Kamenice / カメニツェ川の渓谷

メズニ・ロウカ(Mezní Louka)から青と黄色のルートを通る長いコースと、メズナ(Mezná)から緑と黄色のルートを通るショートカットコースがあるが、3度目の今回は長めのコースを歩くことにした。

フジェンスコ(Hřensko)までボートに2回乗るルートだ。案内板にはボートの最終時刻が赤字で強調されていた。

カメニツェ川は昔、材木の運搬に使われていたそうだが、現在では道路が整備されているので材木を積んだトラックをよく見かける。森の入り口でも丸太が山積みにされていた。

前日に少し雨が降ったのと、川沿いのハイキングコースなので渓谷は湿気が多く肌寒い。

宿泊施設の裏の森にたくさん生えていたベニテングダケのような大振りのキノコではなく、小さなキノコが苔に囲まれてひっそりと生えている。

目を凝らさないと見つからないようなミニチュアの世界。

これだけ湿気の多い場所なのに今回はなぜかカエルには遭遇できなかった。

3日目だったが、子供たちは元気だ。

見て!松ぼっくりにキノコが生えてる!

メズニ・ロウカから青のルートで1,5キロ。黄色のルートであるDie Wilde Klamm (Divoká soutěska)までさらに1,5キロ。わかりやすい道しるべが立っているので道に迷うこともない。

このルートは途中で川下りができるので、この辺りでは一番観光客も多い人気のルートだ。

一つ目のボート乗り場、Divoká soutěskaに到着。

このボートでの川下りは観光客のために1898年に始まった。川沿いにはところどころに彫刻などがさりげなく置かれており、船頭が面白おかしくそれらの説明をしながら船を進める。

恋人たちの像

川にいる魚を数えながら歩く子供たち。途中の休憩所に着く前にお腹が空いたので、持参したおにぎりを食べてさらに先に進む。

メズニ橋に到着。この橋を渡って北上するとメズナーやメズニ・ロウカまで戻ることができる。緑のルートを南下するコースもあるが、ここは黄色のルートをまっすぐ進むと休憩所に着く。

休憩所のおなじみの場所で3度目の記念撮影。2016年、2017年、2019年の写真を見比べると子供たちの成長が手に取るようにわかる。

7歳と10歳に

ボヘミアン・スイス国立公園には今回ですでに4度目だが、ここへ来るようになったきっかけはベルリンの生活ではあまり歩かないので、山歩きをしてみよう、というアイデアからだった。

ドイツ国内だとベルリンから行きやすい場所がザクセン・スイスだったのだが、ふとチェコ側の国立公園でもいいのではないか、と調べてみたのが始まりだ。

季節ごとに違った表情を見せてくれるが、子供たちも大きくなり歩き慣れたルートになったので、次に再訪することがあればまた別のルートにトライしてみたい。

Malá Pravčická brána / 小プラフチツェ門

午前中は雨が降ったりと愚図ついた空模様だったので、裏の森を少し散策する。雨のおかげであちらこちらにキノコが顔を出していた。

昼過ぎから天気も回復してきたので、裏の森をもう少し歩いてみることにした。「えー、また歩くの!?歩くだけなんてつまんない。」と子供たち。

ブツブツ言っていたのもつかの間。湿地でカエルを見つけた途端にすっかり忘れてしまう。

山の方に木の階段を見つけたので、そちらの方へ歩いてみることにした。子供たちもさっきまでの「歩きたくない」はどこかへ置いてきたようだった。

小さい頃からそうだが、ふたりとも道無き道や、難しいルートだとテンションが上がるらしい。こちらの山側のルートも赤。

登れないかな。。

少し調べてみると、小プラフチツェ門へと続く道のようだ。往復で6キロほどの距離である。

あっち行こう!

赤いルートだし、結構歩くけど大丈夫かな?と聞いてみたが、すでに行く気満々である。さっきのは何だったの?

