅周辺の線路状に敷き詰められた石に刻まれた文字についても、以前から気になっていた。

ユダヤ人迫害に関連する地名なのかな?それにしてはバルト海沿岸の土地の名前ばかりだなぁ。

Stralsund:バルト海に面した湾岸都市

なんて思っただけで、それ以上のことは調べていなかった。

ウィキぺディアによると、現在の「北駅」周辺は当時のベルリンのターミナル駅のひとつであるシュテティーン駅(Stettiner Bahnhof)だったことが判明。1952年までポンメルン地方のシュテティーン(ポーランド名:シュチェチン)への玄関口として機能していたようだ。

今でも、グーグルマップで見ると、「北駅」から「シュチェチン」までは列車でまっすぐ一直線上に繋がっている。Sバーンと郊外列車REを利用して2時間ほどで着く。下の写真はウィキペディアに載っていた「北駅」周辺の以前の様子だ。かなり立派な建造物だったことが伺える。1950年まではシュテティーン駅と呼ばれていた。

Stettiner Bahnhof um 1875 /

現存しているのは、「郊外列車駅」(Vorortbahnhof)として使われていた建物と地下を走るSバーンの駅くらいである。

現存する「郊外列車駅」

こちらもウィキペディアからの転用だが、当時の駅の見取り図があった。これを見て想像力を働かせると、実際にこの場所を歩いたことがある人ならその規模の大きさを掴めるかもしれない。

北駅周辺にはまだまだ多くの発見が。次回に続きます。

Wasserpumpe / ベルリンの手押しポンプ

ポズナンからベルリンに戻ったので、久しぶりにベルリンネタで。今回はベルリンの街を歩いていて気になるもの第二弾。

広告塔についてはすでに投稿したが、今回は道端で見かける緑色の手押しポンプについて少し書いてみようと思う。

自宅のアパートの前の道端に緑色の古いポンプがある。

水が出たり、出なかったりするのだが、子供たちはよくこのポンプで遊びたがる。

この緑色のポンプ、散歩しているとたまに見かけるのだが、これまでその用途がよく分からなかった。

ターゲス・シュピーゲルの記事によると、この手押しポンプ、緊急時のために保存されているのだそうだ。

ベルリンに現存するポンプだけで、2107機あり、そのうち900が国所有、残りはベルリン市が所有している。

それらの多くはすでに作られてから100年以上も経っており、魚やドラゴン、かえるなどの装飾が施されているものもある。

一番古い物だと、1900年初頭に歴史がさかのぼる。当時は日常の生活水のために列をなしてバケツで水を汲み上げていた。

上下水道の施設が整うと、今度は消防士がポンプを使って消火活動を行うようになった。

第二次世界大戦中およびその後の数ヶ月間は水道設備が破壊され使えなくなってしまったので、ベルリンの住民たちは手押しポンプで水を汲み上げることで難を逃れた。280万人の住民は再びバケツを持って手押しポンプの前に並んだのである。

手押しポンプの維持費も馬鹿にならない。管理費や修理費用、5年ごとに行われる水質検査などにかかる費用は地区ごとに年間10万ユーロにまで上るという。

今日まで緑の(一部グレーもあり)手押しポンプはベルリンの非常時、戦争やテロ、停電などを想定して保存されてきたのである。

水道が断水しても、ベルリンの住民は水を得ることができる。

ただひとつ問題が。地下水の多くは化学的に、あるいはバクテリアによって汚染されている。非常時には、市の方で常備している3000万個の錠剤によって飲料水の水質に改善できるのだという。

