Obdachlose / ホームレスとのイザコザ

今日はまだ何も書くテーマが決まらない。先ほど、子供たちを水泳教室に送り届けた帰りに、一休みしようと公園のベンチに座っていたらホームレスなのかアル中なのかわからないような人に絡まれた。

仕方がない、というよりネタがないので、そのことについて少し書いてみようと思う。

「ホームレス」というキーワード。家を持たない人をさして使う言葉だ。浮浪者とも言うのだろうか。

ホームレス(英: homelessness )は、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者や車上生活者のこと。

Wikipedia

望んでそうなる人もいれば、何らかの事情でやむなくホームレスになった人もいるだろう。

「ノマド」や「アドレスホッパー」というキーワード。

これらは完全に自分で選択して行うライフスタイルをさして使われる言葉だ。

「ノマド」も元はジャック・アタリが著書「21世紀の歴史」(2006年発刊)の中で、ノマドという言葉を使って「インターネットの発達によりクリエイター階級が時間と場所にとらわれず活躍する時代がくる」と解説したことで広まった概念だ。

両者は似ているようで全くの別物。ホームレスの人々はノマドやアドレスホッパーの存在を知っているのだろうか。

公園で座っていた私にタバコや小銭をせがんできたホームレスは、「タバコも吸わないし、小銭も持ち合わせていない。」と返事をすると、手に持っていたビール瓶を逆さにして「死者のために!」とビールの中身を足元にぶちまけてきた。

これはさすがにやり過ぎだろう。「こういうの、いらないから。」と一言。

その一言が何かに発火したようで彼の怒りが爆発。あきらかに自分の思い通りにならないシチュエーションに苛立っており、その瞬間に私は彼にとっての思い通りにならない「最近のベルリン」と化したかのようだった。

なんというか、その時に「あー、こうして人は自分の不満を赤の他人にぶつけてくるものなのだな。」と感じたのである。

彼の怒りを通して、こういった種類の日々細かく蓄積されていくフラストレーションが「外国人」や「移民」に向かい、それをうまく煽るポピュリスト政党が指示を得ていくのだろうなぁ、と思った次第。

そんなに大袈裟なことではなかったのだが、彼の「これだから最近のベルリンは!」とか「おまえなんかあっちへ行け!」とかいう暴言を聞いていると、不満のはけ口というか今のドイツの縮図を見たような気になってしまった。

黙ってやり過ごしても良さそうな状況だったのだが、向こうがまっすぐに近づいてきた上、水泳教室の帰りで自転車の前後にランドセルをふたつ乗せた自転車をベンチの側に留めていたのでさっとその場を去るタイミングを外してしまった。

「タバコも吸わないし、小銭も本当に持ち合わせていない。もう頼むからあちらへ行ってもらえませんかね。」

と言って、退散してもらうしかなかった。向こうは自転車を蹴り倒さない勢いだったのだけれど。。

ベルリンのミッテ区の人通りの多い公園でさえこうである。娘曰く、最近警察官がホームレスに退去を促すことが増えているのだそうだ。もしかすると、ホームレスにとってもせちがらく住みにくい世の中になってきているのかもしれない。

それだったら、お互い様じゃないですかね。


Depressionen, Burnout & Co. / 【ドイツ】鬱やバーンアウトなどによる早期退職

日本のメディアではドイツの職場環境に関するポジティブな報道のみが大手を振って歩いているようだが、ドイツのメディアでよく目にするのが実はタイトルのテーマであることはあまり知られていないように思う。

「鬱やバーンアウトなど精神疾患による早期退職者数が増加している。」というもの。

数日前にもこのテーマでいくつか記事が出ていたので以下、紹介したい。

Swiss Lifeという生命保険会社が行なった最近の調査によると、ドイツにおける職業不能(Berufsunfähigkeit)の原因が精神疾患によるケースが最も多いという結果になった、というものだ。

イメージ写真

そして、37%の労働者が精神疾患により早期退職に追い込まれているのだ。

「過去10年だけで、この領域による申請が40%も増加しているのです。」とSwiss Lifeのドイツ担当者はプレスリリースで確定している。

この評価は保険会社の顧客データをもとに集計されたものだ。精神疾患に続く職業不能の原因として、運動器官疾患が24%、事故によるものが14%と続く

顧客データの分析から、女性の方がより危険に晒されていることも明らかとなった。女性ではなんとほぼ半分に当たる44%が精神疾患による職業不能に陥っているという。男性の場合は28%のみに留まっている。

