Budapest – Perle an der Donau / ドナウの真珠ブダペスト⑷

前回の投稿では廃墟バーについてご紹介したが、今回は廃墟バーで日曜日に開かれているファーマーズマーケットについて少し触れてみようと思う。

今回の旅、実は事前に全くブダペストについて予習をする余裕がなかった。通貨のことも何ならAirbnbでとったアパートの入室の仕方でさえ、当日に慌てて確認をしたほどだった。

しかし、そこはさすがの同級生。彼女は私が唯一といってもいいほど旅を共にしていても全く疲れない人なのだが、リサーチ力も行動力も半端ない。イギリスの大学院留学経験あり、中米での滞在経験も数年ありと、とにかく海外慣れした人なのである。

ブダペストの街歩きにおいても、事前に気になるところを山ほどピックアップしてくれており、街中のショップやカフェは彼女が見つけておいてくれたところだ。この場を借りて感謝しておきたい。

さて、そんな彼女のアイデアで日曜日に開催されているという廃墟バーでのファーマーズマーケットにて待ち合わせすることになった。

昨日は夜の顔、今日は昼の顔。

入り口付近は既に地元民と観光客でごった返していた。

ブランチもやっているようだ。こちらもなかなか良さそう。

夜はDJブースが入っていたフロアが週末はマーケットに。昼と夜ではずいぶんと印象が変わる。

中庭にも作り手の見える新鮮な商品が並ぶ。きのこジャムやトマトジャムなど、他ではあまり見られないラインナップなどもあり、見ているだけでも楽しい。

少しお腹が空いたのでチャリティークッキングなるものを見つけ、ハンガリーの家庭料理でランチタイム。キャベツとお肉がたっぷり入ったマイルドな一品だった。サワークリームも手作りで濃厚な味。

戸外の中庭で食べるのもいいが、寒い日には建物内にも十分なスペースが設けられている。週末なのでブランチ客の家族連れも多かった。

The Sweet

廃墟バーのマーケットを堪能した後は、古着屋やアンティークショップをのぞきながらそぞろ歩き。これまたファンシーなケーキ屋さんを見つけたので入ってみることに。

ピンクが基調の内装で別世界のような可愛いお店。ケーキもコーヒーも美味しかった。

Párisi Udvar Hotel Budapest – 5区

ブダペストも歩くエリアによって街並みが変わる。こちらは5区の落ち着いた佇まいのエリアのようだ。とにかくどこを切り取っても絵になるのには驚かされる。

コシュート・ラヨシ通りの南側にハンドバック専門店Tatikaがあるというので、散歩がてら覗きに行くことにした。

ハンドバック専門店 Tatika

手頃なプライス価格でカラフルなプリント生地のハンドメイドのバッグが店内にたくさん展示販売されている。お土産にも最適だ。

本当はショップやカフェ、ルダシュ温泉などについてもご紹介したいところだが、キリがないのでこの辺で。

ブダペストには目的地がたくさんあるので、機会があれば是非一度足を運んでみてください。

Budapest – Perle an der Donau / ドナウの真珠ブダペスト⑶

前回の投稿では主にブダペストの中心部7区での散歩についてご紹介したが、今回は同じ7区にある「廃墟バー」について書いてみようと思う。

ベルリンで「廃墟バー」と言えば、今はなきTachlesを指す。その現代版と言えるのがHolzmarktに当たるだろうか。

しかし、ブダペストには90年代のベルリンを象徴するような空間がまだ街中にちらほらと残っている。

カスィンツィ通り

観光地としてもすでに有名らしく、廃墟バーのあるカスィンツィ通り(Kazinezy uteca)はかなり賑わっていた。

Szimpla Design Shop

廃墟バーに併設されたデザインショップもなかなかいい感じのお店だ。

Szimpla Kert – 廃墟バー

冬場は午後4時を過ぎると既に日が落ちて辺りは薄暗くなってくる。そんな中、入り口付近に座っていたガードマン(?)がカメラ目線で笑っていた。「廃墟バーはあそこに違いない。」そんな感じだ。