あまりメジャーなルートではないのだろう。山道もそれほど手入れされておらず、なかなかスリルがある。

ところで、このルート、メズナ・ロウカを挟んでプラフチツェ門へのガブリエル遊歩道と全く逆方向なのだが、道中に2度ほど地図を片手のドイツ人に道を聞かれた。小プラフチツェ門とあるので間違えるのかもしれない。

1時間半くらい経ったところで、お城のマークのようなものが道しるべに現れた。ゴールは間近だ。

小プラフチツェ門

おおー、確かに小さなプラフチツェ門だな。。

ここまで足を運ぶ人はあまりいないのだろう。チェコあるあるで、キオスクや休憩所もない場所であった。ちょっと歩こうか、と言って出発したので大した準備もしておらずガムを噛んで小休憩。

展望台のようなところがあったので、登ってみる。「この景色を見れたんだから、来た甲斐があったねー。」

帰り道も同じルートを戻ることに。子供たちはトトロの歌を大声で歌いながら歩く。

行きは初めてで先行きの見えない道だったので、とても長く感じたのだが、帰り道は一度経験して勝手を知っているからなのかとても早く感じた。

行きはヨイヨイの全く逆だったわけだ。

新しいことや勝手のわからないことに挑戦するときはかなりのエネルギーや勇気が必要だが、やり慣れていることは簡単に感じるのと同じなのだろうか。

新しい道を歩くのと、新しいことに挑戦するのはどこか似通ったところがあるのかもしれない。

そんなことを歩きながら考えていた。

帰り道にまたカエルに出会った。「絶対、同じカエルやんな!」と子供たち。そう思うぞ。

Pravčická brána / プラフチツェ門

2017年に初めてプラフチツェ門を訪れてから2年。子供たちも7歳と10歳になった。

秋休みにクロアチアへ行こう、という話もあったのだが仕事が忙しく、フライトなどの手配ができないままあっという間に秋休み前に。バックアップ用に行き慣れているボヘミアン・スイス国立公園内のメズニ・ロウカ(Mezní Louka)に宿をひとつあわてて押さえた。

2年前に訪れた時にはまだ建設中だったアパートメントホテルの最後の1室を秋休み直前になんとか予約。予約内容をよく確認していなかったのだが、簡易キッチンとバスタブ備え付けの部屋だった。

オフモードで旅行のオーガナイズをするときはこんな風にかなり行き当たりばったりになってしまう。

3年前に初めてMezní Loukaを訪れた時よりも、宿泊施設が年々少しずつではあるが増えている。それでもまだ平日はとても静かな場所だ。

そんなMezní Loukaだが、ボヘミアン・スイス国立公園内を歩くにはうってつけの拠点である。北側にはプラフチツェ門のあるガブリエル遊歩道、南側にはカメニツェ川(Kamenice)の渓谷があるからだ。

今回はまず北側のルートを行くことにした。

プラフチツェ門までまずは7キロ。

例年であれば秋休みは日本に一時帰国している時期なのだが、今年は夏に帰ったため、秋のボヘミアン・スイスは初めてだ。

すっかり秋めいた山の景色。少し涼しかったが、歩いているとうっすら汗ばむくらいの気温で気持ちがいい。

プラフチツェ門まで60分、メズニ・ロウカまで10分と書かれた道しるべ

プラフチツェ門のある北側のルートは赤いルートで難易度が高い部類に入るらしい。それでもきちんと整備されているので子供でも十分に歩ける道である。

展望台からの景色。ここまで来れば、後一息で休憩所のあるプラフチツェ門に到着する。

懐かしい風景。相変わらずの絶景だ。

秋休み中の平日だからか、道ですれ違う人のほとんどがドイツ人だというのも面白い。上の写真にあるレストランでスープを注文したら2ユーロだった。物価がドイツに比べてまだまだ安いのもチェコの魅力だろう。

風が強くなってきたので、お昼時で満員のレストランに入ったら運良く席が空いたのでゆっくりと休むことができた。ガブリエル遊歩道唯一の休憩所なので、シーズン中は混雑している。

チェコの国立公園内にはこのような施設のある場所が限られているので小さな子供と一緒に歩くときは特に注意が必要だ。準備万端で臨んだ方がいいだろう。

四季折々の自然を楽しめる変化に富んだトラッキングルートなので、山歩きが好きな人は是非。過去ブログにはプラフチツェ門の少し詳しい説明も書いているので気になる方は読んでみてください。