また、女性の場合、若い頃から精神的な疾患にかかるケースが多く見られるが、男性の場合は後半生に多く見られるのだそうだ。

専門家は、しかし、以前と比較して現代に精神疾患になる人そのものが増えたわけではないと考えている。

一見すると患者数が増加しているように思うが、精神疾患そのものがより気付かれるようになったことで、診断件数が増えた、というのが原因ではないかということだ。

どちらにせよ、ドイツで働く労働者も仕事によるストレスを抱え、鬱になったり、バーンアウトする危険性がある、ということも知っておいてほしい。

どこで働くにせよ、仕事にストレスは多かれ少なかれ付きものであるし、自分の許容範囲を超える責任を抱えることもあるだろう。

オンとオフの切り替えをうまく行なって、育児や仕事をしたいと思っている。

息子作の「仕事するママ」

参照記事:Immer mehr Menschen wegen psychischer Erkrankungen arbeitsunfähig

Burnout & Co.: Zahl der Arbeitnehmer mit psychischen Problemen steigt

Unternehmensimage / 企業イメージ

ここのところ、Hornbachの個人的には悪趣味で全く面白さを感じないCMに対するコメントがツイッターでこれでもか、というくらい流れている。

端的に私見を述べると、まず何のための広告なのか意図がよくわからないし、誰に対して何のメッセージを投げかけているのかもよくわからない。

とにかくあのCMを見て、購買欲をそそられる層がそもそもいるのだろうか。企業名はいわゆる炎上商法で一部に知れ渡ったのかもしれないが、映像として美しいわけでもなく、ウィットが効いていて企業イメージが上がるでもなく、多額の広告費をかけてわざわざ制作するような内容の仕上がりにはなっていないように思う。

残念ながらドイツではよくある、面白くも何ともない「冗談」で大スベりした上、差別問題にまで発展しかねない何ともお粗末な結果に。

ただし、一個人がくだらない冗談で滑ろうが知ったことではないのだが、仮にも一企業なわけである。実際に多くの苦情が企業側に寄せられているはずだ。それに対して、特に何の対応もせず性懲りなく店内のモニターやオンラインにCMを流し続けるというのはデリカシーがないというか、無神経で野暮な対応だとしか言いようがない。

今のご時世、差別的な解釈をされるような内容のCM作りをしているようでは、企業として終わっているとしか言えない。所詮、この程度の企業なのだろう、と理解するより他ないクオリティーだし、今回の件で企業自ら程度の低さを露見させてしまったわけである。

というわけで、ここから先はクオリティーの高い企業CMのリンクを貼っておこう。

どちらの作品も、もはやCMという枠を超えアートの域に達しているように感じる素晴らしい完成度。

過去に何度か、ベルリンのピクセルデザイナーeboyとHondaのプロジェクトでご一緒させて頂いたクリエイティブディレクター、原野守弘氏の手がける作品たちだ。

この方の手がける作品にはいつも驚きが隠せないが、CMとは少し離れるものの、こちらのMVは何度見てもため息の出るクオリティーである。

特に最後の雲のシーンが本当に素晴らしい。この撮影、一体どのくらい時間が掛かったのだろう。考えただけで気が遠くなりそうだ。

ここまでの物を作るのは至難の技だが、世の中に出すのであれば、一企業として恥ずかしくないものを出して頂きたい。


Fahrraddiebstahl / ベルリンの自転車盗難事情

ベルリンに来たばかりの頃、移動手段としてフリーマーケットで100マルク(!)くらいで購入した深緑の中古自転車。

フリードリヒスハインの知人の家に遊びに行った際、外のフェンスに引っ掛けて施錠したのだが、帰りに見ると自転車のあった場所のフェンスごと切り取られて持って行かれていた。夜間だったので仕方がない。