ベルリンの街角で緑色の手押しポンプを見かけたら、錆びないように、そして地下水が枯れないようにキコキコと押してみてほしい。

これからの季節はとくに周囲の木が喜ぶので、一石二鳥だ。

これまで、子供たちに「こらこら、水がもったいなから遊ばないで。」なんて言っていたが、これからは緑色の手押しポンプを心置きなく使ってもらおうと思っている。

またこれで日頃から気になっていたなぞがひとつ解けた。

Ostern in Potsdam / ポツダムでイースター

今日はOstersonntag(イースターの日曜日)。いわゆる復活祭の日だ。
子供たちにとっては、イースター・エッグ探しがメインイベントになる。

長女の作ったイースターエッグとうさぎ

そんなわけで、今日は朝から長男に起こされた。

「ママ、たまご探さなあかんからもう起きて!」イースターの行事もニコラウスやカーニバルと同じで、幼少時に馴染みがないだけに余り気乗りがしないというのが正直なところ。ただ、子供たちが楽しみにしているので今年はプレゼントも用意してみたりと、ちょっと参加する方向で。

朝から家でたまご探し(プレゼント探し)を家族全員でやり、その後はプレゼントの塗り絵を子供たちが黙々としているうちにお昼になってしまった

どこへ行こう?久しぶりにポツダムはどう?

ということで、ボルンシュテット王領地でランチをし、近くのサンスーシー宮殿などを見に行くことにした。

ベルリンとポツダムは車で1時間以内とそれほど離れておらず、気軽に足を運べるわりにはもうずいぶんとご無沙汰していたからだ。

ボルンシュテット王領地HPより

ボルンシュテットではシュパーゲルリゾットをいただく。グリーンアスパラとホワイトアスパラが入っており、ランチにもぴったりの春らしい一品。

イースターエッグ探しのイベントがあったのだが、錫人形博物館で絵付けをしている間に終わってしまっていた。残念!

ボルンシュテット王領地ではクリスマスマーケットも立つようなので、冬場に訪れるのもいいかもしれない。

ここから、歩いて10分くらいの場所にオランジェリーや新宮殿、サンスーシ宮殿などが見られる広大なサンスーシ公園がある。

サンスーシ(Sans Souci)、フランス語で「憂いなし」という意味に当たり、「無憂宮」と訳されることもある。プロイセン王国時代にフリードリヒ2世の夏の離宮として2年ほどで建てられたロココ建築の宮殿である。

1990年には世界遺産にも登録されている。

オランジェリー宮殿
サンスーシ宮殿

ポツダムはベルリンに比べ、こじんまりとしているが自然が豊かでとても綺麗な街である。今回は街歩きをする時間はなかったが、また市内も歩きに行ってみたいと思っている。

バルべリーニ美術館にも行かねば!

サンスーシ宮殿から戻る途中で、「ママ、十字架のキリスト!」と突然、ポーズを作った息子。復活祭について学校で話しでもしたのだろうか。十字架にかけられて死んだイエスが復活したことを記念する復活祭。偶然だとしたらすごい。

Torstrasse 225/227 / ベルリンの住宅事情

デモ告知

近年、ベルリンの家賃高騰と住居不足はかなり深刻な問題となっている。それにもかかわらず、ミッテ区のTor通り225/227番地では空き家が全体のアパート数のほぼ3分の1を占めているという。

一体なぜなのか。

問題の物件は3つの中庭を持ち、住居面積2235m2の複合アパートである。88戸のアパートおよび4つの店舗を有している。

2006年に改装作業が終わっており、2007年以降、アパートは順調に賃貸者でうまっていた。

しかし、現状は全体の約3分の1に当たるアパートが空室となっており、放置されたままだという。住民が管理人に問い合わせたところ、「当分貸す予定はない。」との回答であったそうだ。

1997年以降、このアパートの所有者は5度変わっている。2017年に住民はアパートの建物全体が売りに出されるという知らせを受ける。

Accentro 6. Wohneigentum GmbHという不動産業者に所有者が変わったためだ。この業者は賃貸アパートを個人所有のアパートにし、これらを転売あるいは所有者自らが住む、という経営体制をとっている。

屋上の増築およびバルコニー、エレベーターの設置工事のための許可書はすでに得ているのだそうだ。

よくあるパターンといえばそれまでだが、10年、20年、30年と長期で同じアパートに住んできた住民たちが、利益最優先の転売不動産業者に所有が変わったことで立ち退きを迫られる典型的なケースである。

