コロナウイルスと対策 〜SARS-CoV-2〜

ツイッターを見ても次から次へと「コロナウイルス」の話題で持ち切りだ。日本語補習校や現地校からのお知らせメールで入ってきた情報をシェアしておきたい。

今朝は保護者のひとりが有志でクラス全員の保護者宛に英語のまとめ情報を送ってくれていた。ベルリン市発表の情報を英語に訳したものだというので以下、引用しておこう。

1衛生上のアドバイス

Hygiene Recommendations by the Senate:

1. Wash your hands at frequent intervals (e.g. every two hours or as required). Wash your hands with water for 20 Sec.

2. Wash your hands after blowing your nose.

3. Cough and sneeze into a paper tissue or at least into the sleeve of your shirt/ elbow. Do not sneeze into your hands or the room.

4. Dispose of all tissues you have used and bin them (if possible in a receptacle with a lid).

5. Tissues made from fabric are not suitable.

6. Avoid shaking hands.

7. Air out rooms frequently.

8. Keep two metres away from any sick person.

9. If you have symptoms of a cold (also soar throat) stay at home, do not go to work or the doctor. Please contact your GP.

10. If you are worried, ask the Senate’s medical team (Betriebsarzt).

11. For any person over 60 years of age, as well as those chronically ill, the standing committee of immunisation of the Robert-Koch-Institut recommends vaccinations against pneumonia and whooping coughVaccinations should be given without further delay.

項目3の鼻のかみ方に関する記述がドイツらしいなぁ、と思ったのは私だけではないはずだ。「ティッシュを使用するか、少なくとも洋服の袖で(!)かむこと。」袖でかんでいいのか!?

項目9の「風邪の症状(喉の痛みも含む)があれば自宅待機すること。仕事や医者に行かないこと。ホームドクターに連絡すること。」これも守るのはなかなか難しい。そう言えば、最近、外で咳やくしゃみがしたくなった時、周りの目を気にする自分が非常に辛かったりもする。

マスクの使用については全く記述がない。Zeit紙にもマスクの使用は感染者が他人に感染するのを防ぐためには有効だが、そうでなければ意味がない、という記述があった。

その他、「できれば2時間ごとに手を洗う」、「頻繁に室内換気を行う」、「握手を避ける」などすぐに実行できそうな項目が続く。

2コロナウイルスに関する情報リンク

以下は補習校から送られてきた情報になる。

==============================================================
「本校における新型コロナウイルス感染予防対策のガイドライン」3月3日時点

  1. 新型コロナウイルス感染者の多い地域(日本含む)への渡航に関しては必要性と危険性を熟慮したうえで慎重に判断して下さい。 
  2. 新型コロナウイルス感染者の多い地域(日本含む)に滞在後、再入国した場合、症状の有無にかかわらず自主的に14日間(2週間)登校を控えるようご協力ください。 
  3. 新型コロナウイルス感染者の多い地域(日本含む)へ滞在されたご家族等(同居している)がいる場合も同様に考慮して下さい。 
  4. 各自、感染予防の徹底(手洗い、咳エチケット、風邪症状があった場合の欠席など)にご協力ください。 

※このガイドラインは感染状況によって更新されます。 ロベルト・コッホ研究所によって高リスクであると特定された地域は以下のサイトでご確認ください。■ ロベルト・コッホ研究所(RKI)が発表している、COVID-19 国別感染者数(ドイツは州別表示)
https://www.rki.de/DE/Content/InfAZ/N/Neuartiges_Coronavirus/Fallzahlen.html
■ ロベルト・コッホ研究所(RKI ) 新型コロナウイルス感染症のリスク地域 COVID-19 (Coronavirus SARS-CoV-2): Risikogebiete
https://www.rki.de/DE/Content/InfAZ/N/Neuartiges_Coronavirus/Risikogebiete.html
■ ベルリン市からのコロナウイルスに関する情報サイト
https://www.berlin.de/sen/bjf/aktuelles/
■ 在ドイツ日本国大使館サイトの「新着情報」に外務省より最新の【安全情報】が掲載されております、併せて確認ください。
https://www.de.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
==============================================================

COVID-19 (Coronavirus SARS-CoV-2): Risikogebiete
Stand: 2.3.2020 Stand: 18:30 Uhr

ロベルト・コッホ研究所による現状での渡航リスク地域はこちら:中国(武漢を含む湖北省)、イラン(ゴム州、テヘラン)、イタリア(エミリア=ロマーニャ州ロンバルディーア州およびヴェネト州パドヴァ、ヴォー、韓国(慶尚北道キョンサンプクト)

3ベルリンのホットライン

Senatsverwaltung für Gesundheit, Pflege und Gleichstellung /
Informationen zum Coronavirus

ベルリン市のホットラインは上の030-9028-2828であるが、渡航リスク地域に14日以内に滞在していた者、渡航リスク先で誰かと接触のあった者、感染者と接触のあった者が相談できるラインになっているようだ。

連日、SNSなどで誤情報や不安を煽るような写真投稿なども目立つのが気になっている。小さなことからでもいいので、余分な不安を抱かず日々最低限の予防に努めればいいのではないかと思っている。

*上記の情報に誤りがある場合は速やかにお知らせ頂けますと幸いです。尚、上記に引用させて頂いた情報は随時更新されますのでご了承ください。

タイトル画像:RKIより借用

コメントを残す