No more Stadtquatier / Tachelesの行方

初めてベルリンを訪れた90年代に衝撃を受けたのがタヘレス(Tacheles)だった。

あそこまでボロボロの廃墟を見たことがなかったのと、訳のわからないエネルギーのようなものが建物を取り巻いていたからだ。

決して明るくはない、それでいて何が出てくるのかわからない混沌としたもの。

タヘレスに入っているカフェザパタ(Zapata)で知り合いになったミシェルとKiBa(Kirchebananensaft / チェリーバナナジュース)を飲んでいると、シャーデ(Schade)と名乗るチェロ弾きが話しかけてきた。

「シャーデって言うんだ。今日の晩『真夏の夜の夢』でチェロを弾くんだけど来ない?」

シャーデ、日本語で言うと「残念」という名のチェロ弾きというのも何だかベルリンらしいな、と思い足を運んだのをよく覚えている。

舞台を観て購入したパンフレットもまだ手元に残っている。

Schiller Theater 1993

Cellist Jan Schade

やはりSchade、とある。

その時にシャーデと話したこともなぜかまだきちんと覚えているのだが、彼は紙に鉛筆でおもむろに3つの点を書き、その点を線で結びながらこんなことを言った。

「モスクワ、ベルリン、パリ。この3つの都市は文化的にとても深い繋がりがあるんだ。」

その2年後、実際にベルリンに住むようになって、彼の言っていたことを実体験することになるとは夢にも思わなかった。

パリには縁がなかったようだが、モスクワとベルリンはがっちりと自分の中で繫がったからだ。

とにかく当時のタヘレスはそんなエピソードと共に自分の記憶の中に残っている。

Der Traum

die Stätte enthüllender Beziehungen

Der Traum ist eine eigene Wirklichkeit, die zwischen dem Sichtbaren und dem Unsichtbaren des Universums schwebt; eines Universums, das der Mensch bei Tag bewohnt und bei Nacht entdeckt.

Vittrio Fagone, 1991

パンフレットには夢についてこんなテキストが引用されている。

2000年を過ぎた辺りから、タヘレスも観光地化されほとんど足を運ぶこともなくなったのだが、今日目にした記事を読んで非常に残念に思った。

タヘレス周辺の空き地を利用してモダンな商業ビルが2023年に完成予定。下の完成予想図を見る限り、もはや以前の面影は跡形もない。

「時代の流れとはいえ、本当につまらないものを建てるんだな。」

壁崩壊直後のベルリンを象徴していたタヘレスの今後の利用法も気になるところだ。スウェーデンの„Fotografiska“が入るとか入らないとか言われているようだがまだ100%確実な話でもないらしい。„Fotografiska“ はすでにニューヨーク、ストックホルム、タリンに美術館を構えている。

あの独特の外観を保ったままうまく改装できないのだろうか。安全性の問題などもあるのかもしれないが、レジェンド的存在だった歴史的意味のある建造物をうまく維持してほしいと願うばかりである。

それにしても、タヘレスのすぐ側にどこにでもあるような商業ビルを建てても仕方がない、と思うのは私だけだろうか。

ベルリンの壁が崩壊して早30年。ベルリンもようやくその他の一都市に数えられるようになったのだろう。そして、それはかつて壁の存在した都市がようやく再建して普通の街になった、というだけのことなのかもしれない。

ベルリンらしさ、というのは何か。それは十人十色なのだろうが、最近のベルリンの都市開発にはワクワクさせる要素がほとんどない、というのが個人的な感想である。街の中心部からとうとう最後に残された隙間が消えようとしている。

参照記事:Berliner Morgenpost / Neues Stadtquartier entsteht rund ums einstiege Tacheles