自転車を買ってから、まだ数日しか経っていなかったのでショックも大きかった。

その状況を見ていた知人は方法は分からないけれど、ふいっと出かけて別の自転車を持って帰ってきた。ベルリンって本当に訳がわからない街だとその時につくづく思った。

そしてなぜか、それ以来自転車の盗難にはあっていない。20年以上も盗難知らずというのはベルリンでは逆にめずらしいケースだ。それほど価値のない自転車に乗っているからだろう。

2年ほど前にSHIMANOの仕事で、市場調査のためにベルリン在住のドイツ人に自転車についてインタビューをしたことがある。

市内のサイクリングショップ

その際に、みなが口を揃えて言っていたことが、「ベルリンでは盗難が多いので、高価な自転車を購入する予定は特にない。」ということだった。

Eバイクの市場調査だったので、数千ユーロする自転車の購入に関する意見などをヒアリングしたわけだ。盗難の問題の回避策として、自宅や職場のオフィスに自転車を置くためのスペースがあれば問題ない、という回答が得られたりもした。

ベルリンの自転車盗難。防ぐにはしっかり施錠しておけばいい、という生易しいレベルではない。窃盗組織があるという話も聞いたが、アパートの中庭の自転車どめに施錠したのに一晩経ったら自転車がなかった、というのも普通のケースらしい。

カフェの前に駐輪されたオシャレな自転車

夜間に道端に駐めておくのはもってのほかだが、アパートの敷地内に施錠しても盗られるのだから、残る手段はアパートの中に持ち運ぶくらいしかない。

2018年には4173台の自転車盗難届がミッテ区で寄せられている。パンコウでは4260台、フリードリヒスハイン・クロイツベルク区では4253台。ベルリンではもうすでに何年も盗難件数が多いのが普通になってしまっている。

昨年だけでも、ベルリン市内では合計3万235台が盗難にあっている。この数字は届出があったものに限られるので、実際はこの数字よりも多いことになるだろう。

警察が勧める盗難防止対策としては、以下の3点が挙げられる。

自転車の施錠に2種類の鍵を使うこと。こうすれば、盗難に必要な工具がふたつ必要になるため、盗難の対象から外れやすくなる。
・パンを買うためのわずか数分の駐輪の際にもきちんと鍵をかける。
・駐輪の際には必ず電柱や自転車どめなどと一緒に施錠することを心がける。

フレーム番号が記載された自転車パスを作っておけば、盗難にあったさいに追跡しやすくなるらしい。ただし、2017年度の盗難された自転車の発見率はわずか3,9%である。

盗難された自転車は諦める方が懸命な数字だろう。ただし、警察で保管されている所有者不明の自転車を集めたサイトもあるそうなので、リンクを貼っておこう。

https://www.berlin.de/polizei/service/vermissen-sie-ihr-fahrrad/

警察が開く自転車登録(Fahrradkennzeichnung)などのサービスもあるので、興味のある方は是非。

https://www.berlin.de/land/kalender/
https://www.berlin.de/land/kalender/index.php?detail=123928&ls=60&c=22&date_start=11.04.2019

ブランデンブルク州のスタートアップがスマートキーを開発していたが、自転車盗難対策のための商品開発は需要が高いのではないかと思う。

タイトル写真:ウィキペディア

Schüler fahren gratis / ベルリンの小学生の交通費無料化

ベルリンの生活費は年々上がる一方だ。家賃の高騰についてはすでに触れたが、多くの住民の生活を圧迫している。

賃金の上昇は多くの企業で見られるが、ミュンヘンやハンブルクといった都市に比べるとベルリンの賃金はまだまだ低いのが現状である。

しかし、家賃水準が全国一であるため、給与の中で家賃の占める割合がベルリンほど高い都市は他に見られない。

この中流階級から下の困難な生活状況に対して、何らかの処置が必要だと左派連合(SPD、左派党および緑の党)が動いた。

今年2019年の夏から市内の小学生までの子供が無料で市内交通網を利用できるようになる、という見通しの記事が昨年12月に掲載されていた、と友人が転送してくれた記事には記載されていた。

ベルリン在住の小学生の子供を持つ家庭はこれにより、養育費がいくらかカットされることになる。社会民主党(SPD)、左党、緑の党(赤・赤・緑)の連合は2018/9年の修正予算から次年度以降、小学生の交通費を無料にすることで合意している。