次はドイツ国内のザクセン・スイス側も歩いてみたいと思っている。

Klek-Shops in Sofia / ソフィアのKlekショップ

フランクフルトのモーターショーIAAでの撮影を終え、ベルリンに戻るルフトハンザの機内誌を何気なく手に取ってみた。

そこにとても気になる記事があったので紹介しよう。

ブルガリアの首都ソフィアにあるKlek-Shopという半地下にあるキオスクのような小さなお店について。

Klekというのはブルガリア語で「ひざ」という意味なのだが、実はこのショップ、ひざを折らないと買い物ができないほど低いところに窓口があるのだ。

© Dirk Bruniecki

このタイプのキオスクの由来がこれまた面白い。

ベルリンの壁が崩壊し、共産主義国が消滅した頃。

1990年代初頭にブルガリアの首都ソフィアでアパートの半地下や物置小屋に当たるスペースを利用して住民が商売を始めた。

手作りのジャムやピクルス、タバコに飲み物。靴の修理屋さんや仕立て屋さんなどもそれに加わった。

© Dirk Bruniecki

ボタンつけから新しい服まで:ネヴェナ・ドロロヴァ(41)は仕立てからリフォーム、修理まで全て手がけている。20年ほど彼女はパートナーとKlekの仕立て屋を切り盛りしてきた。店の経営は上々で人を雇えるようになったほどだ。ソフィア中から彼女の腕を買ってお客が来るという。

Lufthansa magazin 9/19 Kniefälle

Klekショップのお店の場所を示す地図なども売られていたが、2012年以降はこれまであった店舗数の約半分の30余にまで減ってしまったのだそうだ。

ついこの間もブックショップやケーキ屋さんが店じまいをしたのだという。どの街にでもあるような大型店との競争に勝てず、店を閉めてしまうのだろう。

もしかするとすでに手遅れなのかもしれない。Klek Shopsを見るためにソフィアに行っても、もう何も残っていないのだろうか。そうだとすれば寂しいことだ。

中には次のステップに進む人たちもいる。Klekのスペースをバーやギャラリーにして中に入れるように利用するやり方だ。

© Dirk Bruniecki

半地下の小さなスペース。使い方次第でとても素敵な空間になりそうだ。Klekカフェがあれば、そこでゆっくりとコーヒーを飲んでみたい。

参照:Luhthansa magazin 9/19 Kniefälle

Chikaramochi in Nakazakicyo/ 中崎町の力餅食堂

夏休みに大阪に帰省していたが、ひとつ大事なことを投稿するのを忘れていた。

それは大阪の中崎商店街にある力餅食堂のこと。

谷町線の中崎町駅から徒歩で約3分ほどの場所にある古い食堂なのだが、店構えからして昭和テイストで溢れている。

自分が子供の頃、奈良から大阪の親戚の家に遊びによく行ったものだが、その時に目にした風景そのまま、といえばいいだろうか。

とにかく懐かしい感じにさせられるお店なのだ。

店の前に出ているおはぎがこれまた絶品。おはぎとお茶目当てでわざわざ行く価値があるんじゃないかと思うくらい甘過ぎず絶妙な手作りのおはぎ。

おばあちゃんの味。そうだ、これだ。

ここには子供たちや母と一緒に何度か通ったが、とにかくみな口を揃えて「美味しい!」といいながら中華そばを食べた。

ラーメンではなく、中華そばである。

もう書いてる側からお腹がぐーぐー鳴るくらい、最高の一品である。最高すぎて写真を撮り忘れてしまった。

さて、この中崎商店街にある力餅食堂。お昼時に行くと、タバコを吸いながらご飯が出てくるのを待つサラリーマンでお店は満席になる。

さすがに喫煙OKなのは時代錯誤な気がするが、昭和のまま時間が止まっているのでそこは諦めるほかないのである。

サラリーマンのおじさんたちを避けるため、若干早めに行ってお昼を済ますといいだろう。

間違いなく常連の彼らは必ずちらし寿司を注文する。ちらし寿司と山菜うどん。ちらし寿司と中華そば。ちらし寿司ときつねうどん。こういった具合だ。そして、もちろんちらし寿司が最高に美味しいことは言うまでもないだろう。