Design ah und PythagoraSwitch / デザインあ、とピタゴラスイッチ

日本に1ヶ月滞在した際に、子供たちとの日課は朝のEチャンネルだった。

7.25-7.30のデザインあ → → → ピタゴラスイッチ

を見るのがとても楽しみだったのだ。少し時間が早いので子供たちが体験入学中に毎朝見ていたことになる。

少し大げさかもしれないが、この5分間のためにNHKの視聴料を払ってもいいと感じたほどである。

それほどこの5分間という短い時間に流れて来る映像は素晴らしかった。

ミニマルな映像とその裏にある試行錯誤を重ねたストーリー。グラフィックも思わずため息が出るほどのクオリティーである。

デザインあの「かたち」シリーズ「デザインの観察」には子供たちも画面に釘付けだった。

やかん、消化器、トランペット、天狗のお面などを絶妙なライティングで少しずつ見せていく。

Creator: 細金卓矢

「あ、これ知ってる!」「えーっと、なんて言うんやったっけ?」

Creator: 細金卓矢

見ているうちに徐々に全体像が浮かび上がってくるわけだ。

ピタゴラスイッチについてはもはや説明はいらないだろう。

こんなに素敵な映像を子供の頃から毎日目にしていれば何かしらの影響があるのではないかな。

そんなわけで、すっかりこの番組に影響された私は日本滞在中にデザインに関する書籍を持ち帰りたくなってしまった。

ピタゴラスイッチを手がけている佐藤雅彦の「プチ哲学」と「新しい分かり方」

どの書店でも目を引いた筒井美希の「なるほどデザイン」

の計3冊。プチ哲学は31のテーマに分けられ、それぞれにイラストが添えられたとても読みやすい本だ。巻末に添えられたエッセイも面白い。

佐藤雅彦氏が日常で出会った小さな事件や発見を日記として綴ったものだ。

何気ない日常から新たな発見をする、という作業は地道だが楽しい。毎日ブログ更新を続けていた際には道を歩きながら自分のアンテナが鋭くなっていくのが面白かった。

いつもの風景が少し違って見えるような気さえしたものだ。

仕事や旅行などでハードルが上がってしまった毎日更新。できる範囲で続けられればな、と改めて。

タイトル写真:©NHKデザインあ

Neuer Intendant der Volksbühne / 劇場総監督交代

2017年のフランク・カストロフ時代の終焉から早2年。ベルリンのフォルクスビューネの劇場総監督はこの2年間で目まぐるしく交代した。

フランク・カストロフ(Frank Castorf)→クリス・デルコン(Chris Dercon)→クラウス・デュル(Klaus Dürr)→?

クラウス・デュルは次の劇場総監督が決定するまでの期間、あくまで代理としてポストに就いたのだがその後、劇場総監督に関するニュースは全く目にすることがなかった。

しかし、先日とうとう正式に新劇場総監督が決まったとのニュースが流れてきた。

劇作家で監督のレネ・ポレッシュ(René Pollesch)である。ポレッシュは2001年からフランク・カストロフ率いるフォルクスビューネで劇作家および監督として従事していた。

ポレッシュの代表作としては、2012年の”Kill your Darlings”が挙げられる。

2001年から2007年までフォルクスビューネ内にある小劇場Praterの責任者を務め、シュトゥットガルト、ハンブルク、チューリヒといったドイツ語圏の大きな劇場で演出を手がけた。

ベルリンではドイツシアター(Deutsches Theater, DT)で2019年1月末に”Black Maria”を初演している。DTでは来シーズンに2つの新作が予定されている。こちらも要チェックだ。

フランク・カストロフが2017年に退陣し、クリス・デルコンが劇場総監督に就任するも、2018年4月に退くという異例の事態に。それ以降、クラウス・デュルが新たにポストに就いたが、2019年2月の時点では2020/2021のシーズン終了までが任期となっていた。

それだけに重責を担うポストなのだろう。レネ・ポレッシュ率いるフォルクスビューネの今後に注目したい。テレビの取材嫌いのレネ・ポレッシュ。

rbbのインタビューに答えのはシャウビューネの芸術監督を務めるオスター・マイヤー(Oster Meier)だ。「レネ・ポレッシュがフォルクスビューネを率いることで西側のシャウビューネと東側のフォルクスビューネのバランスが保たれると思う。とても嬉しく思っている。」と言った歓迎の言葉を述べている。