また、学校給食についても小学生1年から6年生までを対象に無料で支給する方向だ。

  • 全ての住民にとって支払い可能な街の維持
  • 子どもが貧困に陥ることがあってはならない

以上の2点についてSPDの党首リード・ザレーは強調している。家賃高騰など家計や生活を圧迫する動きに歯止めを掛けようとしている政権の努力をアピールしたいのだろう。

これまで、ベルリンのABゾーンの月ごとの定期代は21,80ユーロ(約2800円)だった。ベルリンパス保持者、すなわち生活保護受給者の家庭の子供はすでに無料だった。

学校給食については月に37ユーロ(約4800円)、社会保障受給者は20ユーロであった。

次年度、今年2019年の夏以降はこれらが無料になるため、小学生の子供2人を持つ家庭では、120ユーロほど負担が減ることになる。

さらに、次のステップとして、小学生以上の子供、および保育・幼稚園児の給食に対して補助金を出すことが見込まれているようだ。

その他の税収の使い道として以下が検討されている。

  • 古くて使い物にならなくなった消防車の補充
  • 公園の緑地化改善
  • 児童公園の整備(遊具など)
  • 土地の購入
  • 住宅公団などへの補助金
  • 市民プールへの補助金

わずかとは言え、養育費のカットは喜ばしいニュースである。

家賃のこれ以上の高騰に歯止めをかけるような法律の制定が望まれる。

参照記事:Berliner Morgenpost / Familien profitieren vom Nachtragshaushalt;Schüler fahren in Berlin bald gratis

Torstrasse 225/227 / ベルリンの住宅事情

デモ告知

近年、ベルリンの家賃高騰と住居不足はかなり深刻な問題となっている。それにもかかわらず、ミッテ区のTor通り225/227番地では空き家が全体のアパート数のほぼ3分の1を占めているという。

一体なぜなのか。

問題の物件は3つの中庭を持ち、住居面積2235m2の複合アパートである。88戸のアパートおよび4つの店舗を有している。

2006年に改装作業が終わっており、2007年以降、アパートは順調に賃貸者でうまっていた。

しかし、現状は全体の約3分の1に当たるアパートが空室となっており、放置されたままだという。住民が管理人に問い合わせたところ、「当分貸す予定はない。」との回答であったそうだ。

1997年以降、このアパートの所有者は5度変わっている。2017年に住民はアパートの建物全体が売りに出されるという知らせを受ける。

Accentro 6. Wohneigentum GmbHという不動産業者に所有者が変わったためだ。この業者は賃貸アパートを個人所有のアパートにし、これらを転売あるいは所有者自らが住む、という経営体制をとっている。

屋上の増築およびバルコニー、エレベーターの設置工事のための許可書はすでに得ているのだそうだ。

よくあるパターンといえばそれまでだが、10年、20年、30年と長期で同じアパートに住んできた住民たちが、利益最優先の転売不動産業者に所有が変わったことで立ち退きを迫られる典型的なケースである。

不動産業者の視点では古くからの住民を立ち退かせ、高額なリノベを施し家賃を釣り上げて新居者を募れば多くの利益が出るわけだ。

昔ながらの住民の生活がこうしていとも簡単に奪われ、多様な生活レベル、人種の隣人たちのいるカラフルな生活が失われつつあるのが、今のベルリンの現状なのである。

街の中心部からは「支払える家賃のアパート」が消え、億ションが軒並み増える一方だ。ジェントリフィケーションの波は止めることができないのだろうか。

昔は良かった、というのは単なるノスタルジーなのかもしれないが、街のカラーがここ10年で肌感覚で変化してしまったことは否めない。

4月6日(土)の12時よりアレクサンダー広場にてデモが予定されている。フライブルク、ポツダム、ケルン、ボーフムでも同時にデモが開催されるようだ。

家賃の高騰はベルリンに限ったわけではなく、もはやドイツ各地で社会問題となっている。

日本語の告知文: https://mietenwahnsinn.info/demo-april-2019/jp/

Nach-der-Tat / 学校でのいじめと対策

これまでに2回、ドイツ、中でもベルリンの小学校でのいじめ問題についてブログに取り上げた。

学校関係者も頭を悩ませる「いじめ問題」。
その対策はどうなっているのか、について少し考えてみたい。

Werner Bonhoffer Stiftung(ヴェルナー・ボンホッファー基金)という団体がベルリンのミッテ区にある。

ここでは2010年より、“Nach der Tat”(「いじめの後」)というプロジェクトが行われている。主な目的は学校内のいじめに対し、周囲がより良い対応ができるようにすること、となっている。いじめの目撃者や被害者の孤独感を取り除く必要性も述べられている。