店内にはお店の紹介が載っている雑誌の切り抜きや新聞記事なども貼ってあり、そこでは「虎ざる」なるものの写真が載っていた。

大阪らしくて笑ってしまうが、ざるそばがカレー味とコーヒー味の二種類になっており、ストライプ状になっているという目玉賞品だ。

もちろん阪神タイガースの「虎」というわけ。

これは大学時代の同級生と会った時に注文して食べたが、ボリュームもあるしなかなか美味しかった。おばちゃんたちのアイデア勝負である。

なかなか、大阪駅から谷町線で二駅目の中崎町界隈に行く人は少ないだろうが、もし何かの用事で近くまで行くことがあれば中崎商店街の力餅食堂をのぞいてみてほしい。

中崎町にはオシャレなカフェもたくさんあるので、そちらもオススメだがここでは昭和テイストの力餅食堂を一押ししておこう。

もはや意味不明

Ferien mit Kindern / 長期休暇と子供たち

さて、日本でも夏休みが始まった頃だ。

今年のベルリンの休暇は「もうすぐ夏休み」でも書いたとおり、なぜか6月中旬から始まっている。残すところ、わずか2週間である。

わずか、というかまだ2週間もある。

ドイツはこんな風に毎年、それぞれの州ごとに休暇のタイミングを意図的にずらしているのだ。休暇大国ドイツの知恵とも言えるだろうか。

それでも今年は格安のフライトで急遽日本に行って来たので1ヶ月はメインイベントができたわけだ。イベントマネージャーとしては非常に助かる展開である。

残りの2週間については最初の1週間で残っている補習校の宿題ややり残しのドイツ語のワークなどを一緒にしたり、部屋の片付けをしたりしようと考えている。

息子の小学校のホート(学童)はつまらないという噂だし、子供たちもほとんどいないらしい。そんなわけで休暇ホートは利用しない考えだ。

娘の小学校はホートが充実しているが、高学年になってくると喜んで行ってはくれなくなってくる。

最終週に相方が休みを取ったそうなので、ブランデンブルク州に日帰り旅行するなり、湖に行くなりできるといいかな。日本で海と山に行けなかったので、ザクセンドイツ辺りで山登りをしてもいいかもしれない。

休暇の終わり頃に申し込んでいたサッカーキャンプはキャンセルすることにした。イベントが多すぎるのもどうかと思ったからだ。

とまあ、こんな風に6週間にわたる長期休暇が来ると、小さな子供たちのためのイベントを考えるのも親の仕事だ。

ドイツ人というか、欧州の人々はバケーションのために働いているといっていいほど、休暇に入った途端、旅行にいってしまうので街から人の気配がなくなる。

仮に長期的な旅行に出かけなくても、ベルリンのような都市に住んでいれば様々なイベントやワークショップも行われているので積極的に利用するのも手だ。

  • 休暇ホート
  • 各種ワークショップ(美術館、博物館など)
  • 休暇パス(Ferienpass)の利用:スーパーなどで9ユーロで入手可能。公共プールが無料になったり、施設の優待チケットなどが付いているので便利。「年間100日間の休暇分9ユーロ」が謳い文句。
  • 郊外や近場(ポーランドやチェコ)に遊びに行く

例年はこんな風にして長い休暇を乗り切っているわけだ。ここ最近は少し暑すぎるが、これまでは夏は非常に過ごしやすい気候だったのでわざわざ出かける必要を感じなかったというのもある。

ふと思ったのだが、自分の子供の頃を振り返ってみても特に特別なことはしていなかったんだよなぁ。京都にハイキングに行ったり、たまに海に連れて行ってもらったくらいで旅行らしい旅行はしていなかった。海外なんて以ての外だ。

そういう意味では小さな頃から自然と異文化に触れられる環境の子供たちを羨ましく思わないでもない。

皆さんはこの夏休み、どんな風に過ごされていますか?