ベルリンのTachelesのような広い敷地ではないが、以前は古い工場だった場所らしい。Szimpla Kertがオープンしたのは2002年。ブダペストのオルタナティヴシーンの先駆けとなったようだ。

ここではオープンエアシネマやパブ、コンサート、シアターやその他様々なカルチャーイベントが企画されている。

時間がまだ早かったせいか、中に入ってみると人もまばらでそれほど混んではいなかった。

この廃墟バー、ベルリンほどのアングラ感はあまりない。どちらかと言えば、ベルリンのそれよりもかなり洗練された印象を受ける。

店内ではベビーカーも見かけた。飲食スペースも十分にあり、ゆっくりと腰を据えて長居できるスペースが取られている。

かなり短いが、店内の雰囲気が少しでも伝わるよう動画をアップしておこう。

さて、この廃墟バーでは週末にはファーマーズマーケットが行われているのだそう。それについてはまた次回に。

Budapest – Perle an der Donau / ドナウの真珠ブダペスト⑵

前回の「ドナウの真珠ブダペスト⑴」ではハンガリー語やブダペスト市内交通について述べるだけに終わったが、今回は実際に街を歩いてみて感じたことなどを中心に書いていこうと思う。

Airbnbで予約したアパートのある場所から北へ行くと、カフェやブティックの並ぶErzsébetváros (7区:エリザベス市)区に入る。

対岸のブダ側にアパートをとった友人とはハンガリー産のスニーカー専門店Tisza Shoesで待ち合わせることにした。

シンプルなデザインに一目惚れ。カラフルなデザインのスニーカーを一足購入。シューズによって素材が異なるので購入の際に店員さんにサイズ感について少し相談。とても丁寧にこちらの質問に答えてくれた。ハンドメイドなので、在庫が少しずつしかないが、お気に入りの一足が見つかってよかった。

さて、次はPRINTAという工房が併設したデザインショップへ。

Printa

環境に優しい素材や製造方法にこだわって作られた服やポスターなどセンスの良い品々が並ぶ店内。友人はここで迷わずワンピースを購入。

ブダペストはグラフィックに強いのか、このようなポスター類をあちらこちらで見かけた。

Blue Bird Cafe

少し歩き疲れたので、隣接するBlue Bird Cafeで一休みすることに。店内には天井から鳥かごが釣られており、内装が素敵なカフェだった。

カプチーノとバナナマフィンで軽めのランチに。気になるお値段だが、ベルリンのミッテ地区に比べると若干安いくらいだろうか。

カプチーノが690フォリントなので、2,30ユーロくらいだ。シューズやデザインショップなどのプライス設定もワルシャワほど安くはないが、ベルリンよりは安くクオリティーが高いように感じる。

7区を散歩していると、ルービックキューブが壁面に描かれていた。そう、このルービックキューブ、実はハンガリーの建築学者でブダペスト工科大学教授だったエルノー・ルービックが1974年に考案したもの。

ポリテクニカ社の「マジック・キューブ」

ルービックは「マジック・キューブ」という名前で特許を取得、1977年にはハンガリーの「ポリテクニカ」という玩具製造会社から最初のキューブが発売されている。ルービックキューブがハンガリーと縁があったとは驚きだ。

建物の中庭に当たる通路を利用したマーケットなどもかなり充実している。市内ではクリスマスを過ぎてもまだクリスマスマーケットが開かれていて訪れる人も多く活気があった。

市内のあちらこちらにベルリンの90年代を彷彿とさせるような廃墟が見受けられた。次回はブダペストの廃墟バーなどについて触れたいと思います。

Budapest – Perle an der Donau /ドナウの真珠ブダペスト⑴

10年ほど前に一度足を運んだことのあるハンガリーの首都、ブダペスト。昨年末に引き続き、中高時代の同級生と合流することに決めたのは「ドナウの真珠」と呼ばれる美しい中欧の都市だ。