ツイッターで記者会見の映像が流れてきたので、シェアするためにここに貼っておこう。

参照:rbb: Kultursenator bestätigt René Pollesch als neuen Intendanten

タイトル写真:©ZDF

ნიკო ფიროსმანაშვილი / グルジアの画家ニコ・ピロスマニ

昨晩、ツイッターを眺めているとグルジアの画家、ニコ・ピロスマニについての投稿が流れてきた。

いつどこでインプットされたのか記憶にないが、グルジア映画の「ピロスマニ」を以前から観てみたいと思っていたことを思い出させてくれた。

検索してみたところ、YouTubeにロシア語吹き替え版を見つけたので、観てみることにした。

グルジアの片田舎の家やヤギやウシなどの家畜、舗装されていない道、民族衣装に身を包んだ人々など、素朴な暮らしが映し出される。

スクリーンショット 2018-04-06 22.48.22
映画『放浪の画家ピロスマニ』ゲオルギー・シェンゲラーヤ監督

「ここにハチミツがあります。」という小屋の壁に書かれた文字の左右にピロスマニが白と黒のウシの絵をかける場面が非常に印象に残っている。

その絵を見たからなのか、たくさんの人が牛乳やバター、チーズなどを買いにやってくる。ところが、ある日ピロスマニは貧しい老婦人に食料を分け与え、それに気付いて押し寄せた人々にもそこにあるだけの品を全て分け与えてしまう。

とにかく社会性がなく、商売っ気のかけらもない人物が描かれており、彼の素朴なタッチの絵画が映画の中でもひときわ際立って見える。

スクリーンショット 2018-04-06 22.27.35
「女優マルガリータ」 (1909年)グルジア国立美術館

皮肉なことにピロスマニは失意と貧困のために1918年に亡くなってしまうが、彼の死後グルジアでは国民的画家として愛されるようになった。

生存中に一旦、ロシア美術界から注目され名が知られるようになったがプリミティヴな画風ゆえに新聞にカリカチュアが掲載され、幼稚な絵だと批判されたというのだから皮肉なものだ。

スクリーンショット 2018-04-06 20.26.16
「キリン」(1905年)グルジア国立美術館

日本とは何の接点もなさそうなピロスマニだが、「百万本のバラ」の歌を知っている人は多いはずだ。この歌の歌詞はロシア人の詩人アンドレイ・ヴォズネセンスキーによって作詞されたもので、アラ・プガチョワの「百万本のバラ」というヒット作品を生み出した。

この作詞のもとになっているとされるのが、ピロスマニとフランス人女優マルガリータとの出会いであるとされており、彼女への愛を示すためにピロスマニはマルガリータの宿泊ホテル前の広場を花で埋め尽くしたという逸話がある。


ラトビアの作曲家が書いた曲に、ロシアの詩人がグルジアの画家のロマンスを元に詞をつけ、モスクワ生まれの美人歌手が歌うという、多様な民族の芸術家が絡んでいる点で、ソ連ならではの歌とも言える。〜ウィキペディアより引用


ピロスマニはグルジアで発行されている1ラリ紙幣に肖像が使用されているのだそうだ。
ますますグルジアに足を運んでみたくなった。

 
スクリーンショット 2018-04-10 22.38.20

*個人的に「ジョージア」という国名がしっくりこないので「グルジア」と表記しています。

読んでみたい本も見つけたのでリンクを貼っておきます。

Osterhase / イースターとうさぎ

ヨーロッパでは一般的なイースターのお祭りも日本ではそれほど馴染みがない。

イースターエッグのタマゴは生命誕生の象徴で、うさぎは多産である。このことから、生命の復活と繁栄を祝うイースターのシンボルとなっているそうだ。

さて、そんなうさぎ繋がりで今日はベルリンのヴェディング地区で見つけたある「うさぎ」について少し書いてみよう。

写真のストレージアプリのFlickerを以前使っていて、一時期うさぎのモチーフを集めていたことがある。

Kreuzberg 2004

どうしてうさぎだったかというと、モスクワの友人に何かのきっかけでzaichikというニックネームで呼ばれたからだったように思う。

Mitte 2004

うさぎの落書き、うさぎのモチーフ、うさぎの、、、あれ?なぜこんなところにうさぎが!?