Namba Parks / 難波パークス

SONYのカメラを購入してから、帰国時に必ずメンテナンスに出すようにしているのだが、場所が難波パークスから徒歩で5分ほどいったところにある。

メンテナンスは予約制で引き取るまでに1時間半ほど待つことになる。

そこで、その間はこれまた近くのなんばスカイオ(2018年10月オープン)にあるスターバックス・リザーブ店へ行くのがお決まりになってきた。スカイオのオフィスフロアにはコワーキングスペースWeWorkも入っているらしい。

どこもかしこも混んでいて騒がしいイメージの大阪のカフェ。

ここは店内の作りも非常にゆったりとしている上に、あまり混んでいないという最高のロケーションなのだ。

美味しいコーヒーを飲みながらゆっくりしていると、1時間半の待ち時間などあっという間に経ってしまう。

連休明けの午前中だったためか、訪れた日もかなり空いていてゆっくり過ごすことができた。少し酸味の効いたコロンビアブレンドをオーダーする。本来はアイスコーヒーの方がオススメなのだそうだ。

こんな風にリザーブ店ではコーヒーに詳しいバリスタさんたちと注文時に色々と話をすることができるのもいい。

ちょうど3人ほどのお客さんたちがバリスタのコーヒーセミナーを受講中だった。詳しい説明にテイスティング。

初めて受講する人には1時間ほどのセミナーが1000円で用意されているようなので、次回はメンテナンスと合わせて受講してみようかな。

さて、表題の難波パークスだが、コーヒーを飲んだ後に窓の外から見えていた難波パークスガーデンを少し歩いてみた。

晴天で暑い日だったためか、そこもほとんど人がおらず不思議な気分になった。都会のオアシスなのに人がいない。平日だと割りとどこも空いているものなのかもしれない。

日陰も多く、人も少ないので赤ちゃん連れの母親の姿をちらほら見かけたくらいだ。気兼ねせずに遊ばせたり、散歩するには程よいロケーションなのだろう。

周囲に緑が少ない場所なので、きちんと丁寧に手入れされた庭を歩くのはとても気持ちがいい。炎天下の中、植木の剪定をしている人や庭の工事をしている人も見かけた。ご苦労様です。

大阪駅にグランフロントやステーションビルができたのと、滞在先が大阪キタ周辺なので難波まで足を運ぶことがほとんどなくなってしまった。奈良に住んでいた頃に馴染みのあった駅も今ではずいぶん様変わりしている。

これでまた、帰国時にカメラのメンテナンスに行くのが楽しみになった。

Heijo-Park in Nara / 奈良の平城宮跡

一時帰国の際、中高時代の恩師と同級生に奈良で会うのが恒例になっている。

今年は連絡が遅れ、出発まで数日というタイミングで何とか全員の都合が付きお会いできる運びとなった。

奈良へは既に一度足を運んでいた(「奈良での1日」)ので、ランチの後は恩師の自宅の近くにある平城宮跡に行くことになった。

平城宮跡といえば、中学生や高校生の頃はまだ何も建っておらず、ただただ広い敷地が広がっていたのを近鉄線の車窓からよく眺めていたものだった。

当時はまだ遺跡の発掘作業などが行われていたのだと思う。

今では「平城宮跡歴史公園」と名前を変え、公園基本計画をもとに事業が進められている。

平城宮跡歴史公園は、奈良市内に広がる特別史跡平城宮跡を計画地とした国営公園。世界遺産「古都奈良の文化財」の構成資産の一つでもあり、平城宮跡の保存・活用を図る目的で、平成20年度に事業化されている。

その中でも西大寺から一番近い、「第一次大極殿院エリア」に足を運んだ。

奈良の学校に6年間通っていても、この敷地内に足を踏み入れるのは初めてのことだった。

手付かずの自然に囲まれた第一次大極殿院。まだ完成していないためか、観光客の姿もここではほとんど見られない。

若草山方面を臨む

とにかく広大な敷地と自然に囲まれた静かな場所だ。

高御座

高御座(たかみくら)とは、日本の天皇の玉座を指す。この第一次大極殿院は天皇の即位式や外国使節との面会など、国のもっとも重要な儀式のために使われていた。

鴟尾

鴟尾(しび)は屋根の一番上(大棟)の両はしにつけられる装飾部分。鴟尾は出土はしていないそうだが、当時、格の高い建物には乗せられていたためこの建物になかったとは考えにくく、平安京大極殿のためにつくられたと想定されている鴟尾をもとに約2メートルであると考えられている。

