Одеса / オデッサ②

せっかくオデッサまで来たというのに、前回の「ポチョムキンの階段」で終わってしまうのはもったいない。

アルカディアビーチを見に行こう!

Аркадийская ал.

アルカディアビーチに続く道を歩く。

Аркадія

まさか、こんなに混んでいるとは。。ビーチに着くと、ドイツのバルト海とはまったく異なる光景が目前に広がっていた。

ぎっしりと所狭しに並べられたビーチチェアにパラソル。

反対側の方にあった、人のいない桟橋も写真にも撮っておいた。同じ場所にあるとは到底思えない。

泳ぐ準備はしていたのだが、あまりの人の多さに辟易してしまい海に入るのはやめておいた。チェルノブイリ博物館で見た汚染マップがまだ頭から離れていなかったのもその理由だろう。

断っておくと、写真のアルカディアビーチは2006年のものだ。今のアルカディアビーチはかなり高級感あふれる(そしておそらく嫌味で悪趣味な)ビーチに姿を変えているようだが、当時はまだ地元民で賑わっていた。

スマートフォンの普及やITの進歩で世界中どこに行っても、経済および情報格差は広がる一方だ。そして、どこへ行っても同じようなカフェに同じような内装のアパートが観光客向けに作られるご時世となってしまった。

現代の東欧の住民がどう考えているのかは分からないが、古き良き(?)東欧テイストのようなものを感じるのは年々難しくなってきている。

グローバル化やIT化とは世界を没個性にスタンダード化してしまうものだろうか。

列車の旅がしたかったので、オデッサから列車で2時間半ほどの街、ベルゴロド・ドネストロフスキー(Білгород-Дністровський / Belgorod-Dnestrowski)へ行ってみることにした。

ベルゴロド・ドネストロフスキーはウクライナ南西部、オデッサ州の港湾都市。オデッサからイズマイル経由でルーマニアに至る黒海湾岸の国際鉄道の一駅が置かれている。黒海沿岸沿いを走る列車でルーマニアにも入ってみたいものだ。

こちらの写真を見て、これが何かわかる人がいるだろうか。2006年にはまだオデッサ駅にはこんなものが設置されていた。行き先ボタンを押すと、パタパタと音がして時刻表が出てくるシステムだ。モスクワでも見たことがない代物である。

駅のホームに繋がる駅舎の裏側には「英雄の町、オデッサにようこそ!」と掲げてあった。オデッサに着いた人を出迎える言葉だ。

さて、ベルゴロド・ドネストロフスキー行きの列車に乗り込み出発を待つ。

しかし、いつまで経っても列車は出発する気配がない。

待つこと2時間。

「いつ出るの?」
「今日中には出るよ。」

という車掌さんの言葉を受けて、出発を翌日にしたのは言うまでもない。

2時間もよく待っていたものだ。ひとり旅なのでどうにでもなるし、正直どうでもいいのである。この日は列車には乗れたが、1ミリも進まずに終了。

何を見に行ったのかというと、ベルゴロド・ドネストロフスキー要塞(ドニエストル川沿いの白い砦)と呼ばれる9世紀にスラブ人によって建設された小さな砦である。

1918年までと1940~44年にはドイツ風にアッケルマン(Аккерман)と名付けられた。

現在の呼び名はグーグルマップ上ではアッケルマン(ベルゴロド・ドネストロフスキー)要塞、公式HPではベルゴロド・ドネストロフスキー(アッケルマン)要塞となっている。

ヨーロッパの歴史は複雑すぎて、この小さな砦に関してもギリシャから古代ローマ、民族移動時代に東スラヴ、モルダヴィアと様々な歴史が絡み合っているので、到底シンプルに説明することは不可能だ。

人里離れた無名の観光地を目的もなくブラブラ歩く、というのも悪くない。

Одеса / オデッサ

今朝、ツイートで「ウクライナのブラックメタル」というパワーワードを目にしたから、というわけではないが、2006年のウクライナ旅行について記憶を手繰り寄せることにしよう。

ツイートのTL上に流れてくるキーワードでブログのテーマが決まることがけっこう多い気がする。

余談になるが、岡田さんのように自分の好きなこと、特にニッチなジャンルをとことん追求するスタイルは素晴らしいし、結局それこそが最強なのではないかと常々感じている。

2006年のウクライナ旅行についてはすでに2本投稿しているので、気になる方はそちらの方から遡って読んでみてほしい。

さて、キエフからオデッサへ。どうやらこの時は飛行機を使ったようで、特に列車の写真などは出てこなかった。グーグルマップで移動時間を調べてみると、7時間から12時間前後は掛かるという結果。なるほどこれだとフライト移動した方が手っ取り早そうだ。

Yevreis’ka St/イヴレイスカ通りの滞在アパート

当時はエアビーなどもまだなかったので、ネットで個人アパートを探しての滞在だったように思う。夏場だったため、滞在期間中にお湯が突然出なくなったのを覚えている。モスクワでも夏場にお湯が止められるので、ウクライナも一緒なのか、とその時も妙に納得してしまった。

オデッサは港町で黒海に面しているため、キエフとはまた違った異国情緒の漂う街だ。

Одесский Спасо-Преображенський кафедральний собор
救世主顕栄大聖堂
Соборна площа/大聖堂広場でチェスをする人々