Wedding01: The trace of the Berlin wall. 2004

と、偶然ベルリンを歩いていて歩道に見つけたのが、こちら。画面右上のベルリンの壁跡のそばにうさぎのモチーフがアスファルトの歩道に埋め込まれている。

このうさぎのシンボル、もう見つけたのはずいぶん前になるが、先日フェースブックを見ていると、このうさぎについての記事が流れてきた。

ベルリン在住のアーティスト、カーラ・ザクセ(Karla Sachse)による「うさぎの原っぱ」”Kaninchnefeld”という作品。1999年にヴェディング区とミッテ区の間に設けられていた国境検問所のあったショセー通り(Chauseestraße)に作られた。

この検問所はDDRによって設けられ、通行証を所持していない者は通過できない場所だった。壁と壁の間に存在した無人地帯では、地面に穴を掘って侵入した野ウサギたちが平和に暮らしていたというのである。

ベルリンの壁の存在と無人地帯をうさぎの視点で見せたショートフィルムのトレーラーがあったので、ご参考までに。

The untold story of wild rabbits which lived between the Berlin Walls. For 28 years, the Death Zone was their safest home. Full of grass, no predators, guards protecting them from human disturbance. They were closed but happy. When their population grew up to thousands, guards started to remove them. But rabbits survived and stayed there. Unfortunately one day the wall fell down. Rabbits had to abandon the comfortable system. They moved to West Berlin and have been living there in a few colonies since then. They are still learning how to live in the free world, same as we – the citizens of Eastern Europe.

Rabbit à la Berlin / Królik po berlińsku / Mauerhase

ベルリンの壁が崩壊し、無人地帯が消滅することで、野うさぎたちも住処を失ってしまう。気まぐれな政治に振り回されるのは人間だけではなかったのだ。

壁の記憶を忘れないようにと、ウサギのモチーフを道路に刻んだアーティスト。とても好きな作品だ。

参考サイト:
Das Kaninchenfeld: Langohren zum Nachdenken
Kaninchenfeld.de
Rabbit à la Berlin

zu politisch? / アートと政治の関係

2017年のドイツ連邦議会選挙でドイツの右派ポピュリスト政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が得票率を大きく伸ばし、第3党に躍進したのは記憶に新しい。

総選挙から2ヶ月後、旧東独チューリンゲン州のAfD代表ビョルン・ヘッケが「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」(Denkmal für die ermordeten Juden Europas 、通称:ホロコースト記念碑)に対して「我々ドイツ人は、街の真ん中に恥のモニュメントを建てる唯一の国民だ。」という趣旨の発言をし、同党の執行委員から懲戒処分を受けている。

この発言を受けて、”Zentrum für Politische Schönheit” (ZPS、”The Center for Political Beauty”)のアート集団の活動家たちは、ヘッケの自宅私有地の目と鼻の先に、ホロコースト記念碑のレプリカを設置したのである。

Holocaust-Mahnmal vor Höckes Haus / ZPSのHPより

ZPSのメンバーはクラウドファウンディングで資金を募り、瞬く間に集まった資金で土地を購入し、コンクリートのレプリカを20以上制作したわけだ。

それだけでは収まらず、「ドイツ最高峰の扇動者」を監視するという目的でヘッケの自宅に向けて監視カメラなども設置。どこまでは本当かはわからないが、まるで東独時代のシュタージのように「危険人物」を監視しているかのようなVTRまで公開した。

さすがにYouTubeに公開した動画はその後、削除されたようだが、この監視も含めたアクションに対して、ヘッケやAFDを支持する地元住民が猛烈に反対の意を示した。

ヘッケ側は個人の人権侵害だと反論しているが、このアートの自由、強いては表現の自由、民主主義と個人の人権やプライベート侵害などが争点になっていることは間違いない。

このニュースを知った時は、妥協しないドイツの活動家のアクションとそれを支える民意、ラディカルな意思表明に少なからず驚いたものだが、とうとうこのアクションを妨げる力が働いたようだ。

ZPSのHPより

「国は16ヶ月もの間、「犯罪組織の設立」についてZPSを追求してきた。」とZPSのHPには記載されている。政治的アート活動に対する決定としてはドイツで初めてのケースらしい。

ベルリンのゴーリキー劇場の劇場総監督シェアミン・ラングホフ(Shermin Langhoff )は芸術の自由を脅かす決定だとし、公開書簡の中で説明と中断を求めている。多くの著名人も名を連ねている。

上で引用したツイート内のリンクからも署名が可能なので、賛同される方は是非。

Музей Других Вещей / The Other Things Museum

«Они везде, но обычно люди считают их недостойными внимания. Мы же считаем ровно наоборот, поэтому создали наш уникальный Музей.»