ハンガリー語は残念ながらさっぱり。言語的にも全く取っ掛かりのない言葉なので、「ありがとう、さようなら。」ですら既にお手上げ。旅先では基本的な挨拶くらいは現地語で言えるようにしたいと思っているものの、ハンガリー語はハードルが高すぎた。

Köszönöm [køsønøm], Viszlát! [vislaːt] (クセノム、ビスラート)

カタカナでそれらしき音を書いた紙を見ながら3日間の滞在中に実際に言おうと試みたが、結局覚えたのは「ありがとう」だけだった。

ハンガリー語が使用されている地域

ウラル語族のフィン・ウゴル語派に分類され、フィンランド語やエストニア語と同系統の言語であるが、意思の疎通がまったくできないほどの大きな隔たりがある。歴史的経緯からスラヴ諸語やルーマニア語とドイツ語(オーストリア語)とイタリア語の影響をある程度受けているが、インド・ヨーロッパ語族(ヨーロッパで話される諸言語の多くが属する)とは系統が異なり、姓名や日付などの語順もインド・ヨーロッパ語族の言語とは異なる。

ウィキペディア「ハンガリー語」より

これだけ読んでも余りピンと来ないが、とにかく発音が複雑で覚えづらい言語である。

言語的にはかなり特殊なようだが、ブダペストは相変わらず美しい街だった。

セーチェーニー鎖橋

ブダペストといえば、その夜景の素晴らしさには定評がある。セーチェーニ鎖橋は1987年に「ブダペストのブダペストのドナウ河岸とブダ城地区」の一部として、ユネスコの世界遺産に登録されている。

この写真を年末年始の挨拶と共に送ったところ、何人かから「ロンドン?」という返事が返ってきた。実はこの橋、設計したのはウィリアム・クラークというイングランドの技師。

ブダ城
市街地

市街地はバスやトラム、トロリーバスを始め、ロンドンに続いて世界で2番目に開通した地下鉄も通っているので非常に便利だ。

空港から市内までは2017年7月から100Eの空港シャトルバスが運行しており、30分くらいで中心地に出ることができる。チケット購入はBKKのカウンターが空港の第2ターミナルを出てすぐのところにあるので、往復でチケットを購入しておいてもいいだろう。

BKKのホームページより

少し気になるのは車の多さくらいだろうか。

自転車道なども余り整備されていないのか、市内ではほとんど見かけなかった。ただ、シェアバイクのスタンドやキックバイクは街中で見かけたので季節が変われば利用する人はそれなりにいるのかもしれない。

散策するのにはもってこいの街なので、市内交通をうまく利用しながら是非一度歩いてみてはいかがでしょうか。

次回は市内を歩いた感想について書いてみたいと思います。

Kamenice / カメニツェ川の渓谷

メズニ・ロウカ(Mezní Louka)から青と黄色のルートを通る長いコースと、メズナ(Mezná)から緑と黄色のルートを通るショートカットコースがあるが、3度目の今回は長めのコースを歩くことにした。

フジェンスコ(Hřensko)までボートに2回乗るルートだ。案内板にはボートの最終時刻が赤字で強調されていた。

カメニツェ川は昔、材木の運搬に使われていたそうだが、現在では道路が整備されているので材木を積んだトラックをよく見かける。森の入り口でも丸太が山積みにされていた。

前日に少し雨が降ったのと、川沿いのハイキングコースなので渓谷は湿気が多く肌寒い。

宿泊施設の裏の森にたくさん生えていたベニテングダケのような大振りのキノコではなく、小さなキノコが苔に囲まれてひっそりと生えている。

目を凝らさないと見つからないようなミニチュアの世界。

これだけ湿気の多い場所なのに今回はなぜかカエルには遭遇できなかった。

3日目だったが、子供たちは元気だ。

見て!松ぼっくりにキノコが生えてる!