このように細かなディテールなども含めとても丁寧に復元されている印象を受ける。

復元事業情報館

第一次太極殿院の側には復元事業情報館も併設されており、復元に関する展示を見ることができる。ボランティアの方々も常駐されており、色々と展示についてお話を伺うことができた。

丸太から材料を切り出す

ここでは様々な行事なども行われているようだ。

ボランティアの案内係のおひとりはベルリンの壁崩壊直後にベルリンに行ったことがあるということで、昔話に花が咲いたりもした。

一期一会とはまさにこういうことを言うのだろう。

朱色についてのお話が中でも興味深かった。これまで「朱色」は鉛や鉄などが使われていたが、鉛が人体に良くないことから使用ができなくなっており、従来の神社仏閣専用塗料の「朱色」より暗い色が用いられている、とのことであった。

春日大社の「朱色」もその内、このような暗めの「朱色」になってしまうのだろうか。

朱雀門エリアの方には飲食が可能なレストランや土産物のコーナーもあるようなので、機会があればまた行ってみたいと思っている。

参照HP: 平城宮跡歴史公園

Soraniwaonsen in Bentencho / 弁天町の空庭温泉

夏だけれど温泉に行きたい。でも、遠出する時間がない。どうするか。

大阪にはいくつか大型温泉があるが、母親が弁天町に新しくできた施設があり気になっている、というので天気の余り良くない日を選んで一緒に行ってみることにした。

滞在先の桜ノ宮からJR環状線で20分ほどのところだ。駅と直結しており立地も抜群である。

それにしても、家から30分ほどで気軽に温泉に行ける日本ってどう考えても素敵だ。

©JR西日本

最近の京都もそうだが、やはり大阪でも激増する外国人観光客の影響で温泉施設も混んでいる上にマナーもあまり良くないため避ける人も多いと聞く。果たしてここは大丈夫なのだろうか。

夏なので昼間から好き好んで温泉に入る客もいないだろう、という思惑通りお昼前の館内は週末だというのにがらーんとしていた。

今年の一時帰国はどこへ行っても比較的空いているのだから不思議なものだ。

日本人はテーマパークが好きなようだ。この空庭温泉も安土桃山時代という想定の温泉テーマパークというコンセプト。

©空庭温泉HP

入場料は他の大阪の温泉に比べて大人2600円、子供はその半額と高め設定だが、ゆっくりと何時間も滞在することを考えれば納得が行く料金設定だ。

館内では備え付けの浴衣着用が義務付けられている。浴衣といってもワンピースか巻きスカートの上に甚平を羽織るタイプなので気が楽だ。カラーや柄展開も豊富なので選ぶのも楽しい。

息子も浴衣が着れてご満悦の様子。なぜか爪楊枝を加えてその気になっている。そんな仕草をどこで仕入れてくるのだろう。子供って不思議だ。

揚げたこ焼きが美味!

館内もインスタ映えするスポットが用意されていたりと工夫がされていて面白い。

お昼を食べた後、早速お風呂へ。

©空庭温泉HP

施設が新しいので綺麗で気持ちがいい。竹の枕に頭を乗せ、寝転がってお湯に浸かれるスペースがあり旅の疲れがようやく取れた気がした。寝転んでお湯に浸かれるなんて極楽。

庭園を眺めながら入るお風呂も格別だ。この日はあいにくの天気だったがそれでも開放感は十分。

この空庭温泉、以前は屋内プールだった場所を改装して2019年の2月末にオープンしたばかり。屋根を取り除いて足湯や休憩所のある庭園が造られている。

成り切る人

高めの料金設定のためか地元の人には不評なのだとか。そのおかげ(?)で随分とゆっくりと過ごせて大満足。

半日ほどの滞在だったが、ご飯も美味しく母親とゆっくりお風呂に入れてとてもいい時間が過ごせた。

帰りは妹家族と合流して大阪でご飯を食べ、大阪ステーションエリアのカフェでお茶をして帰宅した。都心でも場所を選べばゆっくりと過ごせるものである。