このプロジェクトの枠内では、いじめに対してアクティブになれる様々な試みがなされている。

  • Mobbing-Test / いじめテスト:アンケートに答えることで、自分の通う学校がいじめに対して的確な対応ができているか評価することができる。
  • Hilfe-Brief / ヘルプレター:匿名の手紙をだすことで、学校責任者にいじめをやめるよう指示を出させることが可能になる。
  • Workshops / ワークショップ:無料のワークショップの参加者はいつ、誰がいじめに対して何らかの処置がくだせるのか、といった対応について学ぶことができる。
  • Wachsame Schule / 自警学校:専門家の助けを借りて、学校で独自の対応ができるよういじめの対策作りを行うことができる。

例えば、いじめの目撃者や被害者は匿名で「ヘルプレター」を基金宛に書くことができる。手紙を受け取った基金側が対象の学校に連絡を取り、いじめに気付いてもらうように働きかける。

連絡を受けた学校側は、いじめの問題に独自に向き合うか、そうでない場合は基金に協力を求めることもできる。

プロジェクト開始後、多くの体験談が学校、保護者、教師、生徒などから寄せられた。それにより、いじめを取り巻く問題に共通点が見つかったという。

  • 教師の多くは、どのタイミングで介入すればいいのかわからず手を焼いている。
  • 学校内部でいじめのケースが記録されていない。
  • いじめのケースが明るみにでた後の対応がみられない。

「自警学校」プログラムでは、こういった点を踏まえ、学校側が暴力やいじめに対する明確な態度を取ること、それにより生徒や保護者に対応可能だという意思表示を行うことが大切だ、としている。

基金の代表、ティル・バーテルトは「学校がいじめ問題の鍵を握っている。」と話す。

Werner Bonhoffer Stiftungは2002年にエルスベス・ボンホッファーが亡くなった息子のことを思い、経営者ヴェルナー・ボンホッファーの遺産によって設立された。


Werner Bonhoff Stiftung

Vorstand: Till Bartelt
Reinhardtstr. 37 I 10117 Berlin

Telefon: +49(0)30 258 00 88 55
Telefax: +49(0)30 258 00 88 50
E-Mail: info@werner-bonhoff-stiftung.de Facebook: facebook.com/w.bonhoff.stiftung


37 Seconds / ベルリン国際映画祭

「身体に障害があろうがなかろうが、あなた次第よ。」

「お母さんはひとりになるのがこわいだけでしょ。」

「ゆまちゃんがいるのは知っていました。でも、身体に障害があるって聞いて怖くて会いに行けなかった。ごめんなさい。」

23歳の主人公夢馬(ゆま)は生まれつき身体に障害を持つ。そんな夢馬の世話を甲斐甲斐しく焼くのはシングルマザーの恭子だ。

©knockonwood

「あなたは私がいないと何もできないくせに。」

娘を大切に思うあまり、極端に過保護な母親からの自立。ひょんなことから知り合う仲間によって広がる世界。ひとりの女性が成長していく姿をとても丁寧で優しい視線で追う、涙あり、笑いありのドラマチックなストーリー。

一般公募でHIKARI監督が抜擢したのが、佳山明さんだ。

元々は交通事故で下半身不随となった女性を描いていましたが、身体に障害を持つ女性たちからの一般オーディションで選ばれた佳山明さんは、先天性脳性麻痺の方でした。ストーリーはもちろん、明さんにあったカメラの動きや、新しい夢馬の描写の仕方などを一から描き直しました。