メズニ・ロウカから青のルートで1,5キロ。黄色のルートであるDie Wilde Klamm (Divoká soutěska)までさらに1,5キロ。わかりやすい道しるべが立っているので道に迷うこともない。

このルートは途中で川下りができるので、この辺りでは一番観光客も多い人気のルートだ。

一つ目のボート乗り場、Divoká soutěskaに到着。

このボートでの川下りは観光客のために1898年に始まった。川沿いにはところどころに彫刻などがさりげなく置かれており、船頭が面白おかしくそれらの説明をしながら船を進める。

恋人たちの像

川にいる魚を数えながら歩く子供たち。途中の休憩所に着く前にお腹が空いたので、持参したおにぎりを食べてさらに先に進む。

メズニ橋に到着。この橋を渡って北上するとメズナーやメズニ・ロウカまで戻ることができる。緑のルートを南下するコースもあるが、ここは黄色のルートをまっすぐ進むと休憩所に着く。

休憩所のおなじみの場所で3度目の記念撮影。2016年、2017年、2019年の写真を見比べると子供たちの成長が手に取るようにわかる。

7歳と10歳に

ボヘミアン・スイス国立公園には今回ですでに4度目だが、ここへ来るようになったきっかけはベルリンの生活ではあまり歩かないので、山歩きをしてみよう、というアイデアからだった。

ドイツ国内だとベルリンから行きやすい場所がザクセン・スイスだったのだが、ふとチェコ側の国立公園でもいいのではないか、と調べてみたのが始まりだ。

季節ごとに違った表情を見せてくれるが、子供たちも大きくなり歩き慣れたルートになったので、次に再訪することがあればまた別のルートにトライしてみたい。

Malá Pravčická brána / 小プラフチツェ門

午前中は雨が降ったりと愚図ついた空模様だったので、裏の森を少し散策する。雨のおかげであちらこちらにキノコが顔を出していた。

昼過ぎから天気も回復してきたので、裏の森をもう少し歩いてみることにした。「えー、また歩くの!?歩くだけなんてつまんない。」と子供たち。

ブツブツ言っていたのもつかの間。湿地でカエルを見つけた途端にすっかり忘れてしまう。

山の方に木の階段を見つけたので、そちらの方へ歩いてみることにした。子供たちもさっきまでの「歩きたくない」はどこかへ置いてきたようだった。

小さい頃からそうだが、ふたりとも道無き道や、難しいルートだとテンションが上がるらしい。こちらの山側のルートも赤。

登れないかな。。

少し調べてみると、小プラフチツェ門へと続く道のようだ。往復で6キロほどの距離である。

あっち行こう!

赤いルートだし、結構歩くけど大丈夫かな?と聞いてみたが、すでに行く気満々である。さっきのは何だったの?

あまりメジャーなルートではないのだろう。山道もそれほど手入れされておらず、なかなかスリルがある。

ところで、このルート、メズナ・ロウカを挟んでプラフチツェ門へのガブリエル遊歩道と全く逆方向なのだが、道中に2度ほど地図を片手のドイツ人に道を聞かれた。小プラフチツェ門とあるので間違えるのかもしれない。

1時間半くらい経ったところで、お城のマークのようなものが道しるべに現れた。ゴールは間近だ。

小プラフチツェ門

おおー、確かに小さなプラフチツェ門だな。。

ここまで足を運ぶ人はあまりいないのだろう。チェコあるあるで、キオスクや休憩所もない場所であった。ちょっと歩こうか、と言って出発したので大した準備もしておらずガムを噛んで小休憩。

展望台のようなところがあったので、登ってみる。「この景色を見れたんだから、来た甲斐があったねー。」

帰り道も同じルートを戻ることに。子供たちはトトロの歌を大声で歌いながら歩く。

行きは初めてで先行きの見えない道だったので、とても長く感じたのだが、帰り道は一度経験して勝手を知っているからなのかとても早く感じた。

行きはヨイヨイの全く逆だったわけだ。

新しいことや勝手のわからないことに挑戦するときはかなりのエネルギーや勇気が必要だが、やり慣れていることは簡単に感じるのと同じなのだろうか。

新しい道を歩くのと、新しいことに挑戦するのはどこか似通ったところがあるのかもしれない。

そんなことを歩きながら考えていた。

帰り道にまたカエルに出会った。「絶対、同じカエルやんな!」と子供たち。そう思うぞ。

Pravčická brána / プラフチツェ門

2017年に初めてプラフチツェ門を訪れてから2年。子供たちも7歳と10歳になった。

秋休みにクロアチアへ行こう、という話もあったのだが仕事が忙しく、フライトなどの手配ができないままあっという間に秋休み前に。バックアップ用に行き慣れているボヘミアン・スイス国立公園内のメズニ・ロウカ(Mezní Louka)に宿をひとつあわてて押さえた。