— В. Архипов

「それらはどこにでもあり、人々はそれらに価値があるとこれっぽっちも思わない。私たちはそれとは正反対の考え方に基づき、このユークな博物館を始めた。」

ロシアのリャザン出身のユニークなアーティスト、ヴラディミル・アルヒポフ。彼はデュシャンのレディメイドとは似て非なるものをアート作品として収集することを決めた。

彼のユニークな作品に出会ったのはモスクワで建築雑誌project russiaの翻訳をしているイヴァンの友人に雑誌を手渡された頃に遡る。ベルリンでの引っ越しの際に建築を学んでいた知人に何冊か譲ってしまったため、手元には2004年32号の1冊しか残っていないのだが、とにかくグラフィックやレイアウトも美しく内容も充実しているので一度手にとってみてほしい。

この雑誌の中で紹介されていたのが、こちらの作品だ。

一見何かわからない白い塊。どうやら石鹸らしい。

このオブジェに関する人物とストーリーが記されている。このある物にまつわる物語がとても味があり、面白いのだ。

10年ほど前だったと思います。何と言えばよいのか、そう物不足だったのです。工場で必要なすべてが消えていきました。従業員に最低限必要な物すら供給できなくなったのです。私は当時、屠殺場で働いていたのですが、食料品を扱っていたのでかなり頻繁に手を洗う必要がありました。しかし、石鹸すら与えられなくなったのです。だからといって工場を閉めてしまうわけにはいきません。そこで知恵を絞り、以前オルスクで働いていた時のことを思い出したのです。そこでは石鹸を手作りしていました。そこで、自分で作るための材料と分量を考え、手作りしたところかなりうまくできたのです。その石鹸は油汚れをきれいに落としてくれました。作り方はかなり原始的で、電気ストーブの上に置いたバケツの中で煮たのです。材料は動物の油と灰汁でした。工場長が石鹸のことを知り、石鹸を注文しました。分量は覚えていませんが、そうして私は工場で働く従業員に必要な石鹸を作るようになったのです。

ロシアでモスクワ郊外や田舎に遊びに行くと、こういったとても原始的な、それでいてどこか懐かしいような不思議な物体に出会うことがある。

不恰好だが、こんな風にどこか温かみのある物たちを集めた博物館。興味のある方は是非、彼のホームページを訪ねてみてほしい。


Gelerie berlintokyo / 90年代のベルリン⑦

去年だっただろうか、娘をピアノ教室に迎えに行った際、同じく子供を迎えに来たのであろう見知らぬ父親に声を掛けられた。「あれ?どこかで会ったことない?」

記憶を掘り起こすのに数秒かかったが、その人物こそ、当時まだ開発が進んでいなかったHackescher Höfeから目と鼻の先に”Galerie berlintokyo”を立ち上げたラファエル・ホルゾン(Rafael Horzon)だった。1996年のことだ。

ベルリンのミッテ地区がまだ開発の波に飲まれる前のRosenthaler Straße。以前は「小さな地下の体育館」だった場所に、アートギャラリーでもなく、日本とは直接何の繋がりもない”Galerie berlintokyo”をイニシエーター、経営者としてスタートさせた人物である。

スクリーンショット 2018-03-11 13.57.41

ギャラリーでの初展示では実在しない日本人アーティスト、Masahiro Sugimotoの作品として自分の使っていたトースターを展示販売したんだそうだ。CaptainHoney Suckle Companyもこのスペースでパフォーマンスや展示をしていた。

ラファエルの企てはキャッチーなネーミングと90年代のベルリンの持つツァイトガイストに見事にハマり、Vogueが„Der modernste Keller Europas“「欧州で一番モダンな地下室」と紹介し、カッセルで5年に一度開かれる大型現代美術展Documenta X からも声まで掛かる羽目に。

「このギャラリーが単なる『ギャラリー』のひとつになってしまうなんて、何か違う方向に進んでいるとショックを受けたのです。」とラファエルは自伝“Das weiße Buch”の中で述べているそうだが、彼はこの件をきっかけにGalerie berlintokyoからさっさと手を引いたのである。