https://natalie.mu/eiga/news/294693

そんな監督の言葉どおり、スクリーン上の夢馬には経験に裏打ちされたダイレクトな説得力がある。

「生まれた時に1秒でも早く呼吸ができていたら、私はもっと自由に生きれたのかもしれない。」

37秒間仮死状態で産まれたことが原因で脳性まひになった主人公の夢魔のこのセリフ。余りにもストレート過ぎて為す術もない。

彼女には健常者として生まれた双子の姉が存在する。先に生まれたのが私だったら、1秒でも早く息をすることができていれば。健常者の姉を訪ねた後、夢馬は心の内を明かす。

©knockonwood

それでも最後に彼女はこう言うのだ。「私は私でよかった。」と。

当事者にしかわからないであろう、目に見えない偏見や差別の存在。そういったことにもこの作品は気付かせてくれる。

上映前にHIKARI監督だとは気付かず、「今日はもう眠くて無理だけど、評判もいいし絶対に見たかったので無理して来た!昼間見た映画が難しくて疲れちゃった!」なんて監督の横にいた友人に私は勢いで言ってしまった。

©knockonwood

HIKARI監督はそんな私に満面の笑顔で「難しくないから大丈夫。楽しんでもらえると嬉しい。」と。ほんの数分の出会いだったけれど、彼女の優しさや包容力がスクリーンから溢れ出ている気がした。

2019年ベルリン国際映画祭にて観客賞と国際アートシネマ連盟賞受賞!
おめでとうございます!!

*文中の会話文はあくまでも記憶に基づいて書いているので、必ずしも映画のセリフそのままではないことをご了承ください。

Warnstreiks-Woche / ベルリンのストライキ週間

今年に入ってから、ストライキのニュースが立て続けに入ってくる印象を受けるのは気のせいだろうか。

ついこの間も、ルフトハンザが立て続けに2度ほどストライキをしていたようだし、ベルリンの2つの空港、テーゲルとシューネフェルト空港でも職員らが確かストを行なっていたはずだ。

冬のこの時期はロケも少なく空の便を利用することはそれほどないので、特に弊害はなかったものの、仕事での移動中にストライキに巻き込まれると恐ろしく面倒なことになる。

幸運にもまだ直接大きな被害を被ったことはないのだが、常にどこかでストの可能性も考える必要があるというのは欧州ならではだろう。

さて、ベルリンでは今月7日から17日まで国際映画祭が開催されている。そして、このタイミングに2つのデモとストライキのニュースが入ってきた。

まず明日、13日の水曜日には幼稚園、小学校、ホート(日本の学童に近い)、大学、警察、消防所、区役所、その他の役所関連で職員による大規模なデモが行われる。

我が家の子供たちは別々の小学校に通っているが、娘の小学校からは昨日の段階で水曜日のデモについて喚起する書面連絡があった。

多くの教員や保育士がデモに参加する見込みなので、授業内容に大幅な変更が予想されること、緊急のホートによるケアは行われるが自宅待機が望ましいこと。

一方、息子の学校からはまだ何の音沙汰もない。と、これを書いているとメールで明日は可能であれば12時から13時半の間に迎えに来てください、と連絡が入る。

今回のように急な話の場合、保護者がその対応に追われるわけだが、完全に休校にはならないことから、やむなく学校に行かせる家も少なくはないだろう。

新聞記事には今回のデモによる有給休暇などは支給されないので、職場と調整の上、自分で有給を取るかホームオフィスなどでの対応をすること。家族の協力が得られない場合は、知人や友人同士で助け合うこと、などのアドバイスが見られた。

BVG職員へのメッセージ「給料値上げと時短が実現しますように!」

続く15日の金曜日は、ベルリン交通局(BVG)職員のストライキが始発から正午くらいまでを目処に行われるのだとか。Uバーン、バス、トラム全線が対象になる。出勤客によるかなりの渋滞が予想されるので、約束のある方はかなり余裕を持って家を出た方がいい。特に映画祭で午前の上映分に出かける方はご注意を。

どちらのケースも賃金交渉が暗礁に乗り上げているため、労働組合によって警告的ストライキとして行われるものだ。

特に、ベルリンの教員や保育士の賃金がブランンブルク州よりも月に300ユーロほど低いことは以前からメディアでも話題になっていた。

度重なるストライキを回避するためにも、交渉がうまく進むことを祈るほかなさそうだ。

2019/2/20追記:残念ながら、GEWの労使交渉が決裂したためか、2月26日、27日両日とも幼稚園や学校関連で再度ストが行われるとのこと。