2年前に訪れた時にはまだ建設中だったアパートメントホテルの最後の1室を秋休み直前になんとか予約。予約内容をよく確認していなかったのだが、簡易キッチンとバスタブ備え付けの部屋だった。

オフモードで旅行のオーガナイズをするときはこんな風にかなり行き当たりばったりになってしまう。

3年前に初めてMezní Loukaを訪れた時よりも、宿泊施設が年々少しずつではあるが増えている。それでもまだ平日はとても静かな場所だ。

そんなMezní Loukaだが、ボヘミアン・スイス国立公園内を歩くにはうってつけの拠点である。北側にはプラフチツェ門のあるガブリエル遊歩道、南側にはカメニツェ川(Kamenice)の渓谷があるからだ。

今回はまず北側のルートを行くことにした。

プラフチツェ門までまずは7キロ。

例年であれば秋休みは日本に一時帰国している時期なのだが、今年は夏に帰ったため、秋のボヘミアン・スイスは初めてだ。

すっかり秋めいた山の景色。少し涼しかったが、歩いているとうっすら汗ばむくらいの気温で気持ちがいい。

プラフチツェ門まで60分、メズニ・ロウカまで10分と書かれた道しるべ

プラフチツェ門のある北側のルートは赤いルートで難易度が高い部類に入るらしい。それでもきちんと整備されているので子供でも十分に歩ける道である。

展望台からの景色。ここまで来れば、後一息で休憩所のあるプラフチツェ門に到着する。

懐かしい風景。相変わらずの絶景だ。

秋休み中の平日だからか、道ですれ違う人のほとんどがドイツ人だというのも面白い。上の写真にあるレストランでスープを注文したら2ユーロだった。物価がドイツに比べてまだまだ安いのもチェコの魅力だろう。

風が強くなってきたので、お昼時で満員のレストランに入ったら運良く席が空いたのでゆっくりと休むことができた。ガブリエル遊歩道唯一の休憩所なので、シーズン中は混雑している。

チェコの国立公園内にはこのような施設のある場所が限られているので小さな子供と一緒に歩くときは特に注意が必要だ。準備万端で臨んだ方がいいだろう。

四季折々の自然を楽しめる変化に富んだトラッキングルートなので、山歩きが好きな人は是非。過去ブログにはプラフチツェ門の少し詳しい説明も書いているので気になる方は読んでみてください。

次はドイツ国内のザクセン・スイス側も歩いてみたいと思っている。

Klek-Shops in Sofia / ソフィアのKlekショップ

フランクフルトのモーターショーIAAでの撮影を終え、ベルリンに戻るルフトハンザの機内誌を何気なく手に取ってみた。

そこにとても気になる記事があったので紹介しよう。

ブルガリアの首都ソフィアにあるKlek-Shopという半地下にあるキオスクのような小さなお店について。

Klekというのはブルガリア語で「ひざ」という意味なのだが、実はこのショップ、ひざを折らないと買い物ができないほど低いところに窓口があるのだ。

© Dirk Bruniecki

このタイプのキオスクの由来がこれまた面白い。

ベルリンの壁が崩壊し、共産主義国が消滅した頃。

1990年代初頭にブルガリアの首都ソフィアでアパートの半地下や物置小屋に当たるスペースを利用して住民が商売を始めた。

手作りのジャムやピクルス、タバコに飲み物。靴の修理屋さんや仕立て屋さんなどもそれに加わった。

© Dirk Bruniecki

ボタンつけから新しい服まで:ネヴェナ・ドロロヴァ(41)は仕立てからリフォーム、修理まで全て手がけている。20年ほど彼女はパートナーとKlekの仕立て屋を切り盛りしてきた。店の経営は上々で人を雇えるようになったほどだ。ソフィア中から彼女の腕を買ってお客が来るという。

Lufthansa magazin 9/19 Kniefälle

Klekショップのお店の場所を示す地図なども売られていたが、2012年以降はこれまであった店舗数の約半分の30余にまで減ってしまったのだそうだ。

ついこの間もブックショップやケーキ屋さんが店じまいをしたのだという。どの街にでもあるような大型店との競争に勝てず、店を閉めてしまうのだろう。

もしかするとすでに手遅れなのかもしれない。Klek Shopsを見るためにソフィアに行っても、もう何も残っていないのだろうか。そうだとすれば寂しいことだ。

中には次のステップに進む人たちもいる。Klekのスペースをバーやギャラリーにして中に入れるように利用するやり方だ。

© Dirk Bruniecki

半地下の小さなスペース。使い方次第でとても素敵な空間になりそうだ。Klekカフェがあれば、そこでゆっくりとコーヒーを飲んでみたい。

参照:Luhthansa magazin 9/19 Kniefälle

Chikaramochi in Nakazakicyo/ 中崎町の力餅食堂

夏休みに大阪に帰省していたが、ひとつ大事なことを投稿するのを忘れていた。

それは大阪の中崎商店街にある力餅食堂のこと。

谷町線の中崎町駅から徒歩で約3分ほどの場所にある古い食堂なのだが、店構えからして昭和テイストで溢れている。

自分が子供の頃、奈良から大阪の親戚の家に遊びによく行ったものだが、その時に目にした風景そのまま、といえばいいだろうか。

とにかく懐かしい感じにさせられるお店なのだ。

店の前に出ているおはぎがこれまた絶品。おはぎとお茶目当てでわざわざ行く価値があるんじゃないかと思うくらい甘過ぎず絶妙な手作りのおはぎ。

おばあちゃんの味。そうだ、これだ。

ここには子供たちや母と一緒に何度か通ったが、とにかくみな口を揃えて「美味しい!」といいながら中華そばを食べた。

ラーメンではなく、中華そばである。

もう書いてる側からお腹がぐーぐー鳴るくらい、最高の一品である。最高すぎて写真を撮り忘れてしまった。

さて、この中崎商店街にある力餅食堂。お昼時に行くと、タバコを吸いながらご飯が出てくるのを待つサラリーマンでお店は満席になる。

さすがに喫煙OKなのは時代錯誤な気がするが、昭和のまま時間が止まっているのでそこは諦めるほかないのである。

サラリーマンのおじさんたちを避けるため、若干早めに行ってお昼を済ますといいだろう。

間違いなく常連の彼らは必ずちらし寿司を注文する。ちらし寿司と山菜うどん。ちらし寿司と中華そば。ちらし寿司ときつねうどん。こういった具合だ。そして、もちろんちらし寿司が最高に美味しいことは言うまでもないだろう。

店内にはお店の紹介が載っている雑誌の切り抜きや新聞記事なども貼ってあり、そこでは「虎ざる」なるものの写真が載っていた。

大阪らしくて笑ってしまうが、ざるそばがカレー味とコーヒー味の二種類になっており、ストライプ状になっているという目玉賞品だ。

もちろん阪神タイガースの「虎」というわけ。

これは大学時代の同級生と会った時に注文して食べたが、ボリュームもあるしなかなか美味しかった。おばちゃんたちのアイデア勝負である。

なかなか、大阪駅から谷町線で二駅目の中崎町界隈に行く人は少ないだろうが、もし何かの用事で近くまで行くことがあれば中崎商店街の力餅食堂をのぞいてみてほしい。

中崎町にはオシャレなカフェもたくさんあるので、そちらもオススメだがここでは昭和テイストの力餅食堂を一押ししておこう。

もはや意味不明