平日だったが、全体にのんびりとした雰囲気でとても歩きやすかった。キエフに行くなら、オデッサにも、と思わせたのはエイゼンシュタイン監督作品「戦艦ポチョムキン」のワンシーンに出てくる階段を見るためだった。

ポチョムキンの階段

それに「オデッサ」という名前そのものが、旅に誘うような響きなのである。モスクワの友人たちから「オデッサはいい!」と散々聞かされていたのもその理由だろう。

pantelyemonovsky church

2006年と言えば、ドイツではサッカーのワールドカップが開催された年で、仕事も例年に増して忙しかった。ロシアに行くのはハードルが高いので、まだ近場のウクライナにスラブ的なものを求めて足を運んだような気がしてならない。

今年は難しいかもしれないが、来年あたり本気でモスクワ再訪を計画したいなぁ、と思いつつ。ビザの要らないグルジアやウクライナ、ベラルーシーでもいいんだけれど。

Національний музей «Чорнобиль» / 国立チェルノブイリ博物館

2006年の8月上旬にキエフとオデッサに行った。前回の続き。

キエフでその他、特に印象に残っているのはチェルノブイリ博物館の入り口だ。

チェルノブイリ原発事故の展示入り口へと続く階段。
奥に見えるのがチェルノブイリの文字。

チェルノブイリ博物館展示入り口

2006年に博物館を訪れた時にはまさか、その5年後に福島で原発事故が起こるだなんて想像すらしていなかった。

チェルノブイリ博物館は国立の博物館だ。原子力発電所事故が起こってから6年後の1992年4月26日にキエフ市の中央に開設された。

日本で同じような国立の博物館が開設される日が来るのだろうか。現在、チェルノブイリ博物館では1階の展示スペースはほぼ福島の原発事故についての展示に当てられているのだそうだ。

そして、もちろん広島や長崎の原爆被害を伝える展示もある。

手書きで記された事故の記録

展示を見終わって、上ってきた階段を逆から見て背筋が寒くなった。

原発事故によって消滅した村々の名前が書かれたプレートが延々と続く。

チェルノブイリの事故の影響で、当時のドイツでも牛乳や野菜、果物などが大量に破棄された。

福島の原発事故からすでに8年が経っているが、現状がどうなっているのか正直あまり把握できていない。事故処理のその後についての報道がほとんどなされていないのもその原因だろう。

事故が収拾しているとは到底思えない

それでも、来年には東京でオリンピックが開催予定だ。

現実と理想の乖離が甚だしいようにも思えるが、皆さんはどうお考えだろうか。

ウクライナのチェルノブイリ事故から日本は何か学ぶことができているのだろうか。久しぶりにキエフで撮った当時の写真を見ながら、こんなことを考えていた。


Київ/ 2006年キエフへの旅

先日、「イースターとウサギ」についてブログを書く際に、以前撮った写真を探していたら長い間そのままになっていたFlickerのアカウントに行き着いた。

ヤフーアカウントにアクセスできなくなったせいで、Flickerのサイトにログインできなくなってしまったのは不便だが、自分で撮影してアップロードした写真にはまだアクセスできるのが唯一の救いだ。

そのサイトにいくら探しても見つからなかったウクライナ旅行の写真の一部を見つけたのである。

ずいぶん前になるので、いつ行ったのかも記憶に定かではなかったがFlickerの写真とその説明書きによると、2006年の8月に足を運んでいたようだ。

2006年と言えばドイツでサッカーワールドカップが開催された年である。5月下旬から約1ヶ月間の開催期間中、半分以上はロケでドイツ各地を回っていたので、W杯が終わってから代休を利用してウクライナに行ったのだろう。

このひとり旅、不思議なことになぜかあまり記憶に残っていないのだ。当時のカレンダーを見ると8月1日から10日までウクライナにいたことになっている。

2006年はW杯があったため、月に数回はロケに出ていたため移動続きで、旅の印象が薄れてしまったのだろう。例の「春のCM」、なんと撮影は1月下旬から2月上旬にかけてであった。さすがに2月下旬、3月上旬の話だと思っていたのだが。

さて、話をキエフに戻そう。

タイトル写真のキエフの中央駅もどこから撮影したのか全く覚えていない。ひとつ覚えているのは駅の前で周囲から完全に浮いていた女の子3人が警察官に穏やかに尋問されていたことくらいだ。

そして警察官が去った後にカメラを向けると、とてもいい笑顔を返してくれたこと。

ロシアでよく売られていたクヴァスのスタンドも駅前で見かけた。クヴァス(クワス)はライ麦と麦芽を発酵させて作る微炭酸でアルコールも少し入った飲み物である。味はビールをすこし甘くした感じ。ドイツのマルツビールともよく似ている。

アンドリュー坂という観光地では撮影隊と出会った。午前中の雨で撮影時間が遅れたのだそうだ。

andriyivsky uzviz 1
andriyivsky uzviz 2

撮影隊と別れを告げ、坂を上って行くと教会があり、そこではちょうど結婚式が行われていた。

st. andrew’s church

写真が一部しか見つからないのが残念だが、キエフでは他にも市場やマイダン広場などを見たはずである。

チェルノブイリ博物館も訪れているので、次回は博物館の写真を中心にご紹介しようと思う。