当時から引き際が潔いというか、時代の波に乗るのが上手い人だというイメージがあった。かなり前からTor Str.にMobel Horzonという不思議なスペースがあるのだが、どうやらこれも彼の多くの企てのひとつのようだ。

スクリーンショット 2018-03-11 11.08.38
LOGO / MOEBEL HORZON

まさかあのガラーンとしたスペースに白い本棚が立っているだけの場所が、ラファエルと関係があったとは。。前を通るたびに感じていた違和感の正体はこれだったのか。相変わらず恐るべしコンセプトの持ち主である。

東ドイツのテイストを彷彿とさせる微妙なデザインと配色のロゴに店構え。もはや展示ルームですらない不思議な空間に、やけに洗礼された真っ白な本棚だけが無造作に置いてある。スタッフの姿を見ることもほとんどないが、なぜか主張が強い。

どこまでが冗談でどこまでがビジネスなのか本当につかみどころがないのだが、この人、会社をいくつも設立している。今でもやはり、ミッテの変化に軽やかに便乗しているというわけだ。

言葉のセンスもピカイチだし、ピアノ教室で再会したのも何かの縁なのでそのうち時間を作って頂いて色々とじっくり聞いてみたいものだ。

参考サイトその他:
タイトル写真はgalerie berlintokyo spielkreis 02 ’98から引用しています。

Berlin 1996 / 90年代のベルリン⑤

Captain繋がりで、当時活動を始めたばかりのHoney Suckle Companyとも接点ができた。

「今日、午後からマウワーパークでアルテの撮影があるから好きな服を持って遊びに来ない?」と声を掛けてもらい、よく分からないけれど面白そうだった(当時は常にこういう状態)ので語学学校が終わってから、あわてて撮影場所だと指定された壁公園内にあった建物というかバラック小屋へと向かった。

HSC3
©Mariko Kitai

狭いスペースだったが、既に彼らの世界観が出来上がりつつあった。壁の棚には使い古されたぬいぐるみが並べられ、インスタレーションが壁を所狭しと覆っていた。どうやら、ここで各自が持ち寄った服で思い思いにスタイルを作り上げていく、というコンセプトらしい。

リーダー格だったペーターの独特でずば抜けたセンスには一目置いていた。見よう見まねでテープを貼ったりチューブをくわえてみたり、思いつくままその辺に散らばっていたパーツやアイテムを組み合わせて行く。カメラも気付いたら回っていた。

仕上げにペーターの手が入ると、メンバー全員がHoney Suckle カラーに染まってしまうのがスゴい。Captainもいつの間にかライブパフォーマンスを始め、脱皮の終わったメンバーは思い思いに身体を動かし、またいつものカオス状態が出現した。

1996 “Transformation Station”, Happening for Arte TV, St. Kildas Trips Drill, Berlin

そう、当時のベルリンはそれこそ、どこへ行ってもカオスだったのだ。道を歩いていても、地下鉄に乗って移動していても、見るもの聞くもの目にするもの、全てが混沌としていた。

そういう過渡期にあったベルリン独特の空気を彼らは痛い程感じ取って体内に取り込んで再現し、昇華させようとしていたのかもしれない。

後にモスクワとベルリンを頻繁に行き来するようになってから、彼らとの繋がりは途絶えてしまったが、Honey Suckle Companyとしての活動は2009年頃まで続いていたようだ。

先日、東独の写真家について投稿したが、たまたまその現代写真ギャラリーで彼らの活動を総括したカタログの出版を記念して個展が2016年に開かれていたことがわかった。幼稚園からすぐ側のギャラリーなのに展覧会に気付かなかったのは非常に残念だ。

スクリーンショット 2018-02-24 16.13.58
photoexhibition
DAS BUCH
3.June – 30.July 2016
Galerie für Moderne Fotografie


以前、息子とミッテを散歩している時に偶然、洒落たブティックの前で休んでいたペーターにバッタリ会ったのだが、このブログを書くに当たり何となくFBで本人を探して友達申請をしてみた。

彼にも近いうちに会って色々話を聞いてみたいと思っている。

タイトル写真:©Honey Suckle Company