不動産業者の視点では古くからの住民を立ち退かせ、高額なリノベを施し家賃を釣り上げて新居者を募れば多くの利益が出るわけだ。

昔ながらの住民の生活がこうしていとも簡単に奪われ、多様な生活レベル、人種の隣人たちのいるカラフルな生活が失われつつあるのが、今のベルリンの現状なのである。

街の中心部からは「支払える家賃のアパート」が消え、億ションが軒並み増える一方だ。ジェントリフィケーションの波は止めることができないのだろうか。

昔は良かった、というのは単なるノスタルジーなのかもしれないが、街のカラーがここ10年で肌感覚で変化してしまったことは否めない。

4月6日(土)の12時よりアレクサンダー広場にてデモが予定されている。フライブルク、ポツダム、ケルン、ボーフムでも同時にデモが開催されるようだ。

家賃の高騰はベルリンに限ったわけではなく、もはやドイツ各地で社会問題となっている。

日本語の告知文: https://mietenwahnsinn.info/demo-april-2019/jp/

Reichsburg Cochem / コッヘムのライヒスブルク城

かなり時間が経ってしまったが、昨年の夏にロケハンでモーゼル川沿いの小さな町コッヘムとニュルンベルクを訪問した。

高台に建つライヒスブルク城

仕事に関するブログが少ない、というかほぼないのでたまにはちょっと書いてみよう。

京都アニメーションの制作チームがマンハイムで開催されたドイツ最大のコミケAnimagiCに参加。最終二日の日程を利用して、ロケハンをすることになった。

コッヘムとニュルンベルクでアニメの世界観に合う風景を探し、写真に収める、というもの。持ち帰った写真資料をもとに背景や細かなディテールが描き起こされるのだろう。

普段はテレビ番組の撮影がほとんどなので、アニメ制作チームとの初ロケハンとなった。コッヘムでのメインは街を見下ろす高台に建つライヒスブルク城。

第一の門

天候には恵まれたが、30度越えの酷暑の中を歩いて移動するのはなかなかハードだ。途中で休憩を入れながら時間の許す限りアニメの世界観に合うイメージを切り取っていく。

ベルクフリート: 城壁の内側に高くそびえる防備堅固な主塔

総勢20名以上のチームだったので、コッヘムでは3チームに分かれてロケハンを行う。コッヘムが終了した後は中型バスで一気にニュルンベルクまで移動した。

グーグル予想だと最速で予測が出るので3時間40分だが、中型バスだと100キロでしか走れない。結局、休憩も入れると5時間ほどの移動になった。

ニュルンベルク城から市街地を望む

翌日も晴天でフランクフルト空港に移動するギリギリの時間まで、カメラ片手に街を闊歩する。

ハイリヒ・ガイスト・シュピタール: 聖霊施療院だった建物を利用したレストラン

一流の制作チームの目を通してコッヘムやニュルンベルクの街はどのように映ったのだろう。

別班はドイツの芸術と文化に関連するドイツ最大の「ゲルマン国立博物館」で写真資料を大量に集めたに違いない。こちらの博物館も非常に興味があるので、また別の機会に足を運んでみたい

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの劇場版公開は2020年の1月なので、まだ少し先だが完成した作品は是非劇場に足を運んで観てみたい。スクリーン越しに、もしかするとドイツの断片が垣間見れるかもしれない。

余談になるが、あの「進撃の巨人」のミカサ役の声優、石川由依さんがヴァイオレット役に抜擢されている。

制作チームの皆さん、ロケハン暑い中お疲れ様でした!

コッヘムの旧市街にて

追記(2019年7月20日):一時帰国中の最終日に京都アニメーションの放火に関する事件についての報道を目の当たりにしました。なぜこのような事件が起こってしまうのか。

ロケハンでご一緒させて頂いたチームの皆さんおよび京都アニメーションの関係者の方々の安否が心配でなりません。

お亡くなりになられた方々に心よりご冥福をお祈